• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

三原山のカルデラ?について

大島三原山や三宅島は中学では楯状火山と教えますが実は専門書から観光案内まで何を見ても成層火山に分類されていることを最近知りました。(何で中学では事実と違う事を教えるのかわかりませんが) 三原山の写真を見せて楯状だという説明をしている教師の話もよく聞きますが、三原山が円錐形でないのは溶岩に粘り気がないからではなく、カルデラだからではないのでしょうか? しかし、ここでわからないことがあります。カルデラを形作る噴火は、大抵はSiO2の多いマグマ(流紋岩・デイサイト)ですが、三原山は玄武岩質マグマのようですね。 玄武岩質マグマでもカルデラを作る巨大噴火が起こったというわけでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1652
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

まず最初の質問について 火山噴火が爆発的になるためには、二つの理由が考えられます。 1.マグマ中に含まれるH2Oなどが発泡することで爆発する。 2.マグマが地下水などに接触することで爆発する。 前者の噴火をマグマ噴火、後者をマグマ水蒸気爆発とよびます。水蒸気爆発についてはよく分かっていませんが、マグマが間接的にしか関与しない爆発だろうと思います。後者のマグマ水蒸気爆発の場合、爆発力はマグマそのものよりも、地下水が急激に加熱沸騰することによる圧力上昇が重要になります。よって、その火山のマグマが玄武岩であろうが流紋岩であろうが関係なく、かなりの爆発が生じます。実際、三原山のカルデラ形成の時にはマグマ水蒸気爆発が発生してます。 次の質問について 富士山や岩手山などは、玄武岩火山でありながらかなり急峻です。火山体を形作るのはどろどろ流れる溶岩だけではなく、火山灰や火山弾のように上空に放出されるマグマもたくさんあります。それらは火口の近くにたくさんたまり、遠くにはたまりません。そのために、かなり急峻な円錐形になります。また、火山内にはマグマが下から入り込んだり、加熱された水蒸気などで圧力が高まっています。そのため、見た目以上に不安定になるのです。玄武岩火山の岩手山など、かつて山体崩壊が何度もおきています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。大変勉強になりました。そのうちまた同じ様な質問をすると思います。進歩がないと笑わないでまた教えてください。

関連するQ&A

  • 昭和新山って大噴火してますか?

    中学の理科で粘り気の大きいマグマからなる火山は「激しい噴火」をすると教えます。 そして粘り気の大きいマグマからなる火山の例としてあげられるのが、昭和新山や普賢岳です。 普賢岳では火砕流が起こり、多大な被害がでましたが、あれも安山岩質マグマからなる他の多くの火山が噴火した場合と比較して、「激しい噴火」といえるのかなあと疑問に感じています。 教えて下さい。

  • 火山の形と火成岩について

    火山についての質問です。 それは、火山の形と、火成岩の関係についてです。 学校で以下の2点を学習しました。 (1)火山の形は、マグマのねばりけと関係がある。  マグマのねばりけが強い火山は、  ドーム型をしていて、火山灰や溶岩は、白っぽい。 (2)火成岩の、流紋岩、花こう岩は、  無色や白色鉱物が多くふくまれる白っぽい。 この2つから考えると、 ドーム型の火山の火成岩は、 流紋岩や花こう岩である、ということですか。 また、なだらかな形をした火山の火成岩は、 玄武岩や斑レイ岩である、ということにもなりますか。 教科書には、(1)と(2)のことが別々に書いてあり、 結びつけて書いてはないので、質問のようなことは言えないのかな、 と悩んでいます。 どなたか、ぜひお教えください。

  • 溶岩ドームの 噴火は激しい?

    昨日も質問をしたのですが、さらに疑問がわきました。 溶岩ドームは、一番激しい噴火だと習いました。 (中学校の地学で、三種類の火山(盾、成層、溶岩ドーム) 溶岩ドームは、盛り上がるようにしてできるので、他の二つのように、火山灰と溶岩がシマシマ模様を作ることはないとも習いました。 さらに突っ込んで、インターネットで調べてみると、溶岩ドームは激しい爆発で、火山灰を吹き飛ばし・・・。といった記述がありました。 ある方は、溶岩ドームがシマシマにならない理由を、 「一回の爆発で形成されるから」と言っていました。  → 一回の爆発・・・これは、溶岩ドームはマグマの粘り気が強いから、なかなか噴火しない。その代わり、いざ噴火する時は、ドッカンとでっかいのを一発打ち上げる・・・といったような理解でよいのでしょうか? つまり・・・溶岩ドームがシマシマ模様にならないのは、 1.噴火の頻度が少ないこと (でも、ちゃんと火山灰も出てくる) 2.噴火の仕方が ムゴムゴっ といった感じで盛り上がってくること。 以上の二種類だということで 、 よいでしょうか? (ただ、そうすると特に2番。 噴火の仕方が「盛り上がってくる」ということは、あまり激しい噴火のように思えないのですが・・・) ちょっと、その辺で混乱してしまっているので、 アドバイスをいただけると、有難いと思いました・・・。 このままもう少し調べ続けますが・・。 どうぞ、お待ちしております!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

