• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「するべき」の反対語は「しないべき」??

「…するべき」の反対語は「…するべきではない」だと私は思っていますし、ネット上などで「…しないべき」と言って「それは間違いだ!」と指摘を受けている例も時々見かけます。 しかし、文法的に考えると、辞書によれば「べし」は活用語の終止形につくので、「…しないべき」も正しいことになるのでしょうか。間違いだとしたら、その文法的な根拠は何ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数9024
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

言語学やってます. 確かに難問ですね. 論理的には「するべきではない」と「しないべきだ」とは同じだと思われますからね. 日本語は専門外ですし以下は全くの私見ですので, 別の解釈があるかもしれません.ご了承下さい. まず「べき」に接続するものが両者で異なるものであることから始めましょう. 「するべき」では行為を表す動詞「する」が接続するのに対して, 「しないべき」では形容詞と同じ活用をする「しない」が接続しています. 恐らくは,動詞の否定が「~ない」といった形容詞的なものである点が問題なのでは,と思います. というのも,「べき」に接続するのは動詞だけであり, 「青い」とか「若い」とかは直接接続できません. 「青くあるべき」のように存在動詞「ある」をつけるのが一般的でしょう. 同じように「しないべき」も不可能なのであって, 接続させるためには「しないでいるべき」ですとか, 下の方のように古語風に「せざるべき」とすべきなのだと考えられます. なお,「ざる」ですが,こちらは現代語では西日本中心に広まっている「ん(ぬ,ず)」の原型であり, 動詞活用をするので「べき」が接続できるようです. さて問題は, (1)なぜ形容詞は接続しないか (2)なぜ否定は形容詞なのか といった2点です. (1)の問題について考えましょう. 「A~べき」という場合, それは「非A」から「A」という行為によって主体か客体が変化します. 例えば「太郎は勉強すべき」という場合は, 「勉強していない状態」から「勉強する」ことによって太郎が変化します. ま,頭が良くなる,とでも思えばよろしいでしょうか. すなわち,「~べき」という語には潜在的に「変化」という意味が含まれます. ところが形容詞には「変化」はありません. 「太郎は大きい」にしても「そのペンは赤い」にしても 「性質」を表しているのであり,変化を考慮に入れていません. ここで「太郎はいずれ背が曲がって小さくなるのでは」とか 「そのペンは色を塗れば別の色になるのでは」といった 「無理矢理」変化を加えれば当然ながら変化は考えられますが, 「性質」に本質的ではありません. 一方,「勉強する」とか「食べる」とかいった行為動詞ですと, 当然変化は切り離すことはできない本質的なものとなります. また,状態動詞にしても「明日は試合がある」のように, 「性質」にやや近いものとはいえ,「変化」を考えることができます. というわけで「べき」には形容詞が接続しにくく, 補助動詞を介在させて「青く-ある-べき」としなければならないと思われます. なお,同じ問題は命令形などにもあります. 「しろ」と動詞は単独で言えるのに対し,「青くあれ」 のように,形容詞は単独では言えません. 命令とはすなわち「変化しろ」と言っている訳ですから納得できそうです. では(2)の問題について考えましょう. 印欧諸語では否定は単なる接辞であり,肯定も否定も本質は変わりません. しかし,日本語では否定は形容詞と同じ振る舞いをします. これは否定が「性質」を表しているからだと考えられそうです. 「する」には上述のように「変化」があり,動詞として扱われます. 一方「しない」は行為を実際には行わないのですから, 「変化」はないことになります. となれば「しない」が形容詞と同じ扱いを受けるのは ある程度理解できるのではないでしょうか. 「否定」は論理学的にも言語学的にも実に厄介です. 他にも色々問題があるかと思いますが, 長文なのでこれにて失礼.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても詳しい回答、ありがとうございました。 大変いい勉強になりました。 やはり現代の日本語で「しないべき」にはいろいろ問題があるようですね。なんとなく違和感を感じる理由も、こうしてていねいに分析していただいたため納得しました。

関連するQ&A

  • いらす

    「社長は会議室にいらっしゃった」 「社長は会議室にいらした」 どちらも「居た」の敬語になると思うのですが、合っているでしょうか。 その場合、「いらした」の活用は文法的にはどうなるでしょうか。 また、終止形は「いらす」でしょうか。 文法に詳しい方教えてください。

  • 活用の種類

    こんばんは. (1)声の「し」ければ (2)子と「なり」たま の活用の仕方で質問があります. よろしくお願いいたします. まず(1)なのですが,辞書で調べても出てこず困りました。 終止形はどのように表したらよいのでしょうか。 (2)の終止形は[生る」で良いでしょうか。 どうぞ,よろしくお願いいたします。

