• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

チャートの使い方について、ぜひ教えてください。

僕は理系なのに、数学があまり得意でないので、黄色チャートを使っています。 しかし、青チャートは入試に必要なパターン問題がほぼ全部網羅されていると聞き、さらに僕は国立志望なので、黄色チャートだと不安になり、青チャートに2年から(現在高1)変えようと思います。新課程の青チャートは解説が分りにくいともよく聞きますが・・・ それで、いろいろ考えた結果、次のような方法が浮かびました。 (1)黄色チャートの例題と重要例題のみやる (2)黄色チャートの全ての問題をやる (3)青チャートの例題と重要例題のみやる (4)青チャートの全ての問題をやる 上のどれがいいでしょうか。個人的には受験数学においては、パターン問題の暗記が重要と聞いていて、実際にそう思うので(3)がいいのではないかと思いますが、よく分りません。 (1)から(4)の順に難しく、時間もかかるようになり、大変ですが、もし、国立受験をするのに必要なら、英語などには余裕があるので、その分数学に力を入れます。 また、受験対策はチャートオンリーで終わらせようとは思っていませんが、3週ぐらいはするつもりです。 「参考書は何をやっても、君が思っているほど差はないよ。」などといわれたこともありますが、僕は英語をいい参考書を使い、単語の暗記方法も独特のやり方をしたことにより、爆発的に成績が上がったという経験があるので、やはり参考書選びには、やたらと慎重になってしまいます。 なので、どうか、どうか皆さんの勉強方法や、意見、コメントなどをぜひ教えてください。よろしくお願いします。 P.S.長文になってしまい、済みませんでした・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2401
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

1年生のうちから受験を意識しているのは素晴らしいことだと思います。 私は私立の理系大学を卒業したのですが、受験問題に手をつける前に、授業での基本的なことを理解することからはじめるのがよいと思います。 私のときは新課程ではないのでわかりませんが、黄色チャートの評判はよかったですよ。 私も使っていましたが、1年生のときに偏差値45ぐらいだった数学が、3年になるころには70を超えていました。 要は、ちょっとやってだめだから他の問題集へ!というわけではなく、一冊に集中してみてはいかがでしょう? 1年生ですし、あせることはないと思います。 しかも目標が決まっているじゃないですか!それはとても強みになると思います。 黄色チャートとは関係ありませんが、私が使ってよかったなと感じた参考書があるのでご紹介します。特に苦手な分野があるときはこれで勉強しました。 「細野真宏の数学が本当によくわかる本」 受験までまだまだ期間があるので、燃え尽きないようにあせらずに頑張ってくださいね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「細野真宏の数学が本当によくわかる本」は僕も確率の分野だけ使い、ものすごく分りやすかったので、これからも使おうと思っています。 どうも、ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

国立大理系の大学生です。 僕も高校時代は黄色チャート使ってましたよ。 参考書は何をやってもあまり変わらないというのは、それが良い参考書であって、なおかつしっかりマスターできればの話だと思います。 良い参考書の内容を十分に自分のものにできれば、どこに出ても恥ずかしくないような実力が付くのではないでしょうか。 僕の主観ですが、黄色チャートは十分良い参考書だと思います。 とりあえず本屋で青チャートを見てみて、これは!!と思えるかどうか試してみましょう。 黄色チャートとの違いが良く分からなければ、無理に変えることはないのではないでしょうか。 あなたの言う「あまり得意でない」というのがどの程度のレベルなのか分かりませんが、まだ基礎固めの高1の時期ですから、無理に背伸びをする必要はないと思います。 黄色チャートと青チャート、内容の重なる部分も多いでしょうし、どのみちチャートだけで終わらす気はないとのことですし。 結論的には、授業に余裕で着いていけるようなら自分にあった参考書を探しましょう(青チャートなら青チャートで)。 授業についていくのがやっとだとか、これまでに分からない部分がいっぱいあるとか言うことでしたら、基礎固めのつもりで黄色チャートの例題をどんどんやったらよいと思います。 それから、チャートを3週はやりたいとのことでしたが、あまりそこにこだわりすぎず、目標設定としては例えば「この参考書に書かれている問題の全てを解けるようにする」と決めたほうが柔軟性があってよいと思います。 簡単なところはソコソコに、苦手なところは徹底的に、といった感じですか。 もしチャートを使うなら、全体として例題の達成を目標にしつつ、つまずいたページは下の問題まで解くようにすると良いと思います。 当たり前ですが僕がうまくいったやり方があなたに当てはまるとは限りませんし、英語でうまくいったことが数学でうまくいくとも限りません。 数学は特に得手不得手の分かれる教科でしょうから、使い続けてストレスのたまらない難易度の参考書を選んでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

