• ベストアンサー
  • 困ってます

Solaris10のswap領域の見方について

Solaris10のswap領域の見方について、教えていただきたいと思います。 df -hコマンドを使用してみると、 ファイルシステム サイズ 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c0d0s0 5.5G 5.2G 263M 96% / /devices 0K 0K 0K 0% /devices ctfs 0K 0K 0K 0% /system/contract proc 0K 0K 0K 0% /proc mnttab 0K 0K 0K 0% /etc/mnttab swap 2.5G 920K 2.5G 1% /etc/svc/volatile objfs 0K 0K 0K 0% /system/object /usr/lib/libc/libc_hwcap1.so.1 5.5G 5.2G 263M 96% /lib/libc.so.1 fd 0K 0K 0K 0% /dev/fd swap 2.5G 1.1M 2.5G 1% /tmp swap 2.5G 28K 2.5G 1% /var/run /dev/dsk/c0d0s7 33G 4.7G 28G 15% /export/home という形でswap領域が表示されますが、 swap -l で計算すると swap ファイル デバイス swaplo ブロック 空き容量 /dev/dsk/c0d0s1 102,1 8 1076344 1076344 と表示され、1ブロック512バイトなので、551088128byte = 551M となり 上のdf の結果と異なります。 topコマンドを使用すると total swap, 526M free swap と出て、どうやら、SWAP領域は500Mちょっと、という認識が正しいのかとおもわれますが、とするとdfの結果の2.5Gは何を指しているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数4302
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

納得し難いのはわかったので調べてみました。 ※ バグや個別の版の動作も考えられるので詳しい版を見れば情報ずっと絞り易いですよ Sunのサイトでswap と df で検索して見ました。 紹介ページには同様の質問に関する説明がでてますね。(一例) Supportのタブを開けばバグ関連の情報があれば得られます。 Developerのタブには同様の対話が見つかるかも。 http://onesearch.sun.com/onesearch/index.jsp?qt=swap+df&col=developer-all&cs=false&rt=true&reslang=en ※ 参考URI併記したら半角文字数120迄とのメッセージで書込めなかった。 swap -l の結果はtopの結果と完全に一致してますね。 1076344Block≫525MB+1144Block=525MB+572KB(四捨五入か切上げで526MB) (1Block512bytes≫2Block 1KB[1025bytes]) / 1MB=1024KB

参考URL:
http://forums.sun.com/thread.jspa?forumID=844&threadID=5073339

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 以前から、不思議に思っていましたので、質問させていただきました。 有益なURLありがとうございます。 早速、参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • Solaris10 swapとは

    Solaris10を稼働させている環境です。今回検証機で再インストールすることになり、システム要件を調べていました。 するとswapを512とるようにと書いてあるのですが、実際にdf -kで見たところ、swapというファイルシステムのマウント先は3つあり、 # df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c0d0s0 6399321 5519978 815350 88% / /devices 0 0 0 0% /devices ctfs 0 0 0 0% /system/contract proc 0 0 0 0% /proc mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab swap 1570484 872 1569612 1% /etc/svc/volatile objfs 0 0 0 0% /system/object /usr/lib/libc/libc_hwcap1.so.1 6399321 5519978 815350 88% /lib/libc.so.1 fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0d0s3 1019856 83245 875420 9% /var swap 1569692 80 1569612 1% /tmp swap 1569644 32 1569612 1% /var/run /dev/dsk/c0d0s7 5774427 5769 5710914 1% /export/home となっています。 どこを見てこの仮想メモリの数値を得ればよいのかわかりません。 どなたかご存じの方、教えてください。

  • Solaris(SPARC)のファイルシステムについて

    dfコマンドでディスクスライスを参照した場合、 ファイルシステムで"c0t0d0s0"って表示されますが、 『c,t,d,s』って、それぞれどんな意味なんですか? "s"はスライスのような気はするのですが…。 #df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 capacity マウント先 /proc 0 0 0 0% /proc /dev/dsk/c0t0d0s0 1015909 491317 463638 52% / /dev/dsk/c0t0d0s1 1015909 798691 156264 84% /usr fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0t0d0s3 1015909 529819 425136 56% /var /dev/dsk/c0t0d0s4 1015909 904926 50029 95% /opt swap 5037840 1998296 3039544 40% /tmp

