• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

損金不算入

税金の勉強でなんだかごちゃごちゃしてわからないんですけど、租税公課(税金)には費用になるものと、ならないものがあるんですよね。 法人税とか住民税って損金不算入なんですよね? 損金不算入=費用にならない税金(租税公課で処理) には、さらに税金がかかるということですか?それともかけずにそのままだされた額が税金となるということですか? 費用になる税金(損金算入)はそのまま税金になるというのはわかるんですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数644
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • capt24
  • ベストアンサー率53% (43/81)

法人税は、原則として儲け(収益-費用)に税率(原則30%)を乗じた金額です。 損金不算入には、交際費などと、法人税などの2種類があります。 会計上は費用ですが、法人税で費用と認めないもの、を損金不算入とします。法人税法上の費用が損金です。 費用-損金不算入(法人税法上、費用としないもの)=損金(法人税法上の費用) 交際費を全額費用と認めると、儲けが出た場合、税金を払うよりも、飲み食いで使ってしまえとなるので、大企業では、交際費は全額損金不算入。資本金が少なければ、400万円までは90%が損金算入(税法上も費用とされる)、残りが損金不算入。 法人税の場合は、一旦法人税が無しとして、つまり全額損金不算入として、法人税法上の儲けを算出し、これに税率30%を乗じて法人税額を算出します。 こうしなければ、法人税を費用として儲けを算出し、これに税率を乗じて改めて法人税を算出し、先の法人税額を修正して、改めて法人税を算出し・・・と、永遠に計算が終わりません。 今年の8月に税理士試験の法人税を受験したので(一生懸命勉強しましたが、たぶん不合格)、一応専門家とさせていただきました。 説明のため、大胆に原理原則に戻って、単純に回答しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 印紙(損金算入)仕訳

    宜しくお願い致します。 この度会社の経理で初めて弥生会計ソフトを導入します。 そこで質問なのですが 租税公課に補助をつけて損金不算入と損金算入を作成しました。 200円の印紙を現金で購入した時の仕訳は下記でよろしいのでしょうか? 租税公課 200 現金     200 (損金算入) それとも、補助を作成する必要はありませんか? 会社は今年3年目です。

  • 事業税はなぜ損金に算入できるのか?

    こんにちは、ghq7xyです。 さて、税務上における租税公課の取り扱いについて、法人税や道府県民税、市町村民税は損金に算入することはできません。これらは課税所得から税額を算定するからです。でも、同じ課税所得から税額を算定する事業税は現金で納付したときに損金に算入することができますね。どうして似たような性質であるにもかかわらず、事業税は損金に算入することができるのでしょうか?ちなみに昔の事業税の取り扱いが販売費及び一般管理費の「租税公課」勘定として処理していたことは知っていますが、どうして昔は販売費及び一般管理費で処理していたのかを教えていただけるとありがたいです。 宜しくお願いします。

  • 損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

    損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入? 損金計上○○(損金として計上している○○?)という名称にもかかわらず、どうして損金不算入なのでしょうか? どこか勘違いしているのだと思いますが、理解できません。 よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

損益計算書上の費用収益の項目でも、税金を計算する上では費用収益として認められないものがあります。だから、それを調整するのです。その用紙が「別表四」です。確定申告で自分で計算して税務署に提出します。 上記で認められない例としては、固定資産の減価償却を均等ではなく多くしてしまった場合などがあります。各自が自由に償却額を決められると、簡単に利益操作ができてしまい、従って違法な節税ができてしまいます。それを排除するためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • cohaku
  • ベストアンサー率42% (3/7)

租税公課は損金の額になるのが原則ですが、制限をおいています。 多分これから勉強されると思いますが、住民税、法人税は損金不算入ですが、一部損金算入になるものもあります。(利子税や納期限延長の場合の延滞金など) 例えば納税した法人税を損金にすると法人税額を計算する上で永遠に算出できなくなります。 そのため法人税については、その期に納税した金額(中間納税額)は最後に算出された法人税額から減算することでさらに税金がかかるような重複はなくなります。 租税公課には罰金的要素の税金もあります。これは損金算入されることは政策的におかしいので損金算入されません。(例えば業務中の交通反則金など) えっとすみません。よくわからない回答になってしまったかも・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 損金と減価償却費について

