• 締切済み
  • すぐに回答を!

火山の形と火成岩について

火山についての質問です。 それは、火山の形と、火成岩の関係についてです。 学校で以下の2点を学習しました。 (1)火山の形は、マグマのねばりけと関係がある。  マグマのねばりけが強い火山は、  ドーム型をしていて、火山灰や溶岩は、白っぽい。 (2)火成岩の、流紋岩、花こう岩は、  無色や白色鉱物が多くふくまれる白っぽい。 この2つから考えると、 ドーム型の火山の火成岩は、 流紋岩や花こう岩である、ということですか。 また、なだらかな形をした火山の火成岩は、 玄武岩や斑レイ岩である、ということにもなりますか。 教科書には、(1)と(2)のことが別々に書いてあり、 結びつけて書いてはないので、質問のようなことは言えないのかな、 と悩んでいます。 どなたか、ぜひお教えください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1743
  • ありがとう数27

みんなの回答

  • 回答No.3

『火成岩』の『火』はマグマのことを意味します。よって火成岩はマグマが冷却されて固まった岩石の総称です。 そのうち、『火山岩』は、地表もしくは地表近くで急速に冷却されたものであり、『深成岩』は、地中の深い場所でゆっくり冷却されたものです。 もともとのマグマは同じであっても、火山として噴出したものと、噴き出さずに地中でグズグズゆっくり固まったものでは、『見た目』が違います。ゆっくり固まった深成岩の方が、鉱物の粒が大きく、すばやく固まった火山岩では、粒が小さいという特徴があります。これは結晶化するときに、結晶が十分成長できるだけの時間があるかどうかということです。 深成岩は地中で出来るのに、どうして地表で目にすることが出来るのかというと、地盤が隆起したり、浸食されたりして、たまたま地表に出ているためです。火山が多い日本海側では、火山岩や火山噴出物(凝灰岩)に覆われてしまっているため、なかなか見ることが出来ませんが、火山の少ない地域では、至るところで見ることができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • (1)火成岩の分類で、火成岩が塩基性とか酸性とかいうのはどういうことを

    (1)火成岩の分類で、火成岩が塩基性とか酸性とかいうのはどういうことをいっているのですか?分類ばかり載っていて実際どういうことかよくわかりません (2)火成岩の分類について、結晶分化作用で最初のほうに晶出して沈んで固まったのが塩基性岩、最後のほうに沈んで固まったのが酸性岩ということでしょうか (3)地殻の構造について マントル→海洋地殻→上部地殻が、カンラン岩質→斑レイ岩質→花崗岩質となっているのは、大陸ができたときにマグマの結晶分化作用で考えればよいのでしょうか

  • 玄武岩と安山岩と流紋岩と、斑レイ岩と閃緑岩と花崗岩の産地教えてください

    玄武岩と安山岩と流紋岩と、斑レイ岩と閃緑岩と花崗岩の産地教えてください

  • 火山灰はどこから生まれる?

    火山の噴火で火山灰がたくさん出ます。マグマが地表に出てきて冷えて固まって溶岩になったり、飛ばされてちぎれて火山弾になったりは直感的に理解できるのですが、火山灰のようなとても細かいさらさらな砂のようなものはマグマのどこからどのように生まれるのでしょうか。教えてください。

  • 回答No.2

基本的に「白っぽい」で共通項として両者を結びつけても問題はありません。ただし、同じ白っぽいでも流紋岩(火山岩)と花崗岩(深成岩)、また黒っぽい玄武岩(火山岩)と斑レイ岩(深成岩)との区分は注意して下さい。火山体を構成するのはあくまでも“火山岩”であり、“深成岩”ではありません。 ですので、 『ドーム型の火山の火成岩は、流紋岩である』は正しいですが、『ドーム型の火山の火成岩は、花崗岩である』は間違っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

