• ベストアンサー
  • 困ってます

fssnapについて

fssnapでファイルのバックアップをとろうと思っていますが、下記のようなエラーメッセージが出てしまいます。 fssnap: ioctl: error 22: Invalid argument /や/varで発生しており、/homeのバックアップをとるときは特に問題ありません。 /etc/vfstabは下記の通りです。 /dev/md/dsk/d4 - - swap - no - /dev/md/dsk/d1 /dev/md/rdsk/d1 / ufs 1 no -- /dev/md/dsk/d2 /dev/md/rdsk/d2 /var ufs 1 no - /dev/md/dsk/d3 /dev/md/rdsk/d3 /home ufs 2 yes - /devices - /devices devfs - no - swap - /tmp tmpfs - yes - もしわかるかたがいらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数345
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

補足情報ありがとうございます。 残念ながら手元にSolaris10環境がないため確実性にはかけますが、 少なくとも実行されたコマンドが正しくないことは見て取れました。 バッキングストアファイル(bs=で指定しているファイル)は、スナップショットを作成するファイルシステムとは異なるファイルシステムに作らなければなりません。 つまり、adgooさんの場合 /のスナップショットを作る場合は bs=/var/fssnap もしくは bs=/home/fssnap とする必要があります。 おそらくこの部分でエラーとなっているのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

#fssnap -F ufs -o maxsize=500m,bs=/home/fssnap / で「/」のスナップショットを作成することができました。 スナップショットを作成する時にはターゲットのファイルシステムとは別の部分に作る必要があるのですね。 Xiangjiさん、ありがとうございました。 非常にたすかりました。

関連するQ&A

  • CDROMのマウントについて

    初めて投稿させて頂きます。初心者です。 Ultra機にSolaris10SPARC版のコアシステムサポートを(分けありで)インストールしたのですが、squidを入れようと思ってCDROMにsquid-2.6.STABLE2.tarを入れて、マシンにCDROMを入れたのですがマウントしません。 下記が起動時のファイルシステムです。 /dev/rdsk/c0t0d0s1: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s4: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s5: is logging. 下記が現在の/etc/vfstabの中です。 #device device mount FS fsck mount mount #to mount to fsck point type pass at boot options # fd - /dev/fd fd - no - /proc - /proc proc - no - /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s3 /usr ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s2 /dev/rdsk/c0t0d0s2 /var ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s5 /dev/rdsk/c0t0d0s5 /data ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s4 /dev/rdsk/c0t0d0s4 /opt ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s1 /dev/rdsk/c0t0d0s1 /swap ufs 2 yes - /devices - /devices devfs - no - ctfs - /system/contract ctfs - no - objfs - /system/object objfs - no - swap - /tmp tmpfs - yes - インストール時のファイルシステムの指定に問題があるのでしょうか? どなたか解決策をご教示下さい。 宜しくお願い致します。

  • DISK2台使用してsolaris10にてミラーリング設定

    ・OS:Solaris10(SPARC版):初心者です。 ・HDD2台使用しています。 1台目は通常OSインストールし、2台目にてミラーリング設定。 教えて頂きたい事はミラーリング設定のやり方をご教授頂けたら幸いです。 自分なりに最初は色々とインターネットで調べてやってみましたが metadb: Jigen1108: c0t0d0s7: スワップデバイスである c0t0d0s1 とオーバーラップしますのメッセージが出てうまくいきませんでした。 (コマンド:metadb -a -f -c2 c0t0d0s7 c0t1d0s7) ・1台目 0 root wm 12549 - 24595 23.44GB 1 swap wu 0 - 501 1000.08MB 2 backup wm 0 - 38306 74.53GB 3 usr wm 24596 - 38306 26.67GB 4 var wm 854 - 6023 10.06GB 5 home wm 6024 - 12548 12.69GB 6 unassigned wm 0 0 7 unassigned wu 100 - 199 199.22MB ・2台目 Part Tag Flag Cylinders Size 0 unassigned wm 12549 - 24595 23.44GB 1 unassigned wu 0 - 501 1000.08MB 2 backup wu 0 - 38306 74.53GB 3 unassigned wm 24596 - 38306 26.67GB 4 unassigned wm 854 - 6023 10.06GB 5 unassigned wm 6024 - 12548 12.69GB 6 unassigned wm 0 0 7 unassigned wu 100 - 199 199.22MB ・vfstab /dev/dsk/c0t0d0s1 - - swap - no - /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s3 /usr ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s4 /dev/rdsk/c0t0d0s4 /var ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s5 /dev/rdsk/c0t0d0s5 /export/home ufs 2 yes 他に足りない情報があれば記載いたしますので ミラーリングについてご教授お願いします。