  • ufsdump と ufsrestore に関する質問

    Solaris初心者ですが、仕事で以下の課題をクリアしなくてはなりません。 課題) Solaris サーバ(ディスクはHD一台のみの構成)で、 主にHDの物理的破損に備えたバックアップ&リストアの手順を確立すること ※都合上、HD内にバックアップファイルを一旦作成し、後でテープ装置へ送ります 現在のSolarisでdf -h すると、 ファイルシステム     サイズ 使用済 使用可 容量 マウント先 /dev/dsk/c1t0d0s0    5.5G  4.1G  1.3G  77%  / /devices          0k   0k   0k  0%  /devices ctfs             0k   0k   0k  0%  /system/contract proc            0k   0k   0k  0%  /proc objfs             0k   0k   0k  0%  /system/object sharefs           0k   0k   0k  0%  /etc/dfs/sharetab swap            7G  922k  1.7G  1%  /etc/svc/volatile /usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1 5.5G  4.1G  1.3G  77%  /lib/libc.so.1 fd             0k   0k   0k   0%  /dev/fd swap           1.7G   44K  1.7G   1%  /tmp swap           1.7G   24K  1.7G   1%  /var/run /dev/dsk/c1t0d0s7   61G  4.3G   56G   8%  /export/home と、なります。 この状態で、Solaris丸ごと完全バックアップ&リストアをおこなう場合、 ufsdump対象となるファイルシステムは、/ と /export/home のみで、 他のファイルシステムのufsdumpは必要ないのですか? --- (1) (/usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1は、何に使うのでしょうか?) またリストアする場合、 1.CDでブート 2.リストア前と同じになるようにHDのフォーマット、パーティショニングを手動でおこない 3.dumpしたファイルシステムについて ufsrestore で復元する この方法でよいのでしょうか? --- (2) マスターブート部位などはdumpしていないようにも思えますが、大丈夫でしょうか --- (3) この方法だと手作業も多く、誤操作が発生しやすいかと思います。 コマンド一回で丸ごとバックアップして、丸ごとリストアするような方法は、ないのですか? --- (4) 勘違いしているかもしれませんが、アドバイスが頂けたら、幸いです。

  • /home/export の容量が100%で、 ダウンする

    管理者が入院で不在となってしまい、代役をしていたのですが、Solaris(unix)は 特にメンテナンス不要と聞いて、実際、この半年、手をかけたことが無いのですが、 一昨日よりサーバーがダウン(ダンマリ停止)することが発生しています。 少ない知恵で調べたのですがどうやら「/expor/home」の空き不足のようです。 しかし不要なファイルを削除し、空きを確保しているのですが改善されません。 下記のような環境ですが、どんなことでも結構ですので知恵を貸して下さい。 OS:Solaris (Unix) 5.5.1 #root>df -k Filesystem kbytes used avail capacity Mounted on /dev/dsk/c0d0s0 62623 29112 27251 52% / /dev/dsk/c0d0s6 480815 238241 194494 56% /usr /proc 0 0 0 0% /proc fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0d0s4 192423 97993 75190 57% /var /dev/dsk/c0d0s7 461111 422939 0 100% /export/home /dev/dsk/c0d0s5 384847 199214 147153 58% /opt /dev/dsk/c0d0s3 288391 237727 21834 92% /usr/openwin swap 102460 12 102448 1% /tmp

  • CDROMのマウントについて

    初めて投稿させて頂きます。初心者です。 Ultra機にSolaris10SPARC版のコアシステムサポートを(分けありで)インストールしたのですが、squidを入れようと思ってCDROMにsquid-2.6.STABLE2.tarを入れて、マシンにCDROMを入れたのですがマウントしません。 下記が起動時のファイルシステムです。 /dev/rdsk/c0t0d0s1: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s4: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s5: is logging. 下記が現在の/etc/vfstabの中です。 #device device mount FS fsck mount mount #to mount to fsck point type pass at boot options # fd - /dev/fd fd - no - /proc - /proc proc - no - /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s3 /usr ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s2 /dev/rdsk/c0t0d0s2 /var ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s5 /dev/rdsk/c0t0d0s5 /data ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s4 /dev/rdsk/c0t0d0s4 /opt ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s1 /dev/rdsk/c0t0d0s1 /swap ufs 2 yes - /devices - /devices devfs - no - ctfs - /system/contract ctfs - no - objfs - /system/object objfs - no - swap - /tmp tmpfs - yes - インストール時のファイルシステムの指定に問題があるのでしょうか? どなたか解決策をご教示下さい。 宜しくお願い致します。