青チャートと黄色チャートの違いは分りますが、青チャートは難易度が4ぐらいになると、ちょっと歯が立たないです。 なので、黄色チャートを使うことにします。どうも、ありがとうございました。

  • 回答No.3

>「量と質の2つの方法」とありました。どちらを先やるべきでしょうか。やはり、沢山問題を解いて「型を憶える」という量でしょうか。 独学(塾などに行かなければ、という意味です)ですと、ある程度のレベルまで行かないと、別解は浮かびにくいです。 従って、色々な問題を解いていく(解法を憶えるのではなく、理解するという意味です。暗記は全く無意味です)のが先行するでしょうが、その過程でも“別解はないだろうか?”という意識を持っていて下さい。 その意識をもつだけでも、かなり違います。 >>私が推奨するのは、「月刊誌・大学への数学」です。 >>但し、高校3年になってからでも遅くはありません。 先ほどは、こう書きましたが、貴方が超難関大学志望なら-例え全部は理解できなくても-2年生の秋くらいから購読したら良いと思います。 私が推奨する「量と質の勉強方法」も、この雑誌から学んだ事です。 それと、参考書を使うのは良いのですが、決して高校の授業を疎かにしないで下さい。 全ての科目がそうですが、授業が全ての基礎だからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

学校の数学平均が40後半のところは70点ぐらいです。それじゃだめですよね。家の学校は私立中型なので・・・・ まあ、とにかく頑張ります。どうも、ありがとうございました。

  • 回答No.2

大学入試なんて、かなり前のことなので、思い出しながら書いてみます。 先ず、国立の理系が志望であるなら、入学後の事を考えても“数学が不得手”であるのは困ります。 次に、参考書は、勿論相性がありますから、他の人に良くても貴方に良いとは限りません。 しかし、良い参考書は比較的限られていますので、その中から選択すると良いと思います。 実際に書店で、自分の手にとって中をじっくり読んで見ると良いと思います。 自分にあった良い参考書を選ぶのも、ひとつの勉強です。 数学の勉強方法として、良く「型を憶える」という事が言われますが、それでは不十分です。 数学の勉強方法としては、量と質の2つの方法が必要と思います。 沢山問題を解いて「型を憶える」のが量の勉強とするなら、1つの問題に対して視点を変えて「複数の解答を与える」という質の勉強も必要と思います。 これが、応用力の養成に繋がると思います。 型を憶えるだけでは、少々問題を変形されたら対処が難しいと思います。 それと、全ての科目にいえますが、ある期間集中してやる事も必要ですが、毎日少しでも継続することです。 私が推奨するのは、「月刊誌・大学への数学」です。 但し、高校3年になってからでも遅くはありません。 その他高校3年時には、東大・京大クラスが志望なら「新数学演習」、そこまででないなら「新数学スタンダード演習」を薦めます。 東京出版のURLを貼っておきます。 いずれにしても、今から強い意志をもってやるなら十分目的を達成できる可能性があります。 後は、努力あるのみです。頑張ってください。

参考URL:
http://www.tokyo-s.jp/index.shtml

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。。「学問に王道なし」ですね。 まだ受験まで時間があるので、頑張りたいと思います。 ひとつだけ聞きたいことがあるのですが、「量と質の2つの方法」とありました。どちらを先やるべきでしょうか。やはり、沢山問題を解いて「型を憶える」という量でしょうか。

  • 回答No.1
noname#20428
noname#20428

理系に行くのなら一部例外分野を除いて、数学が出来ないと大学以降で困ると思いますので、大学受験をクリアすることだけを考えるのではなく、実力を付けることを重視しましょう。 数学は基本を理解していなければ難しい問題をやっても出来ない(またはやり方だけ覚えて出来ても実力になっているとは言い難い)ので、黄色がすらすら簡単にできる状態になるまで黄色をマスターされることをお勧めします。結局天才以外は時間をかけて基礎から発展まですべてやることが必要です。 ただ、参考書はあなたの言うように相性があると思いますので、合ったものを選択することは必要です。 それから入試にはパターン問題が確かにありますが、暗記ではなく解法が身に染みるように完全に身についている(結果的に暗記状態になっている)のが目標です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。丸暗記でなく、解法を理解しながら、覚えていこうと思います。

