• ベストアンサー
  • 困ってます

茶道の月謝関係ってどうなってますか?

今度茶道を習おうかなっと思っている20代の男性なのですが? 茶道の月謝は、月の初めに収めるとして、その他にも先生にお渡しするお金ってあるんですか? お茶の世界って、古い習わしとか尊重するって聞くんですが? 例えば、普通の世間で行っている「お中元」とかいった類なんですが、そういったときは物よりお金ですか? 年何回くらいあって、いつぐらいとかですか? 通っている教室によるとは思うのですが? 参考までにと思って。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2025
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

月謝は、月4回で6000円(水屋料込み)です。お中元お歳暮は、それぞれ3000円分の商品券をお渡ししてます。でも、これは気持ちの問題かもしれません。ただ、裏千家はお茶会の回数も多く、各先生にお茶券が分配され売れないと先生の負担になるので行ける行けない関係ナシに2枚づつ購入してます。皆さん購入されてます。また。お手伝いも多いので、私の場合は着付け代が1回につき8000円前後です。裏方の歳の方なら問題ありませんが、若年層は表を手伝うので髪もそれなりに見せないと先生に迷惑が掛かりますので・・・(。。)先生によってお茶会の手伝い等も違いはあると思いますが・・・これだけ書くとお金が掛かると思われそうですが、私の場合は本当に良い先生に出会えおつりがくるくらいです。先生選びは慎重にされてくださいね。お茶には想像つかないほどの種類の作法がありますが、先生によっては同じ事ばかり繰り返す方や掛け軸・茶花に変化の無い方もいるそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりました。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 茶道の休学による月謝について

    茶道を始めて5年になります。 もう直ぐ茶名です。 来年から留学で半年~1年ほどお休みをすることになりました。 けち臭い話なのですが、その間お月謝は払うべきでしょうか? 私は、普段なら1ヶ月2ヶ月お稽古日がたまたま行けずお休みになったとしてもそれはそれでお支払するべきだと思っているのですが、 今回は前もって行けないことがわかっているということと それが6ヶ月以上になることが分かっているので 出来れば払いたくないという気持ちがあります。 私の所の先生は、お金払えませんと言えば少し待ってくれたり学生料金(?)的な金額に減額してくれたりする方なのですが、 気持ちよくそれをしていただいているかは分かりません。 出産や育児の為ではないのでどう言うか迷っています。 先生が個人でやっている古いお教室に行っているので 世間一般というかこういうお稽古事の世界で言うとこういうことは失礼に当るのかどうかを 知った上でお話したいと考えています。 宜しくお願いします。

  • 茶道教室でのお中元の渡し方

    新しく茶道教室に通い始めた者です。 過去ログで、盆暮れにはお中元・お歳暮を現金で渡すことを知りました。その渡し方について下記の2点を教えてください。 (1)渡すタイミングは7月と12月?月謝と同じ日(第1週)でよいの? (2)その場合、お月謝袋といっしょにお中元ののし袋を扇子の上に重ねてのせてお渡しするということでしょうか? 社中のお姉さま方に聞けばよいのでしょうが、私は生徒が少ない午前中に通っており、ほとんどマンツーマン状態で、他の生徒さんと話す機会がないのです。 ちなみに金額はお月謝と同額(7000円)にしようと思っています。

  • 茶道教室にかかる金額について。

    はじめまして、いつもお世話になっております。 最近失恋をしてしまいまして、何か心を落ち着けられる新しい趣味はないかな~と、思ったところ、以前から少し興味のあった茶道を思いつきました。 しかし、調べてみると月謝以外にもいろいろとお金がかかるようで、正直月謝以外払いたくありません。 普通の塾みたいな感覚だったので、なぜお中元やお歳暮を送らなきゃいけないのか分かりません。 普段お世話になっているといっても、マンツーマン(少人数制)の習い事もそれは同じですよね? なぜ、茶道や華道といった伝統的なものは、その他余計にお金をかけなければいけないのですか? 入門(?)する時、そういう事を聞いてもちゃんと教えてくれますか? 月給以外にかかるお金は、この世界では暗黙の了解なのでしょうか? 払えるくらいの心とお金の余裕がない人には、茶道は合わないのでしょうか? 免状とか極める為にするのではなく、心を落ち着かせたい。ただの興味、なのですが、そんな気持ちで入門するのは迷惑ですか? 派遣の安月給なので、そんなにお金をかけたら、ますます心の余裕がなくなって、すぐ止めそうです。 質問ばかりですみません。 よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

