解決済み

9.11アメリカ同時多発テロ

  • 困ってます
  • 質問No.1502301
  • 閲覧数1650
  • ありがとう数27
  • 気になる数1
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 37% (13/35)

WTCに突っ込んだ飛行機、当時大変な衝撃を覚えました。
今さらですが、なぜテロリストはあのような事を行ったのでしょうか?アメリカは以前にそれににあったひどい事を行ったのですか。
出来れば現在に至るまでの説明も頂きたいです。
アメリカを支持する日本国民として知りたいです。字数多くても結構です!詳しく教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.8

ベストアンサー率 100% (1/1)

9.11の原因の分析をしますと。

深層原因:西欧の植民地政策
中間原因:米の介入、イスラエル問題、イスラムの内部矛盾
直接原因:湾岸戦争・サウジへの駐留

て、ところでしょう。
簡単に説明すると
西欧が中東の地域に植民地として進出したときに、
オスマントルコの崩壊、西欧が勝手に国境を引いたことで、
統一したイスラム共同体が崩壊、民族・宗派問題、石油資源の偏りなどがおきました。
さらに、西欧的な近代化によってイスラムの伝統が失われ出した始まりでもあります。

第二次世界大戦後は、パレスチナのアラブ人を犠牲にして、イスラエルが建国されたり、中東戦争でイスラム諸国の侵略を支援、パレスチナの抑圧の黙認。イラン・イラク戦争での艦隊派遣、リビア空爆やレバノンへの米軍の駐留などの軍事的介入。イスラム諸国の民意に基づかない非民主的な独裁体制への支援。第四次中東戦争までイスラム諸国は石油の管理ができないなど、石油を略奪されていると言う思い。などで反米感情が高まりました。
さらに、イスラム内部でも教育不足や人口増加での貧困で、オイルマネーの恩恵にあずかれる裕福そうとの格差の不満や、保守的な人間が西欧的な近代化を進めることで自分達の伝統が失われると言う不満。そして、それらをフセインやエジプトのムバラク、かつてのイランの王制など権威主義的国家が無視したことで、イスラムに回帰しようとした動きも高まりました。

そして、アフガニスタンで米軍が育てたゲリラが自らの国に帰還し次の目標を探してる時に、湾岸戦争で、イスラムが直に侵略されたとという思いや、さらにはイスラムの聖地であるメッカに米軍が駐留したことで、内外への不満が一気に爆発して反米テロに進んでいったことですね。

因みに予断ですが、アフガン空爆でWTCのテロよりはるかに多くの人が誤爆で殺されてます。間接的には何十倍の人が死んでるかもしれませんね。
アメリカが食料を投下したのも10日に1度少量だったみたいで、多くは商人に回収されたようです。

まあ、被害者には責任がありませんが、アメリカにとっては因果応報てことです。
年間ランキング2018

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 20% (903/4455)

911以前にイスラム系テロ組織は何度もテロはやっていました。
911の特徴は、目立つ場所で、大規模に行うということです。
その目的は、アメリカを本格的にアフガニスタンと戦争をおこさせようと言う挑発です。

911の報復として、アメリカがアフガニスタンのタリバンを攻撃することを前提にしているから、9月10日(前日)に、タリバンと戦うアフガニスタン解放組織のリーダーであるマスード将軍を自爆テロで暗殺したのです。

テロリストの予想(僕もそう思いましたが)は、、、
9月10日マスード暗殺(タリバン崩壊後の大統領となる男)
9月11日 同時多発テロ
その後 アメリカ軍によるアフガニスタン空爆
当然、非戦闘員が傷つくのでそれをアルジャジーラが報道。
世界のテロ組織と仲のいい平和団体がアメリカ非難。
国際世論は、アメリカを非難。イスラム教とはアメリカ敵視。
その結果、世界がアメリカ×イスラム諸国という大きな戦いに突入するのです。

アメリカがイラクを攻めることまで想像したかどうかはわかりませんが、その後のアメリカの行動や世界の反応は、テロ組織の思うつぼです。

アメリカが耐えることが出来れば、新しい時代が到来していたと思うのですが、テロリストと同じレベルでしたね。
インディアンの襲撃に報復する保安官そのままですから。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 7% (7/97)

 アメリカ本土が 他国「今回はテロでしたが」から直接攻撃を受けたのは2回目ですね。
 しかし 一回目は「第二次世界大戦中」日本が一発の爆弾をサンフランシスコの丘に落としたもので 地元の人以外 誰も知らないものでした。
 ですから 今回の攻撃「テロ」は ヨーロッパ・アジアの国民より遥かに影響が有ったと思います。
 結局 アメリカは免疫が無かったのです。
 ココ近年 各地で争いをしているのも 先制攻撃を避ける為と思います。「これは 憶測ですね 削除して下さい」
  • 回答No.6

ベストアンサー率 20% (438/2093)

こんにちは。

これは新たな対立構造をわざと作り出すためです。ブッシュとビンラディンの蜜月の関係はかなり知られてますよ。

冷戦崩壊後、アメリカの軍需産業が衰退してきたために手を打ったのです。
アメリカの政権を支えるネオコンの連中は、石油メジャーや軍需関連出身の人が多いです。イラク駐留にこだわるのも、政権を支持してくれるそうした関連企業のためです。

