• ベストアンサー
  • 困ってます

ufsdump と ufsrestore に関する質問

Solaris初心者ですが、仕事で以下の課題をクリアしなくてはなりません。 課題) Solaris サーバ(ディスクはHD一台のみの構成)で、 主にHDの物理的破損に備えたバックアップ&リストアの手順を確立すること ※都合上、HD内にバックアップファイルを一旦作成し、後でテープ装置へ送ります 現在のSolarisでdf -h すると、 ファイルシステム     サイズ 使用済 使用可 容量 マウント先 /dev/dsk/c1t0d0s0    5.5G  4.1G  1.3G  77%  / /devices          0k   0k   0k  0%  /devices ctfs             0k   0k   0k  0%  /system/contract proc            0k   0k   0k  0%  /proc objfs             0k   0k   0k  0%  /system/object sharefs           0k   0k   0k  0%  /etc/dfs/sharetab swap            7G  922k  1.7G  1%  /etc/svc/volatile /usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1 5.5G  4.1G  1.3G  77%  /lib/libc.so.1 fd             0k   0k   0k   0%  /dev/fd swap           1.7G   44K  1.7G   1%  /tmp swap           1.7G   24K  1.7G   1%  /var/run /dev/dsk/c1t0d0s7   61G  4.3G   56G   8%  /export/home と、なります。 この状態で、Solaris丸ごと完全バックアップ&リストアをおこなう場合、 ufsdump対象となるファイルシステムは、/ と /export/home のみで、 他のファイルシステムのufsdumpは必要ないのですか? --- (1) (/usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1は、何に使うのでしょうか?) またリストアする場合、 1.CDでブート 2.リストア前と同じになるようにHDのフォーマット、パーティショニングを手動でおこない 3.dumpしたファイルシステムについて ufsrestore で復元する この方法でよいのでしょうか? --- (2) マスターブート部位などはdumpしていないようにも思えますが、大丈夫でしょうか --- (3) この方法だと手作業も多く、誤操作が発生しやすいかと思います。 コマンド一回で丸ごとバックアップして、丸ごとリストアするような方法は、ないのですか? --- (4) 勘違いしているかもしれませんが、アドバイスが頂けたら、幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2225
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

仕事なら、正しく書いてある本を買う、docs.sun.com を読む、保守業者に 問い合わせする、などして準備しましょう。 他のファイルシステムのufsdumpは必要ないのですか? --- (1) (/usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1は、何に使うのでしょうか?) ここは僕にもよくわかりませんが、/lib/libc.so.1 をマウントしている ようですので、/ と /export/home のみでバックアップはとれていると 思います。 vfstabあたりに、/usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1 の記述があるのでは ないでしょうか。 この方法でよいのでしょうか? --- (2) こんな感じになると思います。 1.CDでブート 2.リストア前と同じになるようにHDのフォーマット、パーティショニングを手動でおこない 2.1 ファイルシステムをマウント  3.dumpしたファイルシステムについて ufsrestore で復元する 3.1 restoresymtable を削除 3.2 ファイルシステムをアンマウント 3.3 fsck -m で整合性チェック 4 ブートブロックの作成 # installboot /usr/platform/`uname -i`/lib/fs/ufs/bootblk /dev/rdsk/c1t0d0s0 5 作成したファイルシステムをバックアップ 6 リブート マスターブート部位などはdumpしていないようにも思えますが、大丈夫でしょうか --- (3) 必要です。手順は上に示しました。 コマンド一回で丸ごとバックアップして、丸ごとリストアするような方法は、ないのですか? --- (4) いくつか手段はあると思いますが、お勧めはミラーすることです。 ミラーしたディスクを切り離して取っておくと、戻すのも簡単です。 シェルは・・・間違ったとき目も当てられないのでお勧めしません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございます。 大変たすかります。 >仕事なら、正しく書いてある本を買う、docs.sun.comを読む、 >保守業者に問い合わせする、などして準備しましょう。 まったくその通りです。 ただ手持ちの本や見つけたネットの情報では、 「ファイルシステムの完全なバックアップ&リストア」ばかりで、 「Solaris丸ごと・・・」は、なかなか見つからなかったのです。 確かに保守業者に問い合わせるべきですね。 それは掛け合ってみます。 > 4 ブートブロックの作成 > # installboot /usr/platform/`uname - > i`/lib/fs/ufs/bootblk /dev/rdsk/c1t0d0s0 なるほど、やはりこういった処理が必要でしたか。 パラメータ等は、後でよく調べます。 > いくつか手段はあると思いますが、 > お勧めはミラーすることです。 確かにそうですね。 ミラーすれば、OS完全バックアップ用のufsdump/restoreは不要に思えてきます。 今回は貴重なアドバイスをして頂き、感謝します。 それでは失礼します。