youichiさん、お久しぶりです。 カルデラは2km以上とは言われていますが、国によって違いますし、1km程度でもカルデラと呼ぶことがありますので、あまり厳密な定義とは考えない方がよいです。実際、三宅島雄山の山頂の凹地も2kmに満たなくてもカルデラと呼ばれることがあります。「大きな火山性凹地」くらいにとらえた方が良いでしょう。 流紋岩・デイサイトマグマの爆発的な軽石噴火によってカルデラができることは良く知られているのですが、実はカルデラにもいろいろなタイプがあって、別の理由でできるものもあります。ちょうど大島三原山と三宅島があげられていましたので、それぞれ説明いたします。 まず、大島三原山のカルデラは「山体崩壊」によってできたものと考えられています。火山体は急峻な斜面を持つために、不安定です。マグマが地下を上昇してきたときなどは地殻変動が激しくなるので、いっそう山体は不安定になります。そして、大規模な火山体の崩壊がおきることがあります。このような例は、1888年の磐梯山噴火、1980年のセントへレンズの噴火があります。山体崩壊で崩れた部分が凹地になり、カルデラとなるわけですが、この場合は麓の一方向に向かって開けた凹地になります。これを「馬蹄形カルデラ」と呼ぶこともあります。三原山の場合は、北東方向に開いています。山体崩壊は、不安定な火山体を成す火山であれば、玄武岩でも安山岩でも流紋岩でも発生し得ます。 次に、三宅島雄山山頂の凹地ですが、これはガラパゴスやハワイなどの玄武岩火山島で似たようなことがおきています。山頂のすぐ下にあったマグマが、より下の方に戻っていったり、横方向に逃げていったりすると、山頂の下が空洞のようになってしまいます。そこに山頂付近全体が一気にかたまりとして落ち込むことで、山頂に大きな凹地ができます。このようにしてできたものと考えられています。 というわけで、でき方は異なりますが、玄武岩の火山でもカルデラはできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもありがとうございます。 よくわかりました。 それで改めて、教えていただきたいことができました。 間違っているかもしれませんが、磐梯山にしてもセントへレンズにしても大規模な水蒸気爆発によって山体が吹っ飛んだというように理解しています。なぜ玄武岩質マグマの三原山で山体が崩壊するほどの爆発が起こったのでしょうか? またそもそも、温度等他の条件で円錐形になる可能性はあっても玄武岩質マグマで不安定なほどの急峻な斜面になるのでしょうか? またそうであれば、中学理科の「三原山、三宅島は玄武岩質マグマで(ここまでは正しいわけですが)楯状火山であり、噴火は穏やかである」という記述やそれに基づく高校入試問題がおかしい事は前にpuni2さんやpikakuwaさんに教えていただいたき知りましたが、おかしいにもほどがありますよね。

  • 回答No.1

カルデラ自体の定義は、「火山の頭頂部が陥没して出来た大きな円形のくぼ地のうち、その穴の直径が2km以上のもの」ではなかったでしょうか? 三原山は、玄武岩質⇒さらさらしてる⇒楯状火山 という単純な切り分けでそのように説明しちゃってるという話をきいたことがあります。 たしか、富士山だって玄武岩質だったと思うのですが。 大島のカルデラの形成については、噴火が原因のようです。

参考URL:
http://www.izu-oshima.or.jp/otenki/kazan/kazan_r.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 カルデラの定義は知らなかったのですが、2キロ以上ということなら三原山もあてはまりますよね。

関連するQ&A

  • 火山灰はどこから生まれる?

