• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生理心理学って

私は心理学に興味があり臨床心理を勉強していますが、今日ひょんなことから同じ学部の友達と生理心理学の話をしていました。最近生理心理学の分野では中枢機能の研究が進んでいますよね?MRIとかが代表的でしょうか?こういった研究が心理学と結びついて実際に役立つのってどのようなときだと思います?脳の手術なんかには今実際に使われていたりしますが、心理学的に中枢機能を評価することが意義を持つときってどういうときだとおもいますか? 生理心理学を学んでいる方やいろんな人の意見がきいてみたいのでお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数397
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

ごきげんよう。 えと、ちょっと時差がありますので、朝早くに失礼しますです。 何故、生理心理学の分野で中枢機能を調べることが進んでいるのか? それは、人間の「心」というものが脳に存在するということを前提に、その機能を調べることで「心」を理解しようとしているからです。 たとえば、誰かが子犬を見て「かわいい!」と言って近寄っていった、という場合の心理過程を考えてみます。その子犬のビジュアルが眼から脳に伝わり、「クウゥ~ン」というなき声が耳から脳に伝わって、その情報が脳で処理されます。さらにその別々な情報が統合されて「子犬」という情報になり、その情報を元に脳内で判断が下されて、口や足を動かすように筋肉に命令を出します。その結果、「かわいい!」と言って近寄っていったというように、その人の心理状態や行動が変化するわけです。 つまり、外界から刺激を受けて、その人の心理や行動が変化するときには、脳と脳の情報処理が関わっていると考えられるわけです。心理変化を解明していくには、脳を構成している神経細胞や、神経細胞の集まっている領域の反応や活動を調べることが重要ってことですね。 生理心理学は、体内の何らかの指標(神経細胞の反応や脳波、血液の流れや心拍など)をデータとして取ることによって、人間や動物の心理状態を明らかにしようとするものです。 臨床心理学を勉強なさっているということですが、No.2さんがおっしゃっているように、統合失調症や躁うつ病などの精神疾患では、脳やその神経細胞の機能異常が原因(の一部)だと考えられるようになってきています。精神科医の方の本を読むと、統合失調症やうつ病などでは、脳内の神経伝達機構を修正する投薬の療法とカウンセリングの両方を組み合わせて治療を行なうようになってきているとか。臨床心理学を学ぶ方でも生理心理学や脳に詳しくなってほしいなと願う今日この頃です。 では、CTスキャン, MRI, PET, fMRIなどの「脳機能イメージング」といわれる手法が、心理状態を解明するのに何の役に立つかについてです。 CTスキャンやMRIは、頭を切り開くことなく脳がどうなっているかを調べることができる装置です。たとえば臨床分野では、言語障害や相貌失認の患者さんが、言語が理解できていなかったり顔を覚えられないといった症状があります。その患者さんの脳を調べてみると、言語や顔を処理している脳の領域がどこなのかを調べることができるわけです。(それがわかった後にどのように患者さんを治療するか、代替装置を作るかなどについては、また別の話として割愛します) PETやfMRIと呼ばれる装置は、脳の中の電子の反応や血液の流れを調べることで、脳のどの部分がどれだけ活動しているかをみることができます。実験の詳細は省略しますが、被験者さんに顔の画像とイスの画像を見せて、脳のある領域では顔の画像とイスの画像に反応して、別のある領域では顔の画像のみに反応したという結果が得られました。そうすると、前者の領域は「物体」に反応する領域で、後者の領域は「顔」に反応する領域である、というように、脳の情報処理の一部がわかってくるのです。 実際はまだまだ開発途上の装置も多く、上に述べたようにHAPPYな結果が得られることは、そう多くはありませんが、このような手法によって脳の情報処理、そして心のあり方の一端がわかるようになるんじゃないか、というのが意義なのではと考えています。 しかし、これが書き上がってもなんかまだ納得がいかない(笑) 教科書にはこれらの装置による研究結果はほとんど出ていないでしょうし、実際に臨床現場でも応用はまだまだだと思います、しかし研究の現場では本当に数多くの分野で利用されるようになってきていると思いますよ? 何か追加や変更等ありましたら、また。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 臨床心理

    こんにちは。 現在、大学で心理学を勉強しています。 先日、臨床心理の授業を受けていたときに、臨床心理はいくつもの情報源に基づきアセスメントを行うと学びました。でも、情報源の数は、人によって違うと伝えられました。 そこで、様々な人の意見が聞きたいと思いました。 あなたは臨床心理のアセスメントの情報源はなんだと考えますか? また、アセスメントの意義と問題点はなんだと考えますか?