  • 形容詞の活用の教え方について

    日本語を外国人に教えるにあたり、形容詞の活用についてどのように教えていいものか悩んでおります。 ちなみに日本語を教えることは今回が初めてでまるっきりの素人だということでご理解願います。 一応、外国人用の文法テキストはあるので現在それをもとに進めているのですが、あまり詳しく書かれていないのでここで相談させていただきたいと思います。 1.未然形の活用について イ形容詞は「かろ(う)」ナ形容詞は「だろ(う)」ですが、これは意志・推量を表すもの。日常的に私たちは「高かろう」「安かろう」などと使っていますが、これを外国人にどのように説明すればいいのでしょうか。文法的にはどんな品詞の前におかれるものでしょうか? 2.終止形について 文末の言い切りの活用と書いてありますが、「この本は高いです。」の「高い」は終止形の言い切りという理解でいいのでしょうか。 また、「ここはおいしいレストランです。」「この花はあの花よりきれいです。」これらの文中にある「おいしい」や「きれい」の活用は何形に当てはまるのでしょうか?特に「きれい」はきれいなというナ形容詞ですが、この場合の活用はどれが適切なのでしょうか。 以上です。よろしくお願いいたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • sion99
  • ベストアンサー率27% (85/310)

#3です。 「…せざるべき」はあまり使う機会はないかなと過去を振り返って思ったのですが… 普通に「“これこれこういうこと”はせざるべきと私は思うけど…」というように使っています。 「缶やタバコのポイ捨てや立小便は、人としてせざるべき行為と思います」 とかかな… でも、ちょっと堅い感じになってしまうんですよね。 時代劇みたいに古臭い感じ。 あとは、「…すべきではない」と、「る」をはずして使うこともあります。 「缶やタバコのポイ捨てや立小便はすべきではない」という風に… うーん、今まであまり気にしないでいただけに、ちゃんと考えるとわからなくなってきてしまいました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

小便するべからず。ならハイハイと返事してつつしみますが、小便しないべし。とあったらシャアアとやりますね、無理にでも、したくなくても、力をこめて。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

同感です! 私もやりたくなりそうですね。 笑わせていただきました。おもしろい回答、ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • gagambo
  • ベストアンサー率41% (136/331)

こんにちは。 どの部分を打ち消すか、ではないでしょうか? 元が「す/べし」ですので、 「す(動詞)」と「べし(助動詞)」のどちらも打ち消しが可能です。 「しない/べきである」という意味にするなら、 「せ/ざる/べし」となります。 意味は「しないのが適当である」です。 「する/べきではない」という意味にするなら、 「する/べから/ず」となります。 意味は「するのは適当ではない」です。 以上のように、行為を打ち消すのか、適当であることを打ち消すのか、 前後の文章によって使い分ければいいと思います。 古典文法的に解釈いたしましたので、 現代文でも相応に考えていただければと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 「しないのが適当である」と「するのは適当ではない」のニュアンスの違いはいまいちよくわかりませんが、おっしゃる意味はわかりました。 ということは、「…しないべき」は文法的にも日本語の表現としても間違っていない、ということでしょうか? 私の感覚では「しないべき」というような表現を使うと、かなりの確率で指摘・注意を受けるように思いますが。 それで、手元の辞書を3冊調べてみたのですが、この言い方を間違いとする根拠が書かれていないように思ったので、この場で質問した次第です。

  • 回答No.3
  • sion99
  • ベストアンサー率27% (85/310)

私の場合は、「…するべき」の反対語として「…せざるべき」と使っています。 でも、小説やマンガで使われていたから、「…せざるべき」と使うようになったので、文法的にこれが正解かどうかがわかりません(汗) すみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 「…せざるべき」は、たとえばどんな言い回しで使われることが多いのでしょうか。 でも、「…しないべき」には違和感がありますが、「…せざるべき」と言われると、それほどでもないような気もしますね。不思議です。

  • 回答No.2
  • sion_fs
  • ベストアンサー率36% (152/416)

文語では、しないべき、は間違いだと思います。 但し、口語では稀に使います。 どういう事かというと、 「しない(でおく)べき」 この()の部分が省略されているのです。 ~べき という表現は、「打ち消しの表現」に対して直接掛かることは通常有りませんので、大抵は()の部分が省略されていると考えて差し支えないと思います。 ex.行かない(でおく)べき ex.来ない(でおく)べき ex.逢わない(でおく)べき

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 一種の省略形と考えるという説明には「なるほど~」と思いました。 「文語では間違い」というのは、書き言葉では、という意味でしょうか? また、間違いであることの文法的な説明も、もしお分かりでしたらご教示いただきたいのですが。

  • 回答No.1
  • m770
  • ベストアンサー率21% (140/653)

 文法とかには門外漢ですが、「…しないべき」とは言わないような気がします。  「止めるべき」ではいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 「…しないべき」はやはり違和感がありますよね。

関連するQ&A

  • 「○○たいです」という表現はおかしい?

