• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

親切ポイント制はどう思いますか?

別にビジネスに結び付けるわけではないですが、 親切な行為をしたあとでその行為を受けた人が行為者に親切ポイントを与えるというシステムを思いついたのですが、 これについて経済学的に見てどう思われる出しょうか? 商品を購入したあとお金を払うのと同じ要領で行うと言ったものです。 これがたまると臓器移植が優遇されたり、 医療費が安くなる場合があったり、 刑を軽減してもらったりできるようにすると言ったものを考えています。 通常いいことをしても報われない例が多いですが、 報われるような方向に条件付けるため 行うわけですが。 いかがなもんでしょう。 ご意見、ご感想でもかまいません。

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数154
  • ありがとう数35

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • eddy
  • ベストアンサー率23% (123/534)

とても良いアイデアだと思います。 でも、ちょっと漠然としすぎて、基準を作るのが難しそうです。 基準なんか作ると、今度は実務的になってしまうし、ポイントをあげるあげないでもめそうですね。 このサイトがまさにそれだと思います。 ポイント制のことや、お礼のことで、よく話題になりますよね。 結局このサイトで回答することも、人に親切にすることも、その人のためにと思ってやっていることですよね。 なかには、ポイント目当ての人もいると思いますが、そういう人は、先の回答にあるように、押しつけになってしまうでしょうね。 でもたしかに、人に親切な人が、何らかの理由で助けを必要としているときは、優先的に助けてあげられればいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

同感していただいてありがとうございます。 一応私は、 拝金主義的な社会を逆手にとったようなものだとわたしは考えています。 基準作りとかはたしかにもめそうなので、ここでのコメントは控えます。

関連するQ&A

  • 臓器移植って、倫理的にどうなのでしょうか?

    私は臓器移植反対派です。 人の臓器をパーツ取りするような行為を、神様がお許しになるわけありません。 (もっとも私は無宗教ですが・・・) しかも、臓器を移植された人にとって、他人の臓器は「異物」であり、薬を飲みながら制御しつつ生きなければなりません。 そして、わが国ではまだまだ進んでいませんが、臓器移植先進国では臓器移植がビジネスとなっています。 このようなことが果たして、倫理的に許されるのでしょうか? 確かに、脳死となり、臓器が機能している人がいて、その臓器を困っている人へ移植すれば助かる命があるのは理解できます。 でも人の命というものは決まっているものであり、他人の臓器をパーツ取りしてまで延命を図ることにすごい違和感を感じます。 それが、仮に自分であろうと、自分の家族であろうとそうです。 でも、臓器移植反対の立場としても矛盾があるんです。 じゃあ、献血(輸血)はどうなんだ、といわれれば輸血はいいんじゃない?と思ってしまいます。 でも、血液にも生きた細胞が含まれるわけで、血液も生きているわけです。 無駄な排卵や射精もあるわけで、それらに対する説明もつきません。 最近、日本でも臓器移植に関する動きが活発になってきていますが、私のような考えは少数派でしょうか・・・?

  • 臓器移植に関する話何でも教えてください。

    先日ある雑誌で、中国では死刑になった人の臓器を提供して臓器移植をしており、アメリカなど国内での臓器が間に合わない人が、高いお金を出して中国で移植をしているという話を読みました。 その臓器は、まだ死刑囚が完全に息を引き取っていない状態で摘出されることもあるそうです。 あと、アメリカでは囚人が、刑を軽くするために自分の臓器を提供するシステムがあるとか。 臓器移植について、珍しい話や、あまり知られてない事実などがありましたら、教えてください。 その他、何でも臓器移植に関することなら歓迎です。 よろしくお願いいたします。

  • 臓器移植をどう思いますか?

    みんさんは臓器移植についてどう思いますか? 自分はもともと生物とは強いものが生き残り、弱者は死ぬ。 そうやって強いものが生き残って行く。 これが人類が誕生し、医療ができるまでの生態系だと思います。 ですが医療が発達すると病気の人でも生き残るようになり、生存率が上がりました。 ここまでは納得できます。 人類は病原菌より強かったと考えて、 ですが臓器移植はどうでしょうか? ここまでくると神の領域です。 人が助かることはとてもいいことです!! もちろん臓器移植に対しては反対ではないのですが、すこしここまでやっていいのかという疑問が心残ります。 皆さんの意見を聞かせてください!! もし結論が出ている場合は結論がも聞かせて欲しいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • will-y
  • ベストアンサー率22% (48/214)

