• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

老人扶養親族の所得について

年末調整において、老人扶養親族に以下の方が該当するか教えてください。  70歳以上の給与所得者の実母で、例年は所得が無いため老人扶養親族に該当していたのですが、今年は土地売却による所得が少なからずありました。  この場合、土地売却による所得というのは所得の見積額には入るのでしょうか?  また、どの程度の所得であれば継続して老人扶養親族を申告できるのでしょうか?  土地は、5年以上住んでいた居住用の土地で、取得額は不明です。  よろしくご教示ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1122
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kamehen
  • ベストアンサー率73% (3065/4155)

所得税の扶養とする事ができるのは、合計所得金額が38万円以下の場合で、譲渡所得金額も当然、この合計所得金額に含まれます。 http://www.taxanswer.nta.go.jp/1180.htm 所得金額ですので、譲渡所得であれば、譲渡金額から取得費や譲渡費用を引いた後の金額となりますが、取得額が不明であれば、譲渡金額の5%が取得費として計算する事となりますので、普通に考えれば38万円は超えてしまうと思いますので、残念ながら今年については所得税の扶養には入れないものと思います。 土地のみであれば適用はないとは思いますが、仮に居住用財産の3千万円の特別控除を受けられて所得税がかからなかったとしても、合計所得金額は特別控除前の金額による事となっているため、特別控除前の所得金額が38万円を超えていれば扶養には入れない事となります。 ご参考までに、健康保険の扶養の方は、向こう1年間の収入見込み額がおおむね130万円(但し、60歳以上は180万円)未満であれば扶養に入れるのですが、この場合の収入には恒常的な収入に限られますので、譲渡所得のような臨時的な収入は含みませんので、健康保険の扶養については譲渡所得があったとしても影響はない事となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足にお礼を載せてしまいましたので、あらためてお礼申し上げます。 質問掲示そうそうに大変参考になる回答をいただき本当にありがとうございました。 おかげで問題が解決いたしました。ありがとうございました。

質問者からの補足

早速のご回答本当にありがとうございます。 慣れない土地売却のケースでとても困っていました。 税務署に電話してもなかなかつながらず、やっとつながっても対応が悪く、一人悩んでいるところでした。 とても良くわかりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 老人扶養親族について

    老人扶養親族の条件について質問です。 これは70歳以上の同居している老人で、収入が38万以下の人が該当するらしいですが、別のHPでは公的年金(厚生年金も含む?)のみを収入としている高齢者の場合は、収入158万以下の場合に老人扶養親族になれると書いてありました。 うちは祖父母と同居しており、それぞれ厚生年金を貰っています。 祖父は240万ほど、祖母が108万ほどです。 この場合、祖父はともかく祖母は私の老人扶養親族に入れるのでしょうか。HPを探してみてもいまいち分からなかったので質問しました。 宜しくお願いします。

  • 老人扶養親族の控除について

    サラリーマンで、会社に年末調整をしてもらっていますが、株式で損失が出たので「上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除」の申告をしておこうと思い、その際についでに母親(71歳)を老人扶養親族(同居老親等以外の人)として入れて申告しようと思っています。 2006年中に母親は70歳になったので老人扶養親族の要件は満たしていると思うのですが、昨年会社へ提出した扶養控除申告書には、扶養親族として書いていませんでした。(うっかり忘れです) ですので、昨年末の年末調整でも扶養親族としては計算にいれてもらっていません。 このような場合、私が確定申告をする際に扶養親族として入れることは可能なのでしょうか? 昨年度中に何らかの手続きをしておく必要があったのでしょうか? ちなみに毎月ほぼ一定額の金額を母親名義の銀行口座へ振り込んでいますので、生計を助けているということは確かです。 税金のことがよく分かっていない者ですので、質問もわかりにくいかと思いますが、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 「老人扶養控除」は受けられるでしょうか

    同居している私の母は70歳以上ですが、所得が99万円(収入はそれ以上)あります。 この場合、「老人扶養親族」にはならないのでしょうか。 要するに「老人扶養控除」は受けられるでしょうか

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • thor
  • ベストアンサー率35% (600/1682)

〉その場合基礎控除の65万円を差し引いた25万円が所得の見積額となり、扶養親族の要件を満たしているような気がすると思うのですが・・・。 横から失礼します。 所得税の基礎控除は38万円です。 給与の収入から給与所得額を計算する際に控除する給与所得控除の最低額である65万円とごっちゃになっていませんか? なお、基礎控除などの所得控除は、「合計所得金額」から差し引くものです。所得額は基礎控除を引く前の額です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おっしゃるとおりです。調べてみたら給与所得のみ65万円の基礎控除が認められるとのことでした。 助かりました。ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • kkk-dan
  • ベストアンサー率61% (387/634)

