• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

第一種低層専用住宅地域、壁面後退1mの対象建物は

第一種低層専用住宅地域の、壁面後退1mに指定されている住宅地に住んでいます。 ここでの壁面後退1mの対象になる建物は、母屋の他、離れのプレハブや壁で囲ったガレージも対象になりますか。 何平方メートル以上の建物が対象になるといった、基準がありますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4303
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#96725

ご質問は二種類ですね。 条文の解釈; これは難しく考える必要はありません。私の説明も含めて素直に言葉通りに受け取ってください。 どちらのご質問もその通りです。 法の運用の問題; これは難しい問題で、一介の建築士があれこれ言える問題ではなさそうです。 これから新築を建てる場合は違法建築では許可が下りませんから良いのですが、小規模の改築で 違法建築になってしまう場合は強制的に原状復帰させる事が出来るかどうか。 貴方がそれによって精神的金銭的被害をこうむる場合は別段の方法があるとは思いますが、 法律の運用問題に関しては責任を持った回答が出来ませんからしかるべき役所でご相談されるのが間違いないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 第一種低層住居専用地域の後退距離について

    初めまして、宜しくお願いします。今回第一種低層住居専用地域へ義父が家を建てる事となったのですが、外壁の後退距離として1m必要だと市から指導が有りました。 ただその土地には元々前の土地所有者の車庫(35m2程)が境界線に沿って30cm程度しか離れず建っています。38年程前に建てられた様ですが。 これは問題無いのでしょうか。問題ある場合取り壊さなくてはならないのでしょうか。問題無ければ使いたいそうなのですが。 宜しくお願いします。

  • 第一種低層住宅専用地域の庭の倉庫は建築確認が必要ですか?

    第一種低層住宅専用地域に住んでおりますが、庭に倉庫兼趣味の作業場として電源を備えた8平方メートル程度のプレハブを建てようかと検討しております。 10平方メートル以下の増築の場合、建築確認が不要であるとまでは、何とか調べがつきました。 そこで教えていただきたいのですが、 1.建築確認が不要なのは、第一種低層住宅専用地域であっても同じなのでしょうか? 2.その他、法令などに抵触するような違法性(問題点)はないのでしょうか? なにぶん素人につきご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 第一種低層住居専用地域の外壁後退について

    こんにちは。 建築条件付きの土地を契約して、間取りの話し合い中 です。73坪の正方形の土地を二分しての長方形の土地 になります。 その地域は35年前に開発された第一種低層住居専用 地域で、坪数も60から70が多かったのですが、 やはり、その坪数だと高額になるようで、半分に割った 土地で販売されることも増えてきてるようです。 私たちもその一つをこうにゅうしたのですが、参考プラン を見ると隣家の境界から20cmしか離れていない家の 様です。勉強不足だったのもあるのですが、第一種低層 住居専用地域では1m外壁後退がいるそうなので、その プランでも大丈夫なのでしょうか?工務店さんが持って 来たプランなので違反はないと解釈したいのですが。 同じように建っている他の家は隣家から40cm位は開いて いるので、できればその位はあけたいのですが、何だか 色々出て来て不安になってます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#96725

こんにちは。恵まれた環境にお住まいですね。 対象になるのは全ての建物ですが、わずかですが例外がありますのでそれをご紹介します。それ以外は建築不可能です。 例外1:敷地の外壁後退範囲内にとび出した部分の外壁、又はこれに代る柱の中心線の長さの合計が3m以下の場合。 これは例えば出窓などを想像して下さい。建物が敷地限界から1mというぎりぎりに建っていたとして、そこから奥行き50センチで幅が1.8mの出窓があったとします。するとその外壁の長さは(0.5m×2)+1.8m=2.8m<3mとなってこれならOKです。 例外2:軒高2.3m以下で、尚且つ、床面積の合計が5m2以内の建物 普通の家の床から天井までの高さが2.4mくらいですからこの制限をクリアするのはもう物置程度ですね。広さが5m2なら畳3枚分くらいです。注意しなければならないのは<且つ>でつないでありますから高さと広さの数値の両方を同時に満たさねばならないことです。逆に言えばその条件をクリアすれば第一種低層住宅専用地域に立てられる建築物でありさえすればどのような建物であっても良いということですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