関連するQ&A

  • Solaris10 swapとは

    Solaris10を稼働させている環境です。今回検証機で再インストールすることになり、システム要件を調べていました。 するとswapを512とるようにと書いてあるのですが、実際にdf -kで見たところ、swapというファイルシステムのマウント先は3つあり、 # df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c0d0s0 6399321 5519978 815350 88% / /devices 0 0 0 0% /devices ctfs 0 0 0 0% /system/contract proc 0 0 0 0% /proc mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab swap 1570484 872 1569612 1% /etc/svc/volatile objfs 0 0 0 0% /system/object /usr/lib/libc/libc_hwcap1.so.1 6399321 5519978 815350 88% /lib/libc.so.1 fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0d0s3 1019856 83245 875420 9% /var swap 1569692 80 1569612 1% /tmp swap 1569644 32 1569612 1% /var/run /dev/dsk/c0d0s7 5774427 5769 5710914 1% /export/home となっています。 どこを見てこの仮想メモリの数値を得ればよいのかわかりません。 どなたかご存じの方、教えてください。

  • Solaris10のswap領域の見方について

    Solaris10のswap領域の見方について、教えていただきたいと思います。 df -hコマンドを使用してみると、 ファイルシステム サイズ 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c0d0s0 5.5G 5.2G 263M 96% / /devices 0K 0K 0K 0% /devices ctfs 0K 0K 0K 0% /system/contract proc 0K 0K 0K 0% /proc mnttab 0K 0K 0K 0% /etc/mnttab swap 2.5G 920K 2.5G 1% /etc/svc/volatile objfs 0K 0K 0K 0% /system/object /usr/lib/libc/libc_hwcap1.so.1 5.5G 5.2G 263M 96% /lib/libc.so.1 fd 0K 0K 0K 0% /dev/fd swap 2.5G 1.1M 2.5G 1% /tmp swap 2.5G 28K 2.5G 1% /var/run /dev/dsk/c0d0s7 33G 4.7G 28G 15% /export/home という形でswap領域が表示されますが、 swap -l で計算すると swap ファイル デバイス swaplo ブロック 空き容量 /dev/dsk/c0d0s1 102,1 8 1076344 1076344 と表示され、1ブロック512バイトなので、551088128byte = 551M となり 上のdf の結果と異なります。 topコマンドを使用すると total swap, 526M free swap と出て、どうやら、SWAP領域は500Mちょっと、という認識が正しいのかとおもわれますが、とするとdfの結果の2.5Gは何を指しているのでしょうか?

  • Solaris(SPARC)のファイルシステムについて

    dfコマンドでディスクスライスを参照した場合、 ファイルシステムで"c0t0d0s0"って表示されますが、 『c,t,d,s』って、それぞれどんな意味なんですか? "s"はスライスのような気はするのですが…。 #df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 capacity マウント先 /proc 0 0 0 0% /proc /dev/dsk/c0t0d0s0 1015909 491317 463638 52% / /dev/dsk/c0t0d0s1 1015909 798691 156264 84% /usr fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0t0d0s3 1015909 529819 425136 56% /var /dev/dsk/c0t0d0s4 1015909 904926 50029 95% /opt swap 5037840 1998296 3039544 40% /tmp

