• 締切
  • 暇なときにでも

筒井康隆の小説について

  • 質問No.3169
  • 閲覧数295
  • ありがとう数60
  • 回答数4
筒井康隆が、以前に教科書に載せた小説が、てんかん患者への差別ではないかとされ,筒井康隆が断筆宣言をした時の小説の名前と、出版しているところについて教えてください。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 22% (107/466)

角川書店の「無人警察」です。
ちなみに新潮社から「笑犬樓よりの眺望」と言う本が出ており、
その辺の、言いたいことをズバズバと書いてあって、「無人警察」よりも
遙かに面白いので、読んでみて下さい。
  • 回答No.3
教科書は角川書店の高校用国語教科書。問題となった作品は「無人警察」です。
1968年に三一書房から出版された短編集「にぎやかな未来」の中の1作品で、現在は「角川文庫」で市販されています。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (5/11)

タイトルは「無人警察」です。出版されているかどうかはわかりません。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