• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本の裁判はどうして長いの?

大きな社会事件でも、裁判になればまず地裁、高裁、その後に最高裁で争われて最終結審というのが一般的なパターンですよね。 でも最高裁の判決が出るまでに何十年もかかると、よく批判されますよね。 たしか田中角栄・元総理の事件など、あまりに長くかかるものだから最高裁の判決が出るまでに本人が他界してしまったはずですよね。 それとオーム事件の麻原被告についても、去年やっと地裁の判決が出たとか。  たしか麻原逮捕が平成7年のはずだから、地裁の判決がでるまでに何と9年もの時間が必要だったわけです。  単純計算でいくと最高裁の判決が出るまで、あと20年近くかかる計算になりますよね。   その他にも民事訴訟でも何十年もかかっている事件も数多くあるように聞いています。 日本の裁判はどうしてこんなに長くかかるのでしょうか? 裁判所が足りない?  裁判件数が多すぎる?  裁判官など法曹専門家の数が足りない?  裁判官に証拠や証言の信憑性を審理する能力が不足している?  無能? 早く判決を出すと、「値打ちがない」 とか 「拙速」 とか思われる風潮があるので、ワザと時間を掛けて裁判をする習慣がある? 自分で考えられるのはこんなところなんですが、実際に日本の裁判が長い理由はなんでしょうか? それと日本のように裁判が長期化する国がありましたら、併せて教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数3713
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

一般的に言われているのは、裁判官の数・弁護士の数が少ないということで、このことが理由の一つであることには間違いありません。重大事件の判決に時間がかるのはある程度やむを得ませんが、社会的に見て重大事件でない場合も長時間かかっているように思います。これが問題かと思います。 刑事事件は判りませんが、民事の場合(聞くところでは)ですと、裁判管や弁護士の都合でスケジュールが全てがきまるので、審理に長時間を要します。裁判が始まる前に、審理する期日がスケジュール化されていればいいのですが、審理する当日に次回の審理日を決めます。その際、多くの訴訟事件を扱っている裁判官・弁護士の都合がつく日になるので、審理日の間が2~3ヶ月もあきます。すなわち、運がよければ年6回、運が悪ければ年3回しか審理日がありません。これには困っている当事者(依頼者)の都合はあまり反映されません。このようなペースだと、簡単な民事事件でも一審が結審するまで2~3年かかります。その頃には、訴訟事件そのものが色褪せてきます。当事者には困った問題ですし証言者の記憶も薄れてきます。 現在の、インターネットやワープロの時代には、このようなペースの裁判は一般の人の生活には合いません。基本的には、日本社会では、訴訟を起こすなというシステムになっているように思います。このようなことができるのも、この世界は、司法試験合格者の独占社会だからです。外部の第三者が口を出せない仕組みになっています。 もしかりに外国人の弁護士が、日本の裁判に参入したり、裁判官・弁護士の数を増やして競争を激化させれば、現状を改善しないと生活できなくなるので改善されると期待しています。 ある新聞に書いてありましたが、日本の裁判官は、「白黒の決着を着けると言うより和解」を目指しており、アメリカの弁護士は「白黒の結果・結論」を目指しているそうです。社会システム・文化の違いかも知れません。依頼者(一般人)としては、短期間に第三者の裁判官の判断を仰ごうとするのですが、システムがそのようになっていません。弁護士・裁判官の人数が増えて、この世界も競争社会になれば依頼者に取ってメリットが出てくるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 ジックリと読ませて頂きました。 やはり裁判官や検事、それに弁護士の数が不足しているのが原因のようですね。  日本の裁判が長くかかるのは、丁寧に審理するのが原因ではなく、単に彼らのスケジュールの都合で審理が延びるためだったんですねえ。 とすると、単純に考えれば人数が2倍になれば、判決も2倍早くでるという結論になるのでしょうねえ。 法律専門家の人数を増やそうとしなかった法務省や日弁連に全面的な責任があるという事になるように感じました。

関連するQ&A

  • 裁判の迅速化について

    たとえば死刑か無罪か、一審の時点から真っ向から主張が分かれる場合、たとえ地裁の判決が出ても必ず高裁へ控訴しますよね、実際問題として。  重大事件が地裁の判決で最終結審したなんて聞いた事がありませんよね。 その後、高裁の判決が出ても、最高裁へ上告と、日本の制度は延々と裁判を続けているように思えるんですが、それだったらいっそうの事、上のような極端に主張が対立する場合は、いきなり最高裁で結審という事はできないんでしょうか? 司法制度の改革と裁判の迅速化につながると思うんですが ・・・。 法律には全くのシロウトですので、ご理解下さい。