土地の譲渡所得の計算は売却価額からその土地の取得費と売却にかかる諸費用を差し引いて求めますが、取得費がわからない場合は売却価額の5パーセントを概算取得費として計算してよいことになっています。税金を計算する上でいろいろな特別控除がありますが、扶養に該当するかどうかの判定はこの特別控除をする前の数字で判断しますので、たとえば土地を100万円で売ることになり、売却のための当期費用や印紙代などの諸経費が10万円あったとします。この場合、100万円の5パーセントである5万円が土地の取得費となりますので、100-5-10=85 となり、85万円が土地売却にかかる所得となります。扶養に入るためには38万円以下でなければなりませんので、上記の場合は扶養から外れることになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

例まで掲示いただき本当にありがとうございました。 補足にて追記させていただいた件も#3さんの協力もあり 納得することができました。 本当にありがとうございました。

質問者からの補足

早速のご返信本当にどうもありがとうございます。 一点確認をさせていただきたいのですが、上記の場合、土地売却にかかる所得は85万円と理解できたのですが、その場合基礎控除の65万円を差し引いた25万円が所得の見積額となり、扶養親族の要件を満たしているような気がすると思うのですが・・・。  再度ご回答いただければ幸いです。

関連するQ&A

  • 所得税の扶養親族

    私は旦那と子供1人が居る女性です。 去年3月に正社員であった会社を退職し、新たに昨年10月からフルタイムのパート(手取10~ ~15)で働き出しました。 以前の会社を退職するまでは、年末調整の扶養親族に子供と遺族年金を受け取る実母を入れてましたが去年から遺族年金から公的年金(月額9万)を受けています。 なので年末調整の際、子供は旦那の扶養親族に残しておいて。 私には実母を扶養親族にしようとしたら、年金受給者である実母の方が年収が高くなるからと言うことで扶養親族無しで年末調整をしたのですが、今年25年度分は大丈夫だろうと実母を扶養親族に記入し提出すると、何かややこしくなると言われました。なぜだかわかりますか?

  • 老人扶養親族?

    両親(父・母共に70歳以上です)と 同居して扶養していた場合 なんらかの控除が受けられるのでしょうか? 両親の年収は年金のみで年240万ぐらいです ​http://huyoukoujyo.com/2007/10/post_6.html​ こちらの情報を参考にしているのですが よくわかりません 70歳以上であれば120万円が公的年金等控除額の最低額 となり120万円+38万円=158万円以下が 老人扶養親族として控除できるというような話をどこかで みかけたのですが この158万円とは両親一人あたりなのでしょうか? それとも両親2人の合計が158万円以下という意味なのでしょうか? 一人あたりなら240÷2で条件にあれはまるのですが 両親2人の金額合計が158万円以下だと あてはまりませんね・・・ 両親のうち父だけ母だけを老人扶養親族にして控除するという のはできるのでしょうか? その場合は一人あたりの年金収入は240万÷2=120万円 としてみなして控除を受けられるのでしょうか? 父だけ母だけを老人扶養親族とした場合 年金額が下がるなどの デメリットが発生するのでしょうか? 老人扶養親族にできるのかどうか もしくは他に節税できる手続きがあるのでしょうか? アドバイスお願い致します

  • 年末調整の特定扶養親族について

    年末調整の事務処理において 「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を社員から提出してもらい、現在処理をしているのですが、この用紙の「特定扶養親族」欄には ■昭59.1.2生 ~ 平3.1.1生 と書いてあるのに対し、国税庁から配布された 「平成17年分 年末調整のしかた」の特定扶養親族欄を見ると ■昭58.1.2生 ~ 平2.1.1生 と書いてあります。この場合、今年の年末調整で特定扶養親族として25万円控除受けられるのは後者の昭和58年1.2生~平2.1.1生の人がいる場合ですよね? ということは、年末調整の控除を計算する場合、「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を参考にしながらするのではなく、あくまで去年の年末に提出された平成17年分の申告書を参考に控除の計算をするのでしょうか? そして、今社員から回収した「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、来年末の年末調整の時に参考にするものなのでしょうか?それとも、平成17年分、平成18年分両方を参考にして、控除の計算をするものなのでしょうか? というのも、社員の方で勘違いしている者が多く、この平成18年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書に記載した内容が今年の年末調整に反映されるものと思い込み、平成17年度は特定扶養親族に該当するが平成18年度には該当しないはずなのに、特定扶養親族の欄に記入してくるケースが多かったものでしたから・・・。 本来は年初に平成18年分を提出してもらう方が勘違いしにくいと思うのですが、いつも「平成17年分 給与所得者の保険料控除兼~~」と「平成18年分 給与所得者の扶養控除等~~」を一緒に提出してもらうものだから、ごちゃまぜになってしまうんですよね。。。 なんだか支離滅裂な質問になってしまって申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

