-PR-
解決済み

旧ソ連のアフガン侵攻の目的は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.138664
  • 閲覧数2500
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

今回の件でアフガンのことに興味を持ってます。旧ソ連がアフガン侵攻したのは何が原因だったかよく思い出せません。原因より初めに目的ありき、だったように思いますが。旧ソ連内でのイスラム勢力を叩く意味だったのでしょうか。旧ソ連内でのユダヤ(イスラエル系)勢力対イスラム勢力の対抗だったのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 45% (238/518)

当時は東西冷戦の真っ只中で、米ソはお互いの勢力を争っていました。当然、ソ連にとっては自分の味方を増やしておきたい訳で、隣国であるアフガニスタンを傘下においておくことは重要だったのです。
アフガニスタンは1919年の建国以来、親ソ勢力と反ソ勢力がかわるがわる政権につくという状態が続き、その度にソ連は親ソ勢力を陰から支援していました。そしてついに79年、自国の軍隊を派遣するという直接行使に出たわけです。
この79年という年は、アフガニスタンの隣国イランでイスラム革命が起こった年でした。国民のほとんどがイスラム教とのアフガニスタンで、これに触発されて同じように革命を起こそうという動きが起きるのをソ連は恐れたという側面もあります。
もちろん、侵攻後イラン寄りに重点的に軍備配置した面から見て、イランを始めとした中東石油資源地域への進出も睨んだものであった可能性も高いですが、まず最大の理由としては、イスラム革命がアフガン経由でソ連国内に飛び火しないよう、半ば防衛的にアフガンを侵攻した、という見方が正しいのではないかと思います。
お礼コメント
noname#4080

ありかとうございました。
イラン革命と石油資源への進出ですね。
考えてみるとこの間の変化は実にめまぐるしいですね。その間ずーっと平和のないアフガニスタンの人たちは気の毒です。そこへアメリカが攻撃をしたらどうなるのでしょう。胸が痛みます。
投稿日時 - 2001-09-21 00:39:21

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (74/253)

ソ連がアフガニスタンに侵攻した1970年代後半は、冷戦たけなわの頃かと思います。

この頃は今以上に世界情勢が緊迫していて、それこそ一歩間違えれば第三次
世界大戦勃発・核ミサイルの撃ち合いという事態が現実となりかねない時代
でした。

米ソ両国が勢力範囲を広げ合っていて(というよりソ連が世界中に共産主義
勢力を拡張させていて、本気で世界赤化を狙っていた)米ソの直接軍事対決
以外は何でもアリといった状況でしたね。

当時のアメリカ大統領はカーターでしたが、彼は米ソ対決には消極的であり、
結果的に見れば、アメリカの弱腰をソ連が見越した上でアフガニスタンに
侵攻したものと考えられます。
当時のソ連の最高権力者はブレジネフ書記長で、彼は核ミサイルを増強する
などかなりの強硬派でした。

ソ連の侵攻に伴い内戦が勃発しますが、当初はアメリカが支援しなかった
こともあり、軽武装のムジャヒディンは戦車・ヘリコプター等の重火器で
武装したソ連軍に対して苦戦します。

しかし、その後レーガンがアメリカ大統領になり、アフガニスタン支援も
含め対ソ戦略が全面的に転換します。アフガニスタンで戦うムジャヒディン達
にも最新兵器が供給され、彼らはソ連軍と対等に戦えるようになり、戦況
も一変します。
やがてソ連は自国の情勢変化もあり、アフガニスタンから撤退していきます。

...といろいろ書いているときりがないのでこの辺で打ちきりますが、参考
URLの情報がとってもよかったので、続きはこちらを読んで下さい。
お礼コメント
noname#4080

ありがとうございます。参考サイトは実に読み応えがありそうですね。じっくり読もうと思います。
投稿日時 - 2001-09-21 00:32:57


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