• 締切済み
  • すぐに回答を!

円軌道上のエネルギー保存則の導出方法における疑問点

長さLの軽い糸の一端を定点Oに固定し、他端に質量m の小さな錘を結びつける。mが最下点にある状態で水平に初速v(0)を与える。鉛直線と糸の角度をθ、糸の張力をT,重力加速度の大きさをgとすれば、錘mの運動方程式は、(初期条件θ=0でv=v(o))    向心成分: mv^2/L=T-mgcosθ …(1)      接線成分: mdv/dt=-mgsinθ …(2) ここから、エネルギーの保存則   1/2mv(0)^2=1/2mv^2+mgL(1-cosθ)…(3) を導出するとき、「運動方程式の向心成分(1)は進行方 に垂直な力だから、仕事をせずエネルギー保存則に無関係だから、接線成分(2)の両辺にv=L(dθ/dt)をかけて」 1/2mv^2=mgLcosθ+C (Cは積分定数)   が得られて、初期条件よりエネルギー保存(3) が導かれる。(ここまではわかります) ここからが、疑問です。  地球(質量M)の回りを人工衛星(質量m)が円軌道を描くときのエネルギー保存則は、(Gは万有引力定数)     m/2v^2-GMm/r=E(一定)…(6) です。      運動方程式は、    向心成分: mv^2/L=-GMm/r^2 …(4)      接線成分: mdv/dt=0      …(5) 「運動方程式の向心成分(4)は進行方向 に垂直な力だから、仕事をせずエネルギー保存則に無関係だから、接線成分(5)の両辺にv=L(dθ/dt)をかけて」導けるはずなのに((3)の導出と同じ考え方だから) しかし、この場合、(5)の右辺が0なので  どうしても、直接(6)を導けません。 ご指導を宜しくお願いします。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数606
  • ありがとう数12

みんなの回答

  • 回答No.9
  • guuman
  • ベストアンサー率30% (100/331)

書き間違い 運動の-→ニュートンの- m・|ξ'|^2/2-G・m・(M+m)/|ξ|=一定 であって m・|ξ'|^2/2-G・m・M/|ξ|=一定 ではありません 最初の式は衛星が地球と同じ大きさでも成立しますが後の式は衛星が十分小さくないと成立しません 向心力がどうのこうのといっていいますが そんなものは考える必要は有りません 古典力学の基本法則は ・ニュートンの第2法則(運動の法則) ・ニュートンの第3法則(作用反作用の法則) ・万有引力の法則 だけですからこれからすべてを導かなければならず逆にこれだけによってすべては導かれるのです 他のケプラー等無価値な法則は数学で言えば定理であり前記基本法則たる公理から導かれるのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • peck55
  • ベストアンサー率11% (1/9)

補足に対する答えです。 位置エネルギーが一定の時は速度も一定で運動エネルギーも一定です。速度が変わると軌道半径も変わり位置エネルギーが変化します。 位置エネルギーが一定であることは、運動エネルギーが一定であることを保障してるに過ぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • guuman
  • ベストアンサー率30% (100/331)

m・|ξ'|^2/2-G・m・(M+m)/|ξ|=一定 であって m・|ξ'|^2/2-G・m・M/|ξ|=一定 ではありません 最初の式は衛星が地球と同じ大きさでも成立しますが後の式は衛星が十分小さくないと成立しません 向心力がどうのこうのといっていいますが そんなものは考える必要は有りません 古典力学の基本法則は ・運動の第2法則 ・運動の第3法則 ・万有引力の法則 だけですからこれからすべてを導かなければならず逆にこれだけによってすべては導かれるのです 他の無価値な法則は数学で言えば定理であり前記基本法則たる公理から導かれるのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • peck55
  • ベストアンサー率11% (1/9)

人工衛星の場合、位置エネルギーが重力一定とみなせませんから(3)の導出と同じに成りません。 位置エネルギーを計算すると∫(-GMm/r^2)drのrから∞までの定積分で出ますから-GMm/r となります。 E=運動エネルギー + 位置エネルギーですから、 m/2v^2-GMm/r=E(一定)…(6) と成ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご指導ありがとうございます。>人工衛星の場合、位置エネルギーが重力一定とみなせませんから(3)の導出と同じに成りません。しかし、円軌道の場合は位置エネルギーは一定です。ご指導をお願いします。