  • ロッキード事件

    1970年代に日本の政界で起きたロッキード事件はアメリカ政府が田中角栄元総理と田中角栄元総理の派閥の潰しをしたものですか? それとも外国の陰謀とは関係ない汚職事件でしょうか? この汚職事件で田中角栄元総理の元運転手や事件の真相を追っていた政治記者が何人か死んでますが。 詳しい方、教えて下さい。

  • 裁判の流れ

    裁判の流れは地裁→高裁→最高裁ですが、最高裁の判決で「破棄差し戻し」として原審に差し戻されるケースがありますが、これは再度、高裁に戻して審理をするということなのでしょうか? たとえば地裁で「賠償を支払え」と判決され、高裁で「賠償は払わなくてもよい」となり、最高裁で「原審に差し戻す」となった場合は、高裁で再度争われるのか、それとも地裁の判決が結論となるのか?ということです。 よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • r-chang
  • ベストアンサー率59% (31/52)

日本の裁判はなぜ長いか。その前に、日本の裁判は本当に長いのか、考えてみる必要があります。 法務省か最高裁かの統計を見ると、ほとんどの裁判はとくに長くありません。多くの刑事事件は1回結審、次回判決です。一審の場合1回で判決も珍しくありません。 一部に、長くかかる裁判があるのです。 世間の目をひく事件で、ものすごく長くかかったものを例に引き、「日本の裁判は長い」とマスコミはいいつのり、自民党と法務省、最高裁が「司法改革」をやろうとしている、そういう構図かと思います。 たとえば、刑事裁判では、警察・検察が手持ちの証拠を全部開示すれば、審理は公正で早くなるでしょう。 無罪を示す証拠を隠すことは現在合法であり、そこを弁護士がなんとかしようとして裁判が長引くことが、けっこうあります。 しかしそのような改善は、「司法改革」とやらには含まれないようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 日本の裁判は実際には長くないんですか ・・ でも公害関連の裁判なんて数十年以上も前の事件でやっと判決が出た、という記事を読んだ事があるのですが、その間、ほとんどの被害者は高齢のため生存しておらず、その子供たちが原告を引き継いで、何と2世代に渡る裁判になっているようです。 たとえ一部の事件にせよ、こんな時間がかかる裁判が世界中にあるのかなと素朴な印象を受けました。 日本の法律関係者は恥ずかしいと思わないのか? と思っています。 「日本は法治国家」 というフレーズがありますが、こんなに判決が出るのに時間がかかるのだったら、法律なんて日本では何の意味もないように思いますね。 全く機能していないというか ・・ 公害問題に限らず新聞を読んでいて 「今頃やっと判決が出たけど、意味あるのかな?」 と感じる裁判も多いように思うのですが ・・

  • 回答No.4
  • fukudon
  • ベストアンサー率20% (59/295)

疑問の各点はまったく同感です。 いくらなんでも酷すぎると真剣に取り組んだら、絶対に改善されると 思いますよ。 人権とか公平とか、あらゆる方面に気を使った事なかれで、目先を 過ごすことを優先させていては、このまま長期化は間違いなく続きます。 オームの様に事がハッキリしているケースは右左で済ませれば良いと 思うのですが、現状では松本が老衰で去るまで続くでしょうな。 いい加減な状態に、貴重な時間や神経を使わぬ方が良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 オームの松本被告の件では地裁の死刑判決が出ましたが、控訴され今は高裁に移っているはずです。 そこで判決が出てもどうせまた控訴して、今度は最高裁へという 「儀式」 が延々と続くわけですよね。 控訴、控訴の連鎖というか ・・ 考えれば大きな社会事件の場合、実際には地裁や高裁の判決なんて何の意味もないわけで、「それなら最初から最高裁でやれよ」 というツッコミを入れたくなりますよね。 仮に最高裁で死刑判決が出ても、実際にはその後も何回も 「再審」 とかいって、延々とやるわけですよね。 この分でいくと、松本被告に対する最終の判決が出るのは、彼が生きている間に出るかどうか ・・・ 世界史で 「100戦争」 という戦争がヨーロッパであったそうですが、日本の場合は 「100年裁判」 というの存在しそうです。

