• 締切済み
  • すぐに回答を!

大学の分析化学の問題。非常に困ってます。。。

今期末テストの過去問解いてるんですが全然わかりません。教えてください! 1.0,0100M EDTA溶液を100ml調整するのに何gのNa2CH2Y・2H2O必要か。   Ans 0,3723g 2、CaイオンおよびMgイオンを含む天然水100mlにpH10のNH4Cl-NH4OH緩衝溶液を2~3molとBT指示薬を加え、0,0100M EDTA標準溶液で滴定した。20.0ml滴定したところ最後の一滴で赤から青に変色した。水の硬度を求めよ。ただし水の硬度はCaイオンとMgイオンの含量の当量を測定し、これが全てCaイオンであると考えて求められる。CaO 1mg/100mlを硬度1とする。   Ans 2.50×10の-5乗 M 2については緩衝溶液は2~3mlとアバウトに書かれていますので、ただ、緩衝溶液を加えたこと自体が重要で量はさほど問題になっていないと思われます。 4行目のCaイオンとMgイオンを全て同じと考えられる、とあるので2つわけて考える必要はなさそうです。ここまでは(合っているか否かはわからないけど)推測できたのですがわかりません。 1につきましてはEDTAは1/1000mol必要だと思うのですが水和してますので、その分薄まってしまいますよね。そこはどう計算したらよいのでしょう?

noname#12708

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数147
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#62864

1は結晶水の分も含めて重さを計算すれば良いのではないですか。つまり、Na2CH2Y・2H2Oの1/1000モルを計算すると言うこと。(Na2CH2Y・2H2Oという表記が意味不明ではありますが、これをEDTAと考えた場合の話です) 2.EDTAの濃度に、滴定に要した量をかければ、Ca2+とMg2+のモル数が計算できます。これから、それらをCaOに換算した場合のmg数(すなわち全硬度)が計算できます。 ただ、ここで書かれている答えは明らかに違います。そもそも硬度にMという単位はつきません。 ・・・率直に言ってこれは高校レベルの計算だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分析化学の問題です

    自力でしようとしましたが、さっぱりです。 教えてください。 1次準物質としてCaCO₃の0.4108gを秤量し、これを塩酸に溶解したのち全量を500mLとした。この溶液の25.00mLをとり、pH10 EBT指示薬で濃度未知のEDTAで滴定したところ、20.52mL必要であった。EDTAのモル濃度を求めよ。 また、このEDTA溶液を用いて、Ca²⁺とMg²⁺を含む検水50.0mLをpH10で滴定したところ10.25mL必要であった。次に同じ検水50.0mLにKOHを加えてpHを約13とし、EDTAで滴定したところ、7.93mL必要であった。これらの結果からこの検水の全硬度(水100mLにCaOが1mg含まれる時の水の硬度を1とする。)を求めよ。また、CaCO₃およびMgCO₃の濃度をppmで求めよ。

  • キレート滴定の硬度の計算について考えています。

    キレート滴定の硬度の計算について考えています。 ミネラルウォーター50CM3を試料にEDTA溶液でキレート滴定をしたのですが、 硬度の計算がわからなかったため、知恵袋で検索していたところ、方法が2つ見つかりました。 (1)硬度=(Caのモル濃度(mol/l) + Mgのモル濃度(mol/l))× CaCO3の分子量 (2)硬度=(Caのモル濃度+Mgのモル濃度)×100×1000(mg/L) (1)と(2)の方法の違いについて解説して頂きたいです。 また、テキストに「カルシウムイオンとマグネシウムイオンの総和のモル濃度はすべてカルシウムイオンであるとして硬度を求めよ」とありました。これは何を示しているのかも教えていただきたいです。 また、Caイオンのモル濃度を求める式は EDTA溶液のモル濃度×(EDTA溶液の滴定量/1000)= C(Caイオンの濃度)×(50/1000) この式で求められますか? 以上3点の質問、よろしくお願いします。

  • 滴定について教えてください

    この問題を教えてください。 検水100.00ccをビーカーにとり、シアン化カリウム溶液(10%)数滴、緩衝溶液2ccとEBT指示薬溶液を数滴加える。これをよく振り混ぜながら0.01M(f=1.010)EDTA標準溶液で赤→青の変色を終点として滴定したところ20.00ccを要した。この水のドイツ硬度およびCaCO3ppm硬度はいくらか。 答えはドイツ硬度 11.3° CaCO3ppm硬度 202.2°です。 答えを求めるまでの式がわからないので教えてください。よろしくお願いします。