たびたびすみません。 もう少し考えました。 見返りがないと親切をしないとか、親切をしたのにポイントをくれない とかでトラブルになったりするのもいやかなとも思いますが 優遇とか直接的な還元のない程度の「単なるポイントだけ」 というのであればちょっとだけ賛成です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • will-y
  • ベストアンサー率22% (48/214)

ポイントの仕組みもさることながら nonkunさんのいうような親切の押し売りや刑の軽減目的での親切や 下心みえみえの親切は見ていてちょっと・・・と思ってしまうので そうなるとわたしは人に親切にすることはなくなるでしょう。 また、生まれたときから病気がちで人に親切にすることさえできなかった人は 臓器の移植では後回しになってしまったりしませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まあ、働いても「金ほしさのためにやっているのだろう」みたいに嫌みを言われることもないでしょうし、なれてしまえばそれなりにうまくいくと思いますが。 後者の場合は親切ポイントのたくさんある健康で親切な人が寄付するようなことが起ればたぶん問題は少ないと思います。 ご意見ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • nonkun
  • ベストアンサー率27% (98/357)

親切にしてくれる人に何とか報いたい、と言う気持ちはわかりますが、親切ポイントを与えると言うのは親切の押し売りを増やすことになりませんか? それでは小学生に奉仕作業を強制するのと同じ事ですよ。 それに親切を行う人は十分お返しはもらってますよ。何かしてあげた人の笑顔とお礼の言葉で。本当の意味での親切な人はこれだけですごく幸せな気分になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まあ、たしかに行きすぎると何でもまずいでしょうね。 後半は確かにおっしゃる通りです。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

 ppooooさんの思いつかれた親切ポント制度に似たような考え方で、「エコマネー」という仕組みが、各地で導入が試みられています。

参考URL:
http://www.yomiuri.co.jp/money/news/20000419mh01.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

既にそのような仕組みが始められているとは。 世間知らずにならないようもっと勉強したいと思いました。

関連するQ&A

  • 臓器の技術的・倫理的問題点について

    大学の小論文の課題で「臓器の技術的・倫理的問題点についてあなたの考えを述べよ。」(500字) とあり書いてみたんですけど字数もかなりオーバーしていまい、なかなかうまく書けません。 辛口でもいいので内容、文章構成等アドバイスをください!!  近年、臓器移植の問題が新聞などで話題となっている。欧米では以前から盛んに臓器移植が行われてきたが、日本ではあまり盛んにならない。1996年に臓器移植法ができ、日本でも脳死の状態からの臓器移植ができるようになった。しかしコレでも日本では盛んに行われない。  では、どうして日本では盛んに行われないのか。  まず、臓器移植とは、何らかの理由で臓器が機能しなくなった場合、患者以外の人の正常な臓器をもらい移植することをいう。だが心臓のように唯一の臓器の場合取り出すわけにはいかず、またすでに停止した心臓でも正常に機能するとは限らない。  そこで脳死が問題となってくる。脳死の場合、心臓が停止する前に脳の機能が失われたとしてもほかの臓器は生きている状態なので成功の可能性が高い。だが、脳死の状態でもまだ生きているのだから脳死の患者から臓器を取り死なせるということはある意味殺人的行為だと私は思う。  脳死による臓器移植が一般化すると、医師が死を前にした患者の治療の治療を怠り脳死の状態にしたがるという懸念がある。延命治療よりも臓器移植を成功させるほうが医師にとっても、病院にとっても大変名誉にかかわってくる。脳死になった患者側からも医師に問題があるのではないかと疑いの念を持つようになる。  以下の理由で、問題点を抱えながらも脳死による臓器移植は進んでいくだろう。これからの医療社会では、現状での問題点をよく考慮したうえで慎重に進めていく必要があるだろう。(660字) どんなに辛口でもかまいませんのでどうぞよろしくお願いします。

