• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

宇宙空間で核爆発が起きたら

お世話になっております。horagaiです。 ちょっとした疑問なのですが、宇宙で原爆(または水爆)を爆発させたら 周囲への影響はあるのでしょうか。 地球上では大気があるので瞬間的な高温で膨張した空気が物理的、熱的な エネルギーを周囲に伝播させ、大規模な破壊をもたらすわけですよね。 宇宙ではエネルギーを伝播する空気がないので、爆心のそばに他の物体 例えば宇宙船などがあっても無傷のような気がしますが。 もちろん放射線や電磁波は空気の有無に関係なく放出されますが、核爆弾の 爆発の際に生じる電磁エネルギー(赤外線、可視光線、紫外線、X線、γ線等) や放射線(α線、β線、中性子線等)はそれだけで周囲の物体に物理的破壊を もたらすほどの総和量および密度を持つものでしょうか (生物への影響はここでは考えないことにします) また核反応で生じる放射能物質はどうなるのでしょう。地球上なら空気と ともに外側に流れていくわけですが、宇宙では?その場に留まる? それとも運動エネルギーを与えられて四方八方に飛んで行く? その場合それが地球上での空気の役を果たすのでしょうか それにしても量的に見て空気の膨張ほどの影響力はないように思えます。 地球に衝突しそうな小惑星を見つけたら核ミサイルで破壊してしまう、 という計画もあるようですが、上のことを考えるとそんなことがうまく 行くのか?という疑問が起こります。 それともミサイルをぶつけた時の衝突エネルギーだけで破壊しようと いうのでしょうか。それなら核ミサイルでなくてもよさそうですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2950
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

補足します。 1.まわりに物がない場合。 放射線は基本的にどこまでも飛んでいきます。例えば、太陽から地球にとどく放射線によって、地球上で磁気嵐が起きますし、オーロラがみえるのもこのためです。 2.近くに物があるとき。 放射線を物が吸収して、その段階で熱エネルギーにかわり、高温になって爆発します。この場合、普通の物であれば、この物の爆発は、熱膨張もしくは化学反応によるものと考えられます。ただし、この段階で、結局は、核エネルギーが、熱エネルギーに変換されるので、元のエネルギーが電磁気的(化学的)エネルギーであった場合とは比較にならない程大量の熱エネルギーが発生します。 3.近くに空気があるとき。 衝撃波が伝わります。放射線は空気によってある種のものは吸収され減少します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

御回答ありがとうございます。 皆様の回答のおかげで大分感じが掴めてきました。 (1)地球上だろうと宇宙空間だろうと爆発の際に解放されるエネルギーの    総和は同じ(これは当然ですね) (2)爆発の際のエネルギーは微粒子(爆発物のカケラ)の運動エネルギーや    放射線・電磁エネルギーの形で放出される。 (3)-(i)放射線や電磁波のエネルギーは「近くの」物質に吸収され、熱エネルギー      に変わり、その物質を破壊する。 (3)-(ii)「近くの」物質が金属であれば誘導電流による熱も発生する。 (3)-(iii)しかしこれらのエネルギー密度は爆心からの距離の2乗に反比例するので      あまり「遠く」まで大きな破壊力を持つことはない。 (3)-(iv)またこれらのエネルギーの一部は地球上であれば大気に吸収されて減衰する。 (4)-(i)微粒子の運動エネルギーとして放出されるエネルギーは放射線・電磁エネルギー      として放出されるエネルギーに比べるとはるかに少ない。 (4)-(ii)しかしそれはどんなに「遠く」までいっても衝突すれば確実に物理的破壊      をもたらす(穴をあけるという程度ですが)という意味では無限に遠くまで      破壊力を持つといえる。 (4)-(iii)ただし粒子の密度はやはり距離の2乗に反比例するので、「遠く」では      そのような粒子に衝突される確率は急速に小さくなる。      また地球上であれば空気抵抗により減衰する。 (5)地球上では放射線エネルギーが周囲の大気に吸収されて熱膨張を引き起こし、    それが衝撃波となって「遠く」まで破壊力を伝える。    すなわち大気は、エネルギー密度が高い状態のままでは遠くに届きにくい    放射線・電磁波エネルギーを、効率良く(エネルギー密度を下げないで)    「遠く」に伝えるための媒体になっている。 とこんな感じの理解でよろしいでしょうか。本質的に間違って理解している部分 がありましたらご指摘いただきたいと思います。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#1457
noname#1457

