• ベストアンサー
  • 困ってます

主人の保険更新で悩んでます。

過去に似た質問もいくつかありますが、知恵をお貸し下さい。 現在39歳の主人の生命保険の更新時期が迫ってきました。 今の内容は定期保険特約付終身保険で(明治安田生命) 契約日平成2年12月 60歳払込満了 死亡保障(2000万円) 死亡関係特約部分5400円 終身保険(200万円)  主契約部分   1654円 入院日額(5日目から) 5000円        災害疾病特約部分1675円計8729円の保険料です。 L.A.に転換を勧められていますが、細かく特約が付きすぎているのと、最近不祥事の多い明治安田なので、終身保険を残して解約も考えてます。浮いた金額でソニー損保などの医療保障をつけようかと思います。 主人には住宅ローンがあと11年で残債約1500万円、私は病気のため休職中でこのまま専業主婦になる予定です。子供はいません。 主人の50歳以降の保険を考えると現在の終身を別会社で増額したい(1000万円位が理想)とも思いますが、財政が逼迫推進中なのであまり高額なものには加入できません。 主人は「死んだらおれがもらえる訳じゃないから好きなのえらべば?」と脳天気なこと言ってます。 良いお考えがありましたら、回答お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数234
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • inahi
  • ベストアンサー率40% (176/439)

基本的に質問者さんのお考えになっているようなことで良いのではないかと思います。 住宅ローンには団信がついていますよね? その会社については色々とお考えはあると思いますが、終身保険200万円が1654円ならその部分を残すというのは賛成です。 理想の1000万とすれば、後の終身800万円を納得出来る会社で、ですかね。 本来今ご加入の会社が不安でなければ、転換でなく、終身を増額して定期(掛け捨ての死亡保障)をやめるといった(2000万までの)組み換えをするという選択肢があったかも。その場合新規で加入するのではないので健康のチェックが要らないし簡単だった筈。 でも保険は安心と信用から成り立っていますものね。 今度は納得できる会社を選んでくださいね~。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々の回答ありがとうございます。 組み換えと言う手があったんですね。 5年前くらいに定期部分を減額しました。その時に終身を増やせばよかった・・・。でも明治安田は嫌かも。

関連するQ&A

  • 主人の生命保険の見直し

    今月末に子供(第一子)が産まれます。 (主人39才・私36才) そこで保険を見直しているところなんですが・・ 調べれば調べるほど迷ってくるのでアドバイスを宜しくお願いします。 現在は明治安田生命で掛け捨て(10年)の生命保険にはいってます。 死亡保障は4,000万円 (終身100万・定期保険2,900万・特定疾病特約500万・総合障害特約500万) 医療部分に関しても普通?に保障されていると思います。 (入院1日1万円やがん特約など・・) 今は月17,000円掛け捨てですが、更新(来年)後は27,000円ほどに なります。(同じ内容の場合) しかも定期になるので、これから先の保険料が支払えるのか心配。 定期→終身に変えたほうがいいのでしょうか? 毎月3万弱ものお金を掛け捨てていいのか。 死亡保障4,000万も必要なのか。 アリコやアフラックなどの外資系も検討した方がいいのか。 (死亡保障が少ないけど掛け捨て金額が少ないので) もしくは生命保険と医療保険を別に検討したほうがいいのか。 子供ができて、これから20年は万が一の時にわが子のために・・ と思うと、今の契約内容がベストなのかなと思いつつ悩んでます。 (保険はあくまで保険なんで、できれば貯蓄にまわしたいのです) また学資保険も検討しているので、お勧めがあればあわせてアドバイス のほうも宜しくお願いします。

  • 民間生保のメリットはありますか

     現在、明治安田生命の定期特約付き終身保険に加入しています。  もしものときの保障だけをみると、国民共済の方が保険料にもかかわらず、内容が充実しています。  また、入院保障も、国民共済の方が優れているように感じられます。  国民共済に対して民間の生保が優れている点を教えていただけませんか。  もし、特段メリットがないようであれば、今度定期特約を更新するときに、明治安田をやめて国民共済に切り替えたいと考えています。

  • 明治安田生命の逓減定期保険について教えてください

    明治安田生命の保険について教えてください。 私の母親の知り合いが明治安田生命の保険外交員(おばさん)で、 十分な説明もなく保険に家族全員入ってしまいました。 父・母とも68歳になり月々の負担額を考え、見直しを考えています。 平成12年に、逓減定期保険特約付5年毎利差配当付終身保険マスターライフEに、転換845000円を払って加入しました(当時61歳男)。 主契約:終身100万円 逓減定期保険特約:900万円 特定疾病保障定期特約:100万円 傷害特約:100万円 逓減定期を外したいと思っていますが、外交員には出来ないと断られました。ですが、いまいち信用できません。本当に特約部分のみは解約できないのですか? また、今解約した場合、転換に使った残額分は戻ってこないのですか? どうぞ、宜しくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