火山体を構成するのは火山岩だということを初めて知りました。 大変わかりやすい解説をありがとうございます。 悩みが解決しました! もう一つ質問があるのですが、 火山体を構成するのが火山岩だとすると、 深成岩は何になるのでしょうか。 よくわかっていないので、 とんちんかんな質問になっていたらごめんなさい。

  • 回答No.1
  • vsl2000
  • ベストアンサー率29% (120/402)

 火成岩はその出来かたによって火山岩と深成岩とに分けられることを表した表のようなものが教科書に載っていませんか?  火山岩は、文字通り、火山をつくる火成岩です。 http://www3.ocn.ne.jp/~mizukiyo/ganseki/ganseki1.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をありがとうございます。 火成岩が、火山岩と深成岩に分けられる表はのっています。 また、火山岩深成岩それぞれ、有色の鉱物や無色や白色の鉱物の割合に関する表もあります。 そこで疑問に思ったことが、流紋岩、花こう岩が白っぽいなら、 粘り気の大きい、もりあがった火山は白っぽい火山(噴出物は白っぽい)ということなので、このような火山からできる火成岩は、 「流紋岩、花こう岩」なのかな、ということです。 でも、教科書にも参考書にも火山の形と火成岩とを結びつけるものはなかったので、質問箱に質問しました。。。

関連するQ&A

  • 溶岩ドームの 噴火は激しい?

    昨日も質問をしたのですが、さらに疑問がわきました。 溶岩ドームは、一番激しい噴火だと習いました。 (中学校の地学で、三種類の火山(盾、成層、溶岩ドーム) 溶岩ドームは、盛り上がるようにしてできるので、他の二つのように、火山灰と溶岩がシマシマ模様を作ることはないとも習いました。 さらに突っ込んで、インターネットで調べてみると、溶岩ドームは激しい爆発で、火山灰を吹き飛ばし・・・。といった記述がありました。 ある方は、溶岩ドームがシマシマにならない理由を、 「一回の爆発で形成されるから」と言っていました。  → 一回の爆発・・・これは、溶岩ドームはマグマの粘り気が強いから、なかなか噴火しない。その代わり、いざ噴火する時は、ドッカンとでっかいのを一発打ち上げる・・・といったような理解でよいのでしょうか? つまり・・・溶岩ドームがシマシマ模様にならないのは、 1.噴火の頻度が少ないこと (でも、ちゃんと火山灰も出てくる) 2.噴火の仕方が ムゴムゴっ といった感じで盛り上がってくること。 以上の二種類だということで 、 よいでしょうか? (ただ、そうすると特に2番。 噴火の仕方が「盛り上がってくる」ということは、あまり激しい噴火のように思えないのですが・・・) ちょっと、その辺で混乱してしまっているので、 アドバイスをいただけると、有難いと思いました・・・。 このままもう少し調べ続けますが・・。 どうぞ、お待ちしております!

  • 火山噴火後最初に生育する生物は?

    ちょっとした疑問です。 火山の溶岩上にちらほら植物が生えています。 この植物たちはどのようにして栄養分を得ているのか疑問に思い質問させていただきます。 質問1. 火山噴火後、溶岩が流れ出て大地を覆ったとします。 その後溶岩が冷え、その溶岩に最初に生育するのは菌類でしょうか? それとも地衣類でしょうか? それとも普通の植物でしょうか? ただし、胞子や種は風で運ばれたのもとします。 (言い代えると地衣類が菌類を栄養とし、普通の植物が地衣類を栄養としているのでしょうか? 菌類が繁殖しないと、地衣類や普通の植物は繁殖できないのでしょうか?) 質問2. 火山礫、火山灰に花の種を植えた場合、正常に育つでしょうか? ただし、水分は常に補給し乾燥させないものとします。 肥料は一切やらないものとします。 ペーハーはpH7になっているものとします。 その他の条件は一般の場合と同じとします。 (言いかえると火山礫、火山灰に花が育つ栄養素は有るのでしょうか?)