  • 回答No.2
noname#40123
noname#40123

やっぱり裁判官の数が絶対数少ない事が大きいと思います。 弁護士の数に比べると、圧倒的に少ないです。 それですから、当然受け持つ審理の数も多くなります。 その審理を処理するのに相当数の時間が掛かります。 これらの悪循環が起きていて、一件の審理に時間が掛かるのでしょう。 だからと言うわけではないですが、それで裁判員制度が出来たのかと疑りたくしなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 やはり裁判官の数自体が不足しているから裁判が遅いんでしょうねえ。 となると、法務省の怠慢という結論になりそうですね。

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 公平性を重視するからです。  裁判では、原告、被告、その他の人々が、自らの正当性を訴えようと必死になります。  ですが裁判官だって神ではないので、それらの人々の言うことを完全に把握し、そして「完璧に公平」な判断を下すというわけにはいきません。  どこかで「誤差」がでます。  なので、その誤差を少なくするために、物凄い莫大な手順を踏まなければならず、それがゆえに時間がかかるのです。  不公平でよけりゃ、いくらでもスピードアップできますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 公平性や正確性を求めるから裁判が遅くなるんですねえ。 そう考えると、日本の裁判は世界で一番正確で、誤審なんて存在しない国のように思えるんですが ・・ 逆に判決が出るのが早い国の裁判は間違いだらけとか ・・・

関連するQ&A

  • 盗撮の裁判官 弾劾裁判(等)の行方は?

    去年、女性のスカートの中を盗撮したとして罰金刑を受け、訴追された大阪地裁の華井俊樹裁判官(28)に対する弾劾裁判が開かれました。 『弾劾裁判』は裁判官を罷免するかどうかを審理するもので、出廷した華井裁判官は 「下劣な犯罪を犯し、自分の浅はかさ愚かさを実感している」 と述べ、訴追内容を認めました。 弾劾裁判は13日で結審し、判決は来月10日に言い渡されます。罷免判決を受ければ、戦後、7人目となるそうです。 裁判官がねぇ・・・ いったい、この先どうなるのでしょうか、どなたか教えてください。

  • 最高裁がミスったらどうなるの?

    素朴な疑問なんですが、 最高裁判事(というより普通の事件では最高裁調査官)も人の子ですから、ミスをすることはあると思います。(特に、最高裁は日本に一つしかありませんから、裁判官一人当たりすごい数の裁判を受け持つことになるので、ミスが起きる可能性は一般に低くないと思われます。) 地裁・高裁で裁判官のミスがあれば、控訴・上告することができますが、 最高裁の裁判官がミスをしたらどうなるのでしょう? 民事訴訟法上は、338条1項9号(判決に影響を及ぼすべき重要な事項について判断の遺脱があったこと)で再審事由になるのかもしれませんが、 実際、民事訴訟で最高裁が自分が誤っていたことを認めて再審が認められたなんて聞いたことがありません。 もし、そういう判決があれば教えていただきたいのですが・・・。 事実上、最高裁がミスをしても、なかったことにして闇に葬り去られているんでしょうか? そういう場合の当事者は、泣き寝入りされているんでしょうか??

  • 今日の裁判の記事を読んでの疑問点

    今、オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫被告の判決が行なわれていますがその記事を読んでいて疑問に感じたことがあります。 この裁判は7年10か月かかり公判回数は今日を含めて257回だそうです。ところがこれだけ長いにもかかわらず東京地裁では史上2番目の公判回数だそうです。 では東京地裁で公判回数が史上1番目なのは何の事件なのでしょうか?公判回数が多いということは大きい事件だと思われますが・・・?

  • 裁判

    刑事事件の裁判で地裁で判決が出てそれに控訴した場合次の高等裁判所での裁判はどれぐらい後になりますか、だいたいで良いので分りませんか?