素人、再登場です・・ちょっと気になったもんで・・ >(3)-(i)放射線や電磁波のエネルギーは「近くの」物質に吸収され、熱エネルギーに変わり、その物質を破壊する。 の部分ですが、 広島型原爆の場合(ウラン 約900g)の核分裂エネルギーにおいて発生する放射線及び熱線は。 1 中性子線 2 γ線 3 熱線(赤外線) 4 可視光線 *3,4は電磁波の1種ではありますが・・・ 中性子線は瞬間的なものですから、別としまして、γ線は数十秒間持続します また、この核反応により直径数百メートル程度の火球が発生します、表面温度は数千度~1万度程度です。 これに伴い赤外線と可視光線が放出され、この持続時間は反応から0.数秒後から、約5秒~10秒程度です。 ここまでは、真空中だろうが、空気中だろうが関係無いです・・ 空気中の場合、この急激な超高気圧の発生に伴い、衝撃が発生し、この先端スピードが音速を超える事でいわゆる、ソニックウェーブが発生し被害を拡大します(推定風速400m/sec)。 広島の場合は爆心地から10kmの地点まで被害が及んでいます。 ・・ということで、熱エネルギーは赤外線で、広島でも数キロ先の人まで、この熱線で即死ですから、温度拡散しない真空中では損失が少ない分、熱影響は大きいでしょうね・・・ 電子レンジのマイクロウエーブ的な要素も当然ありますが、赤外線の方が影響は大きそうです・・(間違ってたりして・・・)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろとありがとうございました。これ以上回答がないよう ですのでそろそろ締めさせていただきます。

  • 回答No.4

宇宙空間での核爆発。実は、みなさん、よくご存知で毎日ご覧になっています。 実は、「太陽」がそれです。太陽が輝いているのは、話を一番簡単にしてしまえば、結局のところ、水爆が連続して爆発している状態なのです。つまり、水素原子が核融合を起こして、ヘリウムになっています。ですから、太陽は、「放射線」をいっぱい出しています。幸い、地球は大気に包まれているので、有害な放射線はカットされます。で、オゾンホールなどができると、有害な放射線が地球に直接降りかかってくるので問題になります。 もちろん、核爆発の規模にもよりますが、まずは、宇宙空間での核爆発(水爆)といったら、太陽です。そのほか、輝いている恒星では、ほとんど核爆発が起っていると考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんにちは。deagle さん仰るように衝撃波もない事はないと思いますが・・・? というのは爆弾を構成している物質は超高温で蒸発したり、粉々になった物が超高速で飛散しますよね。 その集団?が何かにぶつかった時にどう作用するでしょう? もちろん距離の2乗に反比例して、その密度は減りますけど、スピードが速いですから、多少の範囲に影響力はあると思います。 実際に地球周回軌道のスペースシャトルの窓ガラスに、0.1g の塗料片が数ミリの傷を付けた実績があります。 地球周回程度のスピードが出ると、単に衝突しただけで、そのエネルギーで超高温になり、蒸発、宇宙船に穴を空けてしまうそうです。 国際宇宙ステーション計画の研究でも、数十グラムのゴミで10cm の鉄板に穴を空けてしまうそうです。粒子などが飛んだら結構怖いかもしれません。 あと、他の方が述べられていない事に、荷電粒子の働きがあります。これが大量に高速で動くと、大きな電流が流れたのと同じことですから、周囲に巨大な誘導電流を生じます。 核爆弾のEMP効果が有名で、電子機器を壊すそうですね。この働きは宇宙では大気がない分、荷電粒子を妨げる物がないので強いかもしれません。 >地球に衝突しそうな小惑星~は核爆弾で粉々にするんじゃなくて、そのエネルギーで軌道をそらせるのが目的と聞いたことがありますが・・・?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