  • 火山の噴火様式について

    こんにちは。 現在,大学のレポートで火山の噴火様式について,調べているのですが,以下について気になった質問させていただきます。 【質問内容】 ・溶岩流を主体とする噴火及び溶岩ドームを形成する噴火の場合は,火山灰の噴出は少ないのでしょうか。 ネットや文献を調べているのですが,上記についてハッキリと記載があるものが見つかりません。 (てことは,違うのですかね) 詳しい方,関連する文献をご存知な方がいらっしゃいましたらご教示願います。 よろしくお願いします。

  • 粘り気小さい人 → 玄武岩多い?

    以下の二つの知識は、つなげてしまってもよいのでしょうか? ***************************** ■玄武 安山 流紋 ・・・という岩石の種類があります。 それらは、左から、有色鉱物の度合いが多いです。 たとえば、玄武岩は、黒っぽい。 ***************************** ■火山には、いくつかのタイプがあります。 それはマグマの性質によります。 白っぽいマグマはどろどろしています。 くろぽいマグマは、粘り気が少ないのです。 ***************************** 以上二つを組み合わせて、 たとえば、マグマの粘りけが小さい火山(黒ぽい)には、 玄武岩が多く含まれている・・・という風になるのでしょうか? 宜しくお願い致します!

  • どうして溶岩ドームだけ、しましまではないのか?

    中学校で勉強する火山の三種類。 盾状・成層・溶岩ドーム。 このうち、溶岩ドームだけが、「しまもよう」がありません。 「しまもよう」・・・は上手く説明できないのですが、どうやら火山灰と溶岩が交互に積もっていく・・・といった説明だったような気がします。 どうして、溶岩ドームだけ、しまもようがないのか? それを知りたいと思いました。 どうぞ、、、宜しくお願い致します!

  • 三原山のカルデラ?について

    大島三原山や三宅島は中学では楯状火山と教えますが実は専門書から観光案内まで何を見ても成層火山に分類されていることを最近知りました。(何で中学では事実と違う事を教えるのかわかりませんが) 三原山の写真を見せて楯状だという説明をしている教師の話もよく聞きますが、三原山が円錐形でないのは溶岩に粘り気がないからではなく、カルデラだからではないのでしょうか? しかし、ここでわからないことがあります。カルデラを形作る噴火は、大抵はSiO2の多いマグマ(流紋岩・デイサイト)ですが、三原山は玄武岩質マグマのようですね。 玄武岩質マグマでもカルデラを作る巨大噴火が起こったというわけでしょうか?

  • 岩石について

    課題で、6種類の岩石を見極めるというものがありました。 そして、それは深成岩である花こう岩・ハンレイ岩・せん緑岩。火山岩である流紋岩・玄武岩・安山岩であることがわかりました。 ここからが質問です。検討として、「なぜそのような岩石ができるのか」と言うことを書かなくてはならないのですが、正直、理由がわかりません。(とらえ方もわかりませんし・・)教えてくださればとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

  • 地学得意な人Help!!!!!!

    問題なのですが東日本火山帯(北海道から東北日本を経て小笠原諸島につながる火山帯)は太平洋プレートの沈み込みが原因であるが北海道から東北日本にかけては安山岩~デイサイトの火山が多いのに対し、伊豆・小笠原諸島には玄武岩の火山が圧倒的に多い。この違いの理由がわかりません。これはマグマが生じてから地表に達するまでの過程(通過する地殻の厚さや密度、高生する岩石の違い)を考慮するのですが、チンプンカンプンです。

