• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

筒井康隆の手口

筒井康隆が、乱調文学大辞典の付録「あなたも流行作家になれる」の中で、原稿の枚数を稼ぎたければ、軍隊を描く小説を書いて、居並ぶ兵士に号令をかけさせると、たちまち何十行も消化できるみたいなことを書いていますが、これを「実践」した作家はいますか。もちろん筒井本人でも(してないでしょうけど)構いません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数326
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

たぶん、元ネタは尾崎紅葉の『金色夜叉』だと思います。 1897年(明治30年)1月1日~ 1902年5月11日まで、読売新聞に連載された新聞小説です。 その第1章(冒頭近く)に、こういう場面があります。 ================= (ある紳士のダイヤモンドを見て、口々に) 「金剛石(ダイアモンド)!」 「うむ、金剛石だ」 「金剛石??」 「成程金剛石!」 「まあ、金剛石よ」 「あれが金剛石?」 「見給へ、金剛石」 「あら、まあ金剛石??」 「可感(すばらし)い金剛石」 「可恐(おそろし)い光るのね、金剛石」 「三百円の金剛石」  瞬(またた)く間(ひま)に三十余人は相呼び相応じて紳士の富を謳(うた)へり。 ================= 誰かがやってしまうと、しばらくはやりにくいでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

誠にありがとうございます!! 紅葉の意図が行数稼ぎにあったかどうかはともかく、大変面白いですね。「口々に」というのが手口ですね。ここまで極端でないのは探せばあるかも。「しばらくはやりにくい」にしても もう100年経ってますし(笑)。 筒井さん本人の実演(?)は、どなたからも指摘がないので、やはり冗談の一環だったんでしょうか。

関連するQ&A

  • 筒井康隆好きの方

    筒井康隆好きの読者の方で、他に好きな作家さんと一押しの作品があったら是非教えてください。本屋さんにいってもどれを選んでよいものか悩んでしまうので。

  • 筒井康隆の小説

    昔、日本文学全集の中の筒井康隆作品の中にあった短編で、子供が古い日本家屋の中で暮らし、確か上の階ほどおじいさんとか、家長などの偉い家人が暮らしていて、子供はその家の中でさまよう話しだったと思います。子供が熱をだしてうなされる場面などあり、筒井康隆の作品がすごい好きだったわけではありませんが、その作品だけはとても不可思議な味わいがあり子供の頃夢中になって読んだ記憶があります。どの筒井作品、単行本を読んでもわかりません。タイトルがわかれば教えて下さい。

  • 筒井康隆、又は星新一の小説のタイトル

    筒井康隆、もしくは星新一の短編小説で、「ある種の犯罪(思想犯?)を犯したものは植物(樹)に されてしまう」という設定で、主人公の男性の妻が「樹」にされてしまい、その妻(樹)との淡々とした会話で進んでいく物語だったと思うのですが、作家が筒井康隆なのか星新一なのか、またタイトルも思い出せなくて。。。でれか、教えてくださいまし。。。

  • 星新一と筒井康隆の関係

    最近、星新一・筒井康隆の両氏の書籍を読むようになったのですが、 気になることが一つあります。 筒井氏の作品に星と呼ばれる人物と、筒井なる人物らが麻雀をしながら話している作品がありました。 コレはパロディであるのでしょうが、 筒井氏が星氏を自分の話にパロディとして出すというのは、二人は一体どういった関係だったのでしょうか? 同期の作家なのでしょうか?もしくはどちらかが先輩なのでしょうか? その他、逸話なんかがあったら教えていただきたい所存であります。 ※検索をかけましたが、説明があまり詳しくなく分かりませんでした。宜しくお願いします。

  • 星新一、筒井康隆、「世にも奇妙な物語」っぽい小説について

    作家志望です。 (1)筒井康隆や星新一のような、 テレビで言えば「世にも奇妙な物語」のような、 お笑いで言うとモンティ・パイソンやダウンタウンのコントのような、 SF小説のようなお笑い小説のようなよくわからないものを主に書いているのですが、 こういう作品は、傾向としてはどの賞に送ればよいでしょうか? (2)そして、こういう小説にジャンル名が存在するなら教えてください。 知識がないもので、 「筒井康隆っぽいSF(?)小説」とかいう呼び方しかできません。 ロボットや近未来や宇宙人が登場するようなサイバーなSFではないので、 「SFマガジン」などに送るのも違うしな…と思いまして。 やはりエンターテインメントになるんでしょうか。 それなら「オール読物新人賞」とかでいいんですかね? (3)もしこういった小説を専門に扱っているような雑誌や賞、テレビ番組などがあれば教えてください。 (4)喜劇小説やお笑いのコントシナリオを専門に扱うような公募があれば、こちらもご教授お願いします。