  • 回答No.5

 高校生の分際で申し訳ありません。  僕も質問と、皆さんの回答を読んで疑問に思ったのですが  「「運動方程式の向心成分(4)は進行方向に垂直な力だから、仕事をせずエネルギー保存則に無関係だから、接線成分(5)の両辺にv=L(dθ/dt)をかけて」導けるはずなのに((3)の導出と同じ考え方だから)」  のところですが、糸で結ばれている場合と、そうでない人工衛星では、異なるのではないでしょうか。  ケプラーの第2法則は具体的に教わらなかったのですが(少し本を読みました)、この辺と関係があるのではないのでしょうか。  ごたごた書きましたが、等しいはずと考え、両辺に乗算したことで、錯誤が生じたのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。人工衛星でも張力でも力の大きさが違うだけです。糸でなくても例えばクーロン力など張力と同じ働きを想定した場合も同様な結果になります。ご指導をお願いします。

  • 回答No.4

振り子の問題では錘が糸で固定され、向心方向に移動できません(もちろん向心方向の上向きには移動できますが)。しかし、惑星の運動では、向心方向に動く可能性があり、向心方向の運動方程式を加味する必要がある。したがって、振り子の問題も向心方向を加味する必要があるが、たまたまこの場合はエネルギー保存則には影響を及ぼさない。また、惑星の場合も、r=(一定)がいえる(実際は惑星の運動は楕円軌道だからいえないが)なら、EにGMm/rを含めると、E=m/2v^2となる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。糸でなくても例えばクーロン力など張力と同じ働きを想定した場合も同様な結果になります。ご指導をお願いします。

  • 回答No.3
  • guuman
  • ベストアンサー率30% (100/331)

-の書き漏らし 万有引力係数をGとし 地球の質量をMとし地球の慣性系からの位置ベクトルをRとし 衛星の質量をmとし衛星の慣性系からの位置ベクトルをrとすれば 衛星の運動式は m・r"=-m・M・G・(r-R)/|r-R|^3 地球の運動式は M・R"=-M・m・G・(R-r)|R-r|^3 である ξ=r-Rとすると ξ"=-G・(M+m)・ξ/|ξ|^3 である これにξ'を内積して積分すると (ξ')^2/2=G・(M+m)/|ξ|+C よって地球の重心を原点とする非慣性系における衛星の保存則は m・|ξ'|^2/2-G・m・(M+m)/|ξ|=一定 である

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧なご回答ありがとうございます。一般的(円軌道含めて)にやればやれば、運動方程式の両辺にvをかければ、m/2v^2-GMm/r=E(一定)…(6)を導けることはわかります。円軌道でない場合は接線成分が0でないので納得がいきますが、円軌道(向心成分は仕事はしない)接線成分のみが仕事をするはずなのに、結局、向心成分を利用しないと導けない理由を知りたいです。ご指導を宜しくお願いします。

  • 回答No.2
  • guuman
  • ベストアンサー率30% (100/331)

万有引力係数をGとし 地球の質量をMとし地球の慣性系からの位置ベクトルをRとし 衛星の質量をmとし衛星の慣性系からの位置ベクトルをrとすれば 衛星の運動式は m・r"=m・M・G・(r-R)/|r-R|^3 地球の運動式は M・R"=M・m・G・(R-r)|R-r|^3 である ξ=r-Rとすると ξ"=-G・(M+m)・ξ/|ξ|^3 である これにξ'を内積して積分すると (ξ')^2/2=G・(M+m)/|ξ|+C よって地球の重心を原点とする非慣性系における衛星の保存則は m・|ξ'|^2/2-G・m・(M+m)/|ξ|=一定 である

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

ごっちゃになって、混乱しているのではないでしょうか? 人工衛星が円軌道を回っていると言った時点で、 rもvも一定ではないでしょうか?つまり、最初から(6)が成り立つ設定で始まっているのでは? vは変化するというのなら、円軌道は描かず、向心成分も無視できなくなりますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご指導ありがとうございます。成り立つことはわかるのですが、初めの錘のエネルギー保存則は、接線成分(2)の両辺にv=L(dθ/dt)をかけて、運動エネルギー+位置エネルギー=一定を導くことが出来るのに、人工衛星の場合は、運動エネルギー=一定しか導けない。錘の場合には、位置エネルギーを含めて求まるのに、人工衛星の場合は、位置エネルギー含めて一定が出てこないので疑問に思いました。成り立つから成り立つという論理ではなく導けない理由が知りたいです。ご指導をお願いします。