  • マグマに関してです。マグマって無くならないんですか

    マグマって無くなる事はないのでしょうか。 というのは今から5年位前に、以下の様な内容をネットで見つけなした。語尾などは書き直してあります、内容は変えていません。 火山が噴火すると、火口から高温のマグマが流れ出します。激しい噴火の時は、大量のマグマが一気に流れ出ます。 地球上の火山は、いままで何度も噴火をしましたが、マグマが尽きる事は無いのでしょうか。 マグマは、地殻(ちかく、地面)と地球の地下2900km以下の核という部分に挟まれたマントルという層の上の方、地下70~200km位の場所で発生します。 マグマは隙間をぬうようにして地下数km~数十kmぐらいの所に上がり、マグマだまりを作ります。 噴火により地表にマグマが流れ出すと、その分だけマグマが減ります。地球には、マグマが無限にあるというわけではないので、いつかは無くなりますが、1回の噴火で出る量は、地球全体から見ればわずかなものです。 ですから、無くなるといえば無くなるし、無くならないといえば無くなりません。仮に無くなるにしても、何十億年、何百億年も先になります、そこまで地球が残っているかどうか分かりませ、マグマが尽きる前に、地球が消滅しているでしょう。 ただ、大きな噴火の時には、マグマだまりにあるマグマが無くなる事があります。その時、地中に出来た隙間に地面が沈んで、カルデラというくぼんだ地形が出来る事もあります。熊本の阿蘇山がこれに当たります。 ちなみに、いま説明したマグマのある位置ですが、これらは全て推測です。人類はまだ地球内部を完全に観測した事は無く、地球の内部構造は全て推測です。 以上ですが、ところがこれが間違いと指摘されたらしく、昨年、久々にこの方のサイトを偶然見つけてのぞいたら、全面的に書き変えられ、以下の様になっていました。こちらは語尾も何も変えていません。 火山が噴火すると、火口から高温のマグマが噴き出します。 地球上の火山は今まで何度も噴火をしてきたわけですが、マグマが尽きることはないのでしょうか? 結論から述べますと、マグマは地球の内部で次々に作られているため、尽きることはありません。 地球の表面は卵の殻のように一枚の板で覆われているわけではなく、プレートと呼ばれる何枚もの板で覆われています。 そしてこのプレートは少しずつ動き、重いプレートが軽いプレートの下に潜り込んで行きます。 プレートが潜り込むとき、その上に載っている様々な物質も巻き込まれて沈んでいきます。 この巻き込まれた物質のうち、玄武岩などの溶けやすい岩が、地球内部の熱や圧力によって溶けると、マグマとなるのです。 この現象が起こるのは、地殻(ちかく/地面)と核の間に挟まれた「マントル」という層の上方、地下70~200kmくらいのところです。 そしてマグマは隙間をぬうようにして地下数km~数十kmぐらいのところに上がり、マグマだまりを作ります。 マグマだまりにマグマが溜まり、何らかの拍子に均衡が崩れると…一気に爆発、あるいは噴火を起こすのです。 なお、大きな噴火の時には、このマグマだまりにあるマグマが無くなってしまうことがあります。 そのとき、地中に出来た隙間に地面が沈んだものが、「カルデラ」と呼ばれる地形です。 私はこの分野は全くの素人なのですが、オモシロイテーマで読んだのですが、この2つの文、内容的にいかがなのでしょうか、またマグマが無くなる事はあるのでしょうか、教えて下さい。

  • 山に関する用語

    「地震による山崩れ」 「地震による地すべり」 「火山爆裂」 「火山活動で熱水が増大したしたことによる円弧地すべり」 「地震による圧砕岩体の流動化に伴う円弧地すべり」 「地下水の増量および水位の上昇により前山が滑動しやすくなったており、火山性地震による地すべりが発生」 雲仙で起きた寛政の災害について調べているのですが、前山(眉山)崩壊の原因が上記のような諸説が解説されていました。しかし地学に関する知識がまったくないので用語がわかりません。以下の内容についてわかる方解説お願いします。 (1)山崩れと地すべりの相違 (2)火山爆裂 (3)円弧地すべり (4)圧砕岩体の流動化 (5)溶岩ドーム 以上の5点について、ひとつでもわかる方地学に関する予備知識がなくてもわかるように解説お願いします。