関連するQ&A

  • 青チャートって

    青チャートって 解法暗記の参考書だと思いますけど、演習用にも使えますか? 私は今数学を教科書からやり直しているのですが、そのあとに青チャートで教科書の類題や 入試問題の類題の例題を解いていくという使い方で大丈夫でしょうか? 青チャートの演習問題などは解かないつもりです。というか解く時間がないと思います。 青チャートの基本例題や重要例題を解いた後で、センターや二次試験の過去問に取り組んでも大丈夫でしょうか? なんだかこれだと演習問題の数が少ないような気がしてとても不安です… ちなみに、予備校では数学を取っているのでそのテキストも使います。 要するに塾のテキストと青チャートだけで国立の二次試験にも対応できますか? 志望大学は横浜国立大学の経済学部です。 長くなりましたが、何でもいいのでアドバイスよろしくお願いします(><)

  • 私大獣医の数学 青チャートに手を出すべきか?

    私大の獣医志望のものです。 数学の参考書についてアドバイスください。 黄色チャートは例題・章末問題含めてやりおえ、 3週ほどしました。 次にいく問題集で悩んでいます。 ネットなどで検索すると、私大獣医は基本問題が多いので 黄色の次は青もやったほうがいいという意見がありました。 ただ、黄色チャートをやり終えるのがすごく大変だったことから、 また新たにあの膨大な量をやらなければいけないのかと 思うと、かえって途中で挫折しそうな気がして手をだせずにいます。 本屋さんで立ち読みしたところ、例題は黄色チャートとかぶっている問題も 多いので、違う問題集のほうがいいかな?ともおもっています。 個人的には 数学I・A・標準問題精講やマセマなどの問題集が立ち読みしたところわかりやすいので そっちのほうがいいのかな?というきがしますが、どう思いますか? また、青チャートをすすめるとしたら、やはり例題だけではなく章末問題などすべてやったほうがいいでしょうか?

  • 1対1の前には、黄チャートか青チャートか

    高1で、東大もしくは京大の文系を漠然と、ではありますが目指しております。 英語と古典は得意ですが、数学が苦手でして、高2からの数学の勉強法について相談にきました。 文系とはいえ東大京大の数学をなめていてはとんでもないことになろうかと思いますので、高2ではチャートと1対1なる問題集をやろうとおもいます。 そこで、チャート式にもいろいろあるので、 A.黄チャート(主に例題・分からなかった時は練習問題も)→1対1 B.青チャート(主に例題・分からなかった時は練習問題も)→1対1 のどちらがよいと思われるでしょうか? 東大合格体験記などを読んでると、やった参考書に「青チャート」がよくあって、青チャートはやっとかないとダメなのかなぁと思ったのですが、 ある人には「1対1やるなら黄チャート例題で十分だよ」「いやいや青チャートの例題はやっとけ」と、人によって違うんです。 当の自分も混乱しまして、ここに質問にはせ参じたしだいでございます。 青は不要か、黄は不足か、よくわかりません。 ABどっちがよいのでしょうね。 ちなみに、実力のほうは全統の数学偏差値が60前後です。 授業では教科書傍用問題集を使っておりますが、答えがあってないようなものです。

  • この時期からチャート 青チャか黄チャか?

    はじめまして。 僕は国立の理系を志望してる3年生なのですが、今まで数学の勉強を自分ではあまりしてきませんでした。 模試でも7割~8割くらい取れていたのですが、やっぱり、勉強してないせいもあり、公式を忘れてたり、解き方が知ってるけど思い出せない。。。 てなことが結構あって、9割近くは取れずに、この夏にチャートで1度完璧にしようと思っていて、黄色のチャートか青のチャートかで悩んでいます。 2次には3Cまで数学がいるので、黄色を見たら、結構簡単な問題が多くて、大丈夫かよ!って不安になります。 1Aは青チャートでもうほとんど終わっているのですが、2Bは青チャートの三角関数を終わらせているだけです。 2Bも青で復習しようと思ったのですが、例題だけやってもこの厚さ、夏休み中に終わるかと思い、黄色のでいいかなと思うのですが…(周りの生徒は皆黄色チャートの為…) 地理や古典、がノータッチなのであまり数学に時間をさけないのですが、2次試験も考えると、簡単に復習できる黄色より、時間がかかってしまっても、難しい問題がある青にした方がいいのかな? チャートは例題しかやらない予定です。(青でも黄でも) よろしくおねがいします。 一応学校指定のものが黄色チャートなので両方もっています。

  • 青チャートの使い方

    いま数I・Aの青チャートをやっているのですが、青チャートに載っている解法は暗記したほうがいいのでしょうか。それと、青チャートの 使い方をおしえてください。 青チャートの問題がスラスラ解けるようになったら、河合の模試(数学)では偏差値はどれぐらいになりますか?