  • 筒井作品好きにおすすめの作家・作品を教えてください。

    筒井康隆さんの作品が好きなのですが、筒井作品好きにおすすめの作家がおりましたら教えてください。 筒井作品を読み始めたのは二年程前からで、短編小説ばかり読み漁っています。 短編の中では、エロドタバタ「欠陥バスの突撃」、エログロ「薬菜飯店」、風刺?「最後の喫煙者」「アフリカの爆弾」、切ない?「佇む人」「母子像」、SF「たぬきの方程式」「関節話法」、SFジュブナイル「時をかける少女」なんかが好きです。 ちなみに、今まで読んだ筒井作品の中で唯一面白くないと思ったのは「愛のひだりがわ」でした。 他にもいろんな作家さんの本を読んでみたいなと思っているのですが、ツボにはまってしまった筒井作品があまりにも独特なので、他にどんな本に手をつけていいのか悩んでいます。 参考までに、私は現在大学四年生の女子です。 小中学生の頃はファンタジーを中心に児童文学を読んでいましたが、高校・大学生になってからは恥ずかしながら読書とは無縁の生活を送ってきました……。 作家さんでなくおすすめの作品でもオッケーです。 ジャンルは特にこだわりませんが、がっつり恋愛やがっつりホラーな本は読める気がしません。 おすすめの作家・作品がありましたらお願いします。

  • 筒井康隆の「笑うな」読んだことある方へ

    この短編集に入っている「チョウ」というお話のオチの意味がどうしてもわかりません。ほかの作品は楽しく読めたのですが…。時事ネタとかパロディなのかな? 読解力のない質問でお恥ずかしいのですが、どなたかおしえてください。

  • 読み物サイト。

    恐い話のサイトなどは結構あるんですが、面白い話を集めたサイトがあれば教えて下さい、好みとしては、筒井康隆、清水義典、別役 実、など皮肉の利いた短いものが良いです。文学カテはちょっとオーバーでしたか・・

  • 実験小説などで、お薦めの本を教えてくださいナ。

    四ヶ月ほど前に、ここで質問をした者です。 「星新一、筒井康隆と来て、読みたいと思う本が無くなった。おすすめがあれば教えてください」と聞いたのですが、 予想以上に大勢の方からアドバイスをいただきました。 小躍りして、早速お薦めされた本を片っ端から読破してきました。 レーモン・クノー、ミロラド・パヴィチ、イタロ・カルヴィーノ、中上健次、井伏鱒二、内田百閒・・・。 おかげで、あれから、非常に濃密な読書の時間を過ごすことが出来ました。 (前回の質問)http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=76640 フランスやイタリアには、僕の好きな筒井康隆と同じようなことをしている作家がいるんだな、と思って死ぬほど嬉しく思っておりました。 ところが僕の浅学では、実験小説といえば筒井康隆かウリポしか分かりません。 まだ世界のどこかには、驚喜するべき小説があるのかと思うけれど、 どうして調べればいいものやら分からず、またアドバイスを伺おうと思いました。 いわゆる「平凡ではない小説」で、おすすめがあったら、是非教えてください。

  • お勧めを教えてください。

    こんにちは。 最近司馬遼太郎にはまっていまして、有名どころはだいたい読み終わりました。 ちなみに一番好きなのは「坂の上の雲」です。 それで、次に読む本を探しているのですがみなさんのお勧めを聞きたいです。 私が好きな作家は、司馬遼太郎、芥川龍之介、筒井康隆、塩野七生です。 ちなみに国内・外の文学全集などにあるような文学作品はほとんど読んでいますが、好きな作家を問われると、上記にあげた作家の名前が浮かんできます。 なんとなく、好みをわかっていただけると嬉しいです。 きちんとした言葉で自分の好みを説明できなくて歯がゆいのですが・・・。 上記以外では最近、なかにし礼の「赤い月」という本を読み、たいへん感銘を受けました。 こんな私が好きそうな作家さんがいましたらどうぞ教えてください。私は作品単位というより作家単位でファンになるほうだと思うので・・。 たくさんのご意見お待ちしています(^O^)