• 締切済み
  • 困ってます

薬事法にひっかかりますか?

こんにちは。 宜しくお願いします。 日本の、健康に良い野草などを混ぜて手作りの石鹸を作りたいです。 日本国内をはじめ、ネットを通じて海外からの注文にも応じたいです。 また、海外に渡る予定もあるので、そちらでも販売したいです。 規模はとても小さいと思うのですが、仕事としてやりたいです。 手作り石鹸を販売するのは、薬事法に引っかかるでしょうか? 混ぜ込む野草は和漢方的なものから野草、花などを考えています。 どうぞお知恵を拝借させてくださいm(_)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数418
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

詳しくはわからないのですが、「石鹸」として販売するなら薬事法にひっかかるという話を聞いたことがあります。 これが「石鹸」でなく「洗剤」ならいいとか(キッチンで使われているようなもの)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 薬事法

    主に化粧品について、薬事法で認められている成分の一覧のようなものは、どうやって探したらいいのでしょうか? 海外では使われていても、日本ではだめな成分などを調べたいのです。

  • 手作り化粧品と薬事法について

     アロマテラピーが好きで、石けんや化粧品を手作りしている者です。  手作り化粧品の本に載っている、たとえばハンドクリームなどのレシピには、「これはプレゼントに喜ばれます」と書いてあったりします。一方、アロマテラピーの学習書には、「(自分で作成したスキンケア品を)むやみに販売またはプレゼントをした場合、薬事法などに違反する恐れがある」とあります。  そこで質問なのですが、手作りのスキンケアグッズを人に「プレゼント」して薬事法に違反する場合とは、具体的にどんな場合でしょうか。自分の肌に一番合うものを目指して作っているので、人に販売するつもりは毛頭ないし、プレゼントもする予定はないのですが、一応知っておきたいです。  インターネットで薬事法を読んだのですが、今ひとつよくわかりません。おわかりになる方、教えていただけたらうれしいです。

  • 海外からの化粧品販売は薬事法違反?

    薬事法に詳しい方、教えて下さい。 私は海外在住で、日本向けに現地の化粧品を売るネットショップをしています。 その化粧品は、日本でも売られています。 私のネットショップは、日本に拠点はありません。 前に、薬事法上問題が無いかを厚生労働省に確認したら、日本で化粧品を受け取るのが個人輸入者なら、個人輸入者向けに海外から化粧品を販売・輸出するのは問題ないとのことでした。 ところが先日、住んだことも無いある県の薬務課から、「海外からの販売でも薬事法違反。改善せよ。」との連絡が来ました。 厚生労働省とその県の言ってる事が違うので、困ってます。 以下について教えて下さい。 1.海外から日本に化粧品を販売・輸出するのは薬事法違反ですか? 2.「改善せよ。」というのは、具体的に何をすれば良いんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.3

化粧品でも石鹸でも効果・効能を謳えば薬事法に引っかかります。 ネットでは、薬事法違反のものが氾濫していますが、ほとんどが摘発されていないだけで、クレームがくれば当然引っかかる可能性があります。 薬草や花などを入れるということですが、ターゲットが女性で洗顔石鹸といことであると、クレームになる場合も、リスクも多いと思います。 販売方法も非常に難しいと思います。 ネットで販売する時には、他では手に入らない特別なものでなくては売れません。 効果・効能を言わずにどのような販売戦略をとっていくかが問題です。 もし、おしゃっている商品が洗顔剤に入るので製造するにしても厚生省の認可が必要になります。手や足に使うものが化粧品になるかどうかは分かりませんので厚生省に聞いてみることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • umikozo
  • ベストアンサー率29% (822/2807)

こんにちはm(__)m 細かい事は判りませんが 医学的な”効果”や”効能”を謳わなければ問題ない筈です (汚れが良く落ちるなど物理的な事は別にして) 材料明記は問題ないですが 決して医学的な効果効能は謳わないようにして下さい ユーザーが口コミで”こうなったんだよ”というのは 問題ありません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 効果、効能をうたわなければ問題ないんですね。 安心しました。 石鹸に混ぜてある薬草の紹介として、原料の性質を説明するのはどうなのかな~? と思いました。 早速調べてみます。

