• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

色は光を吸収する

私は中学2年です。黒は光を吸収するといいます。その反対にしろは吸収せずに反射します。でゎ赤や青や黄は、どのいろが一番光を吸収するのか?とおもいパソコンで調べてみましたが、私にはむずかしくてよく意味が分かりません。中学2年の私にもわかるように説明してくださるかた教えてください。光をよく吸収するのは色の濃い順番なんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数11139
  • ありがとう数26

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • jhanage
  • ベストアンサー率27% (74/271)

吸収する色と反射する色を,2色同じ量で混ぜ合わせると,白色という光の完全な形になりますね。このように,反対の関係にある色を「補色(ほしょく)」と呼びます。 赤の補色は緑 青の補色は橙(だいだい) 黄の補色は紫 同じ量で考えると,紫が一番たくさんのエネルギーを吸収しますから,お尋ねの色では黄になります。虹を見ると紫>藍>青>緑>黄>橙>赤となっている順番で,光にはエネルギーの大きさで順番があります。同じ量の光を当てて黄色に見えるものが,一番あたたまりやすいことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自由研究(どの色が一番光を吸収するか)

    私は中学2年で、今自由研究をしています。その自由研究の内容はまず透明なプラスチックコップに黒、白、赤、緑、青、なにもはってないもの、の6つを用意し同じ量の水をいれ太陽の光がよくあたる場所(外)におきました。そして30分後と1時間後にそれぞれのコップの水の温度をはかりました。そしたらこんな結果になりました。        赤   青   黄  黒  白  なし 30分後  35,5  35,8  35  36,3 34,5 36 1時間後  35,8  36   35,5  37  35,2 36,2 こんな結果になりました。 この結果からは『白→黄→赤→青→なし→黒』 となりますが、一番黒が光を吸収し白が一番光を吸収しないとゆうことであってるのでしょうか? 『白→黄→赤→青→なし→黒』何故このような結果になったのでしょうか?色の濃さが関係しているんでしょうか。

  • 理科 光が全吸収されると黒??

    小学3年生の息子と一緒に理科の[光]を学習しておりましたら、 息子が、 『「光を全部吸収するものが黒色、全部反射するものは白色。」って言うけど、おかしくない?だって、色は全部混ぜると黒色になるよね。だったら、光が全部反射したら黒になる…?!?!?』 と言うので、 『光って、この光だよ。これがあたりました~。そのまま全部はね返って○○君の目に入ってきました。だよね。光はそのまま光だよね。黒って暗闇の事だから、光が反射して暗闇っておかしいよね・・・。』 と言うと、それは事実として納得してくれたのですが、 『分かるけど。変だよ。色は全部混ぜると黒くなるのに・・・。なんか変!』 と言いますし、 親の私自身も、『そうだよね…???』 と、息子と同じ???状態でおります。 ネットで調べておりましたら、 こちらに、 http://okwave.jp/qa/q76825.html 【色の三原色と光の三原色について】 『光の場合、赤色の波長のみが反射して人間の目に映るので、赤く見えると思うのですが、絵の具の赤色もその反射で赤く見えるのならば、絵の具の場合のような、色の三原色である赤・黄・青の三色を混ぜると黒くなってしまうのに、光の三原色である赤・緑・青色を混ぜると白くなって見えるのはおかしく思うのですが。 絵の具の赤色と光の赤色とは違うと思わなければならないのでしょうか。』 とのご質問に、 下記のご回答があるのに辿りつきました。 『赤い絵の具からあなたの目に赤い光が届くので、あなたは絵の具の色を「赤だ」と認識するのです。 その点では、赤い絵の具から出るのは「赤い光」です。 ですが、赤い絵の具が赤く見えるのはなぜでしょう? 下で皆さんも書かれている様に、赤の光だけを反射するからです。 もう少し詳しく書きます。 「青い光」と「緑の光」と「赤の光」が、「赤い絵の具」にあたっているとします。 この中から、「青の光」と「緑の光」が「赤い絵の具」に吸収され、「赤い光」だけが反射してきます。 あなたは、この反射してきた「赤い光」を見ているのです。 ここで、「赤い絵の具」に「青い絵の具」を混ぜてみましょう。 「青い絵の具」は、「緑の光」と「赤い光」を吸収します。 すると、「赤い絵の具」に吸収されずに残った「赤い光」は、「青の絵の具」に吸収されてしまいます。 つまり、戻ってくる光が無くなってしまいます。 このように、絵の具を混ぜるときは「何色の光が吸収される(無くなる)のか?」を考えるのです。 今度は光を混ぜてみましょう。 ある所に「赤い光」があったとします。 ここに「青い光」が混ざりました。 光同士を混ぜているので、吸収する物はありません。 素直に、青色+赤色=マゼンタ色(紫に似ている)の光になります。 このように、吸収する物が無いので、光同士は単純に足し算(引き算も)していいのです。』 やっと、あ!なんだか分かりそう?!?! という感触のご回答を探し出せたのですが・・・ 『・・・すると、「赤い絵の具」に吸収されずに残った「赤い光」は、「青の絵の具」に吸収されてしまいます。 つまり、戻ってくる光が無くなってしまいます。 このように、絵の具を混ぜるときは「何色の光が吸収される(無くなる)のか?」を考えるのです。』 の部分が理解できないで困っております。 [全部の色が反射された光を目は白と感じる。全部の色が吸収されれば、目に光は届いてないので黒と感じる。] という理解で宜しいのでしょうか。 もし、上記理解で宜しかったとしましても、 それ以前の、[光の全ての色が吸収される]が理解できず困っております。 私の頭の中では、 例えば、赤を反射するもの(赤)・黄を反射するもの・青を反射するもの、3つを混ぜる=三色を混ぜても、計算上黒にはならないのでは・・・??? (割合的に吸収される光と反射される光のは同じなのでは・・・) と理解できないでおります。 例えば、それぞれに対して、1/10づつ、それぞれの色を反射すると考え、3色を混ぜると、赤(1/30)・青(1/30)・黄(1/30)なので、混ぜたものも反射するのは1/10なのでは・・・と考えておりまして、 これ以上理解がすすみません。 私にも、小学生の息子にも理解できる噛み砕いご説明を頂ければ大変有難いです。 宜しくお願い致します。 ちなみに、息子は、入射角や焦点距離などの理解はできており、鏡・金属の反射などもある程度理解できている様なのですが、 この『光は全反射されると反射している物質は白。全吸収されると黒。』 というのが理解できず、モヤモヤ感いっぱいでおります。 何卒ご回答宜しくお願い致します。

