• 締切済み
  • 困ってます

所属団体の会費の変更について

レジャースポーツの団体に所属していますが、来年から会費を値上げすると通知がきました。 この団体は世界的な規模で活動してまして、本部はアメリカにあり、日本支部のみ値上げをするということなのです。 値上げ理由は、新しい保険制度の導入ということなのです。今まで、任意の制度であったものを強制にするということのようで、日本支部の団体に対して、「アメリカの本部はしていないのに、日本支部のみ新制度を導入するのはおかしいのでは?」との質問を試みましたが、回答は「必要だから」の一点張りで話を取り合ってくれません。 この団体に対して(個人レベルでの要求) 1.今までと同じ規則へ変更要求 2.どうしてもその制度を導入するのであれば、会計報告その他の情報公開を求めることができるのでしょうか? (どのように使われるか不透明過ぎるのでは) お願いします。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数248
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.1
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 そもそも、この団体というものは、公益法人ですか、会社ですか。  公益法人ならば、「(1)定款又は寄附行為、(2)役員名簿、(3)(社団法人の場合)社員名簿、(4)事業報告書、(5)収支計算書、(6)正味財産増減計算書、(7)貸借対照表、(8)財産目録、(9)事業計画書及び(10)収支予算書を主たる事務所に備えて置き、原則として、一般の閲覧に供すること。」という規定が盛り込まれ、平成十年一月以降に始まる新事業年度から実施されています。  会社ならば、利潤の獲得が目的ですから仕方ありません。いやなら退会という選択しかありません。 したがって、1は、元の規則で、執行部局で自由に決められるのであれば、反対意見はいえますが、強制はできません。  2は、公益団体ならば、閲覧できます。 なお、法人は法律の規定による以外に作ることはできません(民33)。会社以外は原則として、公益法人です。  

参考URL:
http://www.pb-mof.go.jp/ja/books/whitepaper/aracontents/koueki/000119/siry0119.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 この団体は、会社組織をとっています。ということは、文句をいうことはできないということになりますね。 退会はしたくありませんので・・・、長いものに巻かれることにします。時間を割いて回答していただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • 本当に会費だけでやっているのでしょうか?

    「右翼の言い分」と言う本の中に「大行社」と言う右翼団体の理事長と本部長の方の話が書かれてありました。 その中の一部に 「今、大行社は稼業との縁はありません。全部堅気としてやっています。専属の者も居ますが、他の者は全て仕事を持っています。その給料の中から会費を払って、あるいは支部費を出し合って組織を運営しています。」 と言った内容で、現在大行社に所属している構成員の方達は専属の方も一部に居るものの、殆どは仕事を持っているそうで、皆さんの会員費で運営されているそうです。(下記に大行社HP) http://taikousya.com/ しかし過去には、タレントの島田紳助に抗議行動を起こした右翼団体であり、現在でも大行社は指定暴力団稲川会傘下とされており、再興初代も稲川会四代目三本杉一家総長だった岸悦郎氏と言う、所謂「任侠系右翼団体」ですが、構成員の方達は会社員等の本業をされてる方達が主で、稼業との縁もなくやっているそうなのですが、本当に会費や支部費だけで運営されているんですかね? HPには運動内容のみで会員数や会員費は書いてなかったし、企業を脅して資金を得ているって可能性はないのでしょうか?

  • アメリカの保険問題(?)

    すみません、全然詳しくないのですが 数年前にブッシュ大統領かオバマ大統領の時にアメリカ国民全員に保険制度を導入することで大きな話題になった時がありましたよね? あれは、今の日本の国民健康保険のようなほぼ強制で入る必要のあるような保険が今までアメリカにはなかったということでしょうか? 仮にそうだったとして、なぜ反対意見があるのでしょうか? 保険がないと全額自己負担になってつらいので、保険制度があるほうが絶対いいと思うのですが、その背景すら知らないのでもしよろしければ教えてください。

  • 自然保護団体への寄付をしたい

    現在社内で自然保護団体への寄付を行おうと盛り上がっています。 そこで、下記条件に合う団体等を探しているのですが、なかなか見つかりません。 ご存知の方、またはそのような団体等を紹介しているサイトなどをご紹介下さい。 条件1 自然保護を行っている団体     例えば、植樹活動・Co2削減事業 条件2 日本国内で活動している団体     できれば各地に支部があるところ     ※自分たちの関わりのある地区に寄付したいため 条件3 継続的に保護事業・活動を行っている団体 以上です。本来の寄付活動と私たちがやろうとしていることに若干違いがあるのかもしれません。 このことは十分認識した上で・・・ 社内でも意見がゴチャゴチャしていますが、やはり寄付するなら自分の住んでいる地区が良いし、 研究や啓蒙活動に使われるより、植樹などの「目に見える活動」をやりたいということでこのような質問になりました。 いろいろ検索していますが、小さな団体やある特定の地域だけの団体ではなく、各地に支部があり、どこかで本部が管理しているような団体ってあるんでしょうか?