  • 大至急!水の硬度測定について質問です

    大至急!水の硬度測定について質問です 水のカルシウム硬度と全硬度を求める実習を行ったのですが、 計算式にある「1,0」がわかりません。 全硬度の式 H(ml/l)=a×f×1000/I×1,0  ←ここの1,0 H:全硬度 a:1/100M EDTA溶液滴定使用量 f: EDTAのファクター I : 検水の量 カルシウム硬度も同様・・・。 ちなみに全硬度にはアンモニウムーアンモニア緩衝溶液、エリオクロムブラックT指示薬を加え、 カルシウム硬度にはKOH、NANA指示薬を加えています。

  • キレート滴定で

    硫酸マグネシウム溶液と硫酸亜鉛溶液をそれぞれ単独で、0.1mol/dm3EDTA溶液で滴定して、それぞれの濃度を求めました。次に、上記の2つの溶液を同体積混合し、pH=10とpH=5の緩衝溶液を用いて先のEDTA溶液で滴定し、マグネシウムイオンと亜鉛イオンの濃度を求めましたが、単独で滴定した時の濃度より、亜鉛イオンは高く、マグネシウムイオンは低くなってしまいました。 何故ですか?教えてください。。。

  • キレート滴定の問題でわからない事があります

    実験で、 「Ca2+とCu2+を含む試料溶液50.0mLを0.0100mol/L EDTA溶液で両イオンを滴定したところ、36.2mLを要しました。 次に別にこの試料溶液50.0mLをとり、KCNでCu2+をマスキングした後、同じEDTA溶液でCa2+のみを滴定したところ、19.7mL要しました。」 以上のからCa2+とCu2+の濃度(mg/L)が求めれるそうなのですが、どのようにして求めたら良いのでしょうか? 色々調べてもわからないので、修士の方に聞いたところ、 「CaとCuの原子量を使うよ!これがヒント!」 とだけしか言われませんでした。 ちなみに私が考えたのは… Ca2+の濃度X(mol/L)として、ほとんどの金属イオンはEDTAとモル比1:1で金属イオンを作成するので X×50.0=0.0100×19.7 X=3.94×10^3 Cu2+を濃度Y(mol/L)として、EDTA 36.2-19.7=16.5mLがCu2+反応するので… と高校の逆適定の要領で考えようと思ったのですがやっぱ無理ですよね…50.0mL中何mLがCu2+か分かってないですし…そもそもこれでは修士の方に頂いたアドバイスの原子量を使ってませんし…また(mg/L)で答えなければならないとこも混乱します。 わかる方居られましたら、どうか教えてください。

  • 水の硬度測定

    実習で行った水の硬度測定なのですが,わからないことがあり困っています。 試料,操作手順はこのようにして行いました。 (1)試料水(水道水)100mlに ・ユニバーサルBT(アンモニア緩衝液とEBT試薬の混合試薬)2mlを加え (2)0.01mol/l EDTA溶液で滴定 私の市の水道水は硬度35~36を辺りを基準にしているようなのですが,1回目の滴定では硬度110という結果になりました。 これはおかしいと思い,1回目に水をとった時と同じ蛇口の水を使用してもう一度滴定を行ったところ38.1と特に問題ない結果になりました。 念のため違う蛇口の水も滴定してみましたがこれといって問題もなく,数値がおかしくなったのは最初の一回だけでした。 実験で用いたビーカーやビュレットは,すべてとも洗いをして使用しました。 1回目の数値がおかしくなった原因として考えられることがありましたら,回答よろしくお願いします。

  • 水硬度

    実験室で水の硬度測定(滴定実験:水道水にEBTを加えEDTAで滴定)の実験をしようと思います。その時、使う器具は実験室内の水で洗浄されて乾燥してます。その器具を洗わず実験器具で滴定を行った場合、正確な結果はでますか?それとも、一度水道水で共洗い(?)したほうがいいですか? また、水道水50.00(cm3)を0.00533MのEDTA溶液で滴定を行った結果、8.13(cm3)で終点になりました。 このとき、水道水に含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンは何モルですか? 水(ppm)の硬度は、どのぐらいですか?(水の密度=1.00g/cm3) ヒント・導き方お願いします

  • キレート滴定実験について

    実験で、水道水100mlに8MのNaOH8mlとNN指示薬を加え、1/50MのEDTA標準液で滴定したのですが,カルシウムイオンのみが滴定され、マグネシウムイオンが滴定されませんでした。なぜでしょうか?また、なぜNaOHを加えたのでしょうか? あと、EDTA液の中にアンモニア緩衝液をいれて、亜鉛標準液で滴定したのですが、なぜアンモニア緩衝液を入れたのでしょうか? お答えできる方いらっしゃいましたら、お返事お願いします。

  • キレート滴定

    キレーと滴定の際にCa2+を定量しました。このとき Mg‐EDTA溶液を加えていたのですがなぜEDTA標準溶液だけではいけないのですか?Mg2+溶液の定量では後者だけしか入れなかったので疑問に思いました。