    法人税で減価償却費を損金に計上するとき、不動産取得税や自動車税は減価償却費に含めず租税公課とすると書いてあったのですが、どっちにしろ、減価償却費でも租税公課でも損金の額になり、税金がかからないということでしょうか?簡単に教えてくださると助かります。

  • 法人税等の損金不算入

    変な質問をお聞きします。 弊社は小さな会社でギリギリのところで経営をしています。 設立当初から毎期、ほんの僅かな赤字で、均等割だけ納付していました。 均等割は納付した時に租税公課で処理をし、別表4で加算する仕組みはわかっています。 今期は1万円の赤字だったのですが、均等割を加算することによって所得金額が5万円ほど出てくる。   ↓ 法人税を納付する。   ↓ 租税公課で処理するから、翌期はまたマイナスになる。   ↓ しかし申告加算するので、また僅かながらも法人税が発生する。   ↓ エンドレス この仕組みがわかりません。 均等割に税金がかかってる気がしてならないのです。 決算書の繰越損失が僅かながらもどんどん増えていくのに、 法人税法上では所得金額が出るので納税する。 何を言ってるのかわからないと思いますが、 なんか腑に落ちないのです。 会社は税金を納付するためにあるのですか? 利益が税金で食いつぶされる感じがしてなりません。 上手に説明して下さる方、私の悩みをスッキリさせてください。よろしくお願い致します。

  • 【法人税】交際費の損金不算入の根拠条文

    交際費は原則損金不算入で、中小法人のみ400万円の90%まで損金算入できる特例があると学びました。 中小法人の特例は、租税特別措置法61条の4に規定を見つけたのですが、 大法人が損金不算入である根拠を探しています。 ネットでは調べ切れませんでした。 宜しくお願いいたします。

  • 税務調整で損金不算入(損金計上した法人税)

    税務調整について質問させていただきます。 税務調整では、 (1)当期純利益に「益金算入・損金不算入」を加算、「益金不算入・損金算入」を減算し、所得金額を求める。 (2)所得金額に税率を掛け、法人税額を求める。 、という作業を行うかと思います。 ここで、(1)において損金不算入となる”損金計上した法人税”がある場合、(2)で税率を掛けるのかが理解できません。 なぜ、法人税に(更に)税率を掛けるのでしょうか?(法人税に更に税率を掛けているようで、理解できません)

  • 損金、益金の区別

    入門を勉強して問題を解いております。 とあるサイトで簿記上の収益=益金 費用=損金的な考え方で区別をするといい、とアドバイスを受けました。 所得金額の計算上税務調整すべき項目として (1)損金の額に算入した中間納付した法人税額 (2)損金の額に算入した中間納付の住民税額 上記は加算、つまり損金不算入なので、益金として考えて加算してよいですか? テキストには、法人税、住民税(利子配当の源泉税含む)は損金不算入です、と記載があるだけですが、【中間納付した】法人税、住民税も損金不算入でいいのでしょうか? あと、損金の額に算入した住民税利子割額とはなんですか? これも加算調整しているみたいですが、普通の住民税とは違うのでしょうか。 (3)車両減価償却超過額はイメージ的には、費用として計上できるものが超えている ということなので、もうこれ以上、費用計上はできないから、加算してもわらないと 困る、という税務上の観点から、「損金不算入扱いで加算調整」でいいでしょうか? (4)建物減価償却超過額の当期容認額は超過しているけど、費用として認めます、 となり「損金算入扱いで減算調整」でいいでしょうか。 テキストに解説などがあまりないので、全部でなくてもわかる方、コメントお願いいたします。 長くなりました。失礼いたします。

  • なぜ源泉所得税は損金算入なんですか?