  • 日本の左翼や平和団体が不発弾の処理をアメリカに要求しないのはなぜ

    彼らが尊敬する中国は日本にそういった何十年前の戦時中のごたごたの処理を今でも要求しています。 日本の左翼や平和団体が不発弾の処理をアメリカに要求しないのはなぜですか?

  • 日米のNPO or NGO団体に関し、詳しい方におたずねします。

    日経新聞01.01.24夕刊(タイトル「米カタリスト、ワイス副代表に 聞く--女性の活用助言、実践へ企業とタグ--」)で読んだのですが。 アメリカのNGO(NPOだったかな?)団体の日本支部が、 このたび、できたそうなんです。どういう活動をする団体かというと、 企業とともに、その企業が女性の働きやすい職場環境へと変革するのを、 お手伝いする、非営利組織です。アメリカでは、ジョンソン・エンド・ジョンソン社ほかで、すでに数々の実績をあげているそうです。 その団体名はちょっと失念してしまったのですが、 そちらの連絡先を教えてください、HPアドレスもしくは、住所、電話番号を!

  • アメリカ、カリフォルニア州に留学予定ですが、ソフトコンタクトレンズの洗

    アメリカ、カリフォルニア州に留学予定ですが、ソフトコンタクトレンズの洗浄液は現地でも日本とあまり変わらない値段で購入できるでしょうか。 アメリカで目薬を購入した友人が保険制度が徹底されていないからかとても高価だったと言っていたので。 わかる方、教えてください。

  • 任侠系右翼団体の構成員について。

    「右翼の言い分」と言う本の中に「大行社」と言う右翼団体の理事長と本部長の方の話が書かれてありました。 その中の一部に 「今、大行社は稼業との縁はありません。全部堅気としてやっています。専属も居ますが、他の者は全て仕事を持っています。その給料の中から会費を払って、あるいは支部費を出し合って組織を運営しています。」 と言った内容で、現在大行社に所属している構成員の方達は専属の方も一部に居るものの、殆どは仕事を持っているそうで、皆さんの会員費で運営されているそうです。(下記に大行社HP) http://taikousya.com/ しかし過去には、タレントの島田紳助に抗議行動を起こした右翼団体であり、現在でも大行社は指定暴力団稲川会傘下とされており、再興初代も稲川会四代目三本杉一家総長だった岸悦郎氏と言う、所謂「任侠系右翼団体」ですが、構成員の方達は会社員等の本業をされてる方達が主で、稼業との縁もなくやっているそうなのですが、この方達は稲川会の様な指定暴力団とは関係がない、我々の様な「一般人」(つまり堅気)と言って良いのでしょうかね? 少なくとも「暴力団関係者」になるんでしょうか?

  • 正導会について教えてください

    友人が正導会にはいっているのですが、どういう団体なんでしょうか? 本部は兵庫県加古川市で、その友人は姫路の尾崎支部に所属しているようです。 はじめにお経・数珠・タスキなど(7000円)くらいで購入して、その後は月1000円の会費を払うようです。友人は「先祖供養をしている」といっていて、毎日法華経を読むそうです。 はじめのシステムは立正佼成会に似ているようですが、関連はあるのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら、回答をよろしくお願いします。

  • 日本のTPP参加後

    以下は日本TPP参加後の簡便な思考シミュレーションとして捉えてほしいのですが、 現在の日本の国家予算最大の歳出は数十兆円の社会保障費です。 日本の皆保険制度をアメリカ型民間委託に移行できればかなりの予算削減ができると思われます。 アメリカ側は参入障壁撤廃、日本側は少子高齢化の社会保障費抑制という利害一致で両国の政府要人が結託すれば、TPP条約中の国内法に優先されるISD条項とラチェット規定を活用して日本の皆保険制度をアメリカ型制度に構造改革できると考えてよろしいでしょうか。 以上はTPP参加の是非を問う質問ではなく、 両国の政府要人が~極秘裏に~結託しさえすれば、 国内法に優先するTPP条約を使用して、 日本の社会保障構造改革が可能かどうかの質問です。 尚、私の立場はTPP参加反対、皆保険制度廃止反対です。

  • 任意団体から一般社団法人への移行について

    小さな任意団体ですが、そこそこの事業規模になってきたこともあり、また社会的信頼性の向上を主たる目的に、一般社団法人に移行できればと思っています。運営は会員からの会費と、出版物の販売、講習会等による収入でまかなっています。気になるのは、法人化することによる税額の増加と、少ないながらもこれまでの活動で得てきた蓄えの扱いです。このようなケースの場合、一旦現在の団体を解散し、新法人を立ち上げる、というのが一般的だそうですが、長年の活動で蓄えてきた当該預金をどのように処理したらよいのか悩んでいます。会員の皆様にお戻しするにも、各会員様で加入年数も違いますし、退会されてしまっているところもあり、各会員が納得される公平感のある取り扱いの設定が難しそうですし、また、仮に何らかの基準を設定してそれぞれにお返しするにしても、一旦お返ししたお金をまた新法人の会費としてお支払い頂くのであれば、手続き的にも、そのまま、当該預金を新法人のそれとして、そのまま移行できれば面倒もなさそうですが、制度的には、このような取り扱いは認められないものなのでしょうか?

専門家に質問してみよう