締切済み

【英会話】me too, you too どっち?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.154799
  • 閲覧数1463
  • ありがとう数16
  • 気になる数1
  • 回答数15
  • コメント数0

お礼率 15% (3/19)

Nice to meet you の答え方として「Nice to meet you, too」を略して「You too」となりますよね。なんで me too にならないのか、イマイチ理解していませんが、それは暗記するとして、次が私の質問です…

I love you. の対する答えは 「私も」と言いたいとき I love you, too. とフルで答えずに省略するには「me too」「you too」どちらなのか困惑しています。

お分かりの方いらっしゃれば、教えて下さい。できれば何故そうなのかも教えて頂けませんか。宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数15
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全15件)

  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 21% (25/114)

全然はずしてるかもしれませんが、"Nice to meet you."って、"I'm nice to meet you."じゃなくて、"It's nice to meet you."じゃないですか? だとすると、この文の中にはIもmeもないですから、当然”Me too."にはなりえないですよね。(かといって"You too."になるかというとちょっと疑問ですが。)
"I love you, too."の場合はやはり"Me too."ですね。大事なのは自分の気持ちを明らかにすることですから。

  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

 
  Wendy さんが言われているように:
 
> "Nice to meet you."って、"I'm nice to meet you."
> じゃなくて、"It's nice to meet you."じゃないですか?
> だとすると、この文の中にはIもmeもない
 
  その通りのようです、I'm glad to meet you. という文章があったのでした。しかし、上の文章は、詳しく言うと、
  It's nice for me to meet you.
  だと考えられ、〈わたし〉が受動的だというわたしの解釈を補強することになるのではないでしょうか。
 
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 41% (20/48)

否定の例で恐縮ですが、You've got mail の中でヒロインが同棲相手と別れるときに You don't love me? Me either. と言っています。
だから、相手に I love you. と言われたときの返事は Me too. になるかと思います。
仮に You too. と返事をしたら、別の人からも I love you. と言われていることをほのめかしていると相手に誤解されることは確実です。
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

 
  わたしは口語の英語というか、会話の英語は殆ど分からないのですが、おそらくこういうことなのだろうと言う考えを述べて見ます。
 
  I love you. に対し、「私も愛しているわ」というのは、I love you, too. で、略して Me too. に間違いないと思います。この場合、You too. とは言わないはずです。それが自然だからです。つまり、相手の「I」は主語で、「相手のワタシ」であり、それに対し、私も愛しているわ、という時の「I」も主語で、この場合は、「私のワタシ」ということになります。略すると、I too. でよいと思いますが、慣習的に Me too. と「me」を使うようです。
 
  疑問に思われているのは、Nice to meet you. に対し、「私も同様です」と答える時、You too. というのは、どういう理由かということでしょう。
 
  これは、多分、I am nice to meet you. が先の挨拶の言葉の略なしの主語を表示した文章だと思いますが、これは「貴方にお会いできて、幸いです・嬉しいです」というような意味のはずです。しかし、I love you. とこの文章は構造が違っていると思えます。I love you. は、「〈わたし〉が《貴方》を愛します」という意味ですが、Nice to...の方は、「〈わたし〉が、《貴方》に会って、〈わたし〉を幸いにする・嬉しくする」ということではなく、「《貴方》が、会見を許してくださり、〈わたし〉を幸いにする・嬉しくさせます」というのが、言葉の表現している内容だと思います。
 
  この場合、〈わたし〉は、受動的で、「《貴方》に会うことを契機にして」、「幸いな状態に置かれました・嬉しい状態になりました」という謙譲的意味構造だと思います。それに対する返答として、You are nice to meet me too. という文章が隠れているというか、前提されているのではないかと思います。「〈あなた〉も、《私》に会って、幸いに・嬉しくしなりましたね」という返答ではないでしょうか。(つまり、相手の述べていることを、自分の立場に立って確認し、相手が、幸いな状態になっているという表明に、肯定を述べているのが、この文章だということになります。従って、「《私》も〈あなた〉にお会いできて幸いです」と答えているのではなく、「〈あなた〉は、《私》に会って幸いだそうですね」と答えていることになります)。この返答の略は、You too.(あなたもまた)になります。
 
  I love you. は、「私」が能動的に、貴方を愛する状態である、ということに対し、I am nice to meet you. は、「私」が受動的に、貴方に会うことで、幸いな状態にされた、という謙譲的意味で、この構文構造の違いにより、返答が、Me too. と You too. になるのではないでしょうか。(どうもこじつけのような気もしますが)。
 
  • 回答No.1

文法的なことは、分からないのですが、ちょっと、英語圏で暮らしたこともあるので、私の感じ方をいうと…

>Nice to meet you の答え方として「Nice to meet you, too」を略して「You too」となりますよね。なんで me too にならないのか、

これは、相手の主語にIは、ありませんね。目的語のyou、あなたに会えて…と言われているので、主格としての私もではなく、こちらも、youあなたに会えてと、youで返しているのだと思います。