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

少々補足させてください。 > formatコマンドでもパーティション構成を確認できますが・・・ パーテションの情報は、以下のコマンドで保存することができます。 全く同一のHDD(同じベンダの同じディスク)の場合、保存したパーテション情報 をコマンドで戻すことができます。 同一の状態で非常に多くのHDDをフォーマットする場合は、この手段で 短時間にこなすことができます。 昔は Ultra Enterprise 450 みたいなのもありましたので・・・  パーテション情報を保存する(以下の例では /var/tmp/vtoc というファイルができる)  prtvtoc /dev/rdsk/c1t0d0s0 > /var/tmp/vtoc  パーテション情報を戻す(以下の例ではターゲットが異なるディスクに戻している)  fmthard -s /var/tmp/vtoc /dev/rdsk/c1t1d0s0 > /tmpを含む全てのファイル対象となります。 昔のSUNOSの時代などは /tmp を取る必要がありましたが、 Solarisの場合、「通常は」 /tmp は tmpfs にマウントされるので リブートすると消えますので、バックアップは取らないことが多いです。 何らかの理由で ufs にマウントしている場合はバックアップが必要です。 今回のケースでは、普通に tmpfs にマウントされているので /tmp は必要ありません。 > RAIDは、ハードRAIDとソフトRAIDがあって、 Sparcマシンで内蔵ディスクを使う場合は、一般的にはOSの機能で ソフトRAIDすることが多いでしょう。 Solaris10以降であれば、ZFSでRAIDを管理するのがとても便利です。 ハードウェアRAIDの方が多くの面で優れていますが、導入はお財布との 相談だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足情報、ありがとうございます。 手元の文献やネットでは見つけられなかった情報が多く、助かります。 > パーテションの情報は、以下のコマンドで保存することができます。 > 全く同一のHDD(同じベンダの同じディスク)の場合、保存したパーテション情報 > をコマンドで戻すことができます。  // 中略 > パーテション情報を保存する(以下の例では /var/tmp/vtoc というファイルができる) > prtvtoc /dev/rdsk/c1t0d0s0 > /var/tmp/vtoc > パーテション情報を戻す(以下の例ではターゲットが異なるディスクに戻している) > fmthard -s /var/tmp/vtoc /dev/rdsk/c1t1d0s0 パーテション情報の保存・復元方法ですね。 直接は関係ないですが、憶えておくべき方法ですね。 >> /tmpを含む全てのファイル対象となります。 > 昔のSUNOSの時代などは /tmp を取る必要がありましたが、 > Solarisの場合、「通常は」 /tmp は tmpfs にマウントされるので > リブートすると消えますので、バックアップは取らないことが多いです。 > 何らかの理由で ufs にマウントしている場合はバックアップが必要です。 > 今回のケースでは、普通に tmpfs にマウントされているので /tmp > は必要ありません。 Solarisは、/tmpのバックアップは不要ですか。 /tmpなので、基本的に不要とは思っていますが、 リストア実行上必要かも知れないと思っていました。 > Solaris10以降であれば、ZFSでRAIDを管理するのがとても便利です。 > ハードウェアRAIDの方が多くの面で優れていますが、導入はお財布との > 相談だと思います。 今回は、ハードウェアRAID構成になることのこと(別担当者)です。 したがってバックアップ(ufsdump/restore)に関して、専念します。 さまざまな関連情報を教えて頂き、ありがとうございます。 私の周りにSolarisのdump/restoreに詳しい者がいないので、 こうした情報は本当に有り難いです。 それでは、失礼します。

  • 回答No.3

>> お勧めはミラーすることです。 >確かにそうですね。 >ミラーすれば、OS完全バックアップ用のufsdump/restoreは不要に思えてきます。 RAIDは注意が必要ですよ!! RAIDは、ハードRAIDとソフトRAIDがあって、それぞれ一長一短があるのですが・・・ソフトRAIDの状態でバックアップを作成すると、作成されたバックアップは「ソフトRAID」の状態でバックアップされるので、ソフトRAIDされていない状態でリストアすることが難しいです。 RAID構成はバックアップを考慮して決定しないと・・・リストアしたけどブートに失敗するバックアップが取得されていたという困ったことにならないように注意する必要があります。 >ミラーすれば、OS完全バックアップ用のufsdump/restoreは不要に思えてきます。 バックアップとRAIDは相互に補完し合うもので、どちらか一方で完全というものではないです。 まぁ~2、3重のRAID5とか、3重ミラー(RAID1)などバックアップが活躍する機会が少ないシステムもありますが・・・操作ミスで削除したデータは、どんなRAIDでも復旧できないのでバックアップが必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

追加情報ありがとうございます。 >>> お勧めはミラーすることです。 >> 確かにそうですね。 >> ミラーすれば、OS完全バックアップ用のufsdump/restoreは不要に思えてきます。 > RAIDは注意が必要ですよ!! > RAIDは、ハードRAIDとソフトRAIDがあって、それぞれ一長一短があるのですが・・・ > ソフトRAIDの状態でバックアップを作成すると、作成されたバックアップは「ソフトRAID」の状態でバックアップされるので、 > ソフトRAIDされていない状態でリストアすることが難しいです。 RAIDで単純にリストアできない場合もあるのですね。 > RAID構成はバックアップを考慮して決定しないと・・・リストアしたけど > ブートに失敗するバックアップが取得されていたという困ったことにならないように注意する必要があります。 なるほど、そうした考慮も必要ですね。 この場合もRAIDでリストア!とはいかないのですね。 >> ミラーすれば、OS完全バックアップ用のufsdump/restoreは不要に思えてきます。 > バックアップとRAIDは相互に補完し合うもので、どちらか一方で完全というものではないです。 > まぁ~2、3重のRAID5とか、3重ミラー(RAID1)などバックアップが活躍する機会が少ないシステムもありますが・・・ > 操作ミスで削除したデータは、どんなRAIDでも復旧できないのでバックアップが必要です。 「バックアップとRAIDは相互に補完」 この言葉は、そのまま覚えます。 バックアップとRAIDに関するアドバイス、参考になりました。 まだまだ苦労しそうですが、お蔭様で少しずつ前進できています。