    銀行の預金利息をもらう場合には、源泉所得税と住民税が控除されてから入金されます。 この預金利息から控除された源泉所得税は、法人の場合には法人税の申告の際に、 (1)損金に算入する場合と、(2)別表四で加算して税額控除を行うことができます。 法人税の勉強をしているときに、「源泉所得税はもともと損金算入の税金」なのです、と本に書いてありました。 なぜ、源泉所得税はもともと損金算入の税金なのでしょうか? 私は法人は利益に係る国税は法人税を支払うものであって、所得税を払う必要がないと思います。その為、損金不算入にして税額控除を受けるのが本来の方法だと思っていました。 しかしこの本を読むと、本来的には源泉所得税は損金算入にするもののようです。 こういう事にお詳しい方がおられましたら教えて頂けませんでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 損金について

    経理勉強中の初心者です。損金がよくわかりません。損金の意味を調べたところ、法人税の課税所得の対象となる費用とあるのですが、具体例で 交際費を全額費用と認めると、儲けが出た場合、税金を払うよりも、飲み食いで使ってしまえとなるので、大企業では、交際費は全額損金不算入 とあるのですが、この場合損金の意味からして交際費はなぜ全額損金算入ではなく全額損金不算入になるのでしょうか?。交際費は課税所得の対象となるべきではないのでしょうか。 また損金の意味をわかりやすく教えてもらえたら助かります。

  • 損金の額に算入した納税充当金の金額はどのように計算するのでしょうか?

    損金の額に算入した納税充当金の金額はどのように計算するのでしょうか? 決算関係書類「租税公課の納付状況等に関する明細書」(別表五(二)の32)の損金の額に算入した納税充当金の金額はどのように計算しているのでしょうか? 2か月先の法人税・住民税・事業税の予定を未払法人税等に計上すると聞いたのですが、これはあっているでしょうか? 当社では税理士に書類作成を依頼しているのですが、過去の決算書類を見ていたところ予定計上した金額と実際に確定して支払いした金額が5百万~1千万円近く異なっていました。 少し気になりましたので質問させていただきました。

  • 交際費等の損金不算入額の計算について

    法人税の試験で、「交際費等の損金不算入額の計算」の、問題が出たのですが、3、の解答欄の書き方がわからなかったので、教えて頂きたく思っています。 問題は、<資料>として、損金経理として交際費勘定に計上した金額の内訳は次の通り、と7つ程項目(交際費と福利厚生費と広告費が混じっている)がありました。 解答欄は、 1、支出交際費の額 ( )+( )+( )+( )+( )=(  ) 2、定額控除額 (  )*( )/12=(   ) 3、損金不算入額 (   )-(1か2いずれか少ない額   )*( )/100=(   ) となっていました。 1、は問題の中から交際費になる物を選んで計算しました。仮に470万とします。 2、は400万*12/12=400万にしました。 3、はこの式が過去問でも見たことのない物で、わからなく自分の知ってる式で計算すると、答えが1100万になったので、 1500万-400万*10/100=1100万 としました。 ちなみに過去問の解答欄ですれば、 3、(400万)*10/100+{(470万)-(400万)}=(1100万) です。 色々考えましたが、 1)1、の計が400万以下だったのかも?(それでもおかしいですね) 2)3、の解答用紙の式が間違えてる? 3)法改正があってこれが新しい計算式 4)私のまったくの勘違い ですが、納得がいきません。 問題用紙も回収されたので、具体的な数字が書き込めず、わかりにくい文ですが、どなたかお願いします。

  • この場合、役員報酬も損金不算入でしょうか?

    8月決算の法人です。 まだ起業して1年目で安定した収入もなく、代表者一人でやっている小さな会社です。 毎月決まった収入がないので、ここ半年ほど役員報酬を未払計上しています。 この場合、5月からの新会社法でずっと未払にしている役員報酬は損金不算入になるのでは。。と耳にしたのですが、 本当のところはどうなのでしょうか? 6月30日までに届出をしないといけない「事前確定給与」とは、まったく別のなのでしょうか? また、損金不算入の場合、何か届出をしたら損金算入になる。などあれば教えてください。 よろしくお願いいたします。