  • 私は現在大学3年の臨床心理士を目指すものです。

    私は現在大学3年の臨床心理士を目指すものです。 今研究室に入ることで悩んでいるのですが、臨床心理系の専攻の先生につくか、青年心理学専攻の先生につくか悩んでいます。 なぜ私が悩んでいるのかというと、臨床心理の先生についた場合相性などから一年間ついていけるのかという悩みがあり、青年心理の先生は若いため大学院に行った際のノウハウ等も教えていただけるとのことだったので親身になってくれるならこの先生だと考えてしまうのです。 何度か面談にも行ったのですが、どちらも親身に話を聞いていただけるのですが、臨床心理の先生は少し意地悪に接しているとのことで、私もそれには耐えられるかわかりません。 しかし、臨床心理系の大学院に進学するのであれば、卒論のテーマも臨床心理に絞ったテーマの方がよいのでしょうか? まだ大学院もどこがいいとは決めていないため、どんなテーマがいいのかということも自分が研究したいこと以外は考えていません。 どうか皆さんアドバイスよろしくお願いいたします。

  • 心理学の学士論文について

     心理学の学士論文について悩んでいます。  自分の大学の学士論文の担当の先生たちは  社会心理学と臨床心理学の先生たちなのですが  私は個人的に臨床心理系の論文で書くのに抵抗があります。  それは、臨床心理だと質問紙を使う研究方法がおおいのですが  質問紙ではあまり根拠が得られないような気がするのです。  実験研究を主体にした論文を考えています。  私の大学では実験研究をわかる先生がいないにようなのです。  臨床心理大学院の1種の受験資格がある大学です。  なので、臨床心理系でないと卒論が書けないようになっています。  個人的に、臨床心理だけの理論ではたりないようなきがしてならず  実験研究の方法と質問紙の両方の組み合わせで考えています。  臨床心理だけでなく認知心理学や他の理論などを考慮した内容にしたいので  国内の心理学の先行研究でなく、英語の文壇を調べて英語で論文を提出  したいのですが、私のように英語文壇や英語論文をかくひとがいないので  先生が私の研究計画書を認めてくれるか心配です。  どなたかアドバイスをおねがいします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • pangnya
  • ベストアンサー率36% (109/296)

臨床心理学をお学びとのことですのでと、当然ご承知のことかと思われますが、従来は各種の精神疾患は、いわゆる心の病気と思われておりましたが、今日では、一部の精神疾患や、心理状態?は脳の機能異常が原因と考えられております。 脳の中の神経伝達機構に問題があると考えられており、セロトニンやノルアドレナリンなどモノアミン系の神経伝達物質のはたらきの低下や異常が原因とされています。 したがいまして、今後の心理学では、それらの器質的、生理学的な面からのアプローチが必須であることは、当然になことと思われます。 その様な面から、心理面にアプローチしていく手法が、生理心理学だと思います。 なお、参考URLに、生理心理学に関する詳細なサイトを載せておきますので、ご参照下さい。

参考URL:
http://www.okayama-u.ac.jp/user/le/psycho/member/hase/education/2003/_3seminar/physiol4.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考資料までつけていただいてありがとうございます。とっても参考になりました!友達にも教えてあげようとおもいます!

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 俺が思いつく限りでは、人工知能の構築の分野でしょうか。  臨床心理とは無縁の世界ですが……。  心理学において、「プログラムの設計書として使える脳モデルの構築」は至上の命題の一つです。  今はまだ研究者の知的好奇心を満たす役にしか立ちませんが、将来的には、脳の中を客観的に観察するときに役に立つようになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

脳機能マップなどモデルの構築の研究は様々な分野の人が研究をこころみてますよね。やはりどんな分野においても客観的な情報って大切ですよね。ありがとうございました(^^)

関連するQ&A

  • 心理学 大学

    心理学を専攻して学びたいと思っている高校2年生です。 どこの大学へ行けばしっかりした心理学が学べるのか、気になったので 投稿させていただきました。 なので関東圏内で心理学をしっかり学べるおススメな大学をよかったら教えてください。 今学びたいと思っている分野は 臨床心理、生理心理、社会心理、行動心理(?)etcです。 ちなみに目指している大学は 首都大東京、立教大学です。 このほかにもこんな良い大学がある、首都大は~だ、立教は~だ などの意見もよかったらお願いします。

  • 臨床心理

    臨床心理の大学院を受験しようと思っているのですが、大学では心理学ではなく別のことを勉強していました。 心理学といっても大変広く、臨床心理、社会心理、異常心理、など色々あります。 そこでどんな教材を使って勉強するのが一番効率がいいでしょうか? ヒルガードの心理学、だけではやはり不足ですか?

