• 締切済み
  • 困ってます

one of the events that HAS happened???

>It is one of the important events that [have happened] this year. from http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1847189 先行詞 one of the important events = one important event なので、後ろの部分は has happened になると思うのです。間違いですか? 日本では、not one of them が not a/one something であることがはっきり理解されていなかったり、下の文例で、which の先行詞が the Shetland Islands だという意見にも驚きましたが、日本では、one of 複数 が複数の意味だと教えられているのですか? 私の英語感覚がおかしいですか? >Their ship was driven away to one of the Shetland Islands, which name was unknown to them. ※ これは「ロイヤル英文法」記載の文例ですが、which name は現代英語の用法ではありません。the name of which が正しい英語だそうです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数7
  • 閲覧数136
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.7
  • shooa
  • ベストアンサー率32% (19/58)

No.1です。安易で考えなしの回答してしまってすみませんでした。 one of 「the important events that has happened this year」 「one of the important events」that have happened this year 「今年起きた重大な出来事」の1つ 今年起きた「重大な出来事の1つ」 くらい微妙で、英語から訳する場合、書いた人の感覚1つな気がするのですが間違いでしょうか? http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1847189 の場合、ここでお勉強させて頂いて、先生の感覚1つで訂正されてしまったということな気がしてきたのですが 感覚で書いてしまってごめんなさい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさんありがとうございました。 決定的な判断要素と思える回答が得られないようなので、とりあえず締め切らせていただきます。 また何かありましたらよろしくお願いします。

質問者からの補足

ありがとうございます。 ロイヤル英文法によると 1. one of the 複数名詞は原則単数 2. 関係代名詞の場合は原則複数(単数はくだけた言い方) らしいです。"has happened," "have happened"の検索結果はこの説明を裏切っているのでややこしいです。ネイティブも混用していると考える方が無難といえるかもしれません。

  • 回答No.6

"one of many things that have " site: gov の検索結果 約 21 件 "one of many things that has " site: gov の検索結果 約 11 件 site:govの指定をはずすと、圧倒的に単数扱いが多いようですね。 ということは、どちらに呼応するか、現状は揺れていると言うところかと思います。 論理関係としては、複数呼応が求められますし、みんなが使っている用例からすると単数呼応となると、どちらをとるか、迷うところですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 つまり、文法書の解説ではどちらもありということですか。。。 ところで検索結果ですが、site: の後ろに空白があるため、一般検索になっているようです。 "one of many things that has" site:gov の検索結果 約 3 件 "one of many things that have " site:gov の検索結果 1 件 文脈は見ていないのですが、とりあえず最終ページを表示してみると "one of the things that has happened" site:gov の検索結果 約 165 件中 81 - 82 件目 "one of the things that have happened" site:gov の検索結果 1 件中 1 - 1 件目 "one of * that has happened" site:gov の検索結果 約 233 件中 41 - 45 件目 "one of * that have happened" site:gov の検索結果 約 24 件中 1 - 13 件目 "one of the * that has happened" site:gov の検索結果 約 257 件中 41 - 58 件目 "one of the * that have happened" site:gov の検索結果 約 21 件中 1 - 12 件目 happened をとると逆転します。ますます分からなくなってきます。 "one of * that has " site:gov の検索結果 約 67,600 件中 341 - 359 件目 "one of * that have " site:gov の検索結果 約 71,900 件中 521 - 525 件目 "one of the * that has " site:gov の検索結果 約 90,000 件中 301 - 315 件目 "one of the * that have " site:gov の検索結果 約 97,000 件中 521 - 535 件目 "one of * that has been " site:gov の検索結果 約 34,600 件中 481 - 493 件目 "one of * that have been " site:gov の検索結果 約 31,400 件中 561 - 569 件目 "one of the * that has been " site:gov の検索結果 約 25,500 件中 481 - 485 件目 "one of the * that have been " site:gov の検索結果 約 15,700 件中 501 - 511 件目