    火山の噴火で火山灰がたくさん出ます。マグマが地表に出てきて冷えて固まって溶岩になったり、飛ばされてちぎれて火山弾になったりは直感的に理解できるのですが、火山灰のようなとても細かいさらさらな砂のようなものはマグマのどこからどのように生まれるのでしょうか。教えてください。

  • 三宅山について

    三宅山についての質問です。 この火山の火山岩のタイプはなんなのでしょうか? なかなか答えを見つけることができません。 どなたかご存知の方はお願いいたします。 また、この火山のマグマのできた深度や、 三宅島のようなマグマができるのは地球構造として 地球の中でどの辺りなのかもできたら知りたいです。 お願いいたします。

  • 粘り気小さい人 → 玄武岩多い?

    以下の二つの知識は、つなげてしまってもよいのでしょうか? ***************************** ■玄武 安山 流紋 ・・・という岩石の種類があります。 それらは、左から、有色鉱物の度合いが多いです。 たとえば、玄武岩は、黒っぽい。 ***************************** ■火山には、いくつかのタイプがあります。 それはマグマの性質によります。 白っぽいマグマはどろどろしています。 くろぽいマグマは、粘り気が少ないのです。 ***************************** 以上二つを組み合わせて、 たとえば、マグマの粘りけが小さい火山(黒ぽい)には、 玄武岩が多く含まれている・・・という風になるのでしょうか? 宜しくお願い致します!

  • マグマに関してです。マグマって無くならないんですか

    マグマって無くなる事はないのでしょうか。 というのは今から5年位前に、以下の様な内容をネットで見つけなした。語尾などは書き直してあります、内容は変えていません。 火山が噴火すると、火口から高温のマグマが流れ出します。激しい噴火の時は、大量のマグマが一気に流れ出ます。 地球上の火山は、いままで何度も噴火をしましたが、マグマが尽きる事は無いのでしょうか。 マグマは、地殻(ちかく、地面)と地球の地下2900km以下の核という部分に挟まれたマントルという層の上の方、地下70~200km位の場所で発生します。 マグマは隙間をぬうようにして地下数km~数十kmぐらいの所に上がり、マグマだまりを作ります。 噴火により地表にマグマが流れ出すと、その分だけマグマが減ります。地球には、マグマが無限にあるというわけではないので、いつかは無くなりますが、1回の噴火で出る量は、地球全体から見ればわずかなものです。 ですから、無くなるといえば無くなるし、無くならないといえば無くなりません。仮に無くなるにしても、何十億年、何百億年も先になります、そこまで地球が残っているかどうか分かりませ、マグマが尽きる前に、地球が消滅しているでしょう。 ただ、大きな噴火の時には、マグマだまりにあるマグマが無くなる事があります。その時、地中に出来た隙間に地面が沈んで、カルデラというくぼんだ地形が出来る事もあります。熊本の阿蘇山がこれに当たります。 ちなみに、いま説明したマグマのある位置ですが、これらは全て推測です。人類はまだ地球内部を完全に観測した事は無く、地球の内部構造は全て推測です。 以上ですが、ところがこれが間違いと指摘されたらしく、昨年、久々にこの方のサイトを偶然見つけてのぞいたら、全面的に書き変えられ、以下の様になっていました。こちらは語尾も何も変えていません。 火山が噴火すると、火口から高温のマグマが噴き出します。 地球上の火山は今まで何度も噴火をしてきたわけですが、マグマが尽きることはないのでしょうか? 結論から述べますと、マグマは地球の内部で次々に作られているため、尽きることはありません。 地球の表面は卵の殻のように一枚の板で覆われているわけではなく、プレートと呼ばれる何枚もの板で覆われています。 そしてこのプレートは少しずつ動き、重いプレートが軽いプレートの下に潜り込んで行きます。 プレートが潜り込むとき、その上に載っている様々な物質も巻き込まれて沈んでいきます。 この巻き込まれた物質のうち、玄武岩などの溶けやすい岩が、地球内部の熱や圧力によって溶けると、マグマとなるのです。 この現象が起こるのは、地殻(ちかく/地面)と核の間に挟まれた「マントル」という層の上方、地下70~200kmくらいのところです。 そしてマグマは隙間をぬうようにして地下数km~数十kmぐらいのところに上がり、マグマだまりを作ります。 マグマだまりにマグマが溜まり、何らかの拍子に均衡が崩れると…一気に爆発、あるいは噴火を起こすのです。 なお、大きな噴火の時には、このマグマだまりにあるマグマが無くなってしまうことがあります。 そのとき、地中に出来た隙間に地面が沈んだものが、「カルデラ」と呼ばれる地形です。 私はこの分野は全くの素人なのですが、オモシロイテーマで読んだのですが、この2つの文、内容的にいかがなのでしょうか、またマグマが無くなる事はあるのでしょうか、教えて下さい。

  • レア鉱物、サヌカイト…とは?

