• ベストアンサー
  • 困ってます

平均値と標準偏差

10人の各被験者に対して10回以上ずつ朝と夕でデータをとりました。例えばAさんのデータは朝12回分、夕方13回分、Bさんのデータは朝15回分、夕方12回分あります。 朝と夕方の平均値と標準偏差はどうやって求めればいいのでしょうか。10人に対して一人ずつ平均値を求めてそれに対する平均と標準偏差を求めるというのでいいでしょうか。また、朝と夕方の違いというのは一人ずつの朝と夕方の平均値を使ってpaired-t で検討すればいいのでしょうか。それともなにかもっと適切なやり方があるのでしょうか。教えてください。

noname#25799
noname#25799

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数473
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#24872
noname#24872

ご質問の中には、「どのような結論を得たいのか」が明らかにされていません。ですから「適切なやり方」を答えようが無いのです。 例えば、「個人ごとに朝夕の違いがあるか」を検定したければ、Aさんの値とBさんの値の平均を取ることに意味はありません。この場合には、一人づつ朝夕の2群比較を行って「10人のうち()人は朝の方が有意に値が高い(低い)。」という結果を得ます。 例えば、「集団として、朝の方が値が高い(低い)か」を検定したければ、個人ごとの有意差に意味はありません。この場合には、各個人の朝夕の値を平均値によって代表し、対応のある2群比較を行って「10人によって代表される集団では、朝の方が有意に値が高い(低い)」という結果を得ます。 普通とにかくデータを集めてからどうやって検定しようか、と考えることが多いのですが、本来検定というのは、まず棄却したい帰無仮説と、それに対する対立仮説を設定するところから始まります。次に要求される検出精度を決め、必要なサンプル数を算出します。それから必要な数のデータ収集にとりかかるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問が舌足らずですみません。「集団として、朝の方が値が高い(低い)か」というのを知りたかったのです。単純に平均値を使えばいいのですね。当初はデータ数をそろえて得点化し、それを検定する予定だったのですが、発注していたサンプルが来なかったり被験者の都合で途中で帰ってしまわれたりして、急遽平均値を使おうことになってしました。回答ありがとうございました。

関連するQ&A

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

朝と夕方の差を求めたいのなら、そういうやり方ではなく二元配置の実験計画法に準じた分散分析をするほうがよいかもわかりません。 この場合、人の差をねぐることができますが、サンプリングが二元配置としておこなわれていないのでかたよりはあるかもわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ランダマイズということですよね。これについては考えておいたので、人によって朝が先立ったり、夕方が先立ったりしています。ただし、来るはずの人が来なかったり日を間違えてきたりと予定とはずれてしまいました。回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 標準偏差とデータ数から平均値が求まるか

    子供の通っている塾の模試で、子供の得点、順位、受験者数、偏差値はわかっています。 塾内での位置を把握するために、講師から標準偏差の値をもらいました。しかし、平均値を聞くのを忘れました。 直接聞けばよいのですが、平均値、標準偏差とも公表しておらず、特別にもらったので頼みづらいのです。 上記データから平均値を求めることは出来ますか。 過去ログを検索したところ、順位及び受験者数から正規分布にのっとり、(1-順位/受験者数)の確立を標準偏差とし偏差値を求める方法がありました。 これを利用すれば出来るのですが、これ以外の方法はないのでしょうか。

  • 標準偏差の平均値の求め方

    二つの標準偏差σaとσbがあったとします。 このとき両者の平均値は(σa+σb)/2ではなく、 SQRT((σa^2+σb^2)/2) となるらしいのですがどうして単純に足して割るだけではだめなのでしょうか?

  • 確率と平均値と標準偏差

    教えてください。 確率で数値を出した場合に、その確率の値から標準偏差は出せますか? barを挿入した場合に0%や100%を超える事になったりして、意味のある数値なのか気になりました。 で、標準偏差の値は平均値にそのまま足したり引いたりしたのが範囲となるのですよね? 標準偏差で出た数値の中心を平均値にもってくるのは間違いですよね?(つまり、こうすると標準偏差で出る値の半分が上限、下限となりますが)

  • 平均値の標準偏差

    とある画像処理に関する論文を読んでいて次のような記述があったのですが分からない点があったのでどなたか教えてください。(簡単にまとめてあります。) 「ノイズのある画像を複数回撮影し、その平均値をとることでノイズ成分を小さくすることができる。ノイズ成分が正規分布の場合、標準偏差σと測定回数n回の平均値の標準偏差σ1は以下で記述される。 σ1=σ/√n 」 この記述に関して、 1.ノイズ成分が正規分布の場合しか、上記式は適用できないのでしょうか。ランダムノイズの場合でも平均化できるような気がするのですが・・・。 2.またなぜ、測定回数の平方根に反比例するのでしょうか。 3.上記式では測定回数nを多くすれば平均値の標準偏差σ1は0に近づきますが、この数値はいくつくらいならいいのでしょうか。0に近いほど母集団の平均値を推定できているということまでは分かったのですが、どのくらいの数だったらいいという閾値や評価基準みたいなものはあるのでしょうか。 以上、どなたかご回答お願いします。

  • 平均値と標準偏差

    孤独感と携帯依存の関連を求めたいのですが、平均値と標準偏差と上位群, 下位群を出すには、どうしたらよいのですか? エクセルかSASを使った場合の求め方を教えてください!

  • 平均値 分散 標準偏差の問題が解けません。

    2つのサイコロを無作為に投げたときの出た目の合計をXとする。このときのXの平均値、分散、標準偏差を求める問題がテキストをみてもどうにも解けません。サイコロが2つというので前に進めないのですが、 平均値は1つのときと同じ7/2でしょうか?そこからの分散・標準偏差はサイコロ2つのときはどのように考えればいいですか?どなたか教えてください。

  • 平均値で求めた標準偏差と最小二乗法で求めた標準偏差

    10個のデータの平均値から求めた標準偏差と、グラフを用いた最小二乗法から求めた標準偏差の2パターンで対象の不確かさを求めたのですが、求めた2つの値は大きく異なりました。 この2つの値の違いの原因は何なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 平均値の標準誤差と標準偏差の関係式について

    平均値の標準誤差と標準偏差の関係式について 平均値の標準誤差と標準偏差にはどのような関係式がありますか? 調べたのですがわからなくて困っています。わかる方がいましたら教えてください。

  • 標準偏差の計算について

    標準偏差の計算について教えてください。 データが次のように用意されていたとします。 1,3,0,-1,-3 このときの解答が 平均値 = (1+3+0+-1+3)/5=0                          標準偏差=√ [ { (1-0)^2+(3-0)^2+(0-0)^2+(-1-0)^2+(-3-0)^2 } / 4 ] = √(20/4) = √5 このようになっておりました。 標準偏差を求める際に、なぜデータの個数が5であるにも関わらず割る4なのでしょうか。 平均値と同じ値のデータは分散のデータ数にカウントしないのでしょうか。 初歩的な質問かもしれませんが教えていただければ幸いです。

  • 標準偏差について

     標準偏差の問題です。回答がわかりません。教えてください。  あるテストの男子10人の平均点は60点、標準偏差は8点、女子10人の平均点は70点、標準偏差は6点、男子、女子合わせた標準偏差の求め方を教えてください。