• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

第一種低層住居専用地域について

第一種低層住居専用地域の規制について教えて下さい。 親子共に空手を習っているので、趣味の部屋として稽古場を作ろうと思っています。 1、当面は自分たちの稽古のみの使う予定ですが、 2、将来的にはそのスペースを使って珠算教室とか少年空手とかあるいは、主婦を対象にボクササイズ的な場を地域貢献も含めて格安で開きたいとも考えています。 そのスペースは今のところ50m2以上を考えているのですが、そこで質問です。 1の用途でも運動施設として扱われてしまうでしょうか?(サンドバックも付けようと思っています。) 2の用途は認められるのでしょうか?その場合は50m2以下でないとダメですか? 土地を探し始めたばかりで何も分からない素人なのでよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数808
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • billy65
  • ベストアンサー率48% (39/80)

>教室は開かないにしても、自分の稽古場としては使用したいのでサンドバッグを叩く音はします。住民感情を考えると「なんでこの場所で?」となってしまうかもしれませんね。 >そう考えると初めから住居地域で探した方がよいですかね? よく分からないのですが、そういう土地なら周りの住民も「仕方ない」とある程度は許容してくれるものですかね? そうですね…そういう感じはあると思いますね。 まずは、法や関係規定で問題無い条件下であれば、仮に行政や警察などにクレームをつけた人がいても、行政側も対応してくれるでしょうし、理解されやすいでしょうね。 でも、どんな地域や場所でも、例えば、格闘技嫌いであったり、クレーマーのような人だったり…いわゆる変わり者といわれる方がまれに存在するので、お隣ご近所情報は大切かも知れませんね。 一方で、住みながら、顔の見える関係ができてくれば、解決していくこともあるかもしれませんし…。 地域のためになにかしていきたい、というおもいがあれば、きっとそのあたりはうまくやっていけるかなと想像します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 条件の合う土地探しで一杯一杯で、ご近所情報まで手が回るかどうか分かりませんが、 じっくり探してみたいと思います。

関連するQ&A

  • 第一種低層住居専用地域

    お世話になります。 第一種低層住居専用地域の家と事務所について質問です。 現在、自己所有の敷地内に、平屋の自宅と、2階建て事務所(自宅とは別棟)があります。 事務所は元々、小さい倉庫だったものを少しずつ増築して、今では床面積計60平米程度にまでなっています。簡単に言うと配送業なのですが、1Fは倉庫、2Fが事務所になっています。 土地は第一種低層住居専用地域です。 駐車場は隣の駐車場を10台分借りています。 このたび、自宅と事務所の改築を検討しています。 第一種低層住居専用地域ですので、規制的に難しいようであれば、良い方法があれば教えていただきたく宜しくお願い致します。

  • 第一種低層住居専用地域に9階建てのマンション?

    週末に新聞に折り込まれたマンション広告を見ていたら、 用途地域に「第一種低層住居専用地域」と記載がありました。 このマンションは地下1階地上9階建てです。 第一種低層住居専用地域は高さ制限が10mか12mだと思うのですが、 この地域に9階建てのマンションを建てることは可能なのでしょうか? 何か特例などがあるのでしょうか? このマンションを購入予定ということではなくて、 現在、一年前に購入した戸建に住んでおり、南側が広大な畑になっています。 地主さんのお話では畑をお止めになる予定はないとのことでしたが、 いつどうなるか分からないと考えています。 でも、第一種低層住居専用地域なので、 最大12m以上の建物は建たないだろうということで購入に踏み切りました。 ですが、第一種低層住居専用地域でも広告のマンションのような 9階建てを建てられるとなると、 もしそんなことになったら我が家はどうなってしまうのだろうと不安になり、 質問させていただいた次第です。 お分かりの方いらっしゃいましたら、お知恵をお貸しください。 よろしくお願いいたします。

  • 第一種低層住居専用地域の高さ制限について

    第一種低層住居専用地域で高さが 10mから12mか調べる方法はあるでしょうか? 第一種低層住居専用地域の物件を買おうか迷っています。 南側に1.2mぐらいの庭先にブロック塀があり、その先に 一階建ての古い平屋が10軒くらい連なっているのですが 近いうちに立替があると予想されます。その土地一帯も 第一種低層住居専用地域ですが、 3階立てが立つ可能性はあるでしょうか? 3階立てが立たれると日当たりが悪くなりそうで怖いです。 仮に3階立てが新築される場合、敷地の境はある程度 スペースが空き日当たりが確保されるのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • billy65
  • ベストアンサー率48% (39/80)