    今、サヌカイトについて調べている、地学初心者です。 ただ、ネットで調べても、あまり情報がないので、 回答のほどよろしくお願いします。 サヌカイトとは、ガラス質の安山岩との事ですが、この石は どのようにして出来たのでしょうか?香川県の五色台、火山(活動)、 マグマ、プレートテクトニクスが関係しているのはわかるのですが、 はっきりしたことがよくわかりません。 また何故、サヌカイトは割ると切れ味がよく、叩くと音色がよいのでしょうか?どうして、サヌカイトは非常に貴重なのでしょうか? 質問ばかりですが、よろしくお願いしますm(_ _)m ------------------------------------------ 聞くばかりもアレですので、以下に私の考えを書いておきます。 まず香川県の下にあるプレートが動いた結果(プレートテクトニクス論)、 地球内部にあるマグマが地上にまで押し上げられた。そのマグマは、 香川県の五色台付近の山から噴火した。噴火したマグマは、溶岩と なって流れ出した。その溶岩が長い年月をかけて、岩石内に 閉じ込められた。非常に高い圧力によって押し固められた溶岩は、 成分が変化して、ガラス質のサヌカイトにへと変化した。

  • マグマの体積

    この問題の答え 解説を教えてください。 火山の地下に、東西2km、南北1,5kmの範囲に、地下3,5kmから4kmの深さにわたってマグマだまりが存在していたとする。 噴出した溶岩は1991年3月から 1995年2月までの平均で1日当たり10tトラック30000台分であった。地下から上昇したマグマが空のマグマだまりを満たしたのちに噴火が起こったとして、この期間にマグマだまりへ供給されたマグマの体積はおよそ何km3か。ただしマグマだまりは直方体とみなし、溶岩の密度とマグマの密度は3t/m3とする。1t=1000kg わかりにくく、すみませんがよろしくお願いします。

  • ポリネシアの島の誕生

    ポリネシアの島がどのようにできたかの記述を見ても、恥ずかしながら全く勉強してこなかったので理解出来ません。 どうかご教授ください。 ↓片山一道著『ポリネシア 海と空のはざまで』の8ページより引用 「およそ2500万年ほど前の昔のことだ。太平洋を覆う海洋プレートに割れ目が生じた。そこから地中のマントルが沸き出し、まず中央海嶺が形成された。そこに何百もの海底火山が誕生し、そこらじゅうで地中のマグマが吹き出すようになった。つぎつぎに吹き出した溶岩は海底で固まり、しだいに積み重なっていった。そうして数百万年の間に、幾重にも連なる海底火山脈が形成されてきた。さらに吹き出される溶岩によって、どんどん火山脈の脊梁が高くなり、やがて特別に高くそびえる火山が海面上に姿を現すようになった。」 簡単に言うと、 (1)海底火山噴火 (2)溶岩が重なって山できる (3)私達がポリネシアだと思っている島々は、その山のてっぺん達 ・・・というので合っていますか?

  • 三原色について

    加法混色の三原色がRGBなのは、人間の目の錐体細胞がRGBそれぞれに反応する特性があると言うことに起因しているのでしょうか?それはなんとなくわかる気がするのですが、減法混色の三原色はなぜCMYなのでしょうか?RGBそれぞれの補色だからなのでしょうか?それとも一番明度の高い黄色を採用しなければならないからなのでしょうか? 要は減法混色というとすぐにCMYKと思い当たりますが、それはどのような理由で、どのような必要性によってCMYが選ばれ、それがどこかに明確に規定されている(反射率などにより)ものなのかを疑問に思い質問させていただきました。

  • 三原色について

    光の三原色を合わせる(加法混色)だと白になる。 色の三原色を合わせる(減法混色)だと黒っぽくなる。 では 光の三原色で黒を表すには、 または 色の三原色で白を表すにはどうするのですか?

  • 三原色について

    光の三原色は赤・緑・青だそうですが、 色の三原色はマゼンタ・シアン・黄色だそうです。 しかし私は色の(絵の具の)三原色を 赤・青・黄色と覚えていました。 なぜ間違って覚えたのかよくわかりません。 気になって困りますのでよろしくお教えください。