• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

手作り化粧品と薬事法について

 アロマテラピーが好きで、石けんや化粧品を手作りしている者です。  手作り化粧品の本に載っている、たとえばハンドクリームなどのレシピには、「これはプレゼントに喜ばれます」と書いてあったりします。一方、アロマテラピーの学習書には、「(自分で作成したスキンケア品を)むやみに販売またはプレゼントをした場合、薬事法などに違反する恐れがある」とあります。  そこで質問なのですが、手作りのスキンケアグッズを人に「プレゼント」して薬事法に違反する場合とは、具体的にどんな場合でしょうか。自分の肌に一番合うものを目指して作っているので、人に販売するつもりは毛頭ないし、プレゼントもする予定はないのですが、一応知っておきたいです。  インターネットで薬事法を読んだのですが、今ひとつよくわかりません。おわかりになる方、教えていただけたらうれしいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3456
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんにちわ 薬事法の管轄である厚生労働省の個人輸入の見解は下記のとおりです。 「医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業の為に輸入する場合は、薬事法によって厚生労働大臣の許可が必要です。個人が自分で使用するためのに輸入する場合又は海外から持ちかえる場合は、厚生労働大臣の許可は必要ありませんが、輸入できる数量が制限されております。この場合は、勿論、他人への販売、授与はできません。」 つまり、海外から輸入して、その薬品を他人へ販売、授与(ものをさずけ与える)する場合、厚生労働大臣の許可が必要になります。 「輸入」を「製造」に置き換えた場合、個人で製造し、個人で使用する場合は、厚生労働大臣の許可は必要ありませんが、それを他人に販売、授与する場合は、許可が必要になると考えられます。 手作りのスキンケアクッズを他人にプレゼントする場合は、薬事法の規制対象になると思われます。 もし、そのスキンケアを何人かにプレゼントして、数人から手荒れなどの副作用が出た場合、その責任はあなたになりますので、その時に薬事法の承認を得ていない医薬品の場合、薬事法違反の罪に問われる恐れがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 副作用が出た場合ですね。なるほど!  わかりやすいアドバイス、感謝します!

質問者からの補足

皆様、複雑な問題だったにもかかわらず、ヒントになるアドバイスを書き込んでくださり、どうもありがとうございました。ここで締め切りとさせていただき、自分でももう少しよく調べてみることにします(今後も薬事法にひっかかりそうなことをする可能性はほとんどないのですが、単なる興味です)。また、何か質問させていただいた折にはどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

関連するQ&A

  • 手作り化粧水用具と薬事法

    ●完成品の化粧水ではなく、ユーザーが自分で手作りするための化粧水用の材料、用具をキットで販売する場合、薬事法は適用されるのでしょうか。表示関連は薬事法を遵守しなければいけないと思いますが、化粧品製造販売の免許が必要になるのかが解りません。よろしくご教授お願いします。

  • 海外からの化粧品販売は薬事法違反?

    薬事法に詳しい方、教えて下さい。 私は海外在住で、日本向けに現地の化粧品を売るネットショップをしています。 その化粧品は、日本でも売られています。 私のネットショップは、日本に拠点はありません。 前に、薬事法上問題が無いかを厚生労働省に確認したら、日本で化粧品を受け取るのが個人輸入者なら、個人輸入者向けに海外から化粧品を販売・輸出するのは問題ないとのことでした。 ところが先日、住んだことも無いある県の薬務課から、「海外からの販売でも薬事法違反。改善せよ。」との連絡が来ました。 厚生労働省とその県の言ってる事が違うので、困ってます。 以下について教えて下さい。 1.海外から日本に化粧品を販売・輸出するのは薬事法違反ですか? 2.「改善せよ。」というのは、具体的に何をすれば良いんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 薬事法?

    ネットショップなどで手作りの入浴剤などを売ってしまうと薬事法違反になるそうですが、それを知らずに売ってしまった場合はどうなるのでしょうか

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#21649

薬事法のどこか覚えていないのですが.販売の場合「薬局免許」が必要ですし.製造の場合も「製造免許」(名称が疑問)が必要です。 この「免許が必要でない」場合.例えば.10個程度までの輸入と販売は.薬事法の適応除外です(試験販売の場合には.許認可が必要)。 配る場合.1桁程度の人数か.それ以上かということが.薬事法の適応を受けるか受けないかの境目でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 江戸川乱歩さま、ご回答どうもありがとうございます! そうでしたか!   最初に薬事法をざっと読んだとき、どうも一言で言える基準はなさそうだと思ったので、とりあえず、違反になる「具体的な一例」を挙げていただき、それが薬事法のどの部分に触れるかを教えていただけたら、というのが、最初の希望だったのですが、私の読み落としだったみたいですね。  勉強不足のまま質問してごめんなさい。薬事法をもう一度ちゃんと読み直してみます(汗)。

  • 回答No.1
noname#4787

あくまで私個人の考えですが。 >「むやみに販売またはプレゼントをした場合、、違反する恐れがある」 「むやみに」「恐れがある」というのがポイントで、 何人までいい、どうなったら違反という基準は 具体的には存在しないと考えた方がいいようですね。 「プレゼント」と称して大勢にばらまくようにしたり、 手広くやってはいけない、そうする時は許可が必要 ということですか。 (大勢、手広くも何を持ってそう判断するか、ですが) レンタルビデオなどと似ているように思いました。 あくまで個人で楽しむ。 そういうことだと思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早々のご回答どうもありがとうございます。 >「プレゼント」と称して大勢にばらまくようにしたり、手広くやってはいけない、  なるほど。確かに、不特定多数に対して大規模にやるといけないということかもしれませんね。気がつきませんでした。  私が勝手に推測していたのは、たとえば、(手作り化粧品は「雑貨」などに分類される材料だけでも作れるので)、材料として、薬事法で勝手に販売してはいけないと定められている「医薬品・医薬部外品・化粧品」のいずれかに分類されるものを使ったものをプレゼントした場合とか、あるいは、効能をアピールしてプレゼントした場合とかなのですが。。。  いずれにしても、薬事法に明記されていないということは、正確な基準は存在しないということなのかもしれませんね。大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 薬事法