  • 裁判制度に疑問

    今日(11/1)の新聞に、「1999年に広島市で起きた二幼児虐待死事件で、広島地裁が○○被告に”未必の殺意”を認め無期判決を下した」との記事が載っていましたが、この経過について理解できないことがありますので、教えてください。 この裁判は、「2004年4月、一審(地裁)で殺人罪の適用を認めなかったため、検察側が控訴、高裁は未必の殺意を認め一審を”破棄”、被告は上告、最高裁はこれを”棄却”、そしてこの度、地裁が”未必の殺意”を認めた」という複雑な経過を辿っています。 [疑問点] 1.高裁の”破棄”と最高裁の”棄却”は、どう違うのでしょうか? どちらも、裁判を下級審に差し戻す、という意味では同じだと思うのですが、どうして用語が違うのですか? 最高裁の”棄却”は、高裁を通り抜けて、一気に地裁にまで差し戻しされるのですか? なぜ高裁で審理しないのですか? 2.高裁、最高裁は、なぜ自分のところで審理しないで、下級審に戻すのですか? 自分のところで、裁決することもあると思います。 その違いはどういうところにあるのですか? 3.今回の地裁判決に対し、被告は更に控訴することができるのですか? これを繰り返しやっていれば、永遠に解決しないと思うのですが、いかがですか? 4.”未必の殺意”という用語ですが、”偶意の過失”に対して、”未必の故意”というのではないですか? これはどう違うのですか? ○○被告のところに、実名を入れれば、どの事件か明確になるのですが、人権に触れることを指摘する方もおられるので、敢えて記載いたしません。 また、同記事を読まれた方の方が、内容がよくわかると思いますので、なるべくなら、記事を読まれた方からのご回答をお願いいたします。

  • ホリエモン裁判の裁判官って誰? データベースは?

    今回のオリンパス事件は行政処分だけみたいで。。。。 ホリエモン事件と比べると、なんかゆるい気が。 それで、気になったのがホリエモン裁判の裁判官の名前。 教えてくれないでしょうか? というか、 たまにやる最高裁判官の選挙って、どうやってみんな判断しているのかなと。 「この人が今まで、どういう事件で、どういう判決してか。」 というのが一覧になっているデータベースとかあるのでしょうか? 個人のサイトとかでも。 あれば教えてください。 ホリエモン事件の裁判官名を覚えておいたら、選挙の時に参考になるのかなと。

  • 裁判用語について教えて下さい。

    裁判用語について教えて下さい。「反訴」という言葉をよく聞きますが、こちらは起訴、控訴、上告という3審制の中で一審での判決に納得いかなかった場合に上級審に持ち込む(いわゆる控訴する)場合を指すのでしょうか?それとも同じレベルの裁判の中で(稚拙な言葉で申し訳ありません。例えば地裁なら地裁の中で・・)反論、もしくは反対意見を出すことを「反訴」というのでしょうか?もう一点お願いしたいのですが、「結審(けっしん)」という言葉もよく耳にしますが、こちらは=「判決」と理解してよろしいのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。

  • 下級審と上級審で何故判決が正反対になるの?

    以前から思っていたことで、人に聞けずに悩んでいたんですが、裁判判決は1審、2審とか地裁と高裁とかでまったく反対の結果が出ますよね。 あれった何でなんですか?裁判官の個人的な主義主張で判決は結構変わったりするものなんですか?それぞれの法廷で結審するまでに証拠の量や質も変わるんだろうけど、結果が正反対、っていうのは、一体裁判の基準はどこにあるのかと思ってしまいます。馬鹿な質問かも知れませんが、どうぞ教えてください。

  • 裁判長は控訴されて逆転判決が出ると汚名?

    裁判長は控訴されて逆転判決が出ると汚名なのでしょうか? 例えば、民事事件でも刑事事件でも 第1審、例えば民事なら簡易裁判所で裁判長が被告勝利判決を出したとそます、 原告は地裁に控訴して逆転の原告勝利判決が出たとします、 その場合、第1審の簡易裁判所の裁判長は何かしら汚名等が付くものなのでしょうか? 裁判長も所詮「人間」、神様ではありません 結構いい加減、安易に判決を下すと思ってしまうのですが? 如何でしょうか? もちろん、過去の判例があれば、それは有力判決になると思うのですが、 それは考えないでどうでしょうか? 回答くださる方の中には裁判官の方もいらっしゃると思いますがが その場合、回答はご遠慮ください。

  • 裁判員制度について

    近いうちに裁判員制度が導入され、市民の中から無作為に選ばれた人が裁判の判決に関わることになると聞きました。 しかし、どうして裁判員制度を導入するのかが分かりません。これまでの裁判や裁判官の判決に特に問題があるとも思えません。市民の視点から事件を見ることで、納得のいく判決がでるかもしれませんが、感情とか偏見、先入観に左右されてしまったりしないのでしょうか?そういったことは裁判官にも言えるかもしれませんが・・・、罪の重さを量り、人を裁くことを誰もがしてよいのか、疑問に思います。

専門家に質問してみよう