• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

筒井康隆さんの作品で

昔、筒井康隆さんのフアンでした。好奇心からの質問なのですが、「走る取的」「乗越駅の刑罰」「案内人」などは著者である彼の実体験を元に書かれたような気がするのですが何かエピソードをご存知の方情報を提供して下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数386
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「走る取的」「乗越駅の刑罰」は夢からヒントを得たって 話をエッセイで読んだ記憶があります。 ただ「走る取的」はバーでの出来事が参考になっているって記憶もあるような無いような… あやふやですみません~

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。wantaro1さん。ご回答有難うございます。そうですかー。夢?なんだか拍子抜けです。 >あやふやですみません~   いえいえ十分ですよ

関連するQ&A

  • 筒井康隆氏の昔の作品で

    題名が、どうしても思い出せないものがあります。 痰壺やら、皮膚病やら、 ありとあらゆる汚いことのオーソリティー達が集まって、 どうのこうのという、とにかく汚いお話です。 おそらく長編だったと思うのですが、 記憶に自信がありません。 もう1回読みたいので、何に収録されているか、 でなければ題名だけでも、 わかる方、教えてください。 少なくとも20年以上は前の作品です。

  • 筒井康隆の「笑うな」読んだことある方へ

    この短編集に入っている「チョウ」というお話のオチの意味がどうしてもわかりません。ほかの作品は楽しく読めたのですが…。時事ネタとかパロディなのかな? 読解力のない質問でお恥ずかしいのですが、どなたかおしえてください。

  • 筒井康隆好きの方

    筒井康隆好きの読者の方で、他に好きな作家さんと一押しの作品があったら是非教えてください。本屋さんにいってもどれを選んでよいものか悩んでしまうので。

  • 星新一か筒井康隆の作品で

    星新一か筒井康隆のショートショートだと思うのですが、この話をもう一度読みたいのです。何という本に収録されているか、ぜひ教えてください! 「ここは未来の世界。人は労働をしなくてもよくなるが、そのかわりにみんなが芸術に打ち込んでいて、今日も誰かの展覧会に行かなければならない・・」こんな話でした。

  • ショートショートのタイトルを思い出せません

    あらすじは、 誰かが尾行してくるので、とっ捕まえると、別の者に依頼されたからだと吐く。 その別の者をとっ捕まえると、さらに別の者に依頼されたからだと吐く。 その無限連鎖で、街中が俺を狙っているのでは? みたいな感じで終わるショートショートを10年ぐらい前に読んだのですが、 著者やタイトルを思い出せません。 多分、星新一か筒井康隆だと思うのですが。 ご存じの方がいれば、ご教示下さい。

  • 筒井康隆の小説について

    筒井康隆が、以前に教科書に載せた小説が、てんかん患者への差別ではないかとされ,筒井康隆が断筆宣言をした時の小説の名前と、出版しているところについて教えてください。

  • 筒井康隆の手口

    筒井康隆が、乱調文学大辞典の付録「あなたも流行作家になれる」の中で、原稿の枚数を稼ぎたければ、軍隊を描く小説を書いて、居並ぶ兵士に号令をかけさせると、たちまち何十行も消化できるみたいなことを書いていますが、これを「実践」した作家はいますか。もちろん筒井本人でも(してないでしょうけど)構いません。

  • 筒井康隆さんの小説で

    イギリス人英会話講師の死体遺棄事件で逃亡している人のニュースが話題になったんですが、友人が「筒井康隆の小説みたい」と言い出しました。 とても面白かったらしいんですが、タイトル忘れてしまったそうです。でも凄く面白かったから読んでほしいとのこと。 何の本か、わかる方いらっしゃいますか?

  • 筒井康隆とO・ヘンリー

    筒井康隆とO・ヘンリー。どちらも短編の名手だという共通点があるのは知っているのですが、それ以外にこの2人の、特に作風などに共通点、関連性などはありますか? 感想程度のものでもなんでもいいです! ちなみに私はO・ヘンリーの作品しか読んでません。

  • 子供向けの筒井康隆

    みなさん、こんにちは。 本で小学生におススメとあった「筒井康隆全童話」という 本を小4の息子に読ませたら、あっという間に読んで 「面白かった。同じような本は他にないの?」 と言われています。 個人的な思いだけなのですが、筒井康隆氏の本は時に 刺激の強いものがあるので、小学生高学年におススメな 本がありましたら、教えてください。 「筒井康隆全童話」もブラックユーモアでしたが、 子どもってそういうのが好きなんですよね。 よろしくお願いいたします。