  • 回答No.1

ただの石鹸として販売するのであれば薬事法には違反しません。 ただ、薬用成分を混ぜたり効能・効果をうたうのであれば医薬部外品に該当するかどうかのグレーゾーンですが、ただの野草を混入して健康によい程度のことであればモノが石鹸なので問題はないかもしれません。もし、医薬部外品としての認定が必要かどうかが知りたければお住まいの都道府県の薬務課に問い合わせをしてみるとよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • この場合薬事法違反になりますか

    薬事法に関して質問があります。 アメリカの医療器具(日本でも認可済)を【アメリカのあるA社】が ネット販売しています。 それを日本人がネット注文した場合(個人輸入)に該当しますが その【アメリカA社】はEMS国際郵便で直接、日本のお客様へ配送せず 日本の【配送代行業者】へ配送を委託しているので *注文された商品は、A社から直接お客様の自宅へ配送せずに  まずA社から日本配送代行業者へ商品を送り、日本の配送代行業者が  お客様の自宅へ配送手続きをする この場合、配送代行業者や海外のA社は日本の薬事法に違反しますか? もちろん【輸入代行業者ではありません】ので配送代行業者は 商品の代金などには一切関与いたしません。 配送業者はアメリカA社に【配送代行料+契約料】をいただく形です。 ですので個人輸入された方とは契約などは結びません。 薬事法には輸入代行業者が店舗で商品を販売すると違反だとありますが 上記の場合は薬事法に該当しないような気がしますがどうでしょうか? 配送業者は商品をお客様に配送する業務のみですから、 輸入代行業者とも違いますし 配送代行業者は個人輸入されたお客さまと商業上契約するわけではなく アメリカのA社と配送契約を結ぶようになります。 また上記の事が薬事法に該当する場合、どういう理由で該当するのか お教えてください。よろしくお願いします。 また、輸入医療器具は日本で販売する場合、許可や資格が必要であり、 許可がない場合は薬事法に違反します。 ではA社がネット販売する際、店舗の住所も発送もアメリカで アメリカ人が販売しているお店の場合、日本人ではないし、 住所も日本ではないのですが、日本のネットオークションで販売したら これも薬事法に違反し、通告されるのでしょうか? 発送自体は上記に書いたとおり、日本から注文がきたらA社がお客様(個人輸入)と契約し A社はお客様から商品代金をいただき、日本にある配送代行業者へ配送手続きをする。 配送業者はA社からEMS便で発送した荷物を引き取り、お客様へ配送手続きを行う。 (1)アメリカのA社と (2)日本の配送代行業者 それぞれ薬事法違反に該当しますか? 同じような質問ばかり書いて申し訳ありません。

  • 薬事法について

    私は個人輸入代行のネットショップを作る予定をしていますが、まだまだ勉強不足です。誰かそのすぐれた知識を分けて下さい。 薬事法についていろいろ見てみましたが、いまいちはっきり分かりません。 海外から輸入したものを他者に売ったりした場合、68条により処罰される事は知っていますが、そのほか以下の3つの問題に答えてください。 (1)個人輸入代行として他者に売る場合、外国から直接お客へ発送し、量は一定で大袈裟な宣伝文句を使わなければ大丈夫ですか?また具体的にどれくらい宣伝して良いのですか? (2)健康食品などの個人輸入代行サイトを見ていると薬事法により商品名を表示してない店から、堂々と成分、効果、効能まで表示している店もあります。私の見ている限り、連絡先住所が日本になっているネットショップは薬事法を明記し、商品名を表示してない店ですが、住所がアメリカになっている店は堂々と売っているようです。住所がアメリカの場合66~68条に関係なく堂々と売って良いのですか?また商品が一万円を越えた場合関税の対象になるのは知っていますが、消費税などはどうなるのでしょうか? (3)ネットショップは開業届を提出し訪問販売法の表示をページにすれば直ぐに個人輸入代行で商品を売ることができるのですか? 以上この3つの質問に答えてくれる方、宜しくお願いします。

  • 手作り化粧水用具と薬事法

    ●完成品の化粧水ではなく、ユーザーが自分で手作りするための化粧水用の材料、用具をキットで販売する場合、薬事法は適用されるのでしょうか。表示関連は薬事法を遵守しなければいけないと思いますが、化粧品製造販売の免許が必要になるのかが解りません。よろしくご教授お願いします。

