• ベストアンサー
  • 困ってます

レア鉱物、サヌカイト…とは?

今、サヌカイトについて調べている、地学初心者です。 ただ、ネットで調べても、あまり情報がないので、 回答のほどよろしくお願いします。 サヌカイトとは、ガラス質の安山岩との事ですが、この石は どのようにして出来たのでしょうか?香川県の五色台、火山(活動)、 マグマ、プレートテクトニクスが関係しているのはわかるのですが、 はっきりしたことがよくわかりません。 また何故、サヌカイトは割ると切れ味がよく、叩くと音色がよいのでしょうか?どうして、サヌカイトは非常に貴重なのでしょうか? 質問ばかりですが、よろしくお願いしますm(_ _)m ------------------------------------------ 聞くばかりもアレですので、以下に私の考えを書いておきます。 まず香川県の下にあるプレートが動いた結果(プレートテクトニクス論)、 地球内部にあるマグマが地上にまで押し上げられた。そのマグマは、 香川県の五色台付近の山から噴火した。噴火したマグマは、溶岩と なって流れ出した。その溶岩が長い年月をかけて、岩石内に 閉じ込められた。非常に高い圧力によって押し固められた溶岩は、 成分が変化して、ガラス質のサヌカイトにへと変化した。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1131
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • kv2007
  • ベストアンサー率71% (89/125)

サヌカイトは讃岐地方にちなんで名付けられた岩石名で,大きな斑晶鉱物がほとんどなく,ガラス質で小さな結晶が一定方向に並び,叩くと良い音がする安山岩です.ガラス質であることから,噴出時に急速に固結したと考えられています. サヌカイトは普通の安山岩に比べて,マグネシウムに富んでいます.サヌカイトのようなきれいな音は出なくても,このようなマグネシウムが多い安山岩で二上山など瀬戸内地方周辺に分布するものをサヌキトイドと呼びます.またこのような安山岩は千葉県銚子,小笠原など世界中にぽつぽつと分布します.これらをひっくるめて高Mg安山岩と呼びます. このような高Mg安山岩は,水が多いマントルが比較的浅い場所で融けたときに造られると考えられています.浅い場所でマントルが融けるには普通より高温になることが必要ですが,サヌカイトを含むサヌキトイドの形成年代は今から約1500万年前です.ちょうどこの頃,日本海が拡大しているのです.いまのところ瀬戸内地方地下に沈み込んだプレートからの水と日本海拡大で深部からわき上がった高温のマントルが供給されて,マントルの浅いところで高Mg安山岩が生成され噴出したとの説が有力です.またこのような高Mg安山岩は,H2Oが噴火に伴って抜けてしまうと急速に固結します.そのためガラス質のものが多いと考えられています.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変、参考になりました。 おかげ様でどうにかレポートも仕上がり、 提出することが出来ました。 地学初心者にも分かり易く説明して頂き、 ありがとうございました。また機会が ありましたらよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 昭和新山って大噴火してますか?

    中学の理科で粘り気の大きいマグマからなる火山は「激しい噴火」をすると教えます。 そして粘り気の大きいマグマからなる火山の例としてあげられるのが、昭和新山や普賢岳です。 普賢岳では火砕流が起こり、多大な被害がでましたが、あれも安山岩質マグマからなる他の多くの火山が噴火した場合と比較して、「激しい噴火」といえるのかなあと疑問に感じています。 教えて下さい。

  • 地学で質問です。

    SiO2が48,1%のマグマと、 76,8%の岩石が3:1の比で均一に混ざったとしたときのマグマの種類を考えるんですが 48,1×3+76,8×1/3+1=55,3 で、安山岩質マグマであることが分かったのですが ここで聞きたいことがあります。 なぜ(1+3)で割る必要があるのでしょうか? また、逆に76,8を3で割って求めることはできないのでしょうか? 地学というより数学のような質問ですが、説明していただければ嬉しいです。

  • 火山灰はどこから生まれる?

