ISマクロ・バランス

ISマクロ・バランスについて、一国の経済は家計部門、政府部門、海外部門によって構成される。政府部門と海外部門の所得と支出...

at9_am さんからの 回答

  • 2005/10/26 09:44
  • 回答No.1
at9_am

ベストアンサー率 40% (1540/3759)

全部書くとルール違反なので概略だけです。

恒等的に
Y = C + I + G + (X-M)
Y = C + S + T
が成り立ちます。ただし Y は GDP、I は投資、G は政府支出、X は輸出、M は輸入、C は消費、S は貯蓄、T は税収です。
この二式を変形すると
(S-I) = (G-T) + (X-M)
が成り立ちます。ここに数値を代入して計算すれば答えを得ることが出来ます。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • マクロ経済◎純輸出の値 経済学・経営学

    マクロ経済の範囲の問題なのですが、 政府支出と税収が均衡している経済において、 家計の貯蓄が企業の投資よりも大きいとき、純輸出はどのような値をとるのか。 これについてなのですが、ヒントか解答のページを見たら、 「マクロ・バランスの式により、純輸出はプラスでなければならない。」と。 さすがにこれは解答ではないですよね。。 どなたかお願いします;...

  • 将来年金が減額されるから今のうち貯金をするべきか 経済

    厚生労働省は6月3日に公的年金の長期的財政について8つのケースをまとめ発表しました。そのニュースがテレビ・新聞で大々的に取り上げられています。政府は国民に対して「これから年金を減額しなければならないから、今のうちに節約ししっかりお金を貯めておきなさい」と訴えているように思えます。しかし全国民が節約し、お金を貯める努力を始めたら、消費は落ち込み、デフレが悪化し、経済は縮小し、個人金融資産も減ってきて将来への備えになりません。年金財政はますます悪化するのではないですか。 そもそも、本当に少子高齢化は深刻な問題なのでしょうか。英国オックスフォード大学では「雇用の将来」という非常に興味深い調査レポートを発表 しています。このレポートは、今後20年のIT化の影響で、米国における702ある職業 のうち、およそ半分が失われる可能性があることを指摘しています。ということは、生産性が向上するために提供できる財・サービスの量が大きく増えるということで、節約より、どうやって消費を増やすかを考えるべきでしょう。 逆に政府が国民に消費拡大を呼びかけたとします。消費を拡大すれば、経済は拡大します。お金を使ってもそのお金は別な人の所へ収入として行くわけでお金は消えません。消費拡大は所得拡大につながり当然個人金融資産の拡大となり、将来に備えることになるのではないですか。...

  • 大きな政府は破滅の道? 経済学・経営学

    大きな政府は破滅の道? 経済学に関しては全くの門外漢なのですが、 先日、友人と話していて、こんなことを言われました。 (1)「増税⇒企業収益悪化、物価上昇⇒経済規模縮小、税収減少⇒増税⇒・・・」 (2)「減税⇒企業収益改善、物価下落⇒経済規模拡大、税収増加⇒減税⇒・・・」 その時はなるほどなぁ、と思いましたが、 実際の歴史を見てみると、財政政策は様々な試行を繰り返しながら、 必ずしも一定のスタイルを維持し続けてはいないように見えます。 (1)(2)って現実の経済に当て嵌めると、どの部分に誤りがあるのでしょうか?...

  • 国債の経済学的な意味 経済学・経営学

     日本国債は政府が発行しています。国民経済計算の視点でみるとこれは政府部門の負債です。家計、企業部門ではこれは国債という資産になります。  政府部門が政府支出を増やすつまり、公共事業を作り出す目的で、国債を発行すると、家計、企業部門の預金が吸い上げられ、公共事業の対象になった企業にその預金が移動することになります。その企業の所得になるわけです。  国債というメカニズムを通して、家計部門の動かない預金を動かして企業部門の所得にしてあげている働きをしているわけです。家計部門の預金は国債を持つ分減りますが、そのお金は消えてなくなるわけではありません。企業部門の預金として移動しているに過ぎません。  つまり、政府が国債を発行することで、動かないお金を動かし、誰かの所得にして経済を回してあげている働きをすることになります。預金というキャッシュがどこかに消えてなくなるわけではありませんし、キャッシュの総量も変わりません。国民経済計算の視点でみると、家計にとっての国債という資産と政府部門における国債という負債が資産・負債という両建で増えているに過ぎません。  次に、政府部門が発行した国債を日銀が買い取る場合を考えてみます。この場合はキャッシュそのもが増えます。日銀がお札を刷って市場に供給することになります。キャッシュそのものが増えますから、インフレの懸念も出てくるということになるのでしょう。  このようなメカニズムを国債が持っていることを考えると、誰かの借金であるとかないとか簡単な話ではないことがわかります。企業や家計における借金とは明らかに性質が違います。国債が経済学的にいったいどういう働きをしていることになるのか、非常に複雑であることが分かります。  最新の経済学の理論でもよいのですが、国債がいったいどういう働きをしていることになるのか、理論的にはどう整理されているのでしょうか? 例えばノーベル経済学賞を受賞しているクルーグマンやスティグリッツは国債のメカニズムをどう説明しているのでしょうか?...

  • 国の借金・減らすためのステップと手段 経済

    以前この問題に関して質問させていただきましたが、更なる理解力のため再び皆様のお世話になりたいと思います。よろしくお願いします。 国の借金を減らすために「成長率を促す・税収を上げる・政府の支出を下げる」という3つの項目が不可欠、というアドバイスをいくらかのユーザーの方々からいただきました。(有難うございました) しかしその後、経済初心者の私にさらなる問題が降りかかってきました。つまり 1.これら3つをどのような順番で着手するか。 2.どのような手段を使うか (成長率を促すならどうするか、税収を上げるならどの税を上げるか、支出を抑えるなら政府は何をするべきか) ということです。前回より若干具体的な解決法をお聞きすることになります。是非とも皆様の忌憚なき意見をお聞かせ願います。 (できれば日本の経済は修復不可能だ、という意見は無いことを願いますが・・・)...

ページ先頭へ