建築基準法施行令第130条の3「第一種低層住居専用地域内に建築することができる兼用住宅」 という項を参照してみてください。 http://www.houko.com/00/02/S25/338.HTM#s6 法上の「兼用住宅」として、 珠算教室は、問題ないですね。 空手教室やボクササイズとなると、自治体の建築指導課などに電話で問い合わせしてみると早いかと思います。 法の趣旨は、閑静な街並みを守ることでしょうから、 どのくらいの音がするのか?音の出る時間は?一度にどのくらいの人が集まるのか? 原動機などの低振動音などはないか? ご近所からうるさいなどとクレームにならない処置を考えてもらいたいなど…の話は出るでしょう。 一種低層の中でも、風致地区指定が3段階あるはずで、より環境重視度の高い第一種風致地区だと、そのあたりの指導も厳しいものになると思いますが、2種かあるいは3種で、比較的交通量のある道路沿いで、地域区分の分かれる付近だったりすると、地域事情を勘案して、案外実現できたりするかもしれません。 法文以上の用途は、その都度相談ってことですね。 参考になりましたでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。 >空手教室やボクササイズとなると、自治体の建築指導課などに電話で問い合わせしてみると早いかと思います。法の趣旨は、閑静な街並みを守ることでしょうから そうなんですよね。法的に認められる範囲だとしても、近隣に迷惑がかかる音を出してしまうと、閑静な住宅を想定していた住民から苦情が来そうです・・・ トラブルになっては住みづらくなってしまいますし、そもそもあくまで仕事の片手間で、近所の人に何らかの形で貢献できれば、程度の気持ちですので、トラブルになってしまっては意味がないです。 教室は開かないにしても、自分の稽古場としては使用したいのでサンドバッグを叩く音はします。住民感情を考えると「なんでこの場所で?」となってしまうかもしれませんね。 そう考えると初めから住居地域で探した方がよいですかね? よく分からないのですが、そういう土地なら周りの住民も「仕方ない」とある程度は許容してくれるものですかね?

  • 回答No.3

>運動施設に当たるからダメとのことでしたが 店舗とは 不特定多数の人が 集まる施設 での営業行為など 言います。 http://www.city.shiki.lg.jp/html/benri/toshikeikaku/sikitoshikeikaku-yogo.htm 業種については 市町村、県などに 建築関係例記集に 記載されている場合があります。 確認してみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >店舗とは不特定多数の人が集まる施設での営業行為など言います。 ということは月謝を取るような場合だと「不特定多数」には当たらないので、 店舗とは言わないという事でよろしいでしょうか? 業種について確認してみます。

  • 回答No.2

法別表第二(い)項第二号(法第八十七条第二項 又は第三項 において 法第四十八条第一項 の規定を準用する場合を含む。)の規定により 政令で定める住宅は、 延べ面積の二分の一以上を居住の用に供し、 かつ、次の各号の一に掲げる用途を兼ねるもの (これらの用途に供する部分の床面積の合計が五十平方メートルを超えるものを除く。)とする。 面積規定(50m2まで、かつ、全体の半分まで)に注意 ・上記の業種は、いわゆる人間相手のものであり、動物系は不可 今すぐに兼用住宅を建てる人も、今すぐの予定にはないが 将来兼用住宅になる可能性がある人も、 この用途制限に該当するのかしないのか要注意です。 http://www.architectlaw.net/09/09_02.html と言うことで 1=可能 2=50以下で可能 です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 NO.1の方の回答で2について「少年空手」とか「主婦を対象にボクササイズ的な場」は運動施設に当たるからダメとのことでしたが、 50m2以下なら大丈夫なのでしょうか?(つまり、このケースは運動施設に当たらないのでしょうか?)

  • 回答No.1

http://ja.wikipedia.org/wiki/第一種低層住居専用地域 を元にお答えします。 1.個人使用では「運動施設」には該当しませんので使用可能です。 2.「珠算教室」は可能ですがその他「少年空手」「主婦を対象にボクササイズ的な場」は運動施設になりますのでダメです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 検討し直す余地がありそうです。

関連するQ&A

  • 第一種低層住居専用地域の利用って?

    家の近所にあるアパートの1階部分で新聞販売店が営業を始め、騒音(特に深夜)で大変困っています。 私の住んでいるのは第一種低層住居専用地域で、問題の新聞販売店の建っている土地も同様です。 第一種低層住居専用地域は、建物を建設する際に色々と制限がある土地で、店舗などを建設する場合には、住宅施設と共同の建物であることが前提となるそうです。 更に、店舗として使用するのが建物全体の2分の1以下であることと、店舗の床面積が50m2以下であることが要件となるそうなのですが・・・ 問題の新聞販売店は従業員(アルバイト含む)が総勢70人もいる店舗で、アパートの1階部分を全て使用しています。 建物自体の大きさから見ても、とても床面積が50m2以下には見えません。 そこで質問です! 第一種低層住居専用地域というのは、建物を建てる際には色々と制限があるものの、既存の建物での店舗の営業についてはとくに制限がないのでしょうか? 大型トラックや配達のバイクが深夜でも多数出入りし、就寝中に騒音で目が覚めてしまうこともしばしばです。

  • 第一種低層住居専用地域について、、教えてください!

