締切済み

反意語のつくりかた

  • 暇なときにでも
  • 質問No.161908
  • 閲覧数587
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 92% (214/232)

反意語の表わし方に un in im を付けて表わす言葉がありますが
こういう訳でこれには、これ、という約束があるのでしょうか。
よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 44% (756/1695)

dis order
de select
ab normal
il legal
non sence
anti modern


も有るので、何とも...


強いて言えば、語頭の文字に依存する場合が有ります。

illegal  illegitimate illiterate
immortal  immobile   immodest
innumerate innutrition
お礼コメント
himawarimusume

お礼率 92% (214/232)

そうでした、de,ad,il,non,anti,もあったのですね。
>強いて言えば、語頭の文字に依存する場合が有ります。
やはり、口癖のようにして覚えるしかないのでしょうか・・・?
こつこつ、やるしかないですね。
がんばります。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-03 08:14:04

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

 
  これは、一応の基本的な約束のようなものがあります。
  元の単語の「意味」ではなく、その単語の語源が関係します。
 
  つまり、反意語を形成するのに、一種の「否定接頭辞」を付けて造るのですが、これらの接頭辞は、ラテン語の否定辞やその類縁語であったり、ギリシア語の否定辞やその類縁語であったり、古英語、古フランス語等々の否定辞やその類縁語であるのです。基本的な約束とは、元々、或る語が、語源的にラテン語起源の時には、ラテン語系統の否定接頭辞を付け、ギリシア語起源の場合は、ギリシア語系統の否定接頭辞を付けると言うような規則です。
 
  無論、これは初期の、原理的な話で、否定接頭辞が、自由に使用されて、或る語からその反意語が造られるようになるので、その場合は、この基本的なルールは意味がなくなりますが、多くの基本的な反意語単語では、この規則に従うことが多いです。
 
  具体的に例を述べますと、in- で始まる反意語は、ラテン語の系統で、元々のラテン語で、すでに in- が付いた形で反意語であったのが、英語に入って来たという例が多いです。例えば、「信じがたい」は incredible ですが、このラテン語の形は、incredibilis で、credible に当たるのが credibilis ですから、この単語の場合、ラテン語段階で、否定を示す接頭辞 in- を付けて、「信じられる」から、「信じられない」が造られたということになります。uncertain とか uncommon の un- は古英語の否定辞ということですが、certain とか common はラテン語起源です。しかしラテン語には、incertus などがあり、un- も本来はラテン語起源だった可能性が高いです。なお、il-, im- などは、次に続く語の最初が子音で l や m の時、in- の n が音韻変化を起こしているので、in- と同じ接頭辞です。
 
  別の例だと、abnormal(異常な)とか amoral(不道徳な)などの ab-, a- は、ラテン語の前置詞 ab が語源で、ab とは、「……から離れて」という意味で、「正常から離れて」「モラルから離れて」という意味で、「異常」「不道徳」なのです。anti- は、ギリシア語の前置詞に anti があり、「……に反して、抗して」という意味で、antinomy(矛盾撞着)は、anti-nomos で、nomos は「法」とか「規則」という意味ですから、「規則に反する=整合がない」で「矛盾」となります。この場合、anti- はギリシア語の前置詞で、nomy は、ギリシア語 nomos の英語的な変化です。disorder(無秩序)の場合、これは dis-order で、order はラテン語の「秩序 ordo」の変化で、dis- は、古フランス語の否定接頭辞 des- の変形だとされますが、des- 自身は、de- のヴァリエーションで、de はフランス語にもありますが、ラテン語の前置詞 de が語源で、これも、「……から」の意味で、接頭辞として色々な意味があるなかで、「ordo(秩序)から離れる」のは、つまり「無秩序」というようにして、反意語となっています。また、non- は、ラテン語の否定接続詞・否定副詞であり、文字通り、否定辞に使われますが、この場合も、ラテン語起源の単語に付いていることが多いのです。
 
  基本的には、反意語を造る接頭辞は、最初に述べた通り、ラテン語系統の語につくものは、ラテン語系、ギリシア語系の語にはギリシア語系……というような対応規則があるのです。(これは丁度、日本語での反意語を造る接頭語「反」「非」「不」などが、漢語であり、これが付いて否定語になるのは、「漢語」だというのと対応しているでしょう。日本語だと「犬……」という言葉があり、これは「偽……」の意味であることが多いですが、この「いぬ……」が付くのは、和語に限られているというような例が、比較になるでしょう)。
 
お礼コメント
himawarimusume

お礼率 92% (214/232)

うわぁぁ・・!
言語の「起源」に係わってくるのですねぇ。
これは、エライことです。
英語初心者にとっては、とても難しいことですが、コピーをとっておいて
何年か先に、ふむ、ふむ、なるほどと、頷ける日の来たらんことを祈るのみです。
丁寧に教えて下さってありがとうございました。
最後の部分の漢語と日本語の反意語についても、ほとんど意識をもっておりませんでした。
これからは、もっと言葉を意識的に考えたいとおもいます。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-03 19:12:52
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 13% (34/259)

専門的な解説は、下の方がなさってますので、
少々補足というか追加を。

moral という語については、4つの異なった否定接頭辞が付いた、
unmoral, immoral, nonmoral, amoral という、
異なったニュアンスを持つ4つの否定形があることになります。

日常会話でよく使う「ナンセンス」という語は、
「アンラッキー」や「イレギュラー」などと違って、
sense (意味) に否定接頭辞 non- が付いた名詞であるということは、
あまり意識せずに使われているように感じます。
お礼コメント
himawarimusume

お礼率 92% (214/232)

unmoral immoral,nonmoral,amoralがそれぞれ異なったニュアンスをもっているのですか?
その違いが嗅ぎ分けられるようになりたいです。
どうも、有難う御座いました。
投稿日時 - 2001-11-03 19:23:45
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