  • せっけんの販売について 許可 薬事法

    色々調べていましたが、いくつかよく理解できない箇所がありまして、どなたかご回答いただけたら助かります。 インターネットや自宅で石鹸を販売しようと思っています。 石鹸は手作りではなく、ある会社で製造されていて、化粧品製造認可を 取得している石鹸です。 その、化粧品製造認可を取得というのは、「化粧品」ということで販売しても薬事法の違反にはならないということでしょうか? しかし、販売する私はなんの許可も免許も持っていません。 その場合、石鹸自体が化粧品製造認可を取得していても、 販売形態は化粧せっけんではなく雑貨扱いになるのでしょうか? どなたか詳しい方おしえていただけたら大変助かります。 よろしくお願いします。

  • 化粧品の販売と薬事法について

    ある植物成分を使ったオイル、クリーム(体に塗るもの)、入浴剤の販売を考えています(国内で生産されたものです)。これは、化粧品の分野と捉えてよいのでしょうか?またその場合、薬事法の範疇としてどのような手続きが必要なのでしょうか?

  • 薬事法について詳しい方お願いします!!

    私は犬を多頭飼いしているため今までフィラリア予防薬であるチュアブルを海外から輸入していました。(販売や転売目的ではなくうちの子にあげる分だけなので、獣医師からの処方箋もその量取得することもありました) 噂によると来年の2月にそういった事まで規制がかかる…と聞きました。 薬事法等については素人なので、知らないうちに輸入して罰せられたりすると怖いので、詳しい方いらっしゃったら教えていただけると助かります。 それについてホームページで公開されていないかと、税関等のサイトも調べてみましたが掲載されていないような気がします… 見落としているようでしたらURLを教えていただく等でも構いません。 ちなみに私は海外のサイトから注文して直接日本に送ってもらっていました。(多分日本の業者ではないです…) よろしくお願いいたします。

  • ネット上で薬を海外へ売るのは薬事法とかに違反していますか?

    実は http://www.fujisan.com/ というサイトをみたのですが、このサイトで薬を売っているのです。 このサイトでは日本の薬を海外にネット販売しています。 サーバーはアメリカ、この会社もアメリカ、お客もアメリカ、カナダという感じですが、薬の仕入れは日本からのようです。 薬はネット上では薬事法違反で販売することはできないと思っていましたが、アメリカ向けだと可能なのですか? もしかすると「販売」ではなくて「購入代行」という形で運営されているのかもしれませんが、こんな状況でも薬事法違反には問われないのでしょうか?

  • 薬事法違反ですか?

    薬事法について、 従兄のガンに、とある健康食品を試したところ結構な効果が出ています。 この健康食品は、韓国新薬製のメシマコブという商品で、韓国では 医薬品として大学病院等でガン治療に使用され、韓国の一般の薬局 では入手できないそうです。 日本では数社が輸入しているようで、私は医薬品ではなく、健康補助 食品として購入し、従兄に飲ませています。 そこで質問なのですが、 この韓国新薬製メシマコブをガンの知人にも勧めたいと思うのですが、 医薬品ではない物に効能を謳って紹介すると薬事法に触れるのでしょうか? 私は商品を紹介するだけで、販売する訳でもマージン等お金をもらう訳 でもありません。 ご存知の方がおられましたら、ご教示頂けますよう、宜しくお願いたします。

  • ネットショップで薬事法違反にならないためには

    アメリカ在住です。ペット用品全般の通信販売を行うサイトを製作中です。 アメリカから日本に向けて動物用健康食品、化粧品(抗生剤を含むものあり)を発送します。日本にない商品を多く扱いたいのですが どういうものを送ると薬事法違反になりますか? 必要な許可や手続きがありますか?

  • 個人輸入の紹介と薬事法について

    日本では医薬品として扱われる薬の購入先として、個人輸入代行業者のリンクが張られているホームページを見かけますが、薬事法的に問題ないのでしょうか? 具体的にはミノキシジル系やフィナステリド系。 個人輸入であればインターネットでも販売できるとしていますが....。 薬事法に詳しい方、是非ともご回答の程、宜しくお願い致します。