関連するQ&A

  • 運動方程式の考え方

    質量mの金属球に長さLの糸の先端を接着剤でつける。糸の他端を点Oに固定して鉛直に垂らす。球に水平な初速度v(0)を与える。ここで直交座標を点Oを原点とし水平方向(右向き正)をx軸、y軸(上向きを正)のように取るとき、運動方程式は、(Sは糸の張力)   mdv/dt=-mgsinψ(接線方向)…(1)   mv^2=S-mgcosψ(向心成分)…(2)  (1)(2)に速度を内積して,辺辺加え  初期条件ψ=0,v=v(0)を考慮して   S=mg(v(0)^2/gL-2+3cosψ)…(3) が導けるが、 v(0)^2/gL=5(ψ=π)のとき、S=0,この時刻をt(0)とする。t(0)<tの時、(3)を利用して S>0を示し円軌道を続ける。ここがすっきりしません。t(0)<tの時、円軌道上にある保障はないのに、どんな本も(3)(「つまり(1)(2)の運動方程式が成り立つことを前提として」)より説明されています。つまり、t(0)まで円軌道しているのでΔt(極めて短い時間)後も円軌道上にあるはずであるから(つまり、運動方程式瞬間では変われないから)(1)(2)が成り立つとしてよいから(3)が成り立つのでS>0と考えてよいのでしょうか。ご指導を宜しくお願いします。

  • エネルギー保存則を使わずに解くには

    こんにちは、宜しくお願いします。 添付の左図をご覧下さい。質量1kgの棒がL字型のガイドレールに収まっており、 静止状態から開放されて、A点は左にG点(重心)は下方に動いております。 θは鉛直と棒がなす角です。 θが30度の時の棒の角速度を求めよ、という問題です。 エネルギー保存の法則を使えば、重心を使った位置エネルギーの減少と運動エネルギーの増加分が合わせてゼロになることを使って、角速度を求めることができます。それが模範解答なのでもあります。 ここで、エネルギー保存則を使わずに、運動方程式を立てて加速度を求め、速度、角速度というように順次求めてみたいのですが、運動方程式が立てずにおります。添付の右図のように、掛かっていると思われる力を示してみました。何を悩んでいるかと申しますと、重心は下方向にしかすすみませんので、Y軸方向への運動方程式は ma = mg - N とできますが、X軸方向はどうでしょうか。重心はX軸方向に動かないのに、重心が壁から受ける力Rに拮抗する力が見当たりません・・・ いかがでしょうか。エネルギー保存則を使わずに、運動方程式を立てて解く方法をご教示頂きたく、どうぞ宜しくお願いします。

  • 物理の宿題

    単振り子の運動方程式を力学的エネルギー保存則から、おもりの軌道の接線成分の運動から、おもりの位置を(x,y)とする直行座標からの三つの方法で証明せよ。長さ l の糸の先に質量 m のおもりをつけ、糸の他端を固定してつり下げ、糸の固定点の真下の振り子のつりあいの位置をO、張力をT、重力加速度をg、糸の鉛直方向となす角がθとおく。このとき単振り子の運動方程式が ld^2θ/dt^2+gsinθ=0 になることを証明せよ。 という問題なんですが、力学的エネルギー保存則からはできたのですがほかの二つのやり方が見当もつきません。教えてください、よろしくお願いします。

  • エネルギー保存の関係式の導き方

    単振動の運動方程式をニュートンの方程式から、直接求め、それを積分することによってエネルギー保存の関係式を導くにはどうしたら良いですか?

  • 単振動のエネルギー保存則の導出について 運動方程式

    単振動の運動方程式から、エネルギー保存則を導出する過程について分からない所があります。  運動方程式:my''+ky=0 の両辺にy'をかけて変形する             ↓  d/dt (my'^2)/2 + d/dt (my'^2)/2 ・・・(1) (ここまでは、理解できます) この後の操作が、参考書によって、(1)式を時刻t1からt2まで積分すると書いている場合と、時刻0からtまで積分すると書いている場合がありました。 A). t1~t2まで積分(t1での変位をy1、t2での変位をy2)  (1/2)my2'^2 - (1/2)my1'^2 + (1/2)ky2^2 - (1/2)ky1^2 = 0 ・・・(2)  ここから、運動エネルギーとバネエネルギーの和が時刻t1とt2で等しい   としているもの。 B). 0~tまで積分(tでの変位をy)  (1/2)my'^2 + (1/2)ky2^2 = const.(一定)・・・(3)    としているもの。  ここで、気になったのが(1)式の右辺の0を積分する場合に、(2)式が0になるのは分かるのですが、(3)式で0を0~tまで積分した際に、0ではなくconst.となる違いがよく分かりません。(2)式で右辺がconst.となってもおかしいですし、(3)式で右辺が0になってもエネルギーがないことになってしまっておかしいので、導出された(2)式、(3)式とも正しいのは分かかるのですが....。 よろしくお願い致します。