  • 心理学と大学院について

    こんにちわ 私は現在大学で心理学を学んでいるものです。 ゼミでは社会学系の心理学をやっているので臨床心理学についての知識は教養で学んだ程度しかありません。 そして、私自身臨床心理学にはさほど興味がありません。 臨床心理学を学ぶため、臨床心理士になるために大学院に行きたいという質問はよくみかけるのですが、 臨床心理以外の心理学を学ぶための大学院についての情報がほしくて質問させていただきました。 どんな研究があり、どんな進路があるのか? 学部を卒業するだけでなく院を卒業するメリットなどについて、 詳しい方がいらしたら教えてください。 また、進路についてなのですが、 心理学系の進路はあまりないと聞きます。 繰り返しになりますが、臨床心理士になるという道を除いた、 心理学系の進路について、情報をお持ちの方がいらしたら、 それについても教えてください。 ちなみにその進路は、学部卒と院卒では何か違うのでしょうか? 回答いただけたら嬉しいです お願いします!

  • 臨床心理の仕事に就くにはどうしたらいいですか?

    臨床心理の仕事に就くにはどうしたらいいですか? 就職活動手前になり、河合隼雄さんらの本を読み臨床心理の仕に就きたいと思いました。 もともと心に興味があったのもきっかけです。 現在化学系の修士課程に在籍しており、心理学とは一切関連はないです。 臨床心理の仕事に就くにはやはり心理学系の修士を出て、資格を取得しなければ始まりませんか?

  • 心理学を勉強しているのですが・・・

    心理学を勉強しているのですが・・・ 心理学を勉強しており、教科書の「科学的心理学」の部分に(1)「実験的心理学」と(2)「行動心理学」 とあり、(1)はウェーバーやフェヒナーが代表的人物で、(2)はヴントが代表的人物です。 (1)は科学的心理学のジャンルでよいと思うのですが、(2)も科学的心理学のジャンルでよいのでしょうか? イマイチ確信が持てなくて・・・ 教えてください、おねがいします。

  • 心理学関係の書籍を探しています!

    閲覧どうも有り難うございます。 私の学校では今の時期から課題研究なるものをやるのですが、その中で心理学の内容を含んだ研究をしようと思っています。 そこで、心理学のいくつかの種類の中でも 認知心理学 知覚心理学 異常心理学 社会心理学 深層心理学 生理心理学 上記のものが、特に関係が深いと考えています。 それで、上記の心理学が詳しく記されている書籍を探しているのですが、中々PC等で探してもどれが良いのかいまいち分からない状態です。 なので、心理学に詳しい方や、書籍で分かり易いものを知っている方がいたら、教えて下さい。 私は現在高校生なので、難し(専門的)過ぎると困るのですが、ある程度詳しいものでないとちゃんとした研究ができないので、その辺が厄介なのですが、自分で良いと思ったもので構いません。 出来る限り教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 有用な心理学について

    心理学には 発達心理学 社会心理学 認知心理学 生理心理学 などがあるようですが、人生で一番役立つ心理学とは何なのか、意見が欲しいです。 回答よろしくお願いします。

  • 心理学?臨床心理?

    心理学、臨床心理・・・などややこしい名前が多くて困っています。 一般の病院でなるカウンセラーさんになりたいのですが、どちらにすすめばいいのでしょうか? 両者について詳しく教えていただけるととてもうれしいです。 回答お待ちしています。

  • これは心理学のどの分野でしょうか?

     私は大学の授業で心理学を取っていて、実験を行いレポートを書くのですが、今回行った実験の資料が、図書館でなかなか見つけられないでいます。行った内容は。テープで3つの数字、5つの数字が流され、それを聞いてそっくりそのまま逆に答えるという課題を行い、3つの数字を逆に唱えた場合(簡単な課題)と5つの数字を逆に唱えた場合(難な課題)で心拍数に差が出るか?というものでした。 実験名は「心肺機能」でしたが、要するに心的な要因が身体機能に影響を及ぼすか否か、といった感じの実験でした。この資料を探すには、どのような分野の図書を探せば良いでしょうか?私は「生理心理学」とか「脳生理心理学」といった本に近い文献を見つけたのですが、やはり的を外れていました。どなたか、この現象の呼称や、参考すべき書籍の種類をご助言いただけませんか?

  • 心理系の職業

    心理系の職業 心理学(主に臨床心理学)を専攻している大学3年生です。 心理学は好きだし、せっかく心理学を専攻しているので心理系の職業に就きたいと思うのですが、調べるとさまざまな資格や職種があるようでどの方向に進めばいいのか迷っています。 私の希望は ・臨床心理系の仕事 ・収入が比較的安定している というものですが、このような条件に当てはまる仕事は何でしょうか? 私が調べた中では、公務員の心理職がこれに一番近いのかな、と思っています。 また「臨床心理士」の資格があると普通に就職するよりも優遇されるということはあるのでしょうか。