  • 回答No.2

ufsdumpで重要なのは・・・パーティション構成です!! > 現在のSolarisでdf -h すると /etc/vfstabに記述されているパーティション構成を確認しましょう formatコマンドでもパーティション構成を確認できますが・・・間違えるとディスクを消してしまう可能性があるので注意が必要です >/usr/lib/libc/libc_hwcap2.so.1は どのようなソフトが使われているか不明ですが・・・不慮の事故に対するバックアップは原則、/tmpを含む全てのファイル対象となります。 >またリストアする場合、 >1.CDでブート >2.リストア前と同じになるようにHDのフォーマット、パーティショニングを手動でおこない >3.dumpしたファイルシステムについて ufsrestore で復元する 正しい手順です。 >マスターブート部位などはdumpしていないようにも思えますが、大丈夫でしょうか --- (3) ブート・ディスクをdumpでバックアップを作成すると同時にバックアップされます >コマンド一回で丸ごとバックアップして、丸ごとリストアするような方法は、ないのですか? 1個のパーティションなら1回のdump/restoreでバックアップ&リストアすることが可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございます。 いろいろなアドバイスが聞けて、本当に助かります。 > ufsdumpで重要なのは・・・パーティション構成です!! > /etc/vfstabに記述されているパーティション構成を確認しましょう vfstab、確認しました。 ここにコピーを貼ろうと思ったのですが、全部だと文字数オーバーになってしまうので、割愛します。 > 不慮の事故に対するバックアップは原則、/tmpを含む全てのファイル対象となります。 /tmpは不要と思っていましたが、必要なのですね。 >> 1.CDでブート >> 2.リストア前と同じになるようにHDのフォーマット、パーティショニングを手動でおこない >> 3.dumpしたファイルシステムについて ufsrestore で復元する > 正しい手順です。 ここまでは、大丈夫ですね。 >> マスターブート部位などはdumpしていないようにも思えますが、大丈夫でしょうか --- (3) > ブート・ディスクをdumpでバックアップを作成すると同時にバックアップされます >> コマンド一回で丸ごとバックアップして、丸ごとリストアするような方法は、ないのですか? > 1個のパーティションなら1回のdump/restoreでバックアップ&リストアすることが可能です。 1個のパーティションのみの構成であれば、dump/restore 作業は、かなり簡略化できそうですね。 この場合、ブートブロックの作成 installboot は、不要のようですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • /home/export の容量が100%で、 ダウンする

    管理者が入院で不在となってしまい、代役をしていたのですが、Solaris(unix)は 特にメンテナンス不要と聞いて、実際、この半年、手をかけたことが無いのですが、 一昨日よりサーバーがダウン(ダンマリ停止)することが発生しています。 少ない知恵で調べたのですがどうやら「/expor/home」の空き不足のようです。 しかし不要なファイルを削除し、空きを確保しているのですが改善されません。 下記のような環境ですが、どんなことでも結構ですので知恵を貸して下さい。 OS:Solaris (Unix) 5.5.1 #root>df -k Filesystem kbytes used avail capacity Mounted on /dev/dsk/c0d0s0 62623 29112 27251 52% / /dev/dsk/c0d0s6 480815 238241 194494 56% /usr /proc 0 0 0 0% /proc fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0d0s4 192423 97993 75190 57% /var /dev/dsk/c0d0s7 461111 422939 0 100% /export/home /dev/dsk/c0d0s5 384847 199214 147153 58% /opt /dev/dsk/c0d0s3 288391 237727 21834 92% /usr/openwin swap 102460 12 102448 1% /tmp