  • 臓器移植と献血

    臓器移植法の改正案が、以外?にも、衆議院を通過したとか。 私としては、臓器移植そのものに関しては、積極的賛成でもないし、絶対的に反対と言う立場でもないし、要するに、よく判らない。と、言ったところでしょうか。 しかし、こうした新しい技術や出来事に関して、なにも意見が述べられない事に関して、内心忸怩たる思いもありました。そこで、臓器移植について、改めて少し考えてみました。 そうすると、臓器の提供と言う贈与と、移植技術の偏在・高額医療費と言う現状から、臓器移植の実施を促進する事は、貧者の臓器提供、富者への臓器移植、結局は臓器の売買に一歩進むだけのような気がします。 そこで、臓器移植と献血の違いについて考えてみました。 献血の特徴は、なんと言っても、純粋な贈与の形式が、なんとか保たれている、と言うことでしょうか。つまり、贈り主も、贈られる側も特定できませんから、贈り主に対する感謝の念が生じたり、贈与に対する時期を遅らせた返礼により贈与が交換に変わる事もありません。売血の問題はありますが、全体としては、贈与のシステムが成立しているのでは、と考えます。 そうすると、いま、臓器移植に関して言えることは、 移植技術の費用問題がなんらかの形で解決され、献血のようなシステムになるまで、売買の禁止に重点を置くこと、臓器提供の意思を確認できる、積極的な対策を行う事。脳死移植と生体間移植は別の次元で考慮する事。 以上のような結論になってしまいましたが、皆さんは、どう考えますか。 私の駄文から、誤解を与えてはいけません、質問を、抽象化します。 1)この質問の場合、近接概念を使用して、各々の概念を明確化することには、問題がある。 ちょっと、いやらしい言い方ですね、つまり似通ったものを比較して、その特徴を明らかにする、この質問の場合、臓器移植と献血です。 2)方法論的には問題ないが、過程・結果、共に問題がある。 平たく言えば、いちゃもん、つけてください。 3)質問文では、意図的に回避した、脳死、これについて、哲学から何か語れますか。 参考資料 http://www.medi-net.or.jp/tcnet/DATA/law.html 先のことは判りませんが、御礼が遅くなるかもしれません。宜しくお願いします。

  • 医療費について

    こんにちは。医療費について教えてください。 何百万と借金のある人が、その理由について、 「病気をして、治療代が高くて。」とか 言っている場合があります。(テレビなどでですが) が、高額療養費制度とかがあれば、 ある程度、なんとかなるような気がします。 ※仕事を休むことによる、影響はあるとは思いますが。 医療費控除の対象にならない治療というのは、 どのようなものがあるのでしょうか? ※(国内での)臓器移植とかも、対象なのでしょうか? ※どのような病気(治療)をすると、医療費が高くなるのでしょうか?

  • 臓器移植のため、渡米して保険に入ることは有効か?

    アメリカでは、臓器移植は、保険の対象になると新聞に書いてあったのですが、実際、臓器移植が必要になった段階で、渡米して保険に入り医療を受けることは出来ますか? 確か、日本の国保の場合、保険が未納でも、過去3年程度、遡って払えば、未加入時点での疾病に関しても、保健医療が受けられたと記憶していますが、アメリカの事情はどうなのでしょうか? ご存知の方、教えていただけないでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 緊急時の移植に関する質問

    医療の知識はまったくありませんので、おかしな話なのかも知れませんが、もしそうなった場合、という仮定の話で答えを聞かせてください。 ある病院に交通事故の患者Aが運ばれ、脳死と診断された。その病院に別の場所で起こった交通事故の患者Bが運ばれ、Bはどうしても臓器移植が緊急に必要な状態。この場合、Aとその家族に臓器提供の医師があった場合、Bへの臓器移植が優先され、Bに移植されるということは実際に有り得ることなのでしょうか。教えて下さい。

  • 最近脳死判定による臓器移植を聞きませんが。

    最近脳死判定による臓器移植を聞きませんが。 実際似ないのでしょうか、報道規制が入ったのでしょうか、医療現場が隠し始めたのでしょうか。

  • 脳死判定による臓器移植

    脳死判定による臓器移植 ここ1ヵ月半で6人もの脳死判定になり、臓器移植されます。 毎回遺族の方々の理由は同じです。 「体の一部が生きていてくれれば」(概要) これは、医者に言わされているのではないでしょうか、 そして脳死判定も、遺族の意思ではなく、医療関係者の説得で 行われているように思いますが、皆様のご意見はいかがでしょうか。

  • 民法上の家族、臓器提供など医療上の家族について

    民法上の家族、臓器提供など医療上の家族について 臓器移植に家族の同意」というマスコミがあった。 そこで、家族とは 昔、学問の哲学で、家族とは{社会を構成する最小集団」ーという主旨を教わった記憶がある。 それで「家族」ですが、 今、相続など民法上の問題にかかわっていることもあり、臓器移植の「家族」に巡り合いそれでは家族とは、その範囲は・・・と。 そこで、家族とはどうなりますか

