-PR-
解決済み

小学生のローマ字指導は東京はTokyoかToukyouか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.11434
  • 閲覧数8407
  • ありがとう数26
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 32% (17/53)

 この質問の元ネタは,2000年10月24日付『よみうり教育メール』の中川斉史(徳島県池田町立池田小学校教諭)さんのコラムを読んでです。
私も小学生の国語の時間にローマ字を習いました。東京は,Tokyoで,二カ所のoの上には^マークをつけてました。
読売巨人軍のビジター用ユニフォームの胸のロゴもTOKYOですね。
私のワープロも,tokyoで東京とは変換されません。現代の日本語生活の上で使えないTokyoを学校で学ぶ意味はないと思いますし,キーボード入力を覚えるときの混乱の元のようにも思えます。
実際の学校では,今もTokyo表記のローマ字を教えているのですか。指導要領に記載がある以上,記載以外の指導をすると教員は処分を覚悟しないといけないと思います。現場のお話をお聞きしたいです。
 別の質問になってしまいますが,外国人に教えるときは,どちらが良いのでしょうか。
 今回,私たちは無意識に日本語ローマ字表記においてダブル・スタンダードで生活していることに気づかされました。
 ご回答よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 43% (7/16)

ども、冬です。
byqさんがおっしゃるように正しい日本語で「ー」を使うことはないので、それに関しては正しい読み方を覚えさせるしかないですねぇ。

小学生の頃やるローマ字の意義としては、「アルファベットをいくつか覚える」くらいしかなく、長音の時^をつける、というようなのはほぼ完全に無意味です。
ま、中学の時にちゃんとやり直すから問題ないんですけど。

ちなみに、
「でも昭和29年内閣告示や学習指導要領でのローマ字表記の仕方は,規範的仮名表記とは別に,外来語のように表音的に携帯をケータイとしてローマ字ke^taiで示しなさいということのようです。」
ってのはマジですか? これは本来長音ではないはずでこれを認めるとわけわかんなくなりますね。
補足コメント
byq

お礼率 32% (17/53)

たびたびどーもです。
 NO.#3の補足で私が紹介しました昭和29年12月9日付内閣告示第1号準拠の『広辞苑』巻末の「ローマ字のつづり方」の例ですと,長音はお姉さんは,oneesanのように母音を重ねるのでなく,one^san とすることが原則と「そえがき」れています。仮名で書くと「おねーさん」にしなさいということです。ですから携帯はkeitaiが正しいです。NO.#4の私の補足は間違いでした。訂正します。でも大通は,o^do^riです。
ローマ字は,その国の言葉の表記法に暗い人にでも,現地の読み方を知ることができるためのものでしょうから,そうしたことが起きるのだと思います。だから日本語でありながら外来語のように表記することになるのだと思います。
書込み日:00-10-26 17:15
投稿日時 - 2000-10-26 17:15:10
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 23% (123/534)

確かに、「東京」をキーボードで入力するときは「toukyou」ですが、実際の表記とは違う言葉は他にもたくさんありますよね。
慣習みたいなものもあって、例えば「佐藤」などは「SATO」と「SATOH」のように人それぞれの場合もあります。
キーボードで入力するときは「SATOU」ですが、こういう表記はあまり見ませんよね。

わたしが、小学生のときは、普通のローマ字のルールを一通り教わりましたが、ローマ字で書くときはこう、でも一般的にはこう、というように教えてもらった記憶があります。

件の「TOKYO」ですが、これはローマ字表記というよりは、英語表記ですね。
外人にはこれで普通に通じますし、今の日本でもこっちの方が一般的です。
補足コメント
byq

お礼率 32% (17/53)

早速のご返答ありがとうございます。ヘボン式などのローマ字表記が表音記号として世界標準に近く, キーボードでの入力の仕方が,日本語の仮名表記に合わせるため普通でないということですね。
日本人は日本語を電子テキスト化するとき,特殊な仕方を無意識のレベルにまで身体に染み込ませないと,アイ・テーの時代に暮らせないということなんですね。
外国人にこのことをわかってもらうには,仮名表記を知ってもらわないとダメだということになりますね。
ダイエーホークスの王監督をOHと表記するのは,何式というのでしょうね。ouというのは日本語ワープロに特殊な仕方ということですが。書込み日:00-10-25 21:13
投稿日時 - 2000-10-25 21:13:14


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 43% (7/16)

冬です。学校関係者ではありませんが、

小学生の頃に、伸ばす音の上に棒をひくのは無意味だと思います。しかし、ヘボン式でローマ字は教えられるはずだしそうでなければなりません。ヘボン式さえ覚えればキー入力にも困りません。キー入力の時は単語いっぺんにうつのではなく、一文字ずつ分けてうてばOKです。