  • 色の反射、光に関してです。

    色の反射、光に関してです。 色が見える原理は、いろいろな色の光が混ざった光線が、モノに当たって反射したとき、特定の色の光だけが反射して、目に入るので、それでその色に見えると読みました。 たとえば赤いポストに光が当たると、赤以外の色は吸収され、赤の光だけが反射されるので、そのポストは赤い、と見えるそうです。 そして、どの色も反射せず、全部吸収されると、黒く見えるそうです。 物に当たる光の色(青とか赤とか)により、何色の光を物が吸収して反射するのが決まる、こんな感じでしょうか。 と、まあ、先日以来、ここで私が物に光が当たって反射する時に見える色に関する質問で得た、かなり簡潔した内容です。 ここで、再びギモンが生じました。 ギモン1 物に当たって反射、吸収する色ですが、この場合、どんな色が反射して吸収されるかは、物の材質、温度、湿度などは関係しないのでしょうか。実際身の回りのものは、色が異なるものばかりなので、そう思いました。 ギモン2 例えば、植物は葉緑体があることにより緑色になると学校で習いました。この場合は光の反射・吸収とそれ自身が放つ色とも関係がしてくるのではないでしょうか。 葉緑体以外にも、動植物が持つ自身の性質で自らが色を放つものはいるのでしょうか。 ご存知のい方教えていただくようお願い申しあげます。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

大雑把な言い方ですが、”光をよく吸収するのは色の濃い順番なんでしょうか?”についてはその通りです。 ”赤や青や黄は、どのいろが一番光を吸収するのか?”についてはまず、それぞれの色について光をよく吸収するのは色の濃い順番です。それぞれの色のことを「色相」といいます。濃さの順番は「明度」であらわします。 色相の中でたとえば赤を考えると黒っぽい赤>赤>ピンクの順番で光をよく吸収します。青であれば紺色>青>水色の順で光をよく吸収します。 それでは赤や青や黄を比べるときはどうなるのでしょうか。色相が異なるから難しいですね。 それぞれの色相について「真っ赤」「真っ青」「真っ黄色」という言い方がありますが、これをそれぞれの色相の「純色」といいますが純色についてよく吸収する順番は赤や青の方が黄色よりよく吸収します。 検索エンジンで「明度」「色相」「色立体」を調べてみてください。「色立体」のことを大まかに理解できると全体像が見えてきます。 そうなれば「赤」と「青」あるいは「緑」についても色立体の資料とか数値を読み取れば理解できます。 たとえば「赤」の純色と「黄」の「純色」では赤の「明度」が高いので赤の方が光をよく吸収する、という具合に自分で調べられます。 http://www.geocities.co.jp/Milkyway/4171/graphics/002-1.html http://www.kawachigazai.co.jp/item/P004.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4353)