  • 回答No.5

気になったので、いくつか文法書をあたってみました。 開拓社の詳解英文法 A COMPREHENSIVE DICTIONARY OF ENGLISH GRAMMAR の縮刷版(昭和52年発行)には、 CONCORD(呼応、一致)として、「one of に先んじられる場合」の項に、教室英語としては複数呼応が正しいが、実際上は単数呼応がみられ、 「このような用法について、Jespersenは、単に動詞がone にattract されたためだと言い、、、」と説明しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>これらのサーチ結果、特にsite:gov 165 : 1 を見る限り、先行詞を後者のみに限定、複数ととるほうが特殊、どちらかといえば文法ミスに見えるということです。 不思議ですね。No.3のNsuikaさんも、that have が正しいとされているし、松本安弘さんが書かれた、 A PRACTICAL HANDBOOK OF COMMON MISTAKES IN ENGLISH AMONG JAPANESE STUDENTS AND BUSINESSMEN の one of の項(p.516)にも、one of the things which などに続く動詞は複数対応すると書いてあります。 また、google の検索で条件指定の画面を出すと、一切入力できなくなります。 どうも変な感覚が、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#19923
noname#19923

お久しぶりです。the Shetland Islands の質問はまだ締め切られていないようですが。 >先行詞 one of the important events = one important event なので、後ろの部分は has happened になると思うのです。間違いですか? 間違いというか、この場合の先行詞は "the important events" なので、関係節内の動詞も複数で一致しています。 [ [今年あった重大事件] の一つ] という構造です。 ...because it was one of the books that are sacred to the Jews,... Young as he was, Nelson was appointed to command one of the boats which were sent out to explore a passage into the open water. Burma is one of the countries which have the least press freedom. >which name は現代英語の用法ではありません。the name of which が正しい英語だそうです。 こちらは誤りです。which name は現に使われていますし、the name of which とは用法も違います。 which name の which は関係形容詞で、「この、その」に相当し、the name of which は関係代名詞で「それの名前」に相当します。後者は「それの」の部分を所有格にして、whose name とすることもできます。 which name が形式ばった固い表現であることはたしかですが、現用かどうか、ググって見ましょう。 East Galena was also afterwards divided and a new town created called Washington, which name was afterwards changed to Rice. ... the firm-name being changed to that of David & George Bush, which name it retained, with one short interruption, until the year 1846,... In 1664, it passed into the hands of the English, and was named New York, which name was also given to the whole province. ところで、こちら↓とはなにかご関係が?

参考URL:
http://www.englishforums.com/English/AntecedentOfWhich/bqxhr/Post.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 "which name" については、あちらこちらの掲示板で "the name of which" であると指摘されているのは確かなようですね。しかしながら、これは質問と関係ないこととして扱わせていただきます。

  • 回答No.2

>one of the important events = one important event なので、後ろの部分は has happened になると思うのです。間違いですか? 確かに、one of the important events = one important event になりますが、have/has happened が修飾している部分はthe important events です。 つまり、まず、「今までに起きた重要な事件」というくくりがあり、その中から一つ選び出す、と言う感覚です。 oneを修飾すると考えると、この場合は、「重要な事件のうち、今までに起きた一つ」となり、論理関係がうまくいきません。 ただ、あいまいな部分があり、制限(特定)しているのが、集団そのものなのか、その集団の一部なのか、区別しがたい部分もありますよね。 It's impossible to know which one of them who was lying or talking the truth. これは、集団の一部を制限(特定)しているのが、was と言う動詞で分かります。 なかには、次のような例もあります。 He is the only one of the students who has (not have) already taken Latin. 4. これは、わざわざ、集団のことではないよと断っていますよね。 以上のような場合のほかは、文脈依存となると考えていいように思います。 しかし、taroandjiroさんの質問は、いつも、興味深く読ませていただいています。回答を考えながら、自分の勉強になっています。 世の中のことは色々奥深いものがあると感じますが、言語もそのひとつで、今後とも、その理解を深めることが出来ればいいと願います。今後もよろしくお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。補足の補足です。 "one of the * that has happened" site:us の検索結果 約 120 件 "one of the * that have happened" site:us の検索結果 約 30 件 "one of the things that has happened" site:gov の検索結果 約 165 件 site:us の検索結果 約 61 件 "one of the things that have happened" site:gov の検索結果 1 件 site:us の検索結果 5 件 これらのサーチ結果、特にsite:gov 165 : 1 を見る限り、先行詞を後者のみに限定、複数ととるほうが特殊、どちらかといえば文法ミスに見えるということです。