>I love you. の対する答えは 「私も」と言いたいとき I love you, too. とフルで答えずに省略するには「me too」「you too」どちらなのか困惑しています。
これは、絶対me too。大事なのは、I love です。ですから、私だって、あなたを…私もよと、me tooで返すはずです。
そう言われたり、言ったり、実際にしたわけではありませんが…映画なんかでも、こんな感じだと思います。
  • 回答No.2

普通の文章でtooの前にmeを持ってこなければいけないという決まりはありません。
Nice to meet you.という文章にはIという主語が省略されているので、「お会いできて嬉しいです。」というあいさつの返事として「私もお会いできて嬉しいです。」の「も」を示しているのが、tooです。
I love you.の場合も同じで相手の言っていることと同じ感情を抱いていることを示すのに、私「も」という意味でtooを使ってI love you too.と言うのです。
あなたのおっしゃっている、Me too.は、例えば、I like watching movies.の返事として「私も」と簡略的に答えるときに「Me too.」という使い方をします。これを同じ言い方で返事をすると、I like watching movies too.となりますが、普段の会話では簡単にMe too.とか、So do I.と言うのが普通です。
ですから、I love you.の返事として、Ilove you too.とMe too.の両方の言い方が可能なのです。どちらを言うかは話し手の気持ちによるものです。
なぜ、I too.ではなくて、Me too.なのかといえば、ネイティブが自分のことを言うときにIというより、meと言った方が言いやすいからだそうです。その例として、「誰と誰が参加しますか?」という問いの答えとして、文法的には「He and I.」が正しいのですが、慣用的に「He and me.」という言い方も通用してしまっているのが現状です。
  • 回答No.7
レベル11

ベストアンサー率 21% (25/114)

 回答じゃなくて質問になってしまうのですが、"I'm glad to meet you."の場合はやっぱり"You too."じゃなくて"Me too."になるような気がするんですが、どうなんでしょうか?
  • 回答No.8
レベル10

ベストアンサー率 45% (16/35)

A: I love you.
B: I love you, too.

普通、Me, too.は相手が言ったこと(の動作など)を自分もする場合に用います。

A: I want chocolate! B: Me too!!
Aがチョコを欲しがり、Bも欲しいんです。
A: I like soccer. B: Me too.
 同じ意見なんです。

 だから、I love you. に、私も と返すときは Me too.です。
  
 では、you too を使うのはどんな時かというと、

 A: Have a nice day!
B: You too.
 
Aの言うHave...をするのは、(May you) Have a nice day! といえるので、Bのことです。AはBにhave してほしくて言ったんです。

 では、同じことを願うBとしてはもちろん「あなたもね」と言いたいですよね。
つまり、Bも(May you) Have a nice day, too! と言いたいんです。でも長いから、You too.で省略。You(A)にもhave してもらえますよね。^^

 AにとってYouはBです。BにとってのYouはAです。
You too は、単に相手が自分に向けて言ったYou を自分に対する相手に返してるだけ。

Nice to meet you. You too.
これは、「you(B)に会えて・・・」というAに対して、「私もyou(A)に会えて・・・」と返しているんじゃないでしょうか。

 自分が前の人が言ったことと同じ(行為をする・意見)だったらMe too.
(違う時は Me neither. とかを使います。) 相手が言ってくれた言葉(あいさつ)を相手にも言いたいという時はYou too. と考えたらどうでしょうか。
  • 回答No.13
レベル6

ベストアンサー率 66% (2/3)

 再びCharmingです。自分の#10に補足です。
 #12でいわれていることは当たっていると思います。私が#10で書いたことは、英国ではすべて丸です。でも、念のため、アメリカ人のネイティブの友人に聞いてみました。Ilove you - Me,too. の文に関してはイギリスと全く同じで、使えない、おかしい、必ず I love you, too.と言わなくてはいけないということでした。
 でも、Nice to meet you. - You, too. に関しては、アメリカでは通用するということでした。誤解の無いように再度書きますが、これはイギリスでは通用しません。#12さんの言われるように、アメリカではかなりのものが略化されますが、イギリスでは、そこまで略さないので、分からなければ、正規の文を使うほうが無難です。ただ、たぶんそうでは、と思ってアメリカ人の友人に聞いてみたところ、案の定、You, too. とこの場合使うことはできても、親しい人との間で、目上の人には、正規の文だそうです。アメリカでカジュアルに略されているものは、大体そうですよね。だから、目上の人や、丁寧に使いたいためにも,やはり正規の文は知っておいた方がよいということですね。
  • 回答No.14
レベル8

ベストアンサー率 41% (20/48)

I love you. の場合だと、「省略したら熱意が十分に伝わらない」という判断が働いて、それが「実際には使われない」という意見に反映されるように思います。

一方、AlwaysThinking さんの質問は、「あえて省略した場合」に興味があるようにも見えます。

親しい間柄で "I like you."、"I need you."、"I hate you." くらいの場合だとどうなるんでしょう?
15件中 1~10件目を表示
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