大変分かりやすく教えて頂き、頂きありがとうございます。  実は、当方が不在中に、隣家が壁面後退を守らずに、境界線ぎりぎりに母屋を建て増ししてしまったことから、質問させて頂きました。境界面の横幅は9m幅が、境界ぎりぎりの状態で、土木事務所に連絡したところ、土木事務所は隣家に対して、取り壊せと強く指導してくれたそうですが、壊す金がないからと、そのままの状態で使用されていて困っています。このまま泣き寝入りするしかないのが、実情でしょうか。 >例外1:敷地の外壁後退範囲内にとび出した部分の外壁、又はこれに代る柱の中心線の長さの合計が3m以下の場合。  この意味は、境界線ぎりぎり建てた建物は、例え境界面での幅が1.1mであっても、出っ張り分の奥行きが1.0mと1.0mあれば、合計で3.0mを越して、アウトという意味で宜しいでしょうか。 >例外2:軒高2.3m以下で、尚且つ、床面積の合計が5m2以内の建物  近くに、側壁をコの字型にブロックを積み上げ、屋根もコンクリート製のカーポートが境界ぎりぎりに設置されています。この場合、軒高は2m位でしょうが、床面積が5m2を超えていれば、違反建築物になるのでしょうか。  以上何卒宜しくお願い申し上げます。

関連するQ&A

  • 第一種低層住宅専用地域に倉庫

    第一種低層住宅専用地域に、住宅と一体の業務用倉庫は建てれますか? 一階の一部をシャッター付きの倉庫にして、業務材料を入れる倉庫にするものです

  • 第一種低層住居専用地域の利用って?

    家の近所にあるアパートの1階部分で新聞販売店が営業を始め、騒音(特に深夜)で大変困っています。 私の住んでいるのは第一種低層住居専用地域で、問題の新聞販売店の建っている土地も同様です。 第一種低層住居専用地域は、建物を建設する際に色々と制限がある土地で、店舗などを建設する場合には、住宅施設と共同の建物であることが前提となるそうです。 更に、店舗として使用するのが建物全体の2分の1以下であることと、店舗の床面積が50m2以下であることが要件となるそうなのですが・・・ 問題の新聞販売店は従業員(アルバイト含む)が総勢70人もいる店舗で、アパートの1階部分を全て使用しています。 建物自体の大きさから見ても、とても床面積が50m2以下には見えません。 そこで質問です! 第一種低層住居専用地域というのは、建物を建てる際には色々と制限があるものの、既存の建物での店舗の営業についてはとくに制限がないのでしょうか? 大型トラックや配達のバイクが深夜でも多数出入りし、就寝中に騒音で目が覚めてしまうこともしばしばです。

  • 室内テニスコートを第一種低層住宅専用地域に作れる?

    第一種低層住宅専用地域(調整区域ではない)に (1)テニスコートのみは作れますか? (2)室内テニスコート(高さ10m以下)は作れますか? (3)住宅、宿泊施設と合体したテニスクラブは作れますか?

  • 第一種低層住居専用地域で 建ぺい率50% の場合において

    第一種低層住居専用地域で 建ぺい率50% の場合において (角地ではありません。) 62坪の土地を2つに分けた建売を検討中です。 A 土地30坪 建物28坪 B 土地32坪 建物29坪 とありますが 建ぺい率違反ではないでしょうか? もし許されるとしたら どうのような根拠によるものでしょうか?