御回答ありがとうございます。 >粒子などが飛んだら結構怖いかもしれません。 そうですね。「微小な穴だらけ」の状態にはなるかも知れませんが はたして物体をまるごと破壊するほどの破壊力があるのかどうか… 宇宙船の場合は微小な穴一つでも大問題ですが >周囲に巨大な誘導電流を生じます。 ということは金属であればその誘導電流によるジュール熱だけで 十分破壊され得る(というか蒸発してしまうほどの高温になる)ということでしょうか。 >>地球に衝突しそうな小惑星~は核爆弾で粉々にするんじゃなくて、そのエネルギー >で軌道をそらせるのが目的と聞いたことがありますが・・・? これは私の勘違いかも知れませんので気にしないで下さい(^^;

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

 まず最初の質問。放射線の影響はあるのか、ですが、もちろんあります(^_^;  「ないわけがない」というところでしょうか。  爆発というものは、それが起こった瞬間、2つのエネルギーが発生します。1つは、爆発自体がもたらす熱膨張による、いわゆる「爆発」です。  それからもう1つは、急激な空気の膨張によってもたらされる「衝撃波」です。  衝撃波は、「爆発の範囲外」へダメージを与えるエネルギーです。範囲内にはこれがなくてもダメージは行きます。  宇宙ではこの後者が発生しないというだけで、それ以外は全く同じです。爆発のときに発生するエネルギーも同じです。  もちろん、放射性物質の拡散も起こります。空気抵抗がないので永久に広がっていきます。  ただし、充分に低濃度にまで拡散していれば、大気にさえぎられて地上に降り注ぐことはないでしょうが、宇宙で核実験を行うときは、地上に降り注がないよう安全マージンを考えて爆発させる必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

御回答ありがとうございます。 >爆発自体がもたらす熱膨張による、いわゆる「爆発」です。 そうですね。ただその「熱膨張」がよくわからないのです。大気があれば 大気も熱膨張するのでそれが「衝撃波」になるわけですが、 宇宙空間では熱膨張するものは爆発物それ自身しかありませんよね。 それによる破壊力は衝撃波の破壊力に比べてかなり小さいように思えるのですが。 少なくとも地球上と違って「爆発の範囲外」には影響は及びにくいように 思うのですがどうなのでしょう。

  • 回答No.1
noname#1457
noname#1457

専門的な回答は・・やはり専門家に任せるとして まず >大気があるので瞬間的な高温で膨張した空気が物理的、熱的なエネルギーを周囲に伝播させ、大規模な破壊をもたらすわけですよね。 原爆の熱エネルギーは確か光だったような・・いわゆる吸収熱であって、伝導熱ではなかったような・・ たとえば、太陽は核融合していますよね・・ 馬鹿でかい水爆みたいなもんですが・・このパワーがどのくらいあるかは御存知の通りで・・ 放射線もでてますし、熱もですよね・・ 放射線については他の方にお任せですーーゥ!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

御回答ありがとうございます。 私の疑問は宇宙空間においては熱エネルギーを伝える媒体(大気)がないのに 周囲に大きなエネルギーを伝播出来るのだろうかということです >原爆の熱エネルギーは確か光だったような・・いわゆる吸収熱であって、 >伝導熱ではなかったような・・ ということは宇宙空間での核爆発のそばにおかれた物体は、電子レンジの中に おかれた食品のように電磁エネルギーを吸収することでそれ自体が発熱して 破壊されるということでしょうか。

関連するQ&A

  • 宇宙空間での核兵器の有用性

    ガンダムでは宇宙での戦闘に核ミサイルを切り札としていましたが、 空気の無い宇宙空間でも核は威力を発揮できるのでしょうか?