  • (Solaris10)マウントポイントの変更方法

    Solaris10(SPARC版)で、マウントポイント名(/disk01 ⇒ /DISK)を変更したく、 下記の操作手順で試みたところ「マウントポイント /DISK が存在しません。」 とエラーが出て失敗してしまいました。 申し訳ありませんが正しいマウントポイント名の変更のしかたを御教示ください。 よろしくお願いします。 《操作手順》 #umount /disk01 #vi /etc/vfstab (下記の様に内容変更) #mount /DISK mount: マウントポイント /DISK が存在しません。 《変更前》 /dev/dsk/c1t2d0s1 /dev/rdsk/c1t2d0s1 /disk01 ufs 2 yes - 《変更後》 /dev/dsk/c1t2d0s1 /dev/rdsk/c1t2d0s1 /DISK ufs 2 yes -

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

実行したコマンドを教えてください。 ちなみにこのエラーではありませんが、 メモリをlockしているデーモンが起動しているとfssnapに失敗します。 たとえばxntpdが起動していると/usrを含むfilesystemのfssnapに失敗します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Xiangji様 ご回答ありがとうございます。 ntpを停止し、試してみましたが、同じ結果となりました。 # svcadm -v disable ntp svc:/network/ntp:default disabled. # fssnap -F ufs -o maxsize=500m,bs=/fssnap / fssnap: ioctl: error 22: Invalid argument すみませんが、再度ご回答の程宜しくお願いいたします。

関連するQ&A

  • Solaris10 swapとは

    Solaris10を稼働させている環境です。今回検証機で再インストールすることになり、システム要件を調べていました。 するとswapを512とるようにと書いてあるのですが、実際にdf -kで見たところ、swapというファイルシステムのマウント先は3つあり、 # df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c0d0s0 6399321 5519978 815350 88% / /devices 0 0 0 0% /devices ctfs 0 0 0 0% /system/contract proc 0 0 0 0% /proc mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab swap 1570484 872 1569612 1% /etc/svc/volatile objfs 0 0 0 0% /system/object /usr/lib/libc/libc_hwcap1.so.1 6399321 5519978 815350 88% /lib/libc.so.1 fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0d0s3 1019856 83245 875420 9% /var swap 1569692 80 1569612 1% /tmp swap 1569644 32 1569612 1% /var/run /dev/dsk/c0d0s7 5774427 5769 5710914 1% /export/home となっています。 どこを見てこの仮想メモリの数値を得ればよいのかわかりません。 どなたかご存じの方、教えてください。

  • fsck での修復について

    DELL optiplex GX1 Solaris 8 上記環境なのですが電源を入れるとHost nameを表示した(白画面・黒文字)あとに The /var file system (/dev/rdsk/c0d0s4) is begin checked. /dev/rdsk/c0d0s4: UNREF DIR I=176162 OWNER=root MODE=40775 /dev/rdsk/c0d0s4: SIZE=512 MTIME=Sep 7 21:58 2003 (RECONNECTED) /dev/rdsk/c0d0s4: DIR I=27575 CONNECTED. RARENT WAS I=3 /dev/rdsk/c0d0s4: UNREF DIR I=27575 OWNER=root MODE=40775 /dev/rdsk/c0d0s4: SIZE=512 MTIME=Sep 7 21:58 2003 (RECONNECTED) /dev/rdsk/c0d0s4: DIR I=27575 CONNECTED. RARENT WAS I=104578 /dev/rdsk/c0d0s4: LINK COUNT lost+found I=3 OWNER=root MODE=40700 /dev/rdsk/c0d0s4: SIZE=8192 MTIME=Sep 5 02:25 2003 COUNT 6 SHOULD BE 7 /dev/rdsk/c0d0s4: LINK COUNT INCREASING /dev/rdsk/c0d0s4: UNEXPECTED INCONSISTENCY: RUN fsck MANUALLY WARNING - Unable to repair the /var filesystem. RUN fsck manually (fsck -F ufs /dev/rdsk/c0d0s4) EXIT the shell when done to continue the boot process と表示されてしまいます。シングルユーザモードでの起動は可能なので mountコマンドで/dev/dsk/c0d0s4をマウントさせようすると #mount -F ufs /dev/dsk/c0d0s4 mount: the state of /dev/dsk/c0d0s4 is not okay and it was attempted to be monted read/write mount: Please run fsck adn try again となります。 この場合修復は無理でしょうか?fsckコマンド等で修復できるようであれば修復方法を教えてください。 よろしくお願いします。