裏千家を習っていますが、 私の場合、お稽古は月に3回で6000円。(水屋料込み) お中元お歳暮は一人4000円、私は茶名を持っているので5000円だして、 お世話する人がまとめて現金で先生にお渡ししています。 その他の費用はお免状料ですが、これは強制ではありません。 私の師匠は良心的なので、これ以外にお金がかかることが、滅多にありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりました。 ありがとうございます。 参考になりました。

  • 回答No.3
  • utagawa
  • ベストアンサー率48% (13/27)

私は煎茶ですがとても低額なお月謝です。月2回で3000円。お茶お菓子は生徒で割り勘。 先生が家元には内緒(月謝の額をふせてあるだけ、お免状は頂いてます)で私たちに負担がかからないよう気遣ってくれてます。 なので好意に甘えて贈り物もしてませんし、月謝の他に払うお金もないです。 高齢なため沢山の教室はできないけれど、私たちが最後の弟子との思いで教えてるとおっしゃいます。 ですので、先生のご期待にこたえられるよう、がんばってますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんわ。 いろいろな教室によって、違いがあるんですね。

  • 回答No.2
  • BonDovi
  • ベストアンサー率37% (14/37)

事務所の運営方法や、先生によってかなり違うと思います。私が行くお教室では、週一回17000円、時間制限無しです。(終わりは決まってますが、ビルの中なので) 夏と冬に先生へのご挨拶として現金を渡します。私の場合は大先生がいらっしゃるので、その方へのお礼が夏・冬、お月謝と同じ金額です。そして、直接習う先生には、お月謝代の半分をお渡しします。また、必ず出る費用としては、毎年の初釜代です。これは2万は下りません。その他許状代がかかります。初心者であれば、これだけは必要最低限だと思います。茶歴を積んでくると、お茶会代、つまりお茶券を購入し、出席するようになります。 私もかれこれ20年近くになりますが、自分に合っているようです。いまだにわからないことはたくさんありますが楽しいです。 古い習わし、と現代では言えるかもしれません。一昔前では、そうした作法、習慣ごとは日常の事だったのです。人に気遣う、自分から進んで手伝う。茶歴の長い方には敬意を払う。言葉遣いに気をつける等です。 また、茶道はお茶を点てるだけではなく、花・炭・書・陶芸・料理・建築・和装など、さまざまな分野の勉強が日々のお稽古の中で培われていきます。自分の興味のある分野を見つけて、知識を深めていかれると、より一層お稽古が楽しくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですね。 色々お茶について学んでいるうちに、各方面にも興味が沸いてくるんですね。 奥深いですね。

  • 回答No.1
noname#14210

 私が通っている教室(裏千家・師匠のお宅で稽古)は、月謝は7000円(月3回稽古、水屋料=抹茶や菓子代 込)です。前月の最後のお稽古の際に、翌月分をお払いするのがルールです。  その月謝のほかに慣例として、盆暮れにお中元・お歳暮を送ったり手渡したりしています。ものの本によると、現金で月謝1か月分包むものだそうで、よその教室に通う友人はそうしているとのことですが、私が通うお教室では皆さん3000円くらいの品物(菓子とか食品)を贈っているので、私は毎回ビール(師匠は晩酌する人なので)を送っています。和のお稽古で個人の師匠につくなら、お中元お歳暮は常識ですね・・(カルチャーセンターだったら、必要ない場合が多いです)。  また許状(各レベルのお点前を習うにあたっての許し状)を申請するのにもその都度お金がかかります。http://www2u.biglobe.ne.jp/~terako/tea.html  その他、「初釜」「炉びらき」「浴衣茶会」など、お教室で開催される茶会があり、参加するなら7000~1万円(昼食込)くらい徴収されます。  習い始める(入門する)にあたっては、もちろん入会金(うちの教室は5000円)が発生するし、最低限の道具として袱紗ばさみ・袱紗・古袱紗・懐紙・菓子切りなどひと揃え(合計7000円くらい?)が必要です。 お茶、楽しいですよ。身も心もしゃんとするし、世界が広がります。 良いお教室が見つかると良いですね!  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 後は、いい教室と良い先生にめぐり合うだけです。 良い先生とめぐり合えるように頑張りたいと思います。

関連するQ&A

  • 茶道のお歳暮の渡し方

    茶道の世界では、お歳暮は、1ヶ月分のお月謝に相当する金額を先生にお渡しすると聞きました。 私の習っているところは、私しかおらず、また、勇気を出して先生にお聞きしても「私からは催促するようでなんとも言えません・・」なんて言われました。 のし袋にはなんとかいて、どうやってお渡ししてますか?(お菓子をかってその上に熨斗袋おいてとか。。)みなさんの現状を教えてください。

  • 娘(小6)の茶道の先生へのお中元は?(長文)

