-PR-
締切済み

下水道法10条の例外事項

  • すぐに回答を!
  • 質問No.18012
  • 閲覧数1704
  • ありがとう数23
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

10条(排水設備の設置等)のただし書きでいう”排水設備 の設置義務免除”はどのような場合に適用されますか?
 また、次の場合には適用されますか??
 ・現在下水道に排除しているが、下水道料金が高価なた  め、河川に放流するべく自社で施設を設置する。
  放流時の水質はBOD10ppm以下です。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 24% (9/37)

多くの場合、公共団体が公布している下水道条令で設置義務免除に該当する事例を規定しております。一般的には、終末処理場で排水する処理水と水質が同等以上に良好な排水(具体的には、間接冷却水、屋外プール排水、湧水など)を下水排除でなく公共用水域に排水することを認めているようです。
 2番目の質問は、大変悩ましい問題です。一様に判断することは不可能であり、管轄する下水道管理者に具体的に問い合わせる以外に回答する方法はありません。多角的な調査、過去の水質管理状況、事業所周辺の水質環境などから適用可能か判断します。なお、同様な事例で裁判に委ねた事例がありましたので、下記を参照ください。


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