あなたのパソコンがWindowsならスタートメニューからプログラム→アクセサリ→ペイントを起動してください。ペイントを起動すると上のメニューの右から2番目(ヘルプの左)に『色』という項目があると思います。 そこの『色の編集』をクリックして『色の作成』をクリックしてください。 虹色のパレットが現れましたよね?さらにパレットの右に色の濃淡を示したパラメータも表示されていると思います。 そこで色々な色を様々な濃淡で表示される色を楽しんでください。 パレットの上段ほど色はシンプルで、下段に行くほど合成色になっています。合成色は様々な色を混ぜ合わせているので光を幅広く吸収してます。 また右の濃淡を決定するパラメータは黒に近いほど色をよく吸収します。 光の吸収はどれだけの幅をどれだけの強さで吸収しているかがカギです。 ですからどの色が一番吸収するかといえばそれは黒です。 また赤、黄、青に関しては『濃さ』によって赤がよく光を吸収する場合もありますが、赤が一番吸収しない場合もあり、一概には回答できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

No.2です。 さて、何色がもっとも光をよく吸収するのか、というご質問ですが、簡単には答えられません。 なぜなら、吸収する光の波長が異なるから色が異なるのであって、色は光の吸収の強さとは別だからです。 そこで、たとえば赤の波長の光は反射するが、他の光はすべて吸収するような物体を考えます。この物体が赤の光をよく反射するときは真っ赤にみえます。しかし、赤の光もある程度吸収するという場合は、暗い赤の光を反射することになります。日本語では、暗い赤を「こげ茶色」と言うので、人はこれをこげ茶色の物体だと思うことになります。つまり、 「赤の物体とこげ茶色の物体を比べたら、こげ茶色の物体のほうが光をよく吸収する」 これは言えます。 次に緑ですが、色光の三原色の「緑」が強くなると、「若草色」といわれるものに近い明るい色に見えます。一方、たとえば松の葉の緑は、「濃い緑」と言われますが、実際は緑の反射率も低くなった、「黒に近い緑」です。 「若草色の物体と、濃い緑の物体を比べたら、濃い緑の物体のほうが光をよく吸収する」 「明るい青」と「紺色」も同じような関係になります。このように、同じ波長の光で、色が明るいか濃いかを比べるのであれば、どちらがよく光を吸収するかが判断できます。 しかし、「赤の物体」と「緑の物体」はどちらがよく光を吸収しますか?という質問だと、これは反射する光の波長が異なるから答えられない、ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • jhanage
  • ベストアンサー率27% (74/271)

さて#1の回答を補足させていただきますと,たしかに葉の緑は赤と青の合成ですが,世の中の光は3原色だけでできているわけではありません。試しにCDを緑の物のそばに持っていくと,合成する前の色に分解して「赤や青」の場合や「緑しかない」という場合も見つかります。↓(スペクトルを作る実験方法) http://homepage3.nifty.com/Kume/naru/036/naru036.html 3原色とは,混ぜることでは作ることができない色です。ですから他の色はすべて3原色からできていると誤解なさる方が多いのですが,実際は様々な種類の色があり,さらにそれらが混ぜ合わさって複雑な色を作り出しています。 太陽のスペクトル↓ http://www.astron.pref.gunma.jp/images/gao/solar_spec.jpg 蛍光灯のスペクトル↓ http://www.dainippon-tosho.co.jp/star/special/spectre/jpg/spec_03.jpg ご質問の赤や青や黄にも,そのものの色であるか,合成された色であるかによって,吸収の量にも違いがでてきますが,一般的な単色としてのご質問でしたら,#3の黄が合致します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

