• ベストアンサー
  • 困ってます

筒井康隆、又は星新一の小説のタイトル

筒井康隆、もしくは星新一の短編小説で、「ある種の犯罪(思想犯?)を犯したものは植物(樹)に されてしまう」という設定で、主人公の男性の妻が「樹」にされてしまい、その妻(樹)との淡々とした会話で進んでいく物語だったと思うのですが、作家が筒井康隆なのか星新一なのか、またタイトルも思い出せなくて。。。でれか、教えてくださいまし。。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数319
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 うーむ、筒井さんの『佇む人』かなー。  そうとすれば『鍵―自選短編集』(角川ホラー文庫)に所収されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!早速『鍵―自選短編集』会に本屋に走ります!

関連するQ&A

  • 星新一と筒井康隆の関係

    最近、星新一・筒井康隆の両氏の書籍を読むようになったのですが、 気になることが一つあります。 筒井氏の作品に星と呼ばれる人物と、筒井なる人物らが麻雀をしながら話している作品がありました。 コレはパロディであるのでしょうが、 筒井氏が星氏を自分の話にパロディとして出すというのは、二人は一体どういった関係だったのでしょうか? 同期の作家なのでしょうか?もしくはどちらかが先輩なのでしょうか? その他、逸話なんかがあったら教えていただきたい所存であります。 ※検索をかけましたが、説明があまり詳しくなく分かりませんでした。宜しくお願いします。

  • 筒井康隆の小説タイトル

    筒井康隆の短編小説で、どうしてもタイトルが思い出せないものがあります。 海の真ん中に、ぐるりを廊下で囲んだ日本家屋が建っていて、いくつもの座敷には数家族が住んでいる。成人した男たちは、離れた島へ「仕事」をしに行くのだけれど、主人公の少年は男たちがどんな仕事をしているのか知らない。 といった感じの話だったと思うのですが、うろ覚えなので違っているかもしれません。 気になってしかたがないので、作品タイトル、もしくは作品の収録されている文庫のタイトルを教えていただけないでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 筒井康隆の小説

    昔、日本文学全集の中の筒井康隆作品の中にあった短編で、子供が古い日本家屋の中で暮らし、確か上の階ほどおじいさんとか、家長などの偉い家人が暮らしていて、子供はその家の中でさまよう話しだったと思います。子供が熱をだしてうなされる場面などあり、筒井康隆の作品がすごい好きだったわけではありませんが、その作品だけはとても不可思議な味わいがあり子供の頃夢中になって読んだ記憶があります。どの筒井作品、単行本を読んでもわかりません。タイトルがわかれば教えて下さい。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ozunu
  • ベストアンサー率14% (240/1644)

筒井康隆の「佇むひと」かと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!早速本屋に走ります!

関連するQ&A

  • 筒井康隆好きの方

    筒井康隆好きの読者の方で、他に好きな作家さんと一押しの作品があったら是非教えてください。本屋さんにいってもどれを選んでよいものか悩んでしまうので。

  • 星新一、筒井康隆、「世にも奇妙な物語」っぽい小説について

    作家志望です。 (1)筒井康隆や星新一のような、 テレビで言えば「世にも奇妙な物語」のような、 お笑いで言うとモンティ・パイソンやダウンタウンのコントのような、 SF小説のようなお笑い小説のようなよくわからないものを主に書いているのですが、 こういう作品は、傾向としてはどの賞に送ればよいでしょうか? (2)そして、こういう小説にジャンル名が存在するなら教えてください。 知識がないもので、 「筒井康隆っぽいSF(?)小説」とかいう呼び方しかできません。 ロボットや近未来や宇宙人が登場するようなサイバーなSFではないので、 「SFマガジン」などに送るのも違うしな…と思いまして。 やはりエンターテインメントになるんでしょうか。 それなら「オール読物新人賞」とかでいいんですかね? (3)もしこういった小説を専門に扱っているような雑誌や賞、テレビ番組などがあれば教えてください。 (4)喜劇小説やお笑いのコントシナリオを専門に扱うような公募があれば、こちらもご教授お願いします。

  • 星新一か筒井康隆の作品で

    星新一か筒井康隆のショートショートだと思うのですが、この話をもう一度読みたいのです。何という本に収録されているか、ぜひ教えてください! 「ここは未来の世界。人は労働をしなくてもよくなるが、そのかわりにみんなが芸術に打ち込んでいて、今日も誰かの展覧会に行かなければならない・・」こんな話でした。

  • 筒井康隆の小説のタイトルを教えてください

    筒井康隆の小説で、コミュニティを批判しているのがありました。開発団地の自治会活動に参加を強制されるた、又は、参加しなくて村八分になるような内容で、皆が同じ方向を向く怖さを書いてたと思います。短編だと思いますが、よろしくお願いします。

  • 筒井康隆とO・ヘンリー

    筒井康隆とO・ヘンリー。どちらも短編の名手だという共通点があるのは知っているのですが、それ以外にこの2人の、特に作風などに共通点、関連性などはありますか? 感想程度のものでもなんでもいいです! ちなみに私はO・ヘンリーの作品しか読んでません。

  • 筒井康隆さん短編のタイトル

    筒井康隆さん短編のタイトルがわからず困っております。 読んだのはもう20年以上昔(昭和)です。 短編で なにかこう、、、 落語のような内容でした。 登場人物が2名ほどで 互いに掛け合って テンポ良く会話し続けているような短編でした。 とてもおもしろおかしかったことだけは覚えているのですが タイトルや収録されていた本が 皆目わからず困っております。 どうか思いつく作品が有れば教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 筒井康隆の手口

    筒井康隆が、乱調文学大辞典の付録「あなたも流行作家になれる」の中で、原稿の枚数を稼ぎたければ、軍隊を描く小説を書いて、居並ぶ兵士に号令をかけさせると、たちまち何十行も消化できるみたいなことを書いていますが、これを「実践」した作家はいますか。もちろん筒井本人でも(してないでしょうけど)構いません。

  • 筒井康隆さんの短編だったと思うのですが…。

    記憶が定かではなく、確か、筒井康隆さんの短編だったと思うのですが、「男が互いの家に立て篭もり、相手の家族を人質に取る」という話を探しています。 題名と、収録されている文庫本の名前を知っていう方はおりませんでしょうか?

  • 筒井康隆の短編 夜中に間違い電話でラーメンを注文される男の話

    筒井康隆の短編小説で、 夜中に間違い電話でラーメンを注文された男が、ラーメンを作って出前をする話があったと思うのですが、 何という題の作品ですか?

  • 筒井康隆さんの本で 金日成とマージャン

    筒井康隆さんの本で随分昔に金日成とスターリンと毛沢東とあともう一人の政治家がマージャンしている短編の小説があったと思うのですがご存じの方その本のタイトルを教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。