    火山の噴火で火山灰がたくさん出ます。マグマが地表に出てきて冷えて固まって溶岩になったり、飛ばされてちぎれて火山弾になったりは直感的に理解できるのですが、火山灰のようなとても細かいさらさらな砂のようなものはマグマのどこからどのように生まれるのでしょうか。教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#100814

>サヌカイトは非常に貴重なのでしょうか?  そんなことはないでしょう。  今でもそうかどうかわかりませんが、昔は土産物屋でたくさん安価で売られていましたよ。  岩石学的にはその特異な性質が注目されはしますが、 一般的に見れば風変わりな石であるというだけのものでしょう。 >その溶岩が長い年月をかけて、岩石内に >閉じ込められた。非常に高い圧力によって押し固められた溶岩は、 >成分が変化して、ガラス質のサヌカイトにへと変化した。  地表に流出した溶岩が急速に冷却したために造岩鉱物が大きな結晶にならず、細粒緻密な岩石になったのです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お土産屋・・・!? そこまで貴重というわけではないのですね。 なるほど、少し勘違いしていたようですね。 アドバイスありがとうございました。

  • 回答No.2
  • 4500rpm
  • ベストアンサー率51% (2229/4340)

サヌカイトの生成と特徴 http://www.city.sakaide.lg.jp/kankou/local/sanukaito.html 真偽不明だが「マグマが急令してできたガラス質」との記載 http://homepage3.nifty.com/tmizuno/kyuusekki_isekivisit/oosakakyuusekki.html >非常に貴重なのでしょうか 「世界中でも、香川県の五色台周辺や大阪府と奈良県にまたがる二上山地域ほか数カ所でしか産出が知られていない」 http://www.pref.kagawa.jp/sizeka/mitai/rekisi/4.htm >サヌカイトは割ると切れ味がよく、叩くと音色がよいのでしょうか 非常に緻密だから。 2chでは「サヌカイトは斑晶がとても少なく,割とガラス質の石基を持つ安山岩」との書き込みもあり

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ、サイトまで調べて頂き有難うございました。 おかげ様で、レポートを書く際にも、引用元として 使わせて頂きました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • pasocom
  • ベストアンサー率41% (3584/8636)

まず、基本的なこと。「サヌカイト」は「安山岩」という「岩」であって「鉱物」ではありません。鉱物とは一定の組成の元素が結晶したもののことです。 サヌカイトについては下記サイトが詳しいです。 「サヌカイトは、今から1300万年前の瀬戸内地域の火山活動で噴出した、特異な火山岩です。・・・もっとも多く産出するのは讃岐地方です。この地域では、サヌカイト質の溶岩や凝灰角礫岩がメサと呼ばれる卓状溶岩台地(屋島や五色台など)や、ビュートと呼ばれる円錘形の残丘(飯野山など)や侵食された丘(大麻山など)の上部を横成して下位の白亜紀(約8000万年前)の花崗岩の上に載っています。噴火当時は溶岩流は谷や低地を埋めて流れ冷え固まったと思われますが、溶岩は花崗岩と比ペると風化侵食に強いため、その後の地盤の隆起にともなう風化侵食で周囲の高いところを作っていた花崗岩が選択的に侵食きれ、溶岩が台地や尾根などの高いところを構成するようになったと考えられます。」 「試験の結果、サヌカイトP波速度は乾燥の状態で約6030m/sで、庵治石細目の約4760m/sより約2割大きい。また、サヌカイトの吸水率は0.04%で、庵治石細目の0.33%より一桁小さい。サヌカイトは、最上級の石材である庵治石細目と比較しても、極めて緻密である。サヌカイトから美しい金属音がでるのは、このようなきわだった物性を持つためと考えられる・・・」 http://www.sanukite.com/about.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まさか、こんなに詳しく書かれているサイトがあるとは… あまりにも詳しすぎて、逆にわからない部分もありましたが、 どうにか解読(?)出来て、レポートに活用出来ました。 また、迅速な回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 溶岩ドームの 噴火は激しい?