  • 宇宙空間は広がっていると言われていますが、なぜ私たちは広がらないのでし

    宇宙空間は広がっていると言われていますが、なぜ私たちは広がらないのでしょうか? まずはじめに、空間が膨張するということは 例えば、座標aとbが有り、この間の距離が1だったとき 膨張して2倍になった場合、aとbの間の距離が2になるということでしょうか? もしそうだとすると、なぜ私たちの体や地球、その他の近場の天体は 影響を受けていないように見えるのでしょうか? 少なからず、距離を離されると崩壊するものも出てくると思うのですが… 空間についての考え方はよく分かりませんが、 宇宙空間全体を引き伸ばすような力でも 分子レベルまでには影響は与えられないんでしょうか? 遠方の銀河程、後退が速いそうですが、 太陽系や銀河系内のレベルでは観測できないのでしょうか? 質問ばかりですが、どなたか説明してくださる方 お願いします。

  • 火力発電所による宇宙放射線は地球を滅しますか?

    原子力発電所の放射線は、汚染物質として地面に埋めて除染していますが、原子力発電所による放射線汚染と、火力発電所によるオゾン層破壊と宇宙放射線進入による汚染は、どちらがより地球を速く滅すのでしょうか? 火力発電所を使い続けていればいずれ、宇宙放射線進入で地球にはウィルスが溢れたり地球に空いた穴から空気が対流して風船が割れるようにクルクル回転しながら萎んでいくのでしょうか?地球の核は原子核であり元々放射線が強いので、火山岩からは放射線が強くあります。放射線が強いと地震が起きたり壊れたりし難いのでしょうか?未だに体に良いのか悪いのか、ハッキリしない放射線は宇宙放射線として地球が浴びるのと、原子力発電所で放射線物質を生み出すのと、どちらがより早く地球を滅すのでしょうか。私は地球核にある放射線物質は補給した方が地球のために良いのかも知れないと思う所もあります。火力発電所も原子力発電所もどちらにしても地球はどのみち放射線で滅びるしかないのなら、なるべく、長く、滅びずにいられる道を選び、危険な地球から脱出して逃げる場所を探したり、安全な環境を自ら生み出したりする時間稼ぎをして欲しいと思います。

  • この地球を丸ごと核でブッ飛ばしても生き残れる小さな生物っているのでしょうか?

    核爆弾で地球を丸ごと破壊しても生き残り宇宙でも生活できる小さな生物っているのでしょうか?

  • 光の速度を超える宇宙

    宇宙はものすごい速さで広がっているといいます。 そして、この世界では、光速が一番早いですよね。 そして、宇宙が広がる速度は、地球から遠ざかるほど速くなります。 だから、どんどん遠くなると、光の速度を超えますよね。 そう考えると、光の速度を超えることはできないというのは、 予測に過ぎないという結果にならないでしょうか? まぁ、インフレーション理論によれば、宇宙の膨張は 光のスピードを超えて加速していくわけですけど、 光より早く遠ざかる物体という運動は、 相対論とは矛盾しないということになりますけど。 物体は周りを取り巻く空間に対し相対的に静止していて、 光より早く膨張するようになるのは、空間そのものですが、 光の速度を超えたということは、これからの日本は、 「宇宙の膨張が一番はやい」という科学になるのでしょうか?

  • 彗星の破壊に必要なエネルギーを教えてください。

    映画に出てくるような破滅的な質量をもった彗星に対し、 核を何メガトン撃ち込もうが、破壊できるとは思えないのです。 地球に落下してくると仮定して、破滅的な質量の彗星の正面からエネルギーを撃ち込んだ場合、 核ミサイルならどれくらいの数が必要でしょうか?