  • dfコマンドの出力結果について

    お世話になります。 仕事でsolarisサーバを扱うことになったのですが、 まったく知識がなく聞ける相手もいないため、質問させていただきます。 dfコマンドのヘルプを見ると、以下のような例が出ていました。     /         (/dev/dsk/c0t0d0s0 ): 287530 blocks  92028 files     /system/contract  (ctfs       ):    0 blocks 2147483572 files     /system/object   (objfs       ):    0 blocks 2147483511 files     /usr        (/dev/dsk/c0t0d0s6 ): 1020214 blocks  268550 files     /proc       (/proc       ):    0 blocks   878 files     /dev/fd      (fd        ):    0 blocks    0 files     /etc/mnttab    (mnttab      ):    0 blocks    0 files     /var/run      (swap       ): 396016 blocks   9375 files     /tmp        (swap       ): 396016 blocks   9375 files     /opt        (/dev/dsk/c0t0d0s5 ): 381552 blocks  96649 files     /export/home    (/dev/dsk/c0t0d0s7 ): 434364 blocks  108220 files この情報の見方について教えていただきたいのですが、、、 ・「 /         (/dev/dsk/c0t0d0s0 )」は、  ディスク:c0t0d0 のスライス:s0が、/にマウントされている。 ・「/usr        (/dev/dsk/c0t0d0s6 )」は、  ディスク:c0t0d0 のスライス:s6が、/usrにマウントされている。 ・c0t0d0s0とc0t0d0s6は、同じディスクに存在する別のスライス。 という認識でよいでしょうか? ・「/system/contract  (ctfs       )」は、  /system/contractにマウントされているctfsというのは何でしょうか?  マニュアルには「デバイスまたはファイルシステム」と書かれていますが、  ファイルシステムとするとctfsはどこのディスクに存在するのでしょうか。  ・dfで表示されないスライスの情報はどうやって調べるのでしょうか?  format→partition→printではたくさんのスライスが表示されますが、  dfコマンドの出力結果にはすべてが出てきません。  スライスがどのように使用されているかを調べる方法はありますでしょうか? 知識がないためわけのわからないことを聞いているのかもしれませんが、 なにかヒントでもいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • solaris ディスク情報の見方について

    solarisのディスク情報の見方について、以前にも質問させて いただいたのですが、再度質問いたします。 ※以下の質問文では、コマンドの出力結果を一部省略しています。 df -k コマンドでマウント情報を出力すると、以下のように表示されました。 ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c3t2d0s0 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 12% / /dev/dsk/c3t2d0s1 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 30% /var /dev/dsk/c3t2d0s3 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 13% /opt /dev/dsk/c3t2d0s4 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 19% /export/home /dev/dsk/c3t2d0s5 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /var/core /dev/dsk/c3t2d0s6 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /work /dev/dsk/c3t5d0s0 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /var/crash /dev/dsk/c3tEd0s0 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 9% /apl /dev/dsk/c3tEd0s1 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /apl/db/chk /dev/dsk/c3tEd0s3 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /bk これは、ディスクが3本使用されていると思います。 しかし、formatコマンドでディスクの情報を見ると、 下記のようにディスクが10本存在しました。 AVAILABLE DISK SELECTIONS: 0. c3tDd0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 1. c3tEd0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 2. c3tFd0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 3. c3t2d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 4. c3t3d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 5. c3t5d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 6. c3t0d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 7. c3t1d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 8. c3t2d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 9. c3t3d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > dfでは3本しか表示されていないですが、7本は未使用でしょうか? c3t2d0の情報を format→partition→print で表示すると、 下記のように表示されました。 Part Tag Flag Cylinders Size Blocks 0 root wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 1 var wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 2 backup wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 3 unassigned wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 4 home wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 5 unassigned wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 6 unassigned wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 7 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 dfの結果では、スライス0,1,3,4,5,6はマウントされていますが、 3,5,6がunassignedになっているのはなぜでしょうか? c3tDd0の情報を format→partition→print で見ると 以下のように表示されました。 0 unassigned wu xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 1 unassigned wu xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 2 backup wu 0 - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 3 unassigned wu xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 4 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 5 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 6 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 7 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 スライス2は、backupというタグがついていますが、 dfの結果ではマウントされていないので、使用されていないのでしょうか? また、その他のスライスはunassignedになっていますが、 これらも使用されていないのでしょうか? 長文になって申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

  • LinuxのSWAP領域の移動?