    昨日も質問をしたのですが、さらに疑問がわきました。 溶岩ドームは、一番激しい噴火だと習いました。 (中学校の地学で、三種類の火山(盾、成層、溶岩ドーム) 溶岩ドームは、盛り上がるようにしてできるので、他の二つのように、火山灰と溶岩がシマシマ模様を作ることはないとも習いました。 さらに突っ込んで、インターネットで調べてみると、溶岩ドームは激しい爆発で、火山灰を吹き飛ばし・・・。といった記述がありました。 ある方は、溶岩ドームがシマシマにならない理由を、 「一回の爆発で形成されるから」と言っていました。  → 一回の爆発・・・これは、溶岩ドームはマグマの粘り気が強いから、なかなか噴火しない。その代わり、いざ噴火する時は、ドッカンとでっかいのを一発打ち上げる・・・といったような理解でよいのでしょうか? つまり・・・溶岩ドームがシマシマ模様にならないのは、 1.噴火の頻度が少ないこと (でも、ちゃんと火山灰も出てくる) 2.噴火の仕方が ムゴムゴっ といった感じで盛り上がってくること。 以上の二種類だということで 、 よいでしょうか? (ただ、そうすると特に2番。 噴火の仕方が「盛り上がってくる」ということは、あまり激しい噴火のように思えないのですが・・・) ちょっと、その辺で混乱してしまっているので、 アドバイスをいただけると、有難いと思いました・・・。 このままもう少し調べ続けますが・・。 どうぞ、お待ちしております!

  • 雲仙火山について

    地学の問題を解いているのですが、答えがどこにものっていないので教えてくださ。 雲仙火山は、溶岩ドームが噴火口をふさいでしまい、割れ目噴火が起こったというのは本当でしょうか?

  • 地学得意な人Help!!!!!!

    問題なのですが東日本火山帯(北海道から東北日本を経て小笠原諸島につながる火山帯)は太平洋プレートの沈み込みが原因であるが北海道から東北日本にかけては安山岩~デイサイトの火山が多いのに対し、伊豆・小笠原諸島には玄武岩の火山が圧倒的に多い。この違いの理由がわかりません。これはマグマが生じてから地表に達するまでの過程(通過する地殻の厚さや密度、高生する岩石の違い)を考慮するのですが、チンプンカンプンです。

  • 火山岩の中にガラスができるってのは?

    火山の噴火でマグマが空中で冷却される時、火山岩の中にガラスができると聞きました。誰かその原理を簡単に説明頂けないでしょうか?それと、ガラスは固体と液体の両方の性質を持つとも聞きましたが、それはどういった性質のことですか?

  • 三原山のカルデラ?について

    大島三原山や三宅島は中学では楯状火山と教えますが実は専門書から観光案内まで何を見ても成層火山に分類されていることを最近知りました。(何で中学では事実と違う事を教えるのかわかりませんが) 三原山の写真を見せて楯状だという説明をしている教師の話もよく聞きますが、三原山が円錐形でないのは溶岩に粘り気がないからではなく、カルデラだからではないのでしょうか? しかし、ここでわからないことがあります。カルデラを形作る噴火は、大抵はSiO2の多いマグマ(流紋岩・デイサイト)ですが、三原山は玄武岩質マグマのようですね。 玄武岩質マグマでもカルデラを作る巨大噴火が起こったというわけでしょうか?

  • マグマ中のガス圧

    マグマ中のガス圧に対するヘンリーの法則の適応に関しての質問です。 地下のマグマの貫入についての説明は、地下でマグマが冷却する過程で、 マグマの残液中の揮発性成分が増大すると、周囲に強い圧力を及ぼす時期があり、 このときに岩石が破壊され、そこへマグマの貫入が起こるとあります。 また、火山の噴火メカニズムの説明にも、プリーニ式のようなタイプでは、 SiO2成分が多いため、マグマの粘性が高く中に閉じ込められている気体成分が 外に出られず内部がしだいに高圧になって、火山が爆発を起こすとあります。 しかし一方で、噴火によって噴出した火山弾に出来た発泡組織については、 マグマの圧力が下がって揮発性成分がガスに変わったために出来たもの、 との説明があります。 基本的にヘンリーの法則(p = KHχ)では、溶質のモル分率χは、蒸気圧pに 比例するので、ガス成分は高圧ほど液相中に溶け、減圧すると気体成分は 発泡してくるはずです(炭酸飲料の栓を抜いたときのように)。 つまり、マグマの貫入や火山の爆発は、ガス圧の上昇によるものでは 上手く説明が出来ないと思いました。圧力が上がると液相に戻る?? どなたかこれらにお詳しい方、教えて頂けるととても助かります。 よろしくお願いします。