終身だけ残して、他社で医療と終身に加入するのが一番良いと思いますと。 医療も終身型の保険に加入して、終身とともに60歳で払い終わるようにすると老後が楽になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • ga-ku
  • ベストアンサー率31% (38/122)

失礼しました。払込満了は60歳でしたね。 見落としてました(^^;)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • ga-ku
  • ベストアンサー率31% (38/122)

15年更新型の定期付終身保険ですね。 主契約以外は15年毎に更新が来ますので、ご主人の体況に問題が無い限り見直しをお勧めします。 また、主契約の終身保険を残すのは良いと思いますが、払込の満了は何歳になっていますか?たまに満了時期が異常に長いものを見ますので、ちょっと注意してみて下さい。 さて、追加の保障ですが、 変額保険か終身保険で300万円(計500万円) 医療保険120日型で日額5000円 がん保険日額20000円 私はこれを最低限と思っています。 今より保険料は高くなると思いますが、減額しても更新し続けるよりは払込保険料の総額は安くなると思います。 住宅ローンの残債は団体信用生命保険に加入されていれば心配はありません。万が一の時のmyahooさんの生活保障は公的な保障で足りるかどうかを計算して、家族収入タイプの保険に加入されれば良いかと思います。 最後に「生命保険」て「生きる命の保険」て書きますから死んだ時にだけ役に立つものでは無い事をご主人にご理解頂いてください。例えばリビングニーズ(余命宣告された時の生前給付)、高度傷害保険金、最近では介護前払い等が付加されているものもあります。このように生きるために活かされる事もあるという認識を持ってみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

#2です。 広告リンクを試しにたぐってみたら、参考になるところがありました。 http://www.interq.or.jp/smart/soflife/cooking/lifestyle3.html#kantan 質問者の場合、持ち家、主人の年齢約40才、子供無し、妻専業主婦ですので、簡単コースでみると必要死亡保障は1300万です。つまり過保証なので減額(定期を1000万程度に)も要検討です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

まず終身部分ですが、追加800万とすると、実際の金額は見積もりしていただくとして8000円前後の増額になると思われます。基本的に終身の方は増やさずに、貯蓄でカバーする方が財政が逼迫推進中の状況から得策で、柔軟性もあると思います。終身保険は結局貯蓄と同じと考えます。 #保険会社は多くの場合終身部分を支払う必要があるため、その分は60歳までに保険料として、当然もらうわけです。多少の運用による上乗せはありますが・・・ また、明治安田を減らしたいと言うことであれば、死亡保障(定期保険部分)を減額することが考えられます。しかし死亡保障と終身の金額がリンクしている場合もあるので、そこは明治安田の方に確認してください。 もし、定期部分を減額できるのであれば、家族収入保険とか逓減定期保険でカバーしてはいかがでしょうか? また、医療保障はこの保険をなくすのであれば、別途新規加入を考える必要がありますが、この保険を残すのであれば5000円でも十分とは言えないまでも、絶対足りないほどでは無いと思います。例えば2万なら掛けすぎと思われるので、5000円から(高くても)15000円の間で収入と貯蓄額に見合って掛ける事をおすすめします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりましたが回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 明治安田生命のライフアカウントL.A.Doubleについて

    こんにちは 子どもの出産にともなって、保険の見直しを考えているのですが主人が契約している『明治安田生命のライフアカウントL.A.Doublel』の仕組みがいまいち解りません(主人も契約しっぱなしで内容はうろ覚えなのです…。) 保険を解約して掛け捨てで今より安い保険に加入することを検討していましたが、若い時に加入した保険のために毎月の保険料が長い目でみるとお得のようなきがするのです。そこで、他の保険と比較するために色々契約内容を見ていて疑問に思ったことがありましたので質問させていただきます。 疑問(1)『明治安田生命のライフアカウントL.A.Doublel』のとらえかたは『生命保険+医療保険』のようなとらえ方でいいのでしょうか? 疑問(2)65歳払い込みの終身保険のようなのですが、医療保障の特約の欄に書いてある保険期間とは何でしょうか?その保険期間が終わったら、その特約は消滅するということでしょうか? 初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

  • この保険は続けていいものでしょうか?