  • Solaris10のswap領域の見方について

    Solaris10のswap領域の見方について、教えていただきたいと思います。 df -hコマンドを使用してみると、 ファイルシステム サイズ 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c0d0s0 5.5G 5.2G 263M 96% / /devices 0K 0K 0K 0% /devices ctfs 0K 0K 0K 0% /system/contract proc 0K 0K 0K 0% /proc mnttab 0K 0K 0K 0% /etc/mnttab swap 2.5G 920K 2.5G 1% /etc/svc/volatile objfs 0K 0K 0K 0% /system/object /usr/lib/libc/libc_hwcap1.so.1 5.5G 5.2G 263M 96% /lib/libc.so.1 fd 0K 0K 0K 0% /dev/fd swap 2.5G 1.1M 2.5G 1% /tmp swap 2.5G 28K 2.5G 1% /var/run /dev/dsk/c0d0s7 33G 4.7G 28G 15% /export/home という形でswap領域が表示されますが、 swap -l で計算すると swap ファイル デバイス swaplo ブロック 空き容量 /dev/dsk/c0d0s1 102,1 8 1076344 1076344 と表示され、1ブロック512バイトなので、551088128byte = 551M となり 上のdf の結果と異なります。 topコマンドを使用すると total swap, 526M free swap と出て、どうやら、SWAP領域は500Mちょっと、という認識が正しいのかとおもわれますが、とするとdfの結果の2.5Gは何を指しているのでしょうか?

  • デバイスファイルの考え方

    UNIX系OSに初めて仕事に入ったのですが 上題の考えがうまく理解できません。 その1: 例えば、/dev/dsk/c0t0d0s0 と /dev/rdsk/c0t3d0s5 と2件表記 された場合はディスクが2本ある・・という解釈になるのでしょうか?。 あと「/var」などに領域を割り当てする場合、「/dev/dsk/c0t0d0s0」など 物理的なパスを指定するのでしょうか?。 その2: 「スライシング(スライス・ナンバー)」とはどういった意味なの でしょうか?。「パーティション」との違いが良くわかりません。。 すみませんが一部でも結構ですので ご教授願います。

  • Solaris(SPARC)のファイルシステムについて

    dfコマンドでディスクスライスを参照した場合、 ファイルシステムで"c0t0d0s0"って表示されますが、 『c,t,d,s』って、それぞれどんな意味なんですか? "s"はスライスのような気はするのですが…。 #df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 capacity マウント先 /proc 0 0 0 0% /proc /dev/dsk/c0t0d0s0 1015909 491317 463638 52% / /dev/dsk/c0t0d0s1 1015909 798691 156264 84% /usr fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0t0d0s3 1015909 529819 425136 56% /var /dev/dsk/c0t0d0s4 1015909 904926 50029 95% /opt swap 5037840 1998296 3039544 40% /tmp

  • ufsdump と ufsrestore に関する質問

    Solaris初心者ですが、仕事で以下の課題をクリアしなくてはなりません。 課題) Solaris サーバ(ディスクはHD一台のみの構成)で、 主にHDの物理的破損に備えたバックアップ&リストアの手順を確立すること ※都合上、HD内にバックアップファイルを一旦作成し、後でテープ装置へ送ります 現在のSolarisでdf -h すると、 ファイルシステム     サイズ 使用済 使用可 容量 マウント先 /dev/dsk/c1t0d0s0    5.5G  4.1G  1.3G  77%  / /devices          0k   0k   0k  0%  /devices ctfs             0k   0k   0k  0%  /system/contract proc            0k   0k   0k  0%  /proc objfs             0k   0k   0k  0%  /system/object sharefs           0k   0k   0k  0%  /etc/dfs/sharetab swap            7G  922k  1.7G  1%  /etc/svc/volatile /usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1 5.5G  4.1G  1.3G  77%  /lib/libc.so.1 fd             0k   0k   0k   0%  /dev/fd swap           1.7G   44K  1.7G   1%  /tmp swap           1.7G   24K  1.7G   1%  /var/run /dev/dsk/c1t0d0s7   61G  4.3G   56G   8%  /export/home と、なります。 この状態で、Solaris丸ごと完全バックアップ&リストアをおこなう場合、 ufsdump対象となるファイルシステムは、/ と /export/home のみで、 他のファイルシステムのufsdumpは必要ないのですか? --- (1) (/usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1は、何に使うのでしょうか?) またリストアする場合、 1.CDでブート 2.リストア前と同じになるようにHDのフォーマット、パーティショニングを手動でおこない 3.dumpしたファイルシステムについて ufsrestore で復元する この方法でよいのでしょうか? --- (2) マスターブート部位などはdumpしていないようにも思えますが、大丈夫でしょうか --- (3) この方法だと手作業も多く、誤操作が発生しやすいかと思います。 コマンド一回で丸ごとバックアップして、丸ごとリストアするような方法は、ないのですか? --- (4) 勘違いしているかもしれませんが、アドバイスが頂けたら、幸いです。