  • マグマの体積

    この問題の答え 解説を教えてください。 火山の地下に、東西2km、南北1,5kmの範囲に、地下3,5kmから4kmの深さにわたってマグマだまりが存在していたとする。 噴出した溶岩は1991年3月から 1995年2月までの平均で1日当たり10tトラック30000台分であった。地下から上昇したマグマが空のマグマだまりを満たしたのちに噴火が起こったとして、この期間にマグマだまりへ供給されたマグマの体積はおよそ何km3か。ただしマグマだまりは直方体とみなし、溶岩の密度とマグマの密度は3t/m3とする。1t=1000kg わかりにくく、すみませんがよろしくお願いします。

  • ポリネシアの島の誕生

    ポリネシアの島がどのようにできたかの記述を見ても、恥ずかしながら全く勉強してこなかったので理解出来ません。 どうかご教授ください。 ↓片山一道著『ポリネシア 海と空のはざまで』の8ページより引用 「およそ2500万年ほど前の昔のことだ。太平洋を覆う海洋プレートに割れ目が生じた。そこから地中のマントルが沸き出し、まず中央海嶺が形成された。そこに何百もの海底火山が誕生し、そこらじゅうで地中のマグマが吹き出すようになった。つぎつぎに吹き出した溶岩は海底で固まり、しだいに積み重なっていった。そうして数百万年の間に、幾重にも連なる海底火山脈が形成されてきた。さらに吹き出される溶岩によって、どんどん火山脈の脊梁が高くなり、やがて特別に高くそびえる火山が海面上に姿を現すようになった。」 簡単に言うと、 (1)海底火山噴火 (2)溶岩が重なって山できる (3)私達がポリネシアだと思っている島々は、その山のてっぺん達 ・・・というので合っていますか?

  • 地球は最後はどうなると予測されているのですか?

    別の質問の参考URLの中で、 >地球の真ん中にはメルトダウンした岩石が詰まっているのだ。 という一節を見つけ、今までちゃんと考えたことはないけれどそういうことか、と思いました。 地球はもともと、どろどろの熱い火の玉で、その表面が冷えて固まったところに人間が住んでいるのですよね?(昔の教育を受けたので、まるきり自信がありませんが、、、。) この、メルトダウンした岩石というのは、質量は変化しないんでしょうか。しますよね? 今後どうなっていくと考えられているんですか? 火山の噴火と関係あるんでしょうか(火山で噴き出すものはもっとずっと浅いところのものかな、と考えますが?)。 私たちが死に絶えたずっと先のことでしょうが、地球って最後はどうなるんですか? 太陽は今も核融合を続けて燃えているんですよね? 最後は爆発してしまうと聞いたと思うんですが、間違いないでしょうか。 まるきり素人で、難しいことを言われても理解できないので恐縮ですが、どなたか教えて下さい。

  • 地球の中心の高温のマグマのエネルギー源は?

    地球の中心って鉄やニッケルがドロドロに溶けた非常に高温な状態にあると聞きました。 1)これが一部地上に噴出したのが火山噴火、マグマですか? 2)是非質問したいのは、なぜ鉄が溶けるほどの高温になっているのでしょうか?エネルギー源はなにでしょうか?   2a)とても高圧なので温度が上昇しているのでしょうか?でも熱は逃げていくわけですから、なにかしらエネルギー源が必要ですね? 2b)重力で地球が縮んで重力エネルギーが解放されて熱になっているのですか? そうすると何億年後には地球は今よりも小さくなってしまうのでしょうか? 当方は地学は専門外ですが、大学程度の物理学の知識はあると思います。