    今年の4月から娘(小6)が茶道を習い始めました。 そこのお教室は大人の方しかおりません。 私自身、全く茶道については知識がないことは体験のときにお話しました。 正直、親の私が何も知らないのに習わせていいのだろうかとも、お聞きました。 先生は『全く問題ないですよ』とおっしゃってくださいましたが、お中元について一緒にお稽古されている方からメールをいただき現金をお渡しすることを知りびっくりしました。 色々とネットで検索したところお茶の世界では常識なのはわかったのですが、その方が『先生が娘さんは不要みたいな感じでした』と教えてくれたのですが本当に渡さなくていいのだろうかと疑問に感じこちらで質問させていただきました。 長文で大変申し訳ないですが、どなたかズバッとおっしゃってくださる方、おしえていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • [茶道]お中元、お歳暮は義務ですか?

    表千家で稽古しております。 今の先生に習い始めてから1年経過したところです。 サークル等ではなく隣市から通う生徒さんもおられるぐらい その辺りでは有名な先生のようです。 先日お稽古に行ったところ、先生より 「1年経過したから、、お中元のお歳暮の時期は月謝半額相当のお金か物を月謝と一緒に収めてください。」 と言われました。 稽古後に改めて考えると「これって普通の事なのかな?」と思い始めました。 これ以外に 「1年経過したから、、冠婚葬祭時の積み立て」として月謝に千円上乗せされました。 このようにお中元、お歳暮を催促されること、また、積立金などの上乗せ金って 茶道界では普通なのでしょうか?

  • 茶道教室への挨拶の行き方

    茶道教室を知人に紹介してもらい、来週見学に行く予定のものです。 先生へはどういった挨拶をすればいいのでしょうか? また、何かとお金がかかると聞いています。 お月謝のことはどのように、聞けばいいのでしょうか? 経験者の方、教えて下さい。

  • 茶道を続けるか悩んでます。

    私は、裏千家を習い始めてまだ一年以内です。 茶道の雰囲気にも慣れ、茶道の楽しさなどを実感してきました。 しかし、私の習っている先生は有名な先生らしく月謝8,000円(月3回・抹茶や茶菓子代込み)のほかなんだかんだと他の社中の水屋代やお茶会の寄付、先生のご祝儀とお金が掛かります。 正直周りの方がお金を持っている奥様が多いため、茶道の世界では、ご祝儀で最低3万でも恥ずかしい金額だと言われました(それも、稽古終了後に来週までといわれたりもします) しかし、お茶会に参加するために付け下げか訪問着を買わなくてはいけないのに(習っている社中では、小紋はあくまでも練習着です)一向に貯まる所か貯金を崩しているのが現状です。 親にも甘えたくなく、早くも茶道を続けたくても経済的に困難になってきたため先生に正直に話して、自分の身の丈にあった先生のお弟子さんがされてるカルチャーセンターなどでゆっくり茶道を続けたいなと思っていますが、紹介して下さった叔母に恥をかかせてしまうのではないかと心配ですし、先生に別の社中に行きたいといっていいのか悩んでます。 誰か、茶道を経済的理由で辞めた方もしくは社中を変えた方は居ますが?その際、どのように先生に伝えたかを教えてください。

  • 茶道教室の費用について

    お茶を習い始めてまだ半年くらいの者です。今はカルチャースクールのようなかんじのところに通っており、はじめはどんなかんじかな、と思って始めました。通い始めてみたら自分の性格にとても合っているようで、とっても楽しくて、ぜひ続けてみたいと思うようになりました。しかし、今通っているところでは、中級(和巾点)までは習うことができるようなのですが、それ以降に関してはコースがないようなので、せっかくなら長く通える(個人のお宅の)お教室を探してみたいな、と思っています。そんな折、個人のお宅の茶道教室は大変お金がかかる、と知り合いに聞きました。月謝以外に風習としてお金をつつむものだ、という感じで聞いたのですが。具体的にどんなタイミングでいくらくらいかかるものなのか、まったく検討がつきません。かといって先生に直接お伺いするのも失礼ですし、できればどなたか、教えていただけませんでしょうか?そうでないお教室もあると大変助かるのですが、見分けかたもわかりません。。また、そういった風習のようなものは、たとえば見学などでお伺いした際にご説明いただけるような話なのでしょうか?私は30代前半で、できることなら本当に長くお茶をつづけていきたいと思っています。よろしくおねがいいたします。