  • 第一種低層住宅専用地域でのアロマサロン開業について

    自宅でアロマセラピーのサロンを開業したいと考えています。 しかし、住宅のある土地の用途地域が第一種低層住宅専用地域のため、開業すると建築基準法違反になってしまうと市役所から言われました。 国家資格のある病院や針灸院、美容院はもちろん、銭湯まで開業できて、アロマサロンは開業できないのは、法律上仕方ないとはいえ多少納得できません。それに実際は、第一種低層住宅で開業されている方も少なくないと思います。法律が現状に追いついていないように感じます。 この状況を打開して、一種低層で合法に開業することはできないものでしょうか。また実際に現在開業されている方の工夫や、行政機関・近隣住民への対応方法などあればアドバイス欲しいです。

  • 第一種低層住宅専用地にレンタルハウスはたてれますか?

    第一種低層住宅専用地にレンタルハウスはたてれますか? すんでいる団地の近所に最近レンタルハウスといって1日ごとの金額でかす家があります。 転勤されるのかとおもったらHP,折込チラシ、TVロケなどでレンタルハウスでかすことがかかれてあります。 もともとは住居ですが レンタルハウスにするとなると住宅兼店舗というより家1つまるごとです。 質問1.第一種低層住宅専用地の基準にあうのか? 質問2.こういうレンタルハウスの位置づけは簡易宿泊所にあたるのか?その場合届出はいらないのか? まずは対話で話し合いとはおもいますが法的にどんなものかわかれば話し合いもしやすいのではないかとおもい質問しました。よろしくおねがいします。

  • 第一種低層住居専用地域に9階建てのマンション?

    週末に新聞に折り込まれたマンション広告を見ていたら、 用途地域に「第一種低層住居専用地域」と記載がありました。 このマンションは地下1階地上9階建てです。 第一種低層住居専用地域は高さ制限が10mか12mだと思うのですが、 この地域に9階建てのマンションを建てることは可能なのでしょうか? 何か特例などがあるのでしょうか? このマンションを購入予定ということではなくて、 現在、一年前に購入した戸建に住んでおり、南側が広大な畑になっています。 地主さんのお話では畑をお止めになる予定はないとのことでしたが、 いつどうなるか分からないと考えています。 でも、第一種低層住居専用地域なので、 最大12m以上の建物は建たないだろうということで購入に踏み切りました。 ですが、第一種低層住居専用地域でも広告のマンションのような 9階建てを建てられるとなると、 もしそんなことになったら我が家はどうなってしまうのだろうと不安になり、 質問させていただいた次第です。 お分かりの方いらっしゃいましたら、お知恵をお貸しください。 よろしくお願いいたします。

  • 第一種低層住居専用地域で建設できる建設

    隣の空き地が売却される事になり、用途地域によって建設できる建物を調べています。 葬祭場や宗教施設などそういった不特定多数の人が集まる集会場が 第一種低層住居専用地域に建設できるのかどうか、色々調べても良く分かりません。 どなたがご教授お願いします。

  • 第一種低層住居専用地域に焼き鳥屋

    店舗兼住宅ではなく傾斜地になっている裏庭の下に入口のシャッターが4面分の広さがある駐車場が有ります(殆ど庭全体分で上には土を盛っています)そこを利用して持ち帰り焼き鳥を始めました。これは30数年前に作ったので当時はそれでもよかったのかが知りたいのです。ただ焼き鳥屋は4年くらい前から突然始めました。裏庭の前にもバスが通る広い道があり看板も出しています。周りは第一種低層住居専用地域なのでぽつんと店がある状態です。

  • 第一種低層住居専用地域について

    第一種低層住居専用地域の規制について教えて下さい。 親子共に空手を習っているので、趣味の部屋として稽古場を作ろうと思っています。 1、当面は自分たちの稽古のみの使う予定ですが、 2、将来的にはそのスペースを使って珠算教室とか少年空手とかあるいは、主婦を対象にボクササイズ的な場を地域貢献も含めて格安で開きたいとも考えています。 そのスペースは今のところ50m2以上を考えているのですが、そこで質問です。 1の用途でも運動施設として扱われてしまうでしょうか?(サンドバックも付けようと思っています。) 2の用途は認められるのでしょうか?その場合は50m2以下でないとダメですか? 土地を探し始めたばかりで何も分からない素人なのでよろしくお願いします。