  • ヒッグス場が宇宙の空間全てに詰まっている疑問

    科学では,ヒッグス粒子が場として空間に詰まっていると言っています。 宇宙全ての空間を埋めていて,今の生活の場にもあるそうです。 これは本当でしょうか? さて素粒子というのがあって,電子とか陽子同士を衝突させる等して出現させています。 そして陽子等を分裂して出した筈なのに,素粒子が空間から現れたとか言ってますが,エネルギー的に元の陽子と同じなら,とても空間から現れたとは言えないと思うのです。 単なる陽子の構造を細かくして見たのに過ぎないと考えてます。 それでヒッグス場ですが,これは宇宙に存在していると言われている16種類という素粒子に重さを与えると言われています。 このヒッグス場から重さを与えるので,これは磁場に似ています。 そこに鉄粉あった場合に,磁場の方に鉄粉は引かれてくっ付いてしまいます。 この鉄粉が素粒子として例えて見られます。 素粒子がヒッグス場に捕まって止まる事で,重さになるのです。 しかしこれでは素粒子がその場で動けないだけかもしれません。 鉄粉が磁場に捕まって動けないようなものです。 これでは素粒子も集まって一つの陽子とかにもなりません。 この辺は可笑しいのですが,ヒッグス場があるから,宇宙で飛び交って止まらなかった素粒子が止まるようになったと言ってます。 ヒッグス場がどうして発見されたかと言いますと,巨大な加速器で電子や陽子を衝突させて,ある光の波長が現れたからだと言われています。 この光の波長は非常に珍しく,何兆回も衝突実験を繰り返してようやく見える程度で,これが見えたからヒッグス場がある証拠とされています。 これは衝突した電子や陽子から現れたものではなくて,ヒッグス場に衝突して弾き出されて出た物で,光の波長というのは言わば,池に石を投げ入れて水面に波が出来たようなものとされています。 ところで池は明らかに水があります。 しかし空間は初めから何もないのです。 光の波長が現れたのは,元の電子や陽子なりが衝突した原因である筈です。 それがなぜ空間が波立つ事になるのでしょうか。 即ちヒッグス場から波長が現れたと言えるのでしょうかという事です。 それから陽子とかの中には,素粒子が16種類とかで言われていて,それぞれが全てヒッグス場と関わっている筈です。 一つでも関わりがないと,それだけが飛び回って決して陽子の要因になりません。 即ちヒッグス場は関わりが多い分,どれよりも多くの光の波長で見える筈なのに,何兆回の実験で本の一寸しか見えません。 このように可笑しい事が並ぶのですが,もっと根本で可笑しいのは,例えば地球が全て海に満たされていると言って,飛行機で石を落として行って,何兆ヶ所もして初めて波立ちました。 それは小さな池だったのです。 しかし地球が全て海である証明になるのでしょうか。 さてヒッグス粒子の実験は地球が動いている空間でされているので,上のように飛行機で石を落とすように,実験で衝突させて行く空間の場所が移動して行くようものです。 地球は太陽を回り,太陽は天の川銀河を回ります。 こういう事で言わば地球は天の川銀河の回りを螺旋状で回りながら動いているようなものです。 決して同じ空間を動いていません。 このように何兆回の実験が起こった事では,絶えず違う空間の場所が何兆もあった事になって,本の一寸の光の波が見えた程度では,微々たる空間で起こったのに過ぎません。 これで宇宙空間が全て,ヒッグスの場で埋められている証明になるのでしょうか。

  • 核廃棄物を宇宙に捨てるのは不可能なのですか?