  • 年末調整の扶養親族

    こんにちは! 夫婦は給与所得者、扶養親族3人。 夫は会社で年末調整で扶養親族3人で扶養控除を受けられました。 質問: 奥さんは会社で年末調整で扶養親族3人で扶養控除を受けられますか。 以上

  • 特定扶養親族の所得税控除について

    私は農業所得があるサラリーマンです。 私の娘(19歳)が昨年12月24日に結婚いたしました。そのため除籍をいたしましたが、給与所得の年末調整では娘は特定扶養親族控除されていましたが、農業所得の確定申酷の際は、特定扶養親族から外して申告しなかければならいないのでしょうか?どのなたか教えてください。

  • 老人扶養控除は受けられる?

    70は過ぎましたが、小さな事業を営む父の総収入は300万程度。 しかし、経費がいろいろかかって、差引課税所得は赤字となりました。 さて、老人扶養控除は70歳以上で所得が38万円以下で該当する はずですが、父の息子である私はそれを受けられますか? つまり、老人扶養控除のいう「所得」というのは、「収入」のことなのか それとも、「差引課税所得」のことなのかが知りたいのです。

  • 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の記入について

    給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の記入について 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の扶養親族欄に、母を記入する際について質問です。 母は昭和16年1月1日以前の生まれの為、老人扶養親族になるのはわかるのですが、 「平成22年中の所得見積額」の欄にいくら記入すれば良いのかがわかりません。 母は現在パートをしているのですが、パートでの平成22年中の所得見積額は30万~40万程度で、 その他、年金も貰っています。 仮に年金需給額とパート所得の合計がが330万円だった場合、 「平成22年中の所得見積額」にはいくらと書けばよいのでしょうか? その際の計算方法もお教え頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

  • 所得税上の扶養について

    お世話になります。 以下の場合、父親を所得税上の扶養に入れれるか質問です。 父は今年の10月で60歳です。今年の4月で退職し 11月から公的年金をもらっています。 私は会社員で会社で年末調整をしてもらってます。 父の情報です。 給与収入:120万 雑収入:19万(公的年金) 合計:170万 給与所得控除:65万 公的年金控除:70万 給与所得が120万-65万で55万円 雑所得が19万-70万で0円 基礎控除:38万 生命保険料控除:5万 以上を合わせて 55万(給与所得)+0(雑所得)-38万(基礎控除)-5万(生命保険料控除) から父の所得は12万円となるのでしょうか? またそれを私が会社に提出する 平成21年分 給与所得者の扶養控除等(異動届)の扶養親族に 記載して見積額を12万円とするのでしょうか? 所得税上の扶養とは全て適用できる控除を行った額が38万以下だったら 出来るのでしょうか? それとも例えば給与所得者については 給与所得控除と基礎控除のみ適用とし それを超えたら扶養には出来ないのでしょうか? また来年ですが父は公的年金だけ受け取るとすると年間で 115万ぐらいになりそうです。 この場合は私が提出する平成22年分 給与所得者の扶養控除等(異動届) の扶養親族欄に父の名前と平成22年中の所得の見積額を 115万x75%-37.5万で48.75万とするのでしょうか? それとも基礎控除も含めるのでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

  • 扶養控除等申告書

    従業員の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書をチェックしていたら以下の申告書がありました。 「あなたの住所又は居所」=実家 扶養親族(老人扶養親族に該当します)の住所又は居所=実家 本人は実家とは異なる別の住所に居住しているのがわかっています。 この場合、扶養親族は同居老親等に該当しないのは明らかだと思いますが(実際に同居していないので)、申告書上の本人の「あなたの住所又は居所」も実際の居住している住所に訂正してもらう必要があるでしょうか?住民票を実家から移していない可能性があります。

  • 扶養親族等申告書の記入に関して

    「給与所得者の扶養控除等申告書」に関する質問です。 記入欄の内,「D:他の所得者が控除を受ける扶養親族等」の欄の記入が該当する場合を詳細にお教え頂きたいと思います。