  • 東工大院物理の問題を教えて力学指数関数的V(x

    x軸上の質点mを考えるポテンシャルv(x)=1/2mw^2l^2exp(2x/l)を受ける w、lは正 初期条件をx(0)=0、dx/dt(0)=wlとしたとき、運動方程式の解を求めよ 解を求める際にエネルギーE=0を使え。

  • 自然落下とエネルギー保存則の問題について

    地面からの高さHの建物から水平方向にV0でボールを投げた場合を考え、ボールを質量mの質点としてとらえる。(働く力は重力のみ)またエネルギー保存則から落下直前の速度を求め運動方程式で求められた答えと一致することを確かめよ、という問題なのですが  とりあえず、・地上をy=0 ・y軸を鉛直上向きに取る ・ボールを放した瞬間をt=0 と取って Fy=-mg と Fy=m*ay を代入して m*ay=-mg 物理的条件として (1)t=0のときy=H (2)t=0のときVy=0 運動方程式を求めて y(t)=-1/2gt^2+C1t+C2 Vy(t)=-gt と求めてみたんですけど、この後エネルギー保存則を使うらしいんですが取り方が参考書とか見てもうまく理解できないので教えてもらえないでしょうか。 また途中の考えとかも間違えていたりしたらズバズバと言ってくださいお願いします

  • エネルギー保存が成り立たない・・・?

    分からないところがあったので質問させてください。 長さが3lの軽くて硬い棒を用意し、その一端に質量mの小球A、他端に質量2mの小球Bをつなぐ。この棒を、ABを1:2に内分する点O1を中心として、鉛直面内で滑らかに回転できるようにする。はじめに、棒が水平になるように静止させたあと、静かに放したところ、小球A,Bはそれぞれ、点O1を中心として回転し始めた。 Aが、A自身の描く軌道の最高点を通過している瞬間のA,Bの速さをそれぞれ求めよ。重力加速度の大きさはgとする。 という問題です。 以下は自分の解き方です。 Aに働く力は重力と棒との相互作用のみで、 Aの加速度をa,棒との相互作用をFとすると、Aの運動方程式は ma=-mg+F Aの速度をv,Aの変位をhとして、両辺にvをかけて積分すると、Fは軌道に直行する向きに働くため、仕事は0なので mv^2/2+mgh=一定 初期条件より、mv^2/2+mgh=0 となりました。 しかし、この関係を使っても正解になりません。 ちなみに解説ではA,Bからなる系のエネルギー保存を使って解いていて、答えは√(2gl/3)となっていたのですが、 なぜAのみで議論した場合はこの答えに至らないのでしょうか? どこで何を間違えたのでしょうか? どなたか教えてください。お願いします。

  • ~運動方程式→エネルギーand運動量保存則?~

    僕は大学入試に向けてちょっとだけ頑張ってる受験生なのですが、(笑) 運動方程式等に関して質問があります。 ある先生に聞いた話なんですけど、 『エネルギー保存則も運動量保存則も運動方程式が元であり、変形したり積分したりすれば運動方程式から導くことが出来る』んですよね?? だから気になって、ホントかな~と思っていろいろ変形してたら   ma=F   m(Δv/Δt)=F   mΔv=FΔt 『おぉ、これは確かに力積とか運動量保存則っぽい!』 ってなったんですけど、これは正解でしょうか? また、エネルギー保存則はどうやって導くのでしょうか? これはまったくわからないんです!どなたか教えてください。 よろしくお願いします。m(_ _)m

  • すぐに回答を!運動方程式が解けません

    運動方程式mdv/dt=mg-kvを、初期条件t=0でv=0として解き、速度vを時間tの関数として表せ。 上記の解き方がわかりません。 相当悩んで考えましたが、わからないので、物理が苦手な私にも理解できるような解説をお願いします。