    夫に明治安田生命の保険をかけています。 終身で65歳までに死亡したら2100万円入るという保険です。 入院やその他の保障は入っていません。 (数年前までは入っていたのですが保険料が高すぎたのとにゅういんしそうにないのでやめました) 毎月の保険料は6163円でその内訳を見てみると掛け捨て部分が5354円、積み立てが809円でした。 夫は今33歳なので30年以上も払わなくてはいけません。 ですが65歳で満期を迎えても返ってくるのは39万だけです。 掛け捨てなのでしょうがないかもしれませんがこの保険はかけてていいのでしょうか? 保険には詳しくないのでよく分からないのですが65歳を過ぎた後の保障はどうなるのでしょうか? 分かりにくくてすみません。

  • 生命保険の加入について

    生命保険についてお伺いさせていただきます。 現在明治安田生命の終身保険に加入しています。 入院、手術などに保障されるものです。 今回別の会社から 三大成人病と診断されたときの保険加入の話を受けました。 当方31歳ですが 毎月2000円(41歳まで)ほどで、診断された時に500万円の保障が受けられるものです。 この金額は妥当なものでしょうか。 また、今の年齢で加入するのは早いでしょうか?

  • 今の保険にプラスすべきもの

    現在契約している生命保険の内容について、かなり心細く感じています。今からすぐにでもプラスしたほうがよいものや、これから見直すべき点があればぜひお教えください。 <家族構成・収入> 夫40歳・妻(私)35歳・子6歳 年収750万 住宅ローンがありますが、団信生保に加入済みです。 <契約内容> (1)明治安田生命<夫婦の保険フォーエバーE> (夫)病気死亡1000万・入院日額7000円・その他特約 (私)病気死亡700万・入院日額5000円・その他特約 (最終生存者終身保険)50万円  ※4年後(44歳)に更新ですが、営業さんが最近変わったことや昨今の明治安田への不信感もあるので、継続するかどうか決めていません。 (2)都民共済 (夫)生命2型+医療特約 保険料はトータル22000円くらいです。

  • どちらの保険にするか迷っています-26才既婚-

    私26歳 主人33歳 中二、小六、3歳の子供がいます。 お互い250万強程度の収入があり、両親と同居です。 主人は月1万円で、入院と、2000万円の死亡保障のついた明治安田生命の保険に加入しています。 私は何も保険に加入していないので、検討しています。 生協で共同加入で安くなるアフラックと、主人と同じ明治安田生命と見積もりを取りましたが、迷っています。 ●アフラック⇒保険料月2610円 入院:日額5千円 60日まで(女性特有は1万円) 手術:5~20万円 オプションで、 死亡:100万円をつけて 入院日数を180日までにすると月4713円になります。 64歳まで保険料定額、65歳から保険料半額になります。 ●明治安田生命⇒保険料月4975円 入院:日額5千円 120日まで(がんは8千円、女性特有は2万円) 手術:5~20万 障害:年50万×一生涯 死亡:一千万円(70歳以降は10万円) その他、入院一時金2万円やがん診断100万円、怪我の通院千円などがついています。 保険料は10年ごとに変わり、70歳払込み完了です。 ----------------------- 生活が厳しいこともあり、保険料は安いほうがいいので、初めは死亡保障をつけずに・・・と思っていたのですが、明治安田の話を聞くとかなり充実しているので迷っています。 今から、死亡も含めた充実した保険に入っていたほうがいいでしょうか。 でも、70歳から死亡保障は10万円となるみたいで、(毎月の百数十円の積立てから死亡保障が出るので)普通におばあちゃんになってから死んだらお葬式費用も出せないのかぁ・・・と。 (もし大病しなければアフラックの方が得ですよね。) 明治安田生命に聞いたところ、1千万の死亡保障は最低額だそうです。 どちらがお勧めでしょうか? 保険のことはまったく初心者なので、よろしくお願いします。

  • 保険の見直しについて

    保険の見直しについて 先日第一生命の担当の方から、旦那(26歳、子どもは2才・0才の二人)の保険を見直してみれば?といわれ順風人生を薦められました。 内容は、順風人生【5年ごと配当付終身保険】 死亡・高度障害 3000万 シールド特約  100万 スーパーリライ 100万 死亡給付金   200万 定期保険特約  2500万 入院日額    5000円 41才の更新までは月1万2700円で、75歳払込満了です。 現在は明治安田で健康物語フルケア【介護保障定期付5年毎利差配当付新・終身保険】 死亡保険金   1500万 シールド特約  300万 総合障害保障定期特約  300万 短期(4日目まで)入院  日額3万円 5日目以降日額  1万円 月額 1万2300円で60歳満期 明治の担当者は終身部分は300万は必要!というし第一は、今から死亡後の為に300万も必要ない! と言います。 明治の方はこの内容はすごいお得だから、解約なんてもったいないと言ってました。 今時この掛金で300万の終身保険はないよ!入院も4日目まで3万円なんて他にない!と・・・ 本当にそのような内容ですか?? 第一は41歳までこの金額はお得!!といってましたが、よく見てみるとその後の保険料が月2万5千→7万→最後の4年間は14万5千・・・(T-T;;)その時に見直せば大丈夫よ!と言っていましたが、なんか不安です。 私自身まったくもって保険に無知で・・・ このことがあり自分の第一生命の保険も心配で調べているところです。 我が家は生活がカツカツなのですが、我が家のような家計は更新型より、終身保険のが合ってるのですか? 又、終身保険に定期保険や医療保険を付けたり、別々に加入することも有りですか? 後、今回のことで保険についてしっかり学ぼうと調べ始めたところなのですが、生命保険の事が分かり易く書かれている本なども知っていたら教えて下さい。 地元の本屋に行ったのですが生命保険の本が2冊しかなくて(何年も前に出版されたモノ)・・・ 長々すみませんが、宜しくお願い致します。