  • solarisからAIXへのシステムバックアップ

    solaris上にて、同じセグメント上のAIXに #ufsdump 0cuf AIX:/solaris.bk /dev/dsk/c0t0d0s0 と実行したところ、 DUMP: Protocol to remote tape server botched (in rmtgets). と出力されてしまいました。 ufsdumpでのバックアップはAIX上に可能でしょうか? (他にAIXのディスク上にリモートでバックアップをとる方法はあるでしょうか?) solaris: Kernel version: SunOS 5.9 Generic 112233-08 Jun 2003 AIX5.2 宜しくお願いします

  • CDROMのマウントについて

    初めて投稿させて頂きます。初心者です。 Ultra機にSolaris10SPARC版のコアシステムサポートを(分けありで)インストールしたのですが、squidを入れようと思ってCDROMにsquid-2.6.STABLE2.tarを入れて、マシンにCDROMを入れたのですがマウントしません。 下記が起動時のファイルシステムです。 /dev/rdsk/c0t0d0s1: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s4: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s5: is logging. 下記が現在の/etc/vfstabの中です。 #device device mount FS fsck mount mount #to mount to fsck point type pass at boot options # fd - /dev/fd fd - no - /proc - /proc proc - no - /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s3 /usr ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s2 /dev/rdsk/c0t0d0s2 /var ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s5 /dev/rdsk/c0t0d0s5 /data ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s4 /dev/rdsk/c0t0d0s4 /opt ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s1 /dev/rdsk/c0t0d0s1 /swap ufs 2 yes - /devices - /devices devfs - no - ctfs - /system/contract ctfs - no - objfs - /system/object objfs - no - swap - /tmp tmpfs - yes - インストール時のファイルシステムの指定に問題があるのでしょうか? どなたか解決策をご教示下さい。 宜しくお願い致します。

  • 【急】ufsdumpについて。

    よろしくお願いいたします。 Solaris11.2を使用しています。 バックアップを試みたので、とりあえず、ZFSによるバックアップをしましたが、スナップショットは、優れていると思いましたが、私の興味のある、フルバックアップには向いていないと思いました。 そこで、ufsdumpを使おうと思い、実行してみたのですが、以下のようになりました。 root@solaris:~# ufsdump 0uf /backup/backup0.dump / DUMP: `/' is not on a locally mounted filesystem DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump -S /dev/rdsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump 0f /backup/backup0.dump /dev/dsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# ufsdump 0uf /backup/backup0.dump /dev/dsk/c2t0d0p1 DUMP: Warning - super-block on device `/dev/rdsk/c2t0d0p1' is corrupt - run fsck DUMP: The ENTIRE dump is aborted. root@solaris:~# 何か手順として足りないようにも思ったのですが何が悪いのかわかりません。 ちなみに、LIVEメディアで起動させて、同じことをしようとしましたが、同様の結果になりました。 どなたか、このエラーを解消する方法をご存知の方おられましたらご教授願います。 よろしくお願いいたします。

  • dfコマンドの出力結果について

    お世話になります。 仕事でsolarisサーバを扱うことになったのですが、 まったく知識がなく聞ける相手もいないため、質問させていただきます。 dfコマンドのヘルプを見ると、以下のような例が出ていました。     /         (/dev/dsk/c0t0d0s0 ): 287530 blocks  92028 files     /system/contract  (ctfs       ):    0 blocks 2147483572 files     /system/object   (objfs       ):    0 blocks 2147483511 files     /usr        (/dev/dsk/c0t0d0s6 ): 1020214 blocks  268550 files     /proc       (/proc       ):    0 blocks   878 files     /dev/fd      (fd        ):    0 blocks    0 files     /etc/mnttab    (mnttab      ):    0 blocks    0 files     /var/run      (swap       ): 396016 blocks   9375 files     /tmp        (swap       ): 396016 blocks   9375 files     /opt        (/dev/dsk/c0t0d0s5 ): 381552 blocks  96649 files     /export/home    (/dev/dsk/c0t0d0s7 ): 434364 blocks  108220 files この情報の見方について教えていただきたいのですが、、、 ・「 /         (/dev/dsk/c0t0d0s0 )」は、  ディスク:c0t0d0 のスライス:s0が、/にマウントされている。 ・「/usr        (/dev/dsk/c0t0d0s6 )」は、  ディスク:c0t0d0 のスライス:s6が、/usrにマウントされている。 ・c0t0d0s0とc0t0d0s6は、同じディスクに存在する別のスライス。 という認識でよいでしょうか? ・「/system/contract  (ctfs       )」は、  /system/contractにマウントされているctfsというのは何でしょうか?  マニュアルには「デバイスまたはファイルシステム」と書かれていますが、  ファイルシステムとするとctfsはどこのディスクに存在するのでしょうか。  ・dfで表示されないスライスの情報はどうやって調べるのでしょうか?  format→partition→printではたくさんのスライスが表示されますが、  dfコマンドの出力結果にはすべてが出てきません。  スライスがどのように使用されているかを調べる方法はありますでしょうか? 知識がないためわけのわからないことを聞いているのかもしれませんが、 なにかヒントでもいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • rawデバイス スライスのufsdump