光は一種の波(電磁波)なので、波長という量をもっています。波長とは、波の山と山の間の距離のことです(谷と谷の距離と考えても同じです)。 人の眼に見える色は、波長の違いです。 http://konicaminolta.jp/entertainment/colorknowledge/part2/02.html ここの説明がわかりやすいと思います。ここで波長の単位として使われているnm(ナノメートル)は、100万分の1ミリメートルです。人の眼に見える光(可視光線)は、波長が380 nmから780 nmまでの範囲に及んでいます。 白色として見える光は、いろいろな波長の光が混じり合ったものです。 また、物体には、それぞれ吸収しやすい波長の光があります。可視光線の範囲をすべて吸収する物体があれば、それは黒に見えます。また、可視光線の範囲をすべてよく反射する物体があれば、白に見えます。 しかし、波長によって吸収のしかたに偏りがあれば、色がついて見えます。たとえば、赤や黄の光をよく吸収する物体では、緑~紫の光が残って、青っぽい色に見えますし、黄~紫の光をよく吸収する物体では、赤く見えます。 絵の具や、筆記具・印刷に使うインクなどは、波長による吸収のしかたが異なる物質をうまく混ぜて、ほしい色を出すようにしています。 ところで、色光の三原色や色材(絵の具やインク)の三原色といって、3つの色を適当な割合で混ぜると、ほとんどすべての色を作り出すことができるという現象があります。これは、自然界に3つの色しか存在しないからではなく、人の眼のしくみによるものです。眼の網膜には錐体という細胞があって、錐体には波長に対する感度が異なる3種類のものがあるからです。 (難しくてわかりにくいときは補足してください)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

光の三原色はご存じの通り赤と緑と青です。 例えば植物の葉っぱは緑色ですよね?あれは赤と青の光を葉っぱが吸収し緑の光だけを反射しているのです。 逆に赤いモノは緑と青を吸収し赤だけを反射 青いモノは赤と緑を吸収し青だけを反射 となっています。それ以外の色は光の三原色のどれをどれくらい吸収し反射しているかで色合いが決まってきます。 なので黒は「どの色も反射していない」と言う事になり白は「三つの色全て反射している」という形になります。 また「どの色が一番光を吸収するのか?」 といった場合、解答は 「全ての光を吸収するモノは何も反射しないので目に見えない」 というのが答えになります。 例えばブラックホールがそうです。あれはあらゆるものを、電磁波すらも吸収してしまいます。 光には人間に見えない色も有りますし、さらに音も光も電磁波の一種で周波数が違うだけですからね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日陰の物体の色及び太陽光線の色について

    【疑問1】太陽光線が直接当たる日向と太陽光線が直接当たらない日陰があります。日向では太陽光線が物体に直接当たり、物体が特定の波長のみを反射して、それ以外の光を吸収するために反射された光により、それぞれの色が見えることは理解できます。  しかし、日陰の物体の色は太陽光線が直接当たっていないにもかかわらず、様々な色が見受けられますが、どうしてなのでしょうか?日陰の物体の場合、日向の物体によって反射された光が当たることで色が見えるのでしょうか?その場合、日向の物体は特定の波長のみを反射しているので、日陰の物体はその波長を吸収してしまい、色が黒くなってしまうのではないかと考えてしまうのです。  日陰の物体の色が見えるのはどのように理解すればよろしいのでしょうか? 【疑問2】ある物体が白く見えるのは太陽光線がその物体に当たり、赤や黄、青など全ての波長を反射してしている結果、白く見えると書いてありますが、なぜ、赤や黄、青などいろいろな波長を含んでいる太陽光線は透明にも関わらず、すべての波長を反射した場合には白く見えるのでしょうか?  そして、なぜ、太陽光線は赤や黄、青などいろいろな波長を含んでいるにも関わらず、色が見えないのでしょうか?  以上、おかしな質問かもしれませんが、宜しくお願い致します。

  • 色について質問です。

    例えば、赤いセロファンを通した光は、赤以外の色が吸収か反射されるから、光を当てた物は赤く光るので、青いセロファンを通すと黒になる、ここまでは分かるのですが、では何故赤と青のセロファンを合わせると紫になるんでしょうか?。

  • なぜ黒い色は赤外線を吸収するの?

     なぜ黒い色は太陽の光に当てるとすぐに暖かくなるのでしょう?赤外線をよく吸収するといわれればそれまでですが、黒だからといって赤外線を吸収するとは 限らないのではないでしょうか?  黒く見える場合、可視光線を反射していないから黒く見えるのでしょうけど、赤外線も吸収すると判断するのは早合点ではないでしょうか?   人間の目は赤外線を感知できませんが、もし赤外線を感知できるようになったなら今まで黒と感知していた色はまた同じように黒にみえるとは限らないのではないでしょうか? そして赤外線色に見えるようになった黒は赤外線を反射しているわけだから、黒といえども暑くならないと思うのですが、実際黒い色でも 暑くならない物は有るんでしょうか?  よろしくお願いいたします。

