解決済み

地上5000mは、何気圧?

  • 困ってます
  • 質問No.144780
  • 閲覧数3082
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 100% (10/10)

地上から5000m地点の気圧は、何気圧なのでしょうか?

QNo.48153「上空で気圧が下がる理由」に書きこまれているsiegmundさんの回答を見せていただきましたが、力及ばずわかりませんでした。

本質問について回答いただくためには、いろいろな条件を提示しないといけないのかもしれません。しかし、どのような条件を出せば良いかわかりませんので、いくつか提示していただければ幸いです。

(終)
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

海面の位置で1000hPaの場合、標高5000mでは約540hPa弱ですネ。
海面の気圧の約半分に近いような気圧になるのです。
酸素濃度が低くて高山病になるわけですよネ。
以上kawakawaでした
補足コメント
teao

お礼率 100% (10/10)

ご回答いただいた記述を元に考えると・・・・
海面位置でかかる気圧は、1000hPaで、標高5000mでは、約半分の約540hPa弱ですよね。
ということは、標高10000mでは、ほぼ0hPa?
気圧は、空気の圧力だから、10000m地点は大気と真空の境となるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-10-02 20:40:27
お礼コメント
teao

お礼率 100% (10/10)

早速のご回答ありがとうございます。
別の質問になるかもしれないのですが、補足についてもご回答いただければ幸いです。
投稿日時 - 2001-10-02 20:40:18

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.2

標準大気という一種のモデルケースでは、
  0m:1013hPa
5000m: 540hPa
10000m: 265hPa
15000m: 121hPa
20000m: 55hPa
25000m: 25hPa
30000m: 12hPa
35000m: 5.7hPa
40000m: 2.9hPa
45000m: 1.5hPa
ということで、限りなく0には近づきますが、
1000Km(1000000m:ほとんど宇宙空間)でも、丸っきりの0になることはありません。
お礼コメント
teao

お礼率 100% (10/10)

モデルケースによる具体的な数値の提示ありがとうございます。大変参考になりました。
投稿日時 - 2001-10-03 10:40:05

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 64% (700/1089)

siegmund です.

7か月前の回答まで参照していただくとは,うれしいですね.

既に,お二人が5000mで海面の約半分と回答されていますので,
teao さんの補足に関してお答えしましょう.

> 海面位置でかかる気圧は、1000hPaで、標高5000mでは、約半分の約540hPa弱ですよね。
> ということは、標高10000mでは、ほぼ0hPa?

いえいえ,そうじゃなくて,5000m 上がる毎にほぼ半分になるということです.
RIO-Freak さんの表を見てください.
5000m 毎の高さで表になっていますが,
右の欄の気圧はひとつ段が下に下がる毎にほぼ半分になっていますね.

前の私の回答にありますように高さが h の場所での大気圧は
(1)   p(h) = p(0) exp(- mgh/kT) = p(0) exp(-h/h_c)
で表されます(ただし,いろいろ理想化をしていますが...).
この指数関数が,まさに,ある高さ上がるとある割合だけ気圧が低下するという
表現になっています.
お礼コメント
teao

お礼率 100% (10/10)

当初siegmundさんが、ほぼ同内容の質問に対して投稿された回答を見せていただきました。その時はわかりませんでしたが、みなさまのご回答で高さと気圧の関係を具体的な数字で示していただいた後では、わたしにとってこの式は意味があります。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-03 10:50:05
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

放射性物質の半減期というのをご存知でしょうか?
カリウム40は約12億年
ストロンチウム90は約28年
ヨウ素131は約8.08日
これはこの期間が過ぎると半分になるというものであり、半減期の倍の時間の経過でゼロになるというものではありません。
体内に入った医薬品の血中濃度にも半減期があり、同じことです。
丁度、この感じににているってことですネ。
限りなくゼロに近づきはするけれどもゼロにならないのです。無限桁を表示できる電卓で÷2を繰り返していくようなものですネ。
蛇足でした。
以上kawakawaでした
お礼コメント
teao

お礼率 100% (10/10)

指数関数の例を、別の自然現象で示していただきありがとうございます。参考になりました。
投稿日時 - 2001-10-03 10:52:33
  • 回答No.5
レベル5

ベストアンサー率 10% (1/10)

蛇足かもしれませんが。

地上から5000m...これは標高のことですよね?

みなさんの回答のとおり標高5000mでの気圧は約540hPaになりますが、これを質問に沿って「気圧」を単位に答えると、
1気圧=1atm=1013.25hPaですから、540/1013.25=0.53気圧ですね。
お礼コメント
teao

お礼率 100% (10/10)

最終的には、Pa単位の数字が欲しかったので、この回答もありがたいです。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-10-03 10:43:51
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