  • 看護師の方、教えてください。

    看護師の方、教えてください。 私は今、看護学校で臓器移植についての論文を書いています。 昨年出された臓器移植法改正案では、 「脳死患者からの臓器提供の決定権はその家族にゆだねる」となっています。 こうなると、脳死患者の家族には大きな精神的負担がかかり、精神的ケアが必要になると考えています。 このような「精神的ケア」に対してグリーフワークなどの活動も行われていますが、 看護師だからこそできるケアについてまとめていきたいと思っています。 そこで今、病院での「看護師の現状」について調査中です。 具体的に知りたいことですが、実際の医療現場で、医師等に看護師が意見できる場はあるのでしょうか? 患者や家族の身近な医療者である看護師が、家族の精神状態などを考えたときに、 医師の行動などに対して「こうした方が良い」などと言える状況にあるのでしょうか? 看護師は医師から下に見られている、という話を読んだことがあります。 私は、今回の改正案の臓器移植法が施行されたときに、 もちろん医師やその他の医療従事者は重要な存在だと思います。 しかしそれ以上に、脳死という受け入れがたい死に直面している家族と直接向き合う 看護師の存在は大きいものだと思うのです。 脳死という死の受容や看取りなどを考えたときに、やはり看護師は重要な存在だと思います。 よりよい臓器移植のために、「看護師を中心とした臓器移植」というのを この論文でまとめていきたいと思っています。 病院の中での「看護師の現状」や、その他意見・アドバイス等、 寄せていただけたら本当に助かります。よろしくお願いします。

  • 反論してください

    哲学者(倫理学者)のジョン・ハリスの提案した臓器移植くじについてです。 「臓器くじ」は以下のような社会制度を指す。 公平なくじで健康な人をランダムに一人選び、殺す。 その人の臓器を全て取り出し、臓器移植が必要な人々に配る。 臓器くじによって、くじに当たった一人は死ぬが、その代わりに臓器移植を必要としていた複数人が助かる。このような行為が倫理的に許されるだろうか、という問いかけである。 ただし問題を簡単にするため、次のような仮定を置く(これらは必ずしもハリスが明記したものではない)。 くじにひいきなどの不正行為が起こる余地はない。 移植技術は完璧である。手術は絶対に失敗せず、適合性などの問題も解決されている。 人を殺す以外に臓器を得る手段がない。死体移植や人工臓器は何らかの理由で(たとえば成功率が低いなど)使えない。 予想される反論に対する反論 事故にあって死ぬことよりも積極的に殺すことのほうが罪が重い。 反論:臓器が必要な人をそのまま死なせるのは見殺しにするのと同じことであって、移植しようがしまいが殺すことに変わりないのではないか。 いつ臓器を奪われるか分からない状況に怯えることになる。 反論:多数の人から無作為に選ばれるならば病気や事故に遭って死ぬ確率がごくわずかに増えるのと同じことであり、それを受け入れるのであれば臓器の移植を受け入れない理由はないのではないか。 生死は天命によるものであって人が誰が死ぬべきかを決めるものではない。 反論:臓器を移植せずに死なせることも同じように誰が死ぬべきかどうかを決めることではないか。 こうした社会制度の下では、臓器を提供する側から除外されるよう人々が競って不健康になろうとするというモラル・ハザードが起きるのではないか。 反論:不健康になれば自身が病死する確率も高まり、また、臓器を提供することのできる人間の基準が引き下げられるであろうため、長期的に見れば自身の健康をあえて損なうことの意味自体が薄れるのではないか。 臓器提供はしたい人がやればいいのであって、籤だからといって臓器を提供したくもない人が強制されるのは人権侵害ではないのか。 反論:緊急避難の考え方を社会全体に適用できないか。死ぬ人数が少ない方が、より多くの人権を保護することになるのではないか。 臓器移植を必要とする人を助ける方法は他にもあるのではないのか。 反論:思考実験の内容として「死人の臓器や人工臓器では代替できない」とある。 社会全体としては、臓器移植が必要な重病人数人の生存よりも、健康な人間一人の生存のほうが有益なのではないか。 反論:健康な人間一人が社会全体に与える損益は、その個人の生命活動そのものとは無関係なのではないか。また、移植を受ければ健康状態は格段に改善する。 臓器くじに超一流の芸術家やスポーツマンが当たった場合どうするのか。 反論:臓器をもらう側も超一流の芸術家やスポーツマンである場合もあり得るし、提供する側が凶悪な犯罪者である場合もあり得る。

専門家に質問してみよう