  • たしなみ程度に安く茶道を学びたい…。

    半年ほど、市のお茶室で初心者向けでやっている茶道教室に通って、 茶道って面白いなあと思い始めた矢先に、転勤になりました。 なので、完全に素人レベルですし、求めるレベルも お茶を出された時に連れに恥をかかせない程度、 和室でのお作法と、和室のしつらいの知識を一応は身につけておきたい、 (畳のない家に育ちましたので…汗) 外国人に、超簡単な解説ができればよい程度です。 (留学&海外勤務経験がある友人に、一応お茶とお華は習っとけと言われた) カルチャーセンターも考えたのですが ・カルチャーセンターなのに、別途先生への謝礼やお道具代が必要で先生に直接習うより割高 ・生徒の進度がバラバラで、ちゃんと習いきれなかった という話も聞いて、ちょっと二の足を踏んでいます。 他方で、先生につくと、お着物を買わざるを得なかったとか、そういう噂もちらほら…。 まずは1年程度、ビジネスライクに、最小限の出費で習えたらな、と思うのですが、 どうやって探せばよいでしょうか&失礼にならないでしょうか。 東京の千代田区、港区、中央区あたりで探しているのですが…。 あと、お月謝等大体どれくらい覚悟しておけばよいのかも教えて下さい。 自分で調べた所、カルチャーセンターだと1期で2、3万、 お教室だとお月謝が初心者で5、6000円が相場っぽいのですが、 お教室だと、これに別途費用とかがかかったりするみたいで、 そちらがよく分からなくて困ってます。

  • 茶道、入門するなら?

    お世話になっております。 これまで茶道に関しては日本史からの派生で茶会記や茶道具の展示などに興味を持っていたのですが、次第に文献で読むだけではなくある程度身に付けたいという気持ちになりました。 その中でも特に小堀遠州流に興味を持っております。(30代女です) 調べたところ、遠州流のオフィシャルによると自分の通える範囲でカルチャーセンターでのお教室があること、そして小堀遠州流松籟会のサイトでは自分の住む区内に個人の方のお教室があることがわかりました。 全くの初心者なのですが、どちらのタイプのお教室の方がお勧めでしょうか。 あとこちらのサイトを拝見していますと、お茶やお花のお稽古というのはいわゆる教室のお月謝以外に先生への謝礼やら、だんだん慣れてお茶会に出たりするのに御着物などの出費などあるようですが、これまで自分のお稽古ごと経歴では(音楽系です)お月謝以外の諸経費はその都度実費で高くとも数千円程度でした。 家族も含め浴衣以外の和服は持っておらず、金銭的にもお月謝(受講料)以外で万単位の出費が必要になってくるのなら厳しいのが現実です。 このような者の場合やはり「お茶を習う」というのは難しいものなのでしょうか。

  • 茶道に興味があります。

    30歳の女です。 今、茶道に興味があります。 それと言うのも、私の祖母が茶道を教えていて、たまに「茶道をしない?」と声をかけてくれていたのですが、仕事の忙しさなどから返事もせずにいました。そして祖母も高齢になり今はもう教えていません。 私は1年前に、結婚し仕事も変わり少し時間に余裕ができてきました。そんな矢先「本当にお茶しない?せっかく道具は揃っているし、娘もしなかったし・・・。」とさびしそうに話している祖母を見て、改めて茶道というものに興味を持ちました。 ですが、祖母を見ているとお茶会があったり、着物を着たりなど正直、お金がかかるイメージがあります。今、我が家は家計的に余裕があるとは言えません。 また、茶道を習うということは最終的にはみなさん先生(教える側)を目指すのでしょうか。作法を学んだり、お茶を楽しんだりするものなのでしょうか。やはり目指すものによって入る教室が違うのでしょうか?また、小さい子供がいても続けられるものなのでしょうか。 もしも、私が茶道を始めることになっても高齢な為祖母から習うことはないと思います。 祖母に直接聞けばいいのですが、半端な気持ちで聴くのがとても怖くて今自分で、調べているところです。是非皆さんのアドバイスをよろしくお願いします。

  • お月謝を包むふくさ

    「ふくさ」について教えてください。 大学で着物サークルに入会したのですが、 お月謝(お稽古代)を先生にお渡しする際、封筒でぽんと渡すのはなんとも 着物サークルには不釣り合いな気がして、「ふくさ」なるものの購入を考えています。 なんせ着物どころか日本文化じたい初心者で何もわからず、 ふくさとひと口に言っても、茶道で使うふくさと、こういったお金を包むふくさとで、 違いがあるのかすらわかりません。 また、ふくさがどこで購入できるのかもわかりません。 このふくさが売っている場所さえわかれば、お店の方にいろいろと質問ができるのでなんとかなりそうな気がするのですが… 中身の封筒のことなど、まだまだわからないことだらけなのですが、 なんとか失礼にならないようにしたいと思っています。 詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。よろしくお願いします。