    「○○していきたい」などという表現に「です」をつけるのはおかしくないですか? 私はこの表現に違和感を感じます。 辞書によると「です」は、形容詞・助動詞の「たい」「ない」「ぬ」「らしい」の終止形などにつく、とあるので、文法的には正しいのかもしれませんが。 教えてください。

  • 「いるならいるで」文法的に…。

    「いるならいるで」の「で」は 文法的にはどう解釈できるでしょうか? 1.「で」を格助詞と考えると、 格助詞は名詞に付くので 「いるで」は動詞+格助詞になってしまいます。 2.「で」を接続助詞と考えると、 接続助詞は連用形に付くので 「いるで」は連体形または終止形+接続助詞になってしまいます。 3.「で」を助動詞「だ」の活用したものと考えると 「いるで」の終止形は「いるだ」になってしまいます。 外国の方に聞かれて困っています。 よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 「すべき」or「するべき」文法上どっちが正しいの?

    「べし」は文語では終止形接続ですよね。 そうすると、「する」は終止形で「するべき」になると 思うのですが、感覚的には「すべき」の方があってそうなんです。 文法的にどちらが「口語体」で正しいのか教えてください

  • 活用の仕方

    こんばんは。 活用について質問があります。 (1)「見えむ」を終止形にするにはどのようにしたら良いのでしょうか。 (2)「兵だち」ける→終止形にするにはどうしたらいいでしょうか。 よろしくおねがいいたします

  • 活用語

    ・思い企て ・出で ・たまふ ・なだらかに ・まゐらせん ・あれ ・おほせ ・見ゆる ・せよ ↑の活用語の基本形(終止形)が分かりません。。。 辞書で調べてもどれか分からなくて…汗 誰か分かる人いませんか??

  • 国文法についてです。

    中3です。 国語の文法で動詞の連体形と終止形の違いがよくわかりません。 文の最後の動詞は終止形というのはわかるのですが、 文の途中にあっても終止形の事がありますがなぜでしょうか。 もうひとつ。 彼は「花が咲いた」といった。 の「」のあとの「と」は品詞は何でしょうか。 理由もお願いします。 よろしくおねがいします。

  • 形容詞のカリ活用の終止形は?(古文)

    古文の形容詞には、補助活用として「カリ活用」があるかと思います。 このカリ活用は、助動詞を接続するためにできたようですが、カリ活用には終止形(と已然形)がありません。終止形(と已然形)接続の助動詞に対しては、どうなるのでしょうか。

  • 国語の文法

    中学三年生です、今国語の文法が分からずとても苦労しているのですが、どなたか国語の文法を分かりやすく説明していただけないでしょうか。 未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形。 など、こういうのは覚えたのですが、問題でどのように活用すればいいのか分かりません。 よろしくおねがいします<(_ _)> 副詞とかもよく分かりません(汗

  • 「~するみたいに」の「する」は終止形?

    基本的な質問でお恥ずかしいのですが、困っております。 よく、比喩表現などで見られる 「~するみたいだ」「~するかのようだ」 といった文体についてです。 ここで使われている「~する」という動詞の活用形は終止形になるのでしょうか? 文章の終わりではないので、終止形ではないような気もするのですが、 混乱してしまっています。 教えて頂ければ嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  • 推量否定の まい について

    質問があります。 未然形、終止形、連用形があるのはわかったのですが、 未然形はおいておいて、 終止形と連用形の2つで質問があります。 食べるの場合 食べる+まい=食べまい (終止形) 食べる+まい=食べるまい(連用形) になっています。 そして、 する+まい=するまい する+まい=すまい くる+まい=くるまい くる+まい=こまい となっています。 それぞれの意味の違いがしりたいのと、 例えば、どんなときに 「食べまい」や「食べるまい」を使うのでしょうか? 例や法則があったら教えて欲しいです。 困っています。 よろしくお願いします

専門家に質問してみよう