    主に化粧品について、薬事法で認められている成分の一覧のようなものは、どうやって探したらいいのでしょうか? 海外では使われていても、日本ではだめな成分などを調べたいのです。

  • 化粧品の販売と薬事法について

    ある植物成分を使ったオイル、クリーム(体に塗るもの)、入浴剤の販売を考えています(国内で生産されたものです)。これは、化粧品の分野と捉えてよいのでしょうか?またその場合、薬事法の範疇としてどのような手続きが必要なのでしょうか?

  • 先日、私の友人のところに、ネットでも有名な手作り化粧品の会社から、営業

    先日、私の友人のところに、ネットでも有名な手作り化粧品の会社から、営業電話がありました。 手作り化粧品キットを作って、販売しませんか?というものでした。 私も彼女も自宅で、アロマ教室をしています。 以前、フローラルウォーターの手作り化粧水のキットを作って販売しようとして、薬事課へ問い合わせに行きました。 一定の製品が出来上がるように、原料をお客様に選択の余地がなく、セット販売し、化粧品と思わせるような売り方は薬事法違反になるといわれました。 そのため、作成キットを作るのをやめました。 しかし、原料の配合量すら、「測らなくても、そのまま作成できます」と宣伝しているのに、薬事法違反に、ならないのでしょうか? オリジナルの作成キットを作ってくれるといっていましたが、それは、万が一、薬事法違反となった際、私たちが、オーダーで発注し、無許可で化粧品を作成して売ったことにするためなんでしょうか? 雑貨と言って売れば、大丈夫かのように言われましたが、私たちが以前、薬事課で説明されたのとは、大きく違うような気がします。 薬事法の解釈の仕方が変わったのでしょうか? どなたかご存知なら、教えていただけませんか?

  • 薬事法(化粧品)について

    先日、化粧品の製造年月日が知りたくてメーカーに問い合わせをしたところ、 製造日は教えられないとの返事がきました。 使用可能か否かは匂いや色で自分で判断してほしいとの回答でした。 化粧品の様に使用期限が表示されていない物に対して、ユーザーが製造年月日 を問い合わせた場合、それに回答しないで、ユーザーに色や匂いで使用可能か否かを 判断させるのは薬事法に違反もしくは抵触はしないのでしょうか? 匂いや色が異常がなくても古いものは使用したくなくて問い合わせたのですが。 詳しい方、アドバイスよろしくお願いします。

  • 薬事法(?)違反でしょうか?

    例えば、オークションで見かける香水の小分け売り、これは薬事法に違反すると聞いたことがあります。店頭でバー状の石けんをグラムで切り売りするという商品があります。これを一個分に切ったモノをネットショップでも販売したいと思っています。これは法律違反になるのでしょうか?どうか教えて下さい。

  • 薬事法について教えて下さい。

    例えばビタミンCのサプリを販売する際「このサプリを飲めば風邪が治ります!」は完全に違法ですが、 「このサプリを飲まなかったから風邪になった!」も薬事法違反なのでしょうか? 違反になるとしたらどの部分が違法性があるのか教えて頂けたらと思います。

  • 手作り化粧品の販売について

    こんにちは。 初めて相談させていただきます。 私は手作り化粧品や手作り石鹸を作るのがとても好きで、これをネットを通じて販売できたら、と思うようになりました。 これって、薬事法とか食品管理法とかに引っかかってしまうのでしょうか。 法律のことが全然わからないので、ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 薬事法について

    大手ネットドラッグストアさんで ケンコーコム というお店がありますが、 サイト内で薬などの使用感を ユーザー記述すると 薬事法に抵触する恐れがあるため 掲載できないようなのですが それを回避するために http://www.kenkoblog.com  ケンブロ というユーザーの書いたブログをトラックバックするかたち で ユーザーレビュー風にしてるのですが、 この形態だと 薬事法違反にならないというの はなぜなのでしょうか?

  • 薬事法での化粧品の広告の基準

    薬事法での、化粧品の広告の基準について教えて下さい。 例えば、皮膚科・美容外科などの医師が開発に携わったり、研究データをもとに作られたドクターズコスメと言われるジャンルの化粧品ですが、メーカーHPや製品のパンフレットに開発者として医師が白衣姿で登場している場合、薬事法では問題ないでしょうか? 白衣の医者が出ていると、イメージ的に安全性と有効性を感じますが、化粧品以上の効能がありそうにも見えます。

  • せっけんの販売について 許可 薬事法

    色々調べていましたが、いくつかよく理解できない箇所がありまして、どなたかご回答いただけたら助かります。 インターネットや自宅で石鹸を販売しようと思っています。 石鹸は手作りではなく、ある会社で製造されていて、化粧品製造認可を 取得している石鹸です。 その、化粧品製造認可を取得というのは、「化粧品」ということで販売しても薬事法の違反にはならないということでしょうか? しかし、販売する私はなんの許可も免許も持っていません。 その場合、石鹸自体が化粧品製造認可を取得していても、 販売形態は化粧せっけんではなく雑貨扱いになるのでしょうか? どなたか詳しい方おしえていただけたら大変助かります。 よろしくお願いします。