• 締切済み
  • 暇なときにでも

ギリシャ哲学の名言で誰が言ったか教えて下さい

うすら覚えなので正確ではないのですが「人間とは時間に縛られる唯一の動物である」に近いことを言ったギリシャの偉い哲学者がいたと思うのですが、誰だったか教えて下さい。 どうしてそんなことを知りたいかと言いますと、時間について何とも思わない民族を私は実をもって知っているからです、

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
  • kazz00
  • ベストアンサー率38% (17/44)

ギリシャ限定でお願いします。 クロノスとカイロスのことではないですか。 名言というよりはギリシャ哲学の概念ではないでしょうか。 概略としてクロノスは時計を差し、カイロスは内的時間をさすことは周知。 カントにいたるまでは時間という概念が絶対存在として生活に組み込まれていたのではないでしょうか。 現在の我々は時間が形式的条件に過ぎないことを知っています。 もちろん時間に厳格な職業があります。時間に厳しい人も日本民族もいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

回答とは少し違いますが・・・ 「時間」という観念は、時代や民族によって異なります。現在主流になっている時間概念は、産業革命以降に形成されてきたもので、たとえばその産業革命発祥の地であるヨーロッパでさえ、産業革命以前は現在とは違う時間概念に人々は従っていました。だから、「時間について何とも思わない」ように見える人々も、もしかしたら、私や貴方のものとは違う時間概念に「縛られ」ていたのかもしれません。ちなみに私は、このことを留学中に痛感しました(笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kamuy
  • ベストアンサー率32% (51/156)

回答ではないです。 既に「keiichi」様ご自身も気付いていらっしゃるようですが、 重複書き込みになっておりますよ。 こちら(おそらくは書き込み途中で間違って送信されたんでしょう)について、 OKWeb管理者の方に、削除依頼でも出された方がイイですね。 連絡先等については「ヘルプ」ページを参照下さい。 http://www.okweb.ne.jp/help.php3

参考URL:
http://www.okweb.ne.jp/help.php3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 『人間とは時間に束縛される唯一の動物である』って言ったのは誰でしたっけ

    偉いギリシャの哲学者だったと思うのですが、 『人間とは時間に束縛される唯一の動物である』 というようなことを言ったのは誰でしたっけ。 教えてください。 思い出せないので夜も眠れません。

  • 哲学に関する質問です

    大学の課題で「西洋精神史の3つの源流、ギリシア(知)、ローマ(製作・行動)、ヘブライ(信仰)のそれぞれの人間観の特徴をまとめて述べよ」という課題がでたのですが、哲学の本などで調べても難しく理解できません。よければそれぞれの人間観について教えてください

  • 身近な哲学…?

    高校一年生です。 倫理で、「身近な哲学について、自分でテーマを決めて3200字以上で論ずる」という宿題が出ました。 要するになんでも良いから自分の考えを書くのですが、どうしたら良いのか全くわかりません… テーマやヒントを下さい!!! ちなみに友達は、人間が他の動物を殺す(人間が生きるために)ことについて書くそうです。

  • 哲学の時代は終わったのか

    哲学の時代は終わったのか 真理の探究は古代ギリシャの時代から「万物の根源は何であるか」の問いに始まり、宇宙について、万物について、時間についてこれらが如何なるものであるか探究してきたが、哲学はこれらに対しいまだに何らの答えを与えていない。 「宇宙は有限か無限か」、「時間に始まりはあるか」に対する答えは計測器などを用いて観測データを収集し分析したところで決して得られるものではなく、専ら思索によって得られるものです。 つまりこれらは物理学が答えを出せる問題ではなく、哲学が答えを出すべき問題であると考えます。 なぜならこれらは真理の探究における最重要テーマであり最も哲学的なるもの、哲学以外には解決不可能なものそして哲学が答えを出さないといけないものだからです。 ちなみに物理学では宇宙が誕生した138億年前を時間ゼロとする考えを打ち出しているが、真理を探究する哲学からすればこれはあまりに軽すぎる結論であり、到底受け入れられるものではないでしょう。 もし哲学がこれらに対する扱い方を知らず、答えを導き出す方法論もなく、何らの答えが出せないのであれば、哲学に存在価値は無く、哲学の時代は既に終わったのだと考えるしかない。  

  • ギリシャ神話の怪獣について

    よくギリシャ神話に いろいろな怪獣 (たとえば、グリフィン、英語では griffinのような)が出てきますが、 あれは、人間と動物の獣姦によって 出来た怪物なのでしょうか? どう考えても、私には、空想上の怪獣にしては、 出来すぎているように、 感じるのですが、分かりません。 是非、教えてください。

  • ドイツの哲学者

    ジョン・ラスキン(1819-1900)の著書なのですが、「ドイツの哲学者ならこう言うかもしれない」として、次のような文章が出てきました。 「モンブラン(※山の)は価値がなく、価値があるのは、彼と彼の想像力だけであるということであり、実は、彼がモンブランを見る条件がなければ、モンブランが存在するとは、見なされないということである。」 さらに、 青という色彩の感じは、人間の目がそれを見た時にのみそう感じるのであり、誰もそれを見る人がいないときは、その事物は青くない。(と一部の哲学者は考えている。) というような記述もあります。 たぶん同一の哲学者だと思うのですが、具体的に誰をさしているのかわかりません。 誰の、何という学説なのでしょうか?

  • 人間の獣性について考察した哲学者

    人間には動物であるところから発生する獣性というものがありますが、 この獣性(食欲、性欲、睡眠欲、攻撃性など)を良く考察した哲学者を おしえてください。

  • ギリシャ神話についてお教えください。

    原発の報道を見ながら、いつか読んだことのある(ギリシャ神話だったと思いますが)、人間が、自分では完全に制御できないものを、制御できると勘違いして大きな過ちを犯す話を思い出しました。この時機に決して不謹慎でいうのではなく、大自然や、原子力についての私たちの基本姿勢に対する教訓だった気がするのです。その神話をもう一度読み返したいと思いますが、正確な内容を失念してうろ覚えです。どなたか、ご教示いただけませんか。

  • 哲学する生物には、ネアンデルタール人も入るのか

    もし、動物と人間を分かつ基準があるとすれば、 「己は何者なのか」 「自然は何者なのか」 を問うか否かがあると思われます。 おのれの身体活動、人間の活動、自然現象に対する畏怖、それらを「問う」という活動。 つまり、哲学するかどうか。 この哲学が始まったので、現生人類は宗教を起こしたのでしょう。 では、この精神活動は現生人類だけの特権だったのでしょうか? ネアンデルタール人は、埋葬の儀式があったそうですが、だからといって、現生人類の作り上げたような宗教を作る可能性はあったのでしょうか。または、実際あったのでしょうか?

  • ギリシャの哲学者 エピクテトスの名言について…

    「前進したいのなら、自らが愚かになれ。」 という名言があるようですが、 原文を知りたいのです。 ギリシャ人ですから、ギリシャ語なのでしょうが、 英語ではどういわれるのか知りたいんです。 喉にものも通らないほど気になっています。 どなたかご存じの方はよろしくお願いしますm(__)m