• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

筒井康隆さんの短編だったと思うのですが…。

記憶が定かではなく、確か、筒井康隆さんの短編だったと思うのですが、「男が互いの家に立て篭もり、相手の家族を人質に取る」という話を探しています。 題名と、収録されている文庫本の名前を知っていう方はおりませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数91
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「毟りあい」ですね。 新潮文庫の傾いた世界に収録されていますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まさに、「毟りあい」です。ありがとうございます!!

関連するQ&A

  • 筒井康隆さん短編のタイトル

    筒井康隆さん短編のタイトルがわからず困っております。 読んだのはもう20年以上昔(昭和)です。 短編で なにかこう、、、 落語のような内容でした。 登場人物が2名ほどで 互いに掛け合って テンポ良く会話し続けているような短編でした。 とてもおもしろおかしかったことだけは覚えているのですが タイトルや収録されていた本が 皆目わからず困っております。 どうか思いつく作品が有れば教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 筒井康隆の小説

    昔、日本文学全集の中の筒井康隆作品の中にあった短編で、子供が古い日本家屋の中で暮らし、確か上の階ほどおじいさんとか、家長などの偉い家人が暮らしていて、子供はその家の中でさまよう話しだったと思います。子供が熱をだしてうなされる場面などあり、筒井康隆の作品がすごい好きだったわけではありませんが、その作品だけはとても不可思議な味わいがあり子供の頃夢中になって読んだ記憶があります。どの筒井作品、単行本を読んでもわかりません。タイトルがわかれば教えて下さい。

  • 筒井康隆の小説について

    筒井康隆が、以前に教科書に載せた小説が、てんかん患者への差別ではないかとされ,筒井康隆が断筆宣言をした時の小説の名前と、出版しているところについて教えてください。

  • 筒井康隆とO・ヘンリー

    筒井康隆とO・ヘンリー。どちらも短編の名手だという共通点があるのは知っているのですが、それ以外にこの2人の、特に作風などに共通点、関連性などはありますか? 感想程度のものでもなんでもいいです! ちなみに私はO・ヘンリーの作品しか読んでません。

  • 筒井康隆の小説タイトル

    筒井康隆の短編小説で、どうしてもタイトルが思い出せないものがあります。 海の真ん中に、ぐるりを廊下で囲んだ日本家屋が建っていて、いくつもの座敷には数家族が住んでいる。成人した男たちは、離れた島へ「仕事」をしに行くのだけれど、主人公の少年は男たちがどんな仕事をしているのか知らない。 といった感じの話だったと思うのですが、うろ覚えなので違っているかもしれません。 気になってしかたがないので、作品タイトル、もしくは作品の収録されている文庫のタイトルを教えていただけないでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 筒井康隆全集未収録の本について

    筒井康隆全集をすべて読み終わったので全集未収録作品の本を探してるのですがどれがどれだが分からないのでツツイストの方がいましたら未収録分の本のタイトル全て教えてもらえないでしょうか?

  • 筒井康隆の短編 夜中に間違い電話でラーメンを注文される男の話

    筒井康隆の短編小説で、 夜中に間違い電話でラーメンを注文された男が、ラーメンを作って出前をする話があったと思うのですが、 何という題の作品ですか?

  • 筒井康隆、又は星新一の小説のタイトル

    筒井康隆、もしくは星新一の短編小説で、「ある種の犯罪(思想犯?)を犯したものは植物(樹)に されてしまう」という設定で、主人公の男性の妻が「樹」にされてしまい、その妻(樹)との淡々とした会話で進んでいく物語だったと思うのですが、作家が筒井康隆なのか星新一なのか、またタイトルも思い出せなくて。。。でれか、教えてくださいまし。。。

  • 筒井康隆の小説のタイトルを教えてください

    筒井康隆の小説で、コミュニティを批判しているのがありました。開発団地の自治会活動に参加を強制されるた、又は、参加しなくて村八分になるような内容で、皆が同じ方向を向く怖さを書いてたと思います。短編だと思いますが、よろしくお願いします。

  • 星新一か筒井康隆の作品で

    星新一か筒井康隆のショートショートだと思うのですが、この話をもう一度読みたいのです。何という本に収録されているか、ぜひ教えてください! 「ここは未来の世界。人は労働をしなくてもよくなるが、そのかわりにみんなが芸術に打ち込んでいて、今日も誰かの展覧会に行かなければならない・・」こんな話でした。