    うちの近辺は第一種低層住居専用地域になっています。 当然色々制約があるのですが、道路をはさんで向かいに家が2軒建つとします。 我が家からは見ると南側です。 第一種低層なので、2階以上は無理なはずなのですが、そこは1階に駐車場を造り、 その上に2階建ての住居を造ることは可能ですか? 外見上は3階建てのような家になります。 また、さらに高台になっている所にも家が建つとなると、完璧に我が家からは太陽が隠れてしまうのですが、この場合日照権などは問題ありませんか? そもそも高台がある場合、建築基準を満たされていれば、日が当たらない家があっても 日照権の問題とはならないのでしょうか? うまく説明できず、申し訳ありません。 専門の方がいましたら、ぜひとも教えて頂きたいのでよろしくお願いします。

  • 第一種低層住居専用地域 について

    第一種低層住居専用地域に家を建てる場合、3階建ては無理でしょうか? 建築関係に詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。 ちなみに、けんぺい率60%、容積率80%です。 1階を全部駐車場にして、2階3階を自宅にしたいのですが、無理でしょうか? よろしくお願いします。

  • 第一種低層住居専用地域でNPO事務所設置

    第一種低層住居専用地域でNPO事務所設置 第一種低層住居専用地域 店舗がほとんど建てられない。コンビニもダメ。 とのことですが、NPO事務所を設けるのは可能でしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 第一種低層住居専用地域で建設できる建設

    隣の空き地が売却される事になり、用途地域によって建設できる建物を調べています。 葬祭場や宗教施設などそういった不特定多数の人が集まる集会場が 第一種低層住居専用地域に建設できるのかどうか、色々調べても良く分かりません。 どなたがご教授お願いします。

  • 第一種低層住居専用地域で 建ぺい率50% の場合において

    第一種低層住居専用地域で 建ぺい率50% の場合において (角地ではありません。) 62坪の土地を2つに分けた建売を検討中です。 A 土地30坪 建物28坪 B 土地32坪 建物29坪 とありますが 建ぺい率違反ではないでしょうか? もし許されるとしたら どうのような根拠によるものでしょうか?

  • 第一種低層住居専用地域に材木屋の材木倉庫

    第一種低層住居専用地域に材木屋の材木倉庫があります。 建築基準法違反ではないでしょうか?

  • 第一種低層住居専用地域でのピアノ教室について

    第一種低層住居専用地域に住んでいます。 建売りに越してきた隣の方が、周りに声ひとつかけることなく最近ピアノ教室を始められました。 生徒はまだ6人程。 建売りなので防音の対策など全くしておらず、音漏れに困っています。 ピアノもフローリングに直接置いています。 通りに面している大きな窓は閉めていますが、それは車が通るとレッスンに差し支えるからで特に周辺住民に配慮してのことではないようです。 トイレや風呂場、キッチンなどの小窓はいつも全開で、そこからもかなり音漏れしている模様。 この場合「一種低層住居専用地域なのだから、教室をする場合防音対策は必須」と要求することができるのでしょうか? それとも単に「トイレなどの小窓も閉めて」くらいしか言えないのでしょうか・・・ どうしようかと大変困っています。 調べてもイマイチよくわからないのでご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけませんか?

  • 第一種低層住居専用地域の外壁後退について

    こんにちは。 建築条件付きの土地を契約して、間取りの話し合い中 です。73坪の正方形の土地を二分しての長方形の土地 になります。 その地域は35年前に開発された第一種低層住居専用 地域で、坪数も60から70が多かったのですが、 やはり、その坪数だと高額になるようで、半分に割った 土地で販売されることも増えてきてるようです。 私たちもその一つをこうにゅうしたのですが、参考プラン を見ると隣家の境界から20cmしか離れていない家の 様です。勉強不足だったのもあるのですが、第一種低層 住居専用地域では1m外壁後退がいるそうなので、その プランでも大丈夫なのでしょうか?工務店さんが持って 来たプランなので違反はないと解釈したいのですが。 同じように建っている他の家は隣家から40cm位は開いて いるので、できればその位はあけたいのですが、何だか 色々出て来て不安になってます。

  • 第一種低層住居専用地域の家を会社にしたいのですが。

    第一種低層住居専用地域の土地を購入する予定です。その土地には2棟の独立した住居があります。一つを家(80平米)にして、一つを会社(120平米)にしようと思っております。ちなみに隣の家とはやや距離があります。 株式会社で自分以外に社員は3人います。 洋服を作る会社ですので、小売りはしません。使用するもの布、紙、鋏、ミシン、アイロンです。 音、匂いは出ませんし、危険物等も使用しません。来客もほぼありません。 近隣への影響と言えば、生地が運び込まれたり、製品の服の発送があるので運送会社は毎日来て、大きな荷物の出し入れがあります。敷地内に車は止められるので道路に関する部分で迷惑にはならないと思われます。 第一種低層住居専用地域について調べたところ、兼用住宅ということで『非住宅部分の床面積が、50m²以下かつ建築物の延べ面積の1/2未満のものなら可能』とありました。 それに従うと1棟(120平米)を会社に使用する事は不可になると認識した方が良いのでしょうか? もしくは50平米で使用するという呈で届けを出して、実際はそれ以上の面積を使用しても良いのでしょうか?(駄目だと思いますがグレイゾーンなのでしょうか?) 詳しい方がおりましたら、教えて下さい。 よろしくお願い致します。