  • 明治生命の保険の質問

    だんな(25歳)の生命保険なんですが、 明治生命の定期保険特約付終身保険に入っています。 主契約100万円のほかに 定期保険特約 平準払収入保障特約 特定疾病保障定期保険特約 重度障害保障定期保険特約 障害特約 入院保障特約 手術保障特約 総合障害特約 新退院給付特約 (特約の保険期間15年間) がついているのですが、 主契約を200万円~300万円にして、 特約を全部はずしてしまうことってできるのでしょうか? (医療保険は違う会社の終身のやつを考えています。もしくは生協とかの安いやつ。死亡保障の足りない分も、ちがう会社のやつを別にはいろうかと思っています) これはだんなが結婚前にはいっていた保険です。 担当の人にはL.A.にかえることを勧められましたが・・・ 担当のひとにとってはいいことがないと思うので本当のことを言ってくれるのかわからないので質問してみました。 (あと、わたしの性格上、直接会って聞いたらまんまとまるめこまれそうなので) (あとあと、この担当の人とだんなの家は結構長いつきあいらしく、解約はしないよね?みたいな雰囲気がでてるので、なんとか明治生命でやりたいのです。)

  • 更新を前に40歳の主人の生命保険を見直したいのですが。

    40歳の主人の生命保険が更新になり見直そうと思っています。妻は専業主婦、子供は小4と小1です。現在は、終身1000万円、定期1000万円、入院特約付きで、毎月15400円払っています。終身部分はそのまま残し、定期部分と入院特約をもっといいものに変えたいと思っています。 自宅は持ち家です。死亡保障はどれくらい必要でしょうか。また入院特約はどういうタイプのものを選べばよいでしょうか。よくご存知の方のご意見を教えてください。

  • 海外赴任中の夫が入れる保険はないのでしょうか?

    主人は転職して海外の現地企業に勤めています。 今年の7月に主人の独身時代から入っていた明治安田の「定期保険特約付終身保険」が更新日をむかえ200万の終身部分を残して転換しないつもりでした。(定期保険特約部分は3300万) その後は、アフラックの終身医療、オリックスの定期保険に入ろうと思っていましたが、海外赴任者は契約できないとの事。明治安田の担当の方はLA(3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険)を勧めています。この保険は終身部分がいくらになるかわからないので入らずにと思ったのですが、この状態ではこの保険に変換する以外方法はないのでしょうか? 主人 40歳、妻 39歳、子供(12歳、10歳)です。どうぞよろしくお願いします。

  • 主人の保険、このままで良いのでしょうか?

    私の保険で質問していて、保険の切り替えに悩んでいたら、主人の保険も不安で、心配になってきたので、ご相談したいと思い質問しました。 主人28歳、妻31歳、子供2歳 ニッセイ終身保険(重点保障)更新型 死亡・高度障害時・・・200万円×10+一時金1500万円 主契約保険金額(終身保険金額):100万円 定期保険特約保険金額(死亡、高度障害時):900万円 生活保障特約(死亡、高度障害時):10年間、毎年200万円 三大疾病保障定期保険特約:300万円 疾病障害保障定期保険特約:200万円 特定損傷特約:1回につき5万円 通院特約:日額3000円 新災害入院特約・短期入院特約:日額8000円 新入院医療特約・短期入院特約:日額8000円 リビング・ニーズ特約つき 現在は、保険料10,492円、次回39歳更新時18,377円 次回の更新時に、20,000円以内に抑えたいなら、 特約を色々削って、算出してみましょう。 と言うニッセイさんの意見でした。 しかし、掛け捨て部分が大きすぎるかな?と思うのです。 39歳の時はいいけど、次の更新時は??あと、定年後は、支払いが大変になるのでは?とも、思います。 もし、もう一人、子供が出来て、教育費にかかり、支払えるのでしょうか? 新たに、3大疾病つきの医療保険の終身、がん保険に入り、こちらのニッセイの終身保険は特約をなくし、死亡時の金額を抑えようと思うのですが、駄目でしょうか?この保険自体辞めた方がいいでしょうか? ちなみに、年金保険(生存保障重点型年金)を60歳満了で、11,901円払っています。年金年額72万円 こちらは、解約しないつもりです。でも、別物として考えた方が良いですよね。