• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

SDS-PAGE

  • 質問No.6319015
  • 閲覧数137
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 36% (112/304)

確かに、泳動バッファーにグリシンが入っていますよね。

なぜ入っているかという質問の答えは、
「試料蛋白を濃縮してバンドをシャープにするため」です。

泳動を始めるとスタッキングゲルに界面が生じ、時間とともに、
下方へ移動して行く様子が見えると思いますが、あの界面は、
泳動バッファーの陰イオンのグリシンが、ゲル内を進んで出来る
もので、ゲルバッファーの陰イオンである塩素イオンとは移動
速度が異なるために生じるものです。

スタッキングゲルは分子篩効果がほぼないので、界面の上下で
生じた電位差のため、そこに試料が濃縮される、、
ということだったと思いますが、電位差で何故試料が濃縮され
るか、ちょっとうまく説明できません(ごめんなさい)。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