    あの、教えてください。 ディスクのバックアップをufsdumpでDATにスライス単位で書き込みたいのですが ufsファイルシステムにしてないスライス(ただのrawデバイスとして使用)もufsdumpで正しくバックアップされるのでしょうか?またリストアも同じようにufsrestoreで行えるのでしょうか? ufsファイルシステムにしない、ただのRawデバイスのスライスを何に使っているかというと、ある一般的でないソフトのデータ領域で使っています。 そもそもufsdumpはrawデバイスを指定するので大丈夫なのかも知れませんが よくわからないんです。m(__)m よろしくお願いします。

  • fssnapについて

    fssnapでファイルのバックアップをとろうと思っていますが、下記のようなエラーメッセージが出てしまいます。 fssnap: ioctl: error 22: Invalid argument /や/varで発生しており、/homeのバックアップをとるときは特に問題ありません。 /etc/vfstabは下記の通りです。 /dev/md/dsk/d4 - - swap - no - /dev/md/dsk/d1 /dev/md/rdsk/d1 / ufs 1 no - - /dev/md/dsk/d2 /dev/md/rdsk/d2 /var ufs 1 no - /dev/md/dsk/d3 /dev/md/rdsk/d3 /home ufs 2 yes - /devices - /devices devfs - no - swap - /tmp tmpfs - yes - もしわかるかたがいらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願いいたします。

  • Solarisのリストア後に関する質問

    急ぎの対応の為、2点質問させていただきます。 <質問1> Solaris9のバックアップをufsdumpで取得し、別のハードにufsrestoreでリストアしました。 リストア後に 「sync→sync→sync→shutdown -i0 -g0 -y」 で再起動をかけたところ、okプロンプトで下記のメッセージが表示されました。 ----------------------------------------------------------------------------------------- ファイルシステムは読み出し専用でマウントされています。 再マウントオプションについては mount_ufs(1M) の記述を参照して下さい。 /vol/dev/dsk/c1t0d0/sol_9_904_sparc/s4 上の /cdrom/sol_9_904_sparc/s4 をログ中にenable できません。 ----------------------------------------------------------------------------------------- 再起動後に、登録しているユーザそれぞれでコンソールログインしたのですが、 特に不具合は見つかりませんでした。 上記メッセージが表示されることにより、何か対処を行わなければならないのでしょうか? <質問2> 質問1でリストアを実施したサーバにおいて、ログインする際、  Starting OpenWindows in 5 seconds (type Control-C to interrupt) とopenwindowsの起動を聞かれるユーザと聞かれないユーザがいます。 全てのユーザで、openwindowsの起動を聞かれないようにしたいのですが、どのファイルを編集すればよいのでしょうか? 以上、大変申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

  • Solarisバックアップ・リストアについて

    Solaris上でバックアップリストアのテストをしております。 バックアップ時とリストア時でls -Raの結果をファイルとして保存し diffコマンドで差がないことで バックアップ時とリストア時で差が無いことを確認したいのですが、 タイムスタンプの違い部分は無視するとして、このほかに変更されるファイルやフォルダというのはあるのでしょうか? 現在わかっているのは/procは変更されていています。

  • plamo linux でのハードディスクの増設

    plamo linux 4.02 ですが、ハードディスクの増設をしました。しかし、認識のさせ方がわかりません。一応、新しい HD は USB 対応で、/dev/sda1 です。 [/etc/fstab] /dev/hda5 swap swap defaults 0 0 /dev/hda2 / ext3 defaults 1 1 /dev/hda3 / ext3 defaults 1 2 /dev/hda1 /win1 vfat iocharset=euc-jp,codepage=932 0 0 /dev/sda1 /win2 vfat iocharset=euc-jp,codepage=932 0 0 /dev/cdrom /cdrom iso9660 user,ro,noauto,exec,iocharset=euc-jp,codepage=932 0 0 none /proc proc defaults 0 0 none /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0 none /proc/bus/usb usbfs noauto 0 0 色々、インターネット、過去ログを調べたのですがわかりませんでした。 では、よろしくお願い致します。