• 締切
  • 困ってます

SDS-PAGE

  • 質問No.1429044
  • 閲覧数500
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 31% (6/19)

SDS-PAGEで2-メルカプトエタノールを加えて、S-S結合を切る操作は何の意味があるのでしょうか?教えて下さい

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (2/7)

SDS-PAGEはタンパク質をアクリルアミドゲルを通過させて、移動度とタンパク質を構成するアミノ酸の値が比例するので、そこからタンパクを分析していくという方法です。
アクリルアミドゲルは網:篩(ふるい)のようなものでその目によって分子を篩い分けるといいます。
分子量:アミノ酸の数、で分画していくために立体構造では篩を通りにくくなったりしてアミノ酸数に忠実な移動度が得られない可能性があります。

そのためβメルカプトEtOHで直鎖状にします。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 67% (701/1045)

SDS-PAGEで、タンパク質が分子量応じた移動度を示すためには、直鎖状になっていなければなりません。自己分子内のS-S結合は、タンパク質に二次構造をとらせるので、移動度が分子量と相関しなくなります。そのため、S-S結合を切ってやる必要があるのです。ただし、複数のペプチド鎖がS-S結合でつながっているタンパク質は、それぞれのペプチドに分かれた状態になってしまいます(たとえばインシュリンやイムノグロブリンなら2種類のペプチドに)。
お礼コメント
shallowsleep

お礼率 31% (6/19)

早速のご返事ありがとうございます。各タンパク質の泳動条件を同じにするということでいいのでしょうか?
投稿日時:2005/06/04 20:21
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