• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

TLCについて

シリカゲルプレートでTLCを行ったあとに出た反応をスクレイパーで削って行う実験方法をなんと言うかわかりますか?教授にそれをやれといわれたのですが、本やネットで調べてもまったくみつかりません。本当にそのような実験が存在するのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数3370
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

実際に少量の混合物から、純度の高い化合物を得る方法として、よく使われています。 分取TLC あるいは PreparativeTLCと呼んでいます。 反応のチェックに用いるTLCの表面シリカゲルの厚さは1mm以下ですが、分取用のTLCは表面シリカゲルの厚さは2mm程度あり、一回にチャージできる有機物の量も100mmg程度のせることが出来ます。 分取用TLCは市販されています。 大きさは20cm*20cmでしたか。 目的の帯(スポットが横に連続したものと想像してください)をかきとり、溶媒で溶出させ、濃縮することで純度の高い化合物が得られます。 上のスポットか下のスポットか(原点からのRf値)は純度の違いではなく、化合物の極性の違いで差が出てきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答詳しくありがとうございます!さらに質問があるのですが、目的の物質をかきとったものを溶媒で抽出させたものの吸収スペクトルを測ると、市販の物質の吸収スペクトルと全く違うのはなぜなんですか?吸光度も低くなります。

関連するQ&A

  • 薄層クロマトグラフィー(TLC)について

    現在大学で基礎実験を学んでいる女子大生なのですが・・・TLCについてわからないことがあるのでご教授いただきたいと思います。 TLCの原理で調べたのですが、極性が多大きいものほど展開も長くなると書いてありました。 私たちが今回行った実験というのが、P-ニトロ安息香酸エチルを用いてP-アミノ安息香酸エチルを合成するというものでした。 その過程で有機層と水層に分離させるという工程が3回あって、その3回をTLCチェックしました。 比較として、1枚のシリカゲル板にて、 原料(P-ニトロ安息香酸エチル)、原料+反応液、反応液 の3点測定をしました。 そのとき原料が一番展開距離が長く、反応液の方が短く出ました。 反応液にはすでに反応したP-アミノ安息香酸エチルが含まれているわけで・・・・ ************** そこで、疑問に思ったのですが、P-ニトロ安息香酸エチルに付いているNO2よりも、P-アミノ安息香酸エチルについているNH2の方が極性が高くなるのではないか? それなら何故、TLCでP-ニトロ安息香酸エチルのほうが、長距離移動したのか? チェックに用いているシリカゲル板のシリカゲルの吸着性に関係しているのか? それとも、他の原因があるのか・・・・ わからずに混乱しています。 どうか、原理を交えて教えていただける方が今したら、ヨロシクお願いしますm(--)m☆

  • TLCスポットのUV発色について

    TLCを使った実験で、展開後、スポットを確認するために、紫外線ランプを当てますよね。私の実験室では、長波366nm、短波254nmのランプを使います。 そのときの発色の原理について、質問があります。 TLCプレート(silica gel 60 F254)を使っているのですが、プレート上に展開された物質が、長波でも短波でも反応する場合、長波では紫外線を当てるとその物質が蛍光発色し、短波では、その部分だけ消光します。 共役二重結合がある場合、紫外線に反応すると理解していたのですが、長波と短波を当てたときに、長波だけ反応する物質、短波だけ反応する物質があり,なぜこのような結果になるのか不思議です。 自分なりに考えてみたところ、「短波で消光するのは、シリカゲルに蛍光物質がぬってあって、その上に展開した物質が覆うように存在するからであり、別に共役二重結合を持たなくてもプレート上に展開された物質はすべて確認できるのかな。長波で反応する場合は、共役二重結合によって紫外線を吸収した後、別の波長として放出し、蛍光物質として検出できるのかな。」と思いましたが、よくわかりません。 どなたか、ご存知の方、教えてはいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • TLC展開について

    いつもお世話になってます。 大学の卒論の実験で、TLC(薄層クロマトグラフィー)を用いた脂質混合物の分離を行ってますがなかなかうまくいかず、不安定なデータが出て困っています。 同じ操作を行って脂質を抽出したはずなのに、TLC展開後の目的バンドの濃さが、同一サンプル同士で異なってしまいます。 TLCで得たバンドの部分をHPLC解析にかけた時、目的産物の量が、同一サンプル間でぶれるので、平均がとれません。。。 TLCで安定しないのはTLC展開前にスポットした量が多すぎるから起こることでしょうか(しかいきちんと濃いバンドが出る場合もあります。)!? TLCは、1×20cmシリカゲルプレートで行っています。 有機溶媒に飽和させた脂質40~50μlを下から2cmのところに何回かに分けてスポットしてドライヤー(ドライアー)で乾かした後、ベンゼンで展開させています。 濃い濃度の脂質をTLC展開させる際のコツなど、アドバイスいただければ大変うれしいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

補足です 展開溶媒やTLCのシリカゲル上でサンプルが分解しているかどうか確認する方法に2次元TLCという方法があります。 (1)正方形のTLCに隅にサンプルのスポットを打つ (2)展開する (3)展開溶媒をよく乾燥させる (4)TLC板を90度回転させて(展開したスポットが下になるように)もう一度同じ展開溶媒で展開する (5)展開したスポットが、対角線上にすべて乗っているか確認する 2回目の展開でさらにスポットが分離したら、対角線上に乗っていないスポットは間違いなくTLC上で分解した生成物です。  ただし、テーリングしてしまっていると良くわからなくなってしまいますが...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事遅くなってすいません。かなり詳しく教えていただいてありがたいです。助かりました!