  • /home/export の容量が100%で、 ダウンする

    管理者が入院で不在となってしまい、代役をしていたのですが、Solaris(unix)は 特にメンテナンス不要と聞いて、実際、この半年、手をかけたことが無いのですが、 一昨日よりサーバーがダウン(ダンマリ停止)することが発生しています。 少ない知恵で調べたのですがどうやら「/expor/home」の空き不足のようです。 しかし不要なファイルを削除し、空きを確保しているのですが改善されません。 下記のような環境ですが、どんなことでも結構ですので知恵を貸して下さい。 OS:Solaris (Unix) 5.5.1 #root>df -k Filesystem kbytes used avail capacity Mounted on /dev/dsk/c0d0s0 62623 29112 27251 52% / /dev/dsk/c0d0s6 480815 238241 194494 56% /usr /proc 0 0 0 0% /proc fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0d0s4 192423 97993 75190 57% /var /dev/dsk/c0d0s7 461111 422939 0 100% /export/home /dev/dsk/c0d0s5 384847 199214 147153 58% /opt /dev/dsk/c0d0s3 288391 237727 21834 92% /usr/openwin swap 102460 12 102448 1% /tmp

  • tarでこういうのできますか?

    RedHatLinux9を使っていて バックアップをtarでテープに取ろうと思います。 /var/wwwと/var/spool/mailと/homeのバックアップを取りたいのですが、 これをtarでひとつにまとめてできるものなのでしょうか。 別々にやれば/に移動して tar cvf /dev/nst0 home tar cvf /dev/nst0 var/www tar cvf /dev/nst0 var/spool/mail とするんでしょうが、これを一回のコマンドでできないんでしょうか? バックアップを自動で行いたいんです。 お知恵をお貸しください。

  • エラー「cpp0: /var/tmp/cczy3NgV.ii: デバイス上の空き領域が足りません。」

    Solaris2.6の環境です。 C++プログラム初学者です。 % uname -a SunOS ultra 5.6 Generic_105181-23 sun4m sparc SUNW,SPARCstation-5 C++プログラムの学習中にC++のリストをmake使用とすると % cd ~/test % make g++ -c -o timer.o timer.cc cpp0: /var/tmp/cczy3NgV.ii: デバイス上の空き領域が足りません。 make: *** [timer.o] Error 1 というエラーが出てしまい、困っています。 % ls -l /var/tmp 合計 2086 -rw------- 1 matsui master 0 3月 13日 21:19 Ex0000001239 -rw------- 1 root root 821304 3月 14日 22:20 wsconAAA7eaqNa:0.0 -rw------- 1 root root 35659 2月 8日 19:05 wsconAAAP0aaNa:0.0 -rw------- 1 matsui master 0 1月 27日 17:44 wsconAAAXlaitb:0.0 -rw------- 1 root root 187687 2月 7日 19:31 wsconAAAxBaWxc:0.0 % df -k Filesystem Kバイト used avail capacity Mounted on /dev/dsk/c0t3d0s0 57567 21273 30538 42% / /dev/dsk/c0t3d0s6 694454 497069 141829 78% /usr /proc 0 0 0 0% /proc fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0t3d0s1 47975 44685 0 100% /var /dev/dsk/c0t3d0s7 38383 14633 19912 43% /workl swap 137384 16 137368 1% /tmp lucas:/usr/local 1687016 824880 811528 51% /usr/local lucas:/home 14110472 3550904 10418464 26% /home lucas:/workn 57384 31880 19768 62% /workn となっているのですがこれはどうすれば解決できるのでしょうか?

  • 【急】ufsdumpについて。

    よろしくお願いいたします。 Solaris11.2を使用しています。 バックアップを試みたので、とりあえず、ZFSによるバックアップをしましたが、スナップショットは、優れていると思いましたが、私の興味のある、フルバックアップには向いていないと思いました。 そこで、ufsdumpを使おうと思い、実行してみたのですが、以下のようになりました。 root@solaris:~# ufsdump 0uf /backup/backup0.dump / DUMP: `/' is not on a locally mounted filesystem DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump -S /dev/rdsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump 0f /backup/backup0.dump /dev/dsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump 0uf /backup/backup0.dump /dev/dsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# 何か手順として足りないようにも思ったのですが何が悪いのかわかりません。 ちなみに、LIVEメディアで起動させて、同じことをしようとしましたが、同様の結果になりました。 どなたか、このエラーを解消する方法をご存知の方おられましたらご教授願います。 よろしくお願いいたします。