質問者からの補足

ありがとうございます。 グーグルがさほど信頼できないのは重々承知の上ですが、サーチ結果は以下の通りです。 "one of the * that has happened" の検索結果 約 76,700 件 "one of the * that have happened" の検索結果 約 22,500 件 "one of the * that has happened" site:.gov の検索結果 約 256 件 "one of the * that have happened" site:.gov の検索結果 約 21 件

  • 回答No.1
  • shooa
  • ベストアンサー率32% (19/58)

the important events that have happened this year 今年起きた重大な出来事 て事ではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • , whichについて

    以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 Moreover, one of the lamp baseswas scratched, which I belive happened during shipping, since one of the box for this lamp was dented and torn. (1)whichの先行詞は、one of the lamp baseswas scratched であっていますでしょうか? (2) I beliveの後に穴があると考えました。その理解であっていますか? (3)happenedという動詞の主語はなにでしょうか?  which I belive happened という文の文法がわかりません。 いつも類似の質問で恐縮ですがどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 関係形容詞which/whoseの継続用法

    こんばんは。 関係形容詞のwhichとwhoseの継続用法の使い分けがはっきりと分かりません。どなたか詳しい方、教えていただけませんか? 1. In 1960 he came to Tokyo, in which city he has lived ever since. (ジーニアス) (説明:通例and the…の意味になるが、前後関係によりandのほかにbut, because, though, ifなどの意味になることもある) 2. I said nothing, which fact made her angry. (ジーニアス) 3. He may not know the fact, in which case he will be in danger. (ジーニアス) (質問1)上記、2.と3. の文章でwhoseが使えないのは、whoseは先行詞として、前文の一部(または全部)をさせないからだと思います。 ですが、なぜ、1.の文ではwhose cityにはならないでしょうか? 4. Their ship was driven away to an island, whose name was unknown to them. 5. Their ship was driven away to one of the Shetland Islands, which name was unknown to them. (4.5.は両方、ロイヤル英文法) 4. の,whose nameは,but its nameで、5. の,which nameは,this nameと考えられる(ロイヤル) (質問2)そもそも、この説明の、「itsとthisの違い」が分からないのですが、どういうことでしょうか?高校生にも分かる説明でお願い致します。

  • What happened that was so wonderful?

    NHKラジオ英会話講座より Cecillia:Oh,Roy. Welcome home. How was your day? Roy:Excellent-and not only because I quit work early. Cecillia:Oh? What happened that was so wonderful? ・・省略・・、えっ?何かとってもいいことがあったの? (質問)What happened that was so wonderful?でお尋ねします。 (1)第一文型でよろしいでしょうか? what S happened V(完全自動詞) that was so wonderful...説明がつきません? (2)WH語(S)+ 一般動詞(V)・・・?  がよくわかりません。 (2-1)WH語を主語にして次に一般動詞が続く形は、happen以外にも沢山ありますか? (2-2)WH語を主語にして次に続く一般動詞は、自動詞/他動詞の区別なくありますか? (2-3)WH語を主語になるのは、what/who/which以外もありますか? (2-4)「WH語(S)+一般動詞(V)」の形は第一文型以外、3,4,5文型でもありますか? (2-5)易しい例文を幾つかお願いできますか?     質問がまとまりませんが、私の疑問が回答者の皆様に理解されることを願って!! 以上   

  • happening か happenedか?