外国人に教えるにもひらがな、カタカナをローマ字とセットにして教えるのが入り口としてはよろしいかと私は思います。
補足コメント
byq

お礼率 32% (17/53)

ヘボン式などの表音的な表記と,日本語ワープロなどのキーボード入力の入力キーのような仮名表記をベースにローマ字を使う仕方は,違うのではないですか‥。「ヘボン式さえ覚えればキー入力にも困りません」というお答えは私には,そのままでは理解できませんでした。もう少し解説していただけませんか。よろしくお願いします。
小学校4年生にTokyoとtoukyouの使い分けをどう教えたら混乱なくわかってもらえるのでしょうか。
書込み日:00-10-26 03:21
投稿日時 - 2000-10-26 03:21:16
  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 33% (2/6)

ローマ字の成り立ちとか使われかたの歴史には全然詳しくないのですが、
Tokyo は、英語圏の「東京」の固有名詞
toukyouは、日本語のローマ字表記
だと思いますが。
Japanとnipponの違いに近くなってしまっているとおもいます。

私は新潟出身ですが、中学の英語の先生が、「にいがた」という発音に近い英語での表記は「Nigata」となるが、(正確には「ニィガタ」くらいですが。)「Niigata」という表記にしてしまったので、英語圏の人には「ネガタ」に近い発音になってしまう、ちょっと残念だ、という話をしていたことがありました。
補足コメント
byq

お礼率 32% (17/53)

ご返答ありがとうございます。
手許の『広辞苑(第4版)』巻末付録「ローマ字のつづり方」(昭和29年内閣告示第1号による)「そえがき」の「4 長音は母音の上に^をつけて表わす.なお,大文字の場合は母音字を並べてもよい.」とあります。
  広辞苑がつけた語例で「oba^san ne^san To^kyo^ ryo^ri ku^ki tyu^i Oosaka」(「^」は直前の母音の上に付きます)となっています。おそらく,お婆さん,姉さん,東京,料理,空気,注意,大阪を示したものだと思います。obaasan,neesanなどではなく,OosakaとO^sakaは両方とも可のようです。‥‥neesanは,英語的に読むと姉さんが兄さんになりそうですね。(笑)
書込み日:00-10-26 11:19
投稿日時 - 2000-10-26 11:19:17
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 43% (7/16)

冬再度登場です。
ヘボン式を覚えた子に説明するとすれば、例として皇居と故郷を挙げて、

ヘボン式で表せば両方ともkokyoとなるわけですが、それだとコンピュータはどちらか区別がつかなくなるわけです。だから、コンピュータに打ち込む時は一文字ずつヘボン式で打ち込みます。前者なら「こ・う・きょ」「koukyo」、後者なら「こ・きょ・う」「kokyou」って感じの説明でよろしいかと。ヘボン式を覚えた子になら、「コンピュータに打ち込む時は一文字ずつ考える」というだけで何の問題もなくなると思います。

でも、ヘボン式を覚えた上でさらにパソコン入力に便利なものを覚えた方が断然効率がいいですね。例えば「ち」は「chi」よりも「ti」の方が楽ですし。
補足コメント
byq

お礼率 32% (17/53)

fuyuさん再登場ありがとうございます。
こうきょ,こきょう‥‥を打ち分けることはわかりました。
多分問題はヘボン式(chi),日本式(ti)などのローマ字表記の仕方の問題でなく,仮名表記の仕方・原則の問題だと思います。皇居が「こーきょ」か「こうきょ」かのようです。長音の「ー」記号の使い方しだいかと‥‥。
  『広辞苑』巻末付録「外来語の表記(平成3年6月28日付内閣告示第2号による)」では,「ー」の使い方が示されていますが,日本語で「ー」を用いることは国語上はないと思います。
おーどーり(大通‥おおどおり)はダメって漢字を習う小学校低学年のとき先生に言われた記憶がかすかにあります。ちなみに「おうどうり」もダメなんですよね。ワープロも変換してくれません。王道理や黄土売りになってしまいます。
携帯電話はケータイって表記の方が手軽な感じで,私とケータイの関係を表していて,私は好きですけど‥‥。
でも昭和29年内閣告示や学習指導要領でのローマ字表記の仕方は,規範的仮名表記とは別に,外来語のように表音的に携帯をケータイとしてローマ字ke^taiで示しなさいということのようです。
書込み日:00-10-26 12:48
投稿日時 - 2000-10-26 12:48:49
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