    お願いします。 既存のSWAP領域を削除して、新規に別のパーティションにSWAP領域を作成したいです。 SWAP領域を作る事自体は、何となく分かるのですが、そのSWAP領域作成後に 何か設定しないといけないと思うのですが、何をすればいいのでしょうか? /etc/fstab を見ると、SWAP領域の部分が下記のようになってます。 (Linuxは2つ入ってます。質問上、2つの内容を書きます。) RHELv4 x86    LABEL=SWAP-sda7    SWAP    SWAP   defaults  0   0 RHELv4 EM64T    /dev/sda7    SWAP    SWAP   defaults   0   0 sda7が現在のSWAP領域です。 ここでまずは、この設定ですが、例えば新規のSWAPをsda9に作った場合、 単純に sda7 の部分を、sda9 に書き換えるだけでいいのでしょうか? また、2つを比べると、一部記載内容に違いがあるのですが、そこは何故違うのでしょうか? 通常、普通のパーティションの追加の場合、(例えば新規に「/var」を追加など) e2label?コマンドで、ラベルを書き込んだりしたような記憶があるのですが、 SWAPの場合はそういう作業は無いのでしょうか? 以上、長々となってしまいましたが、よろしくお願いします。

  • エラー「cpp0: /var/tmp/cczy3NgV.ii: デバイス上の空き領域が足りません。」

    Solaris2.6の環境です。 C++プログラム初学者です。 % uname -a SunOS ultra 5.6 Generic_105181-23 sun4m sparc SUNW,SPARCstation-5 C++プログラムの学習中にC++のリストをmake使用とすると % cd ~/test % make g++ -c -o timer.o timer.cc cpp0: /var/tmp/cczy3NgV.ii: デバイス上の空き領域が足りません。 make: *** [timer.o] Error 1 というエラーが出てしまい、困っています。 % ls -l /var/tmp 合計 2086 -rw------- 1 matsui master 0 3月 13日 21:19 Ex0000001239 -rw------- 1 root root 821304 3月 14日 22:20 wsconAAA7eaqNa:0.0 -rw------- 1 root root 35659 2月 8日 19:05 wsconAAAP0aaNa:0.0 -rw------- 1 matsui master 0 1月 27日 17:44 wsconAAAXlaitb:0.0 -rw------- 1 root root 187687 2月 7日 19:31 wsconAAAxBaWxc:0.0 % df -k Filesystem Kバイト used avail capacity Mounted on /dev/dsk/c0t3d0s0 57567 21273 30538 42% / /dev/dsk/c0t3d0s6 694454 497069 141829 78% /usr /proc 0 0 0 0% /proc fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0t3d0s1 47975 44685 0 100% /var /dev/dsk/c0t3d0s7 38383 14633 19912 43% /workl swap 137384 16 137368 1% /tmp lucas:/usr/local 1687016 824880 811528 51% /usr/local lucas:/home 14110472 3550904 10418464 26% /home lucas:/workn 57384 31880 19768 62% /workn となっているのですがこれはどうすれば解決できるのでしょうか?

  • DISK2台使用してsolaris10にてミラーリング設定

    ・OS:Solaris10(SPARC版):初心者です。 ・HDD2台使用しています。 1台目は通常OSインストールし、2台目にてミラーリング設定。 教えて頂きたい事はミラーリング設定のやり方をご教授頂けたら幸いです。 自分なりに最初は色々とインターネットで調べてやってみましたが metadb: Jigen1108: c0t0d0s7: スワップデバイスである c0t0d0s1 とオーバーラップしますのメッセージが出てうまくいきませんでした。 (コマンド:metadb -a -f -c2 c0t0d0s7 c0t1d0s7) ・1台目 0 root wm 12549 - 24595 23.44GB 1 swap wu 0 - 501 1000.08MB 2 backup wm 0 - 38306 74.53GB 3 usr wm 24596 - 38306 26.67GB 4 var wm 854 - 6023 10.06GB 5 home wm 6024 - 12548 12.69GB 6 unassigned wm 0 0 7 unassigned wu 100 - 199 199.22MB ・2台目 Part Tag Flag Cylinders Size 0 unassigned wm 12549 - 24595 23.44GB 1 unassigned wu 0 - 501 1000.08MB 2 backup wu 0 - 38306 74.53GB 3 unassigned wm 24596 - 38306 26.67GB 4 unassigned wm 854 - 6023 10.06GB 5 unassigned wm 6024 - 12548 12.69GB 6 unassigned wm 0 0 7 unassigned wu 100 - 199 199.22MB ・vfstab /dev/dsk/c0t0d0s1 - - swap - no - /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s3 /usr ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s4 /dev/rdsk/c0t0d0s4 /var ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s5 /dev/rdsk/c0t0d0s5 /export/home ufs 2 yes 他に足りない情報があれば記載いたしますので ミラーリングについてご教授お願いします。