• 締切
  • 暇なときにでも

高架道路について

  • 質問No.136280
  • 閲覧数91
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

高架道路を建設中の現場でよく目にするものがあります。
柱脚が立ち、上部を設置する際に、断面に白い丸いものがコンクリートに埋まっているのをよく見かけます。
先日、埋設すつ前の白い円柱が横倒しにして、地面に置かれているのを見て、全体の長さ等を初めて知りました。
おそらく、道路方向並行に埋設されるのだろうと勝手に推測いたしました。
ひとつは直径800mm、長さ2,000mmほどだったと思いますが、直径は様々だと思います。
あれは、何でできていて、何というものなのでしょうか。
また、何のためのものなのでしょうか。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/5)

管理者より:
同等の質問があるのでそちらをご参照下さい
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