    私は 宇宙物理学も地球物理学も知りませんし、物理や化学や数学にも弱い 肉体労働者として生きてきました一般人ですので、 まったくトンチンカンな質問になってしまうのかも知れませんが、 ものすごく疑問なので質問させていただきました。 地中に廃棄物を捨てるのは、少なくとも地震国に日本では、むしろ「予測範囲の危険」となるのではないでしょうか? 地中700メートルでしたっけ、走ればすぐたどり着いてしまう距離の地下に閉じ込められた人を助けるのに現代の発達した技術を駆使して数ヶ月もかかったということは、 たぶんなんらかの地圧力のために地中深く廃棄物を埋めるということ自体が難しいのでしょう。  お金もそうとうかかりそうです。 一方、宇宙に捨てるのも 大気圏外や引力圏外にまで運ぶのにお金はかかりそうですが、 宇宙に捨てるのなら素人イメージからすると、 地球とは反対の方向に勢いをつけて捨てればその危険物は永久に地球から離れていってくれるのではないでしょうか? 宇宙は 広大無辺のガスと岩と空間 命の宿りえぬ無意味そのもののアメーバすら生息しえない絶対的無限世界、 絶対とは理論的には言えないのでしょうが、 ゴミをどんなに大量に捨てても無限につつんでくれるという人間的表現はなりたってしまう世界なのではないでしょうか? とすれば、それが実現するなら 核廃棄物の永久無害化の夢を たった一歩一歩からかもしれなくても始めることはできるはずなのではないでしょうか? 今のままでは、 原発を停止しても 埋設廃棄物のみならず、停止原発発電所も 不慮の災害に対してほぼ同程度の危険がともなってしまうとも聞いています。  不思議です。 変です。   私は もう60過ぎですが^^、若い頃から 核廃棄物は宇宙に捨てるべく その研究は人類の英知をかけて進められていると なんとなくですが思い込んできました。 上記の理由からです。 でも そんな話やニュースは たったの一言も聞こえてきません?? その方法は よほど科学物理的に困難な方法なのでしょうか? あるいは、よほどお金がかかってしまう方法なのでしょうか? あるいは、 大気圏などを抜けるのに よほど危険のともなう方法なのでしょうか? それとも、かんたんすぎて、マスコミや知識人が気が付かないで来た?方法なのでしょうか? とんでもない トンチンカンな質問なのでしょうが、 どうしても知りたい思いになってしまいました。 よろしくお願いいたします。

  • ダークエネルギーと宇宙定数の関係

    ダークエネルギーの物理的実体として真空のエネルギーが挙げられる,という記述をよく見かけます. 「アインシュタイン方程式において,宇宙項を付加すると空間が加速膨張する」という議論は(純粋な数学なので)曖昧さがないのですが, 1.「数式における宇宙項」と「エネルギーと言う実体」がどのように対応するのでしょうか 2.「真空のエネルギー」というのは,物質が存在している場所にはなく,物質が存在していない場所にあるエネルギー,ということでしょうか. 3.宇宙定数による膨張によって,空間が広がっていくことで,見かけの光速度が遅くなったりはしないのでしょうか.その他の物理定数も変更が加えられないのでしょうか.

  • 光る宇宙を越えて

    夜空に光る星々はやがて燃料を使い尽くしその一生を終えます。鉄までしか核融合が進行しないからだと理解しています。 もしもこの宇宙が、いわゆる開いた宇宙であるなら、物質は段階的に疎になっていくことでしょう。 この宇宙が、いずれ収縮に向かうのか、それとも限りなく膨張していくのか私にはわかりませんが、もし開いているとすれば、限りない未来には現在のような漆黒のカーテンに宝石をちりばめたような光景は見ることができなくなってしまうのでしょうか? つまり、核融合を終えた星は、その質量によって白色矮星となるか中性子星となるかブラックホールになるかが決定するわけですが、すべての星がそうなった場合、宇宙で光を発するという現象は起きないのでしょうか? 果てしない未来。もちろんそのような未来には地球から星を眺めるということはできなくなっていますが、宇宙の状態としてどのようになるのか興味があります。もしも陽子がレプトンに崩壊するなら、窮極的にはすべての原子核(核子)がなくなるのでしょうか?宇宙の終焉はどのようになるのでしょうか? 学問的にでも、エンターテイメント的にでもどちらでもかまいません。 皆さんの意見を元に宇宙の年表を作成したいです。 いろいろうかがいましたがご回答お願いいたします。