ブッシュパパ(?)がテキサスに興した石油会社の経営が傾きかけたときに、裏でビンラディン家が支援してくれたそうです。

アメリカ人というのは、ある意味○カで、善-悪 という単純な構図を好む気質があるようで、「アメリカは正義のために戦ってる」という形を作れば、国民の支持を得られやすいからです。

つまりは、すべてが一部の人間たちによって仕組まれた「茶番劇」なのです。

9・11当日、航空規制がひかれてたはずなのに、ビンラディン一族は極秘裏に用意されたと思われるチャーター機によってアメリカを出国しております。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 23% (112/479)

大まかなことは#2さんが大体解説してくれたと思うのですが、歴史的な背景はもっと大昔にさかのぼります。
十字軍がイスラムを追いやろうとしたのが始まりです。

彼らイスラム原理主義者は最近シオニズム運動でアラブ人を追い出したユダヤ人と、それを支援したアメリカ、アラブ人を裏切ったイギリスに反目していますが、
キリスト教原理主義というイデオロギー自体に対しても反目しています。
これらはイスラム原理主義に限ったことでなく、アラブ民族主義やその他のアラブ系イスラム系の思想に対しても広く当てはまることです。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 28% (681/2419)

イスラム原理主義者の理想は、14世紀のイスラム国家なんです。イスラム教の何とか師が貧しい人々を統率することですね。イラン革命というのがありました、イランの国王がイランの近代化を進めていた特、何とか師が反乱を起こして近代化を阻止した事件ですね。基本は同じですコーランに従ったアミニズムの世界をなんとしても守りたいという集団を近代化に対するテロリストと呼んでいるのです。幕末の新撰組見たいなものですね。彼らの攻撃目標は近代化やグローバリゼションですから、9・11でも貿易センタービルが攻撃目標になったのですね。彼らから観ればにっくき近代化のシンボルだったのでしょうね。とても幼稚な発想ですが、これらと好むと好まざるとにかかわらず今後近代文明国家は戦わなければいけないのですね。共産国家のソ連が崩壊し、最後の砦の中国も崩壊前夜ですから共産主義との戦いが終われば、平和がと思っていれば、新たな宗教的共産主義のイスラム原理のカルトとの戦いがあったということですね。これは長い戦いになりますね。ちなみに仏教徒にはイスラム原理主義者は天敵ですから、日本には絶対に入れさせたくないですね。アジャンターの石窟寺院のように奈良の大仏も吹っ飛ばされますからね。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 16% (49/300)

いまだに謎が多いですよね。
どうしてブッシュはビンラディンが犯人だとすぐわかったのか、本人が犯行を認めたのは3年も経ってからなのに、私はいまだに不思議です。
それなのに、いきなりアフガンに報復するんですもんね。大量破壊兵器を言いがかりにして、いまイラクで戦争してるのとどこか似てるような……。
けっきょくユダヤ資本がバックのブッシュは、イスラム世界が持つ資源が目的なんでしょうね。もしかしてそのきっかけが欲しかっただけだったりして。
ソ連がアフガン侵攻したとき義勇兵を率いるビンラディンをバックアップしたのがアメリカ。
そのアメリカが空爆したのがアフガン。
そして当日、WTCビルに勤めるユダヤ人4000人が休暇を取っていた(?)といううわさ。
そう思うとビンラディンが本当に犯人なのかも疑問に思えてきます。
何か皮肉めいた影の力が働いてると言ったら、また陰謀説かと笑われてしまいそうですが。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 41% (1357/3236)

こんばんは。

そもそもアメリカとイスラム原理主義の争いはイスラエル建国の昔から始まっています。
もちろんアルカイーダと直接関係ある事件ではないのですが、イスラエル建国以降、アメリカがイスラム地域へ関与し続けた結果がこれです。

直接の原因は、70年代末のソ連によるアフガン侵攻。
ここでイスラムの義勇軍が組織されます。
冷戦のただ中にあった米軍は、この義勇軍に軍事面で協力。兵器の提供や軍事訓練を施します。
戦後、アメリカはあっさり彼らを切り捨て手のひらを返します。それに加えて先述のようなイスラエル支援、湾岸戦争でのサウジへの米軍駐留が反感を買い、義勇軍の残党は攻撃目標をアメリカへ変更し、アルカイーダとなっていきます。
(この辺のアメリカによる支援後の裏切りはフセインも同じですね)

もちろんアメリカはテロ行為なんてやりません(せいぜい暗殺くらい)から、目には目をという訳ではないのですが、アメリカに正面から攻撃する力が無いので彼らはテロに走ってしまう訳です。
テロが正しいなんて事はあり得ませんが、適当に理由を作って戦争を始める事もまた正しいとは言えませんよね。
  • 回答No.1

アメリカ政府が長年、己の利益のためだけに「正義」を語って世界中で好き勝手やってきたからでしょうねえ。9.11は起こるべくして起こったと思いますねえ・・・
私もアメリカ文化は好きなんだけど、アメリカ政府は大嫌いかな。。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このニュース・時事問題についてあなたはどう感じていますか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