  • 赤・青の色水の上昇水温

    私は自由研究で色水を作って日向と日陰におき、上昇水温の違いについて調べました。 やった色は黒・赤・青・透明です。黒が一番光を吸収しやすいというのと、透明は白と同様光を反射するという事は分かりました。 ですが、赤と青がどうして透明と違い水温が上がるのか分かりません。 考察できずに迷っています。赤は○○だから○○になるというような感じで考察を助けていただきたいです。 赤の方が青より上昇しました。 これも何故なのでしょうか?分かる方いたら教えてください><

  • 光の吸収

    以前から疑問に思っていたことなのですが、黒が一番光をよく吸収する事がよくわかりません。『なぜ』なのか…。 いろいろなサイトを見てみたのですが、黒は光の色が全て集まった色とかかれています。 でもなぜそうなると光を吸収するのですか? 物体は自分の持っている色意外を吸収すると学習しましたが…。 だれか教えて下さると嬉しいです。 すぐではなくてもいいので教えてください。

  • 吸収スペクトルによる色

    KMnO4、メチルオレンジ、チモールフタレインを用いて透過率の実験を行いました。結果の整理として、この3物質の吸収される波長とその色、肉眼で見える色をまとめなければならないのですが、チモールフタレインの場合、340~400nmは吸光度が0.0462~0.06位になったので紫外線吸収のため無色透明、400~560nmはそれ以下の値になったため、光を吸収しないとみて無色透明と書きました。(判断の理由は、チモールフタレインの変色域が無色→赤のためです)メチルオレンジは340nmから吸光度が0.1となったので、紫外線吸収のため無色透明と書こうと思いましたが、メチルオレンジの変色域は黄→赤となるはずなので、おかしいなと思い、質問しにきました。0.1という、チモールフタレインの最大吸光度よりも大きな値になったのに、紫外線吸収で無色になるというのと、光が吸収されないので無色になるのと、何かどっちも違うみたいで、どう書いていいか分からず困っています。説明が下手ですみませんが、つまり私が聞きたいのは、メチルオレンジが透明となってよいのか(?)ということです。実際には~430nmまでの色はどうなるのか?ということです。メチルオレンジは黄→赤としかならないと学校で教わったため、無色透明になるというのがさっぱり…。無知ですみません。良かったら教えていただけるとうれしいです。

  • 理想的なセロファンの色

    透過率+吸収率+反射率=100% ですよね。 理想的な赤い折り紙は赤を100%反射し、他の色を100%吸収する為に赤い色が見えます。 理想的なセロファンがあったとします。 赤を100%透過します。他の色は100%吸収します。 セロファンの手前で光を当てると、通過した光は赤くなります。 セロファンを覗くとの向こうの景色は赤く見えます。 セロファンに反射する光はありません。 このとき、セロファンは何色なのでしょうか? 反射光が無いから黒になるのでしょうか? それとも透過する光の色を見て赤なのでしょうか? もしこれを赤と呼ぶのなら、すべての色を透過するセロファンは透明ではなく白と呼ぶのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 光の反射と吸収

    赤い物体が光の赤を反射して、目が[赤色]を認識する。という解釈でよいですか? 赤が他の光を吸収して[赤]を認識するなら その場合の[吸収]とは光の粒子?がどんな状態になる事ですか?

  • 色の反射に関してです。

    色の反射に関してです。 本日の新聞の科学のコラムに次のような文が掲載されていました。 リンゴは私達には赤く見えます。これはリンゴが「赤以外の色の光を吸収して、赤色の光を反射している」からなのです。 同様にピーマンは「緑以外の色の光を吸収して、緑色の光を反射している」から緑色に見えるのです。 と書かれています。 夕日が赤い、海が青いのは光を構成する虹色の7色のうち反射する色、反射しない色で説明されている事があります。上記のはそれと同様のことで説明されているのだと思います。 ギモン でもリンゴやピーマンはそれ自体が赤色や緑色をしているのも事実です。暗いところにリンゴやピーマンを持っていけば色が川津かと言えばそうではないです。その一方、上記のようにリンゴが「赤以外の色の光を吸収して、赤色の光を反射している」からとも書かれています。 私的にはスゴク矛盾なのですが、ご説明できる方、ヨロシクお願いいたします。

  • 光の見え方

    リンゴが赤く見えるのはリンゴの皮が赤以外の光を吸収し、赤だけを反射しているからですよね?? じゃぁ、リンゴにあたって反射した光が、青いものに反射して目に入った場合、それは何色に見えるんですか?? また、もし青に見えるのであれば、それはなぜですか??

専門家に質問してみよう