• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生理学と心理学

心理学を勉強していると、どうしても、脳の機能を勉強しなくてはならなくなります。 例えば、『空腹を感じる』時は、血中の栄養素の減少が様々なメカニズムを経て、脳が空腹と判断するようですが、心理学では、そのような生理学を核とした現象などを、扱うのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数277
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

心理学というのは、数多くある心理学(たとえば基礎心理学、教育心理学、家族心理学、発達心理学などなど)の総称です。 ですので、心理学が必ずしも生理学を核とはしていないと思います。 ですが、中には脳の機能を扱う心理学ももちろんあります。 たとえば記憶(基礎心理学の分野)、 実験による反応(実験心理学の分野)、 また臨床心理学では、向精神薬が脳の神経伝達物質にどのように作用するか(精神医学の分野)も学ぶ必要があります。 ちなみに、今注目を浴びていて、 カウンセリングを主に行ったりするのは「臨床心理学」というものです。 そこから、「心理学」というイメージは=臨床心理学についてを指す場合が多く、一般的な認識になっているかもしれません。 ですが、心理学(臨床心理)は、 生理学にはもちろん関連していますが、生理学だけに焦点を置いたり、常に生理学と関連させて考えるということはないです。 「心身一元論」というものもあり、 心が病んでいれば必ず身体にも悪影響が出るだろうという見方はする。・・・と言った程度です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 心理学と大脳生理学

    心理学と大脳生理学というのは同じ領域を研究しているように思いますが、 内容上共通している部分というのはあるのでしょうか? 共同で研究する場合というのもあるのでしょうか? 実例を教えていただけると勉強になります。

  • 心理学を勉強した人としない人

    心理学を勉強した人が他人から好かれようとしますと、そのとおりだ。とか、全くだ。とかそうです。とか言って同じ意見にして、好かれようとします。周りにそのような人がいて心理学を勉強してない人がその行為をまねようとすると、そうですね。そうですね。はあ、そいうですね。とそうですねの連発になったことがありました。 このような現象は起こるのでしょうか?

  • 心理学における、『右利き、左利き』の扱い

    『とっさに、右手で、飛んできたボールを払い落とした。』という場合、右手を使用することは、心理学にとっては「無意識」の部類に分けられると思うのですが、実際に右手を動かしたのは、本人の意識ではなく、『脳』であるため、「脳の機能論」で取り上げるべき課題であり、心理学では、「無意識」(心理として働いていない状態)であるが故に、扱わない、扱えない。という解釈は、『心理学』という学問としての見地からは、正しいでしょうか?

  • ホラー映像を見て、水場が怖くなる心理学的理由

    ホラー映画や心霊番組などのホラー映像を見た後、お風呂やトイレ、洗面台などの水場がやたらと怖くなる理由を心理学的を知りたいです。 大半の方が経験あることだと思う現象ですし、そのメカニズムが恐怖症とは別なことではないものではないのでは?という疑問に駆られて質問をさせていただきました。 心理学や心のメカニズム、恐怖などにお詳しい方、お願いします。 また、そのことが詳しく書いてある本などありましたら、熟読してみたいと思いますので、おススメがあればお教えください。

  • これは心理学のどの分野でしょうか?

     私は大学の授業で心理学を取っていて、実験を行いレポートを書くのですが、今回行った実験の資料が、図書館でなかなか見つけられないでいます。行った内容は。テープで3つの数字、5つの数字が流され、それを聞いてそっくりそのまま逆に答えるという課題を行い、3つの数字を逆に唱えた場合(簡単な課題)と5つの数字を逆に唱えた場合(難な課題)で心拍数に差が出るか?というものでした。 実験名は「心肺機能」でしたが、要するに心的な要因が身体機能に影響を及ぼすか否か、といった感じの実験でした。この資料を探すには、どのような分野の図書を探せば良いでしょうか?私は「生理心理学」とか「脳生理心理学」といった本に近い文献を見つけたのですが、やはり的を外れていました。どなたか、この現象の呼称や、参考すべき書籍の種類をご助言いただけませんか?

  • 心理学の基本

     http://okwave.jp/qa/q5540114.html という質問でお教えをお願いしております。  要するに心理学は、 1. 人間の心理(その働き、感情、意志、判断)を人間身体などの構造と機能のメカニカルな展開から出てきているという、見解が根底にあるのでしょうか? 2. それともどこかで心の働き、感情、意志、あるいは判断や認識、ないしは編集や紡ぎをさせる原理性がリンクしているということも考えているのでしょうか? 3. その正体はいったいどういうものなのでしょうか? 4. それと身体機能とのリンク繋ぎしているものは何なのでしょうか?

  • 心理学をどこで受講すれば良いのですか?

    私は社会人ですが、以前から心理学を受講した いと思ってました。 私は死ぬほど好きなタバコを止めました。 いや、止めることができたのです。 なので、タバコを止めたくても止めれない方に 私が禁煙できた手法を活かし、 体系的な禁煙法を指導したいのです。 そのために心理療法と催眠療法を勉強して導入 したいのです。 しかし数多くある講座をどのスクール、協会で 受けたら良いかわかりません。 お勧めのスクール、協会をご紹介して下さい。 また、各々、判断基準を教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 生理心理学って

    私は心理学に興味があり臨床心理を勉強していますが、今日ひょんなことから同じ学部の友達と生理心理学の話をしていました。最近生理心理学の分野では中枢機能の研究が進んでいますよね?MRIとかが代表的でしょうか?こういった研究が心理学と結びついて実際に役立つのってどのようなときだと思います?脳の手術なんかには今実際に使われていたりしますが、心理学的に中枢機能を評価することが意義を持つときってどういうときだとおもいますか? 生理心理学を学んでいる方やいろんな人の意見がきいてみたいのでお願いします!

  • 食欲と「快」の関係(心理,脳科学)について教えて。

    心理や脳科学を勉強しています。 ヒトは快を求めて不快を避ける。快不快は大脳辺縁系で判断される と理解しています。 その一方で,たとえば食欲などの本能的欲求があり,こうした欲求も大脳辺縁系で 生まれるとも理解しています。 そこで質問ですが,食欲は「快」を求める具体的な行動(表現)と理解すべきでしょうか? それとも,食欲や睡眠欲,性欲などが「快」とは無関係なメカニズムで発生すると考えるべきでしょうか。 心理学も脳科学も素人なのて,質問自体がピントがはずれているかもしれませんが,教えてください。

  • 偏食の心理学的研究について

    偏食という現象に関心があります。心理学は門外漢ですのであまり専門的なことはわからないのですが、偏食の要因や心理メカニズム、その解消法についての専門的な著書や論文、またはその内容を水準を落とさずに説明しているような一般書が在ればご紹介下さい。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa514031.html などの回答にあるような、個人の経験則や感想文ではなく、特定の書籍や論文名をお願いします。専門的に研究をしている研究者(日or英語圏)でもかまいませんので。