  • 青チャートについて質問です。

    青チャートについて質問です。 高校二年生です。 青チャートのIAIIBの基本例題を終わらせました。 青チャートについて質問です。 次やるのはどっちが良いんでしょうか? 1、青チャートの演習問題やら、総合問題 2、他の参考書(一対一を考えています。) 聞くところによると青チャートを完璧に網羅すれば数学はどこの大学でもいけると、 僕は京都大学目指しています。 だから、今迷っています。 ご回答よろしくお願いします。

  • 赤チャートでどこまで

    僕は地方国立医学科受験を控えた受験生です。予備校には通わず、主に参考書を使って学習を進めてきました。そろそろ追い込みの時期にさしかかります。数学に関しては、主に赤チャートの例題を一通りこなし、センターでも8割以上は確実に取れる、という状況です。 この先の2次試験を視野に入れると、「赤チャートの演習問題まで含めて完璧にする」のと、「やさしい理系数学、または大学への数学シリーズに進む」のと、どちらがいいのか迷っています。赤チャートだけでいいのだろうか。。という不安があるのです。みなさんの意見をぜひお聞かせください。

  • 大学受験の数学についての質問です。

    大学受験の数学についての質問です。 今僕は高校二年生です。 ぼくは一応理系国立を狙っているので、今まで数学は青チャートの基本例題を独学でガンガン進めてきました。 そして、夏休みにはIIICまで一通り終えました。(IIICはまだ全て覚えきっていませんが) IIICは学校で勉強するんでまだ焦る必要はないんですが、IA、IIBはさらに進めて行こうと思うんです。 そしてなんですが、 簡潔に言いますと、 次にやるのは‥ 1 青チャートの練習(基本例題の下にあるやつ) 2 青チャートの演習問題、総合演習 3 他の参考書を買い、それを網羅 どれがいいと思いますか? また、3の場合はどこの参考書がいいですか? 1をやるとかなりの量があるので時間がかかってしまうと思うんです。 だから、ぼくは2か3(若干3)を考えているんですが、 青チャートを使っていた方、 お答えいただけると嬉しいです!! あっ、一応、IA、IIBはしっかり網羅しました。

  • 数学のチャートと学校で配布される問題集の使い方について

    数学のチャートと学校で配布される問題集の使い方について 高3になる受験生です。 数学がとても苦手で一通り復習しようと思うのですが、 今青チャートで例題を解法を理解しながら暗記だけをしています。 元から数学が出来ないというよりは、習った後(定期テスト後)などに復習を全くしなかったため(ひどく後悔しています)、問題がほぼ初見状態です。 習った時はある程度解けていました。 それで質問なんですが、解法暗記はしていますが、また解法を忘れるなんてことがあっては困ります。 そこで、チャートで解法を見て理解できたら、学校で配布された問題集(サクシード、定期テストの勉強でも使っていました)で問題を解くということをしようと思っているのですが・・ (1)チャートの例題だけをちゃんと解けるようにする (2)チャートで簡単に理解して問題集で解法に慣れる どちらの方がいいでしょうか。 数学だけが極端に悪いので、夏休みぐらいまでは数学にウエートをかけるつもりです(2次でもいるので)。 文系です。 よろしくお願いします。

  • 青チャートか黄チャート

    新高2です。国立大経済学部志望です。 学校で数学IIBを勉強するのですが、今日本屋に行って青チャートと黄チャートを見てきました。 数学IAの場合ですが、黄チャートは基本例題はほとんど見たらできました。でも、章末問題(過去問とか載ってる所)だと答えを見ないとできないかな、って感じです。青チャートは基本例題ができるかなぁ~って感じで、章末問題は答えみないと無理です。 しかし、買うのは数IIBなので、どうしようかな…って思ってます。