• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

地学得意な人Help!!!!!!

問題なのですが東日本火山帯(北海道から東北日本を経て小笠原諸島につながる火山帯)は太平洋プレートの沈み込みが原因であるが北海道から東北日本にかけては安山岩~デイサイトの火山が多いのに対し、伊豆・小笠原諸島には玄武岩の火山が圧倒的に多い。この違いの理由がわかりません。これはマグマが生じてから地表に達するまでの過程(通過する地殻の厚さや密度、高生する岩石の違い)を考慮するのですが、チンプンカンプンです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数151
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。 太平洋プレートの沈み込み帯ですが、 日本海溝では海洋プレートが大陸プレートに沈み込んでいて、 伊豆・小笠原海溝では海洋プレートが海洋プレートに沈み込んでますよね。 海洋プレートに含まれている海洋地殻は玄武岩質の岩石でできており、 大陸プレートには主に花崗岩質の岩石からなる大陸地殻が含まれています。 沈み込み帯では比較的低い温度でマントルが溶けてマグマ(玄武岩質)が作られますが、 これが上昇するときに部分的に地殻を溶かして混ざり合います。 海洋プレートが大陸プレートに沈み込む場所では大陸地殻が溶かされてよりシリカに富むマグマが作られるので安山岩質のマグマができ、 海洋プレート同士が衝突する場所では玄武岩質のものしか溶融しない… というのが私の理解なのですが、違ったらごめんなさい。

参考URL:
http://wwwsoc.nii.ac.jp/kazan/J/QA/br/qa-frame.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地域による火山の岩石の違い

    北海道から東北日本にかけて安山岩やデイサイトの火山が多く、 伊豆・小笠原諸島には玄武岩の火山が多いというデータが あるそうですが、これはなぜでしょうか? 太平洋プレートが日本列島に沈み込んでいてその沈み込みの具合の 違いで岩石の生成に影響が出るのだと考えたのですが、 その他にもどういったものが関係しているでしょうか? 通過する地殻の暑さや密度、構成する岩石の違い等なのかなと 感じたのですが、これらを具体的に説明して頂けないでしょうか? お願い致します。

  • 学校の授業で結晶分化作用によって、玄武岩質マグマ→安山岩質マグマ→デー

    学校の授業で結晶分化作用によって、玄武岩質マグマ→安山岩質マグマ→デーサイト質マグマ→流紋岩質マグマ、、、となっていくとならいました。 また、岩石の分類でいう火山岩と名前が似ているなと思いました。これはそれぞれのマグマが結晶すると玄武岩質マグマは玄武岩に、安山岩質マグマは安山岩にということでしょうか? そういうことなら、なぜ深成岩の名前を使わないのでしょうか それと大陸地殻なんですけど、火山岩と深成岩の名前が教材にごっちゃに書いてあるのですがどういうことでしょうか。また、大陸地殻の順番は下から順に結晶分化作用に近いようですが、関係あるのですか?

  • 粘り気小さい人 → 玄武岩多い?

    以下の二つの知識は、つなげてしまってもよいのでしょうか? ***************************** ■玄武 安山 流紋 ・・・という岩石の種類があります。 それらは、左から、有色鉱物の度合いが多いです。 たとえば、玄武岩は、黒っぽい。 ***************************** ■火山には、いくつかのタイプがあります。 それはマグマの性質によります。 白っぽいマグマはどろどろしています。 くろぽいマグマは、粘り気が少ないのです。 ***************************** 以上二つを組み合わせて、 たとえば、マグマの粘りけが小さい火山(黒ぽい)には、 玄武岩が多く含まれている・・・という風になるのでしょうか? 宜しくお願い致します!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • omi3
  • ベストアンサー率20% (72/359)

富士山はとても特殊な火山なのは承知しているとおもいますが、 その根源は、(マグマではなく)マントルの上昇しやすさにあります。 その原因は伊豆半島で、 その下でフィリッピン海プレートが、左右に裂けているのです。 壮大すぎて信じられませんが。 試験問題のようですが、 これを書いても、正解にはなりませんよ。 もっと直近的なことを書かなくては。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 小笠原諸島に新島?

    小笠原諸島に新島が出来たそうですが、この地殻変動に伴うような地震か、何か前兆のようなものはあったのでしょうか?知る限り、地震は無かったと思うのですが?

  • セミの生息

    北海道から南西諸島、小笠原諸島も含めて、 日本でセミの鳴き声が全く聞こえない地域はありますか?

