締切済み

ポテンシャルの調和近似による記述

  • すぐに回答を!
  • 質問No.108567
  • 閲覧数252
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

固体中で原子をとどめておくポテンシャルを記述するために、調和近似を用いると、身近
にある固体でおこるある現象が説明できなくなるのですが、この現象が何か教えていただ
けないでしょうか。また、どうして調和近似では説明できないのか理由も教えてください。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 40% (54/135)

> 固体中で原子をとどめておくポテンシャルを記述するために、
> 調和近似を用いると
というのは、原子の位置に対してということですよね。
原子の位置が変わると身の回りの現象でなにが変わるでしょうか?
ある条件ではそれが変わって見えないのは何故でしょうか?
という質問ですよね。

たぶんこれで全部だと思います。
そうえばフェルミが数値計算したら再帰現象が見えたとか。

頑張ってください。

  • 回答No.2
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

まず熱膨張は起こらなくなりますね。振動の中心位置が振幅に依存しませんから。さらに固体の破壊と同じちからで核融合も可能になるということは、あちこちで核融合が起こるか、固体が壊れたり変形したりしないとか、どちらも困ったことになります。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