    2008年に起こった金融危機のため~ を英語で言うと because of financial crisis happening in 2008, か because of financial crisis happened in 2008, どちらが正しいのでしょうか? 私的にはingだと思うのですが、2008年で過去のことですし、、、 丁寧に言うと financial crisis which happened in 2008, でしょうか。 皆さんの考察お聞かせ願います。

  • not one of them

    http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1776582 この質問の中で、"not one of them" は部分否定にも使われるらしいのですが、私にはいまいち理解できません。 There is not one style of flamenco. フラメンコのスタイルは一つではない。 この程度のものなら思いつきますが、"not one of them" で部分否定、URLの質問で言えば、 「最高経営責任者は、紺四半期の大幅な収益増を報告した海外支部はひとつにとどまらないことを発表した。」 としか読めないような具体例を教えていただければありがたいのですが。

  • No one of them??

    『その中の誰でもない』を英語にすると、no one of themで合っていますか? 英語が得意な方、お時間がある時に回答を宜しくお願いします。

  • 非制限用法

     また、恥ずかしながら、質問させてもらいます。  They called him a liar, which he was not; they accused him of being selfish, which he was not, either. He was really not the kind of person he was thought to be. 「訳:彼らは彼のことを嘘つきだと言ったが,彼は嘘つきではなかった。彼らは彼を利己的だと非難したが,それもまた間違いだった。実際の彼は一般に思われていたような人ではなかった。」 の文の  They called him a liar, which he was not の部分のa liar, which he was notは、a liarを先行詞にとるwhichの非制限用法と思いますが、a liarは、複数存在してもおかしくないのに、なぜ非制限用法の先行詞として使えるのでしょうか。 もしかして、非制限用法は、先行詞が複数存在するかしないかとは関係なく、先行詞について補足説明をしたいときに使えると言うことでしょうか。 下の別の文だと、this societyがthisがつくことにより限定される(複数は存在しえない)ので、whichの制限用法だと簡単に理解できるのですが。 I understand that children brought up overseas have difficulty adapting to life in this society, which requires them to conform. 「訳:海外で育った子供は,集団に合わせることを要求するこの社会での生活に,なかなか適応できないと聞きます。」  ご回答のほどをよろしくお願いします。  

  • 何故完了形で無いといけないのでしょう?

    英訳の問題ですが、塾で  「それは今年起きた重大な出来事の一つです。」を It is one of the important events that happened this year. としたら、 It is one of the important events that [have happened] this year. と、完了形に訂正されました。 もう起きてしまっているのに、どういう意味を持たせる意図で現在完了形にしなければならないのか、聞いたんですが、何だか良く解らない説明でしたので教えてください。 もう一つ、現在完了形は過去を表す時制と一緒には使えないと思いますが、もう起きた出来事であっても、今年がまだ終わってなければ、this yearは、過去を表す副詞にはならないと言う理解で良いのでしょうか。

  • that of which の文法的意味について

    次の英文について2つ疑問があります。 ・On glancing at this letter I concluded it to be that of which I was in search. この文章の和訳を次のように考えてみました。 「この手紙を見るやいなや、私が探していたものだと結論付けた」 1)上の英文のthatは、接続詞でいいでしょうか? that節を作っており、主語はI、述語はwas in search of、目的語はwhich(関係代名詞)で 先行詞は、this letter と考えました。 2)この文章を次のように構文分析をし、第5文型だと判断しましたが 間違えていないでしょうか? 主語:I 述部: concluded 目的語:it (仮目的語でthat以下を指す) 目的語の補語:to be that以下

  • One of those・・とは何でしょうか?

     野球中継を英語で見ていて、ネイティブの実況が『It was one of those knuckleball!』と言っておりました。  僕の解釈ですと、『ナックル・ボールの一種(の変化球)です』と いう意味だと思うのですが、単純に『Some kind of kuckleball』『Similer to kuckleball』と言う言い方とは何か違うと思います・・  One of thoseをつけることでどのような意味になるのでしょうか??