  • 島誕生

    小笠原諸島の西之島近くにできたのは、火山活動の 噴火のようですけど、これはめでたいのでしょうか、 それとも日本が地震活動期に入っているのを裏付ける 出来事で、警戒させるべき予兆にすぎないのでしょうか 宜しくお願いします。

  • "新島"は神様からのお恵みですか?

    日本の周辺にある悪辣な国々が竹島や尖閣諸島を強奪しようとしています。最近小笠原諸島で海底火山の噴火により島らしきものができましたが、これは日本人がいじめられてるのを見て悲しんだ神様が日本人のために新しい島を作ってくださったということでしょうか?

  • 花こう岩が放射性元素の含有量が多いのはなぜですか。

    ある問題で下のようなものがありました。 Q:放射性元素の含有量が最も多い岩石は(    )である。 ア 玄武岩  イ 花こう岩  ウ かんらん岩  エ 班れい岩  オ 安山岩 答えはイの花こう岩なのですが、理由がよくわかりません。 教科書を調べると確かに花こう岩の放射性物質からの熱量がもっとも大きいことが書いてあります。 なぜでしょうか? わかる方お願い致します。

  • 小笠原の新島に韓国が領有権主張(バカじゃねーのw)

    先日小笠原諸島に出現した海底火山の噴火島 韓国からは日本を隔てたこの遥か海の向こうの島を韓国が早速「韓国の新領土だ」と主張し始めているようです。 中国でさえここまでバカじゃないのに 韓国はいよいよ基地外じみて来ましたね?

  • 日本沈没で最初に沈没するのは?

    今年の夏に、あの「日本沈没」がリメイクされて公開されますね。 そこで素朴な疑問なのですが、まず最初に沈むのはどこなのでしょう? 映画の宣伝情報(?)では小笠原諸島、四国、東北、北海道…。といく様なのですが、数十年前のドラマ版では、「北海道の異変」があって、本格的な日本沈没の危機!がはじまっていくように描かれているみたいです。 プレートがこうなっていて…といった論点からでも良いですし、単純にドラマではこの順番だったよ!というお話でも良いので、ご存知の方お願いします! くだらない質問ですが、気になってしまって…^^;

  • 小笠原諸島の、みんなの新島に名前をつけてください。

    小笠原諸島・西之島近くの火山噴火でできた「新島」は大量の溶岩が流出し拡大。 最初の大きさの3.7倍ほどになりました。 そこで、祝!領土拡大ということで、みんなの新島に名前をつけてください。 ちなみに、現在の大きさは東京ドーム1個分ぐらいです。 (注意)政治の『みんなの離党』とは一切、関係ありません。

  • 日本沈没

    小笠原諸島の火山活動で新しい島が誕生したようですね 逆に考えると地殻変動とかで日本は沈没しないのでしょうかね 例えばアメリカは将来陸地が移動してどこかの大陸にくっつくと いわれていますけど、日本は大陸から切り離されているのですか ら、海底に引きこまれたりはしないのですか、その根拠にいくつもの プレ-トが多く集中して、危険地帯ということは知られていますよね その根拠として関東地震とかは周期的に発生しています 昔映画であったような日本が海底に沈むというのはないのでしょうかね 温暖化で土砂は流失傾向にあるのではないですか、どこかの小さな 島では崩れ多くの人が災難に巻き込まれていますよね 宜しくお願いします。

  • レア鉱物、サヌカイト…とは?

    今、サヌカイトについて調べている、地学初心者です。 ただ、ネットで調べても、あまり情報がないので、 回答のほどよろしくお願いします。 サヌカイトとは、ガラス質の安山岩との事ですが、この石は どのようにして出来たのでしょうか?香川県の五色台、火山(活動)、 マグマ、プレートテクトニクスが関係しているのはわかるのですが、 はっきりしたことがよくわかりません。 また何故、サヌカイトは割ると切れ味がよく、叩くと音色がよいのでしょうか?どうして、サヌカイトは非常に貴重なのでしょうか? 質問ばかりですが、よろしくお願いしますm(_ _)m ------------------------------------------ 聞くばかりもアレですので、以下に私の考えを書いておきます。 まず香川県の下にあるプレートが動いた結果(プレートテクトニクス論)、 地球内部にあるマグマが地上にまで押し上げられた。そのマグマは、 香川県の五色台付近の山から噴火した。噴火したマグマは、溶岩と なって流れ出した。その溶岩が長い年月をかけて、岩石内に 閉じ込められた。非常に高い圧力によって押し固められた溶岩は、 成分が変化して、ガラス質のサヌカイトにへと変化した。