  • 回答No.4

分取TLCで得られた化合物の純度をチェックする方法。 1)TLCをあげてワンスポットか確認する 2)NMRを測定し、不純物の見る 3)結晶なら融点を測定し、評品と比べる 4)GCやLCでワンピークか見る 5)評品(純度が判っているもの)を用いてGC、LC分析の検量線を引き、純度を求める。   簡便には、評品とサンプル同じ量秤取り、GCやLCの面積を比べ、暫定的に純度を求める。 などなどです。 市販の吸収スペクトルと違うのであれば、違う化合物である可能性がありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に教えてくださってありがとうございました~助かりました!感謝です☆

  • 回答No.3

目的物の構造は、目的とした化合物と一致していることは確認されたでしょうか? 基本的に化合物が同一で純度も高ければ吸収スペクトルは一致するはずです。 吸収スペクトルは同一溶媒ですか? 純度はチェックしたでしょうか? 溶媒やシリカゲル上で変化する化合物であれば、分取TLCは使えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

pHはほとんど同じで溶媒も同じなのですが・・・。純度はどうやってチェックするかわかりません。すいません。

  • 回答No.1

分取TLCですね。 学生の頃やったことあります。 反応が起こった部分には、目的の物質があるわけですから、その部分をシリカゲルごと回収して次の実験に使う手法です。 回収したシリカゲルは脱脂綿を詰めたロートなどに受け、目的物質が溶ける溶媒で抽出するのが一般的と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答ありがとうございました。回収したシリカゲル上にある物質はTLC展開する前のものと同じと考えていいのですか?展開溶媒と混ざって他の物質になることはないのですか?シリカゲル上にあるほうが純度が高いのですか?

関連するQ&A

  • TLCについて

    今日実験の最中にTLC(3点打ち)を行ったのですが、反応物は丸分かりで生成物が薄すぎて見えないため教授が過マンガン酸カリウムに浸し検出しました。この過マンガン酸カリウムは何故検出に役に立つのでしょうか?また他にもこのような検出の仕方はあるのでしょうか?

  • TLCで。

    先日TLCの実験を行いました。サリチル酸とアスピリンの標品をTLC(アルミシートシリカゲル、展開溶媒ベンゼン:酢酸=95:5)で展開したところ、アスピリンの方がサリチル酸よりもRf値が大きくなりました。 前に似た質問があったのですが、 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=884011 ↑では、サリチル酸のほうがアスピリンよりもRf値が大きくなったと書いてありました。同じ条件だと思うのですが、違うのはなぜでしょうか? 教えてください。

  • TLCの結果について

    TLC初心者です。 身近にTLC経験者がおらず、 今現在試している方法がどういう状態なのか分かりません。 まず、今準備できているものだけで予備実験を行いました。 ・TLCプレートは蛍光を含まないタイプのもの。 (ただし、2004年に購入し、箱を開封済み、デシケータ内で保存せず) ・展開溶媒:クロロホルム ・試料溶液 検出には、発色試薬を使用しませんでした。 プレートに滴下した試料溶液は何度かに分けて計0.5ml程度ほどです。 展開後乾燥させると、薄く着色された部分(バンド1~2本)が確認されました。 そして2日後のプレートには、たくさんのバンドが見られました。 今回の手順のように検出液を使用せずに、 バンドがたくさん現れたのは試料成分の分離が出来たからでしょうか? TLCの検出には、発色液や蛍光塗料は必須なのでしょうか? 薬品管理が厳しいため、新しい試薬の購入には申請が必要になることから、最低限必要なものが何か知りたいと思っています。 ご存知の方よろしくお願いします。

  • TLCとカラムクロマトの矛盾

    TLCとカラムクロマトの矛盾 カフェイン抽出の実験で、困ったことが起きました・・・ シリカゲルのカラムクロマトで10画分に分けたのですが、TLCでそれぞれ標品カフェインと比較したところ、カフェインが7番目画分、ある不純物が9番目画分に出てきました。 私は、「シリカゲルは極性が高いので、遅く出てきた9番目の不純物の方がカフェインよりも極性が高い」と考えました。しかし、TLCでは9番目の方がRf値が大きかったのです。つまりカフェインよりも極性が低いという結果が出たのです。 この矛盾について、何か別の要因があるとしたら何が考えられるでしょうか? 分子の大きさ?何かの相互作用?よく分かりません・・・ もし分かる方がいたら知恵を貸してください!お願いします><

  • ポリマーとTLC

    TLCに関する質問です。 ポリマーをTLCプレートで展開すると、スポットがブロードになり現れる、 もしくは全く展開されずに原点に残ると聞きます。 これは、どのような理由によるものなのでしょうか? どなたか分かる方は、ご教授願います。

  • TLCの定量方法(内部標準法)について

    こんにちは。 現在、シリカゲルプレートを使ったTLCの 実験を行っています。 脂質の抽出が主な目的なのですが、 展開法としてはBligh-Dyer法を用い、 現在のところ、Rf値と呈色法を用いた 同定の絞込みをしました。 最終的に標準試薬を用いて 内部標準法と外部標準法を使った 定性を行いたいと思っているのですが これらの方法に関する資料・文献が 見つかりません。 各標準法に関する情報をお持ちの方 基本的なことから教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • キノンのTLCについて質問

    キノンのTLCについて質問(というより確認)させてください。 細菌のキノンを同定する実験でTLCを行っています。実験自体はうまく行っているの良いのですが気になることがあります。 実験では、TLCで展開後にUVをTLCプレートに当てて、『標品とのRfの一致』と『暗紫色に見える性質』でキノンのスポットを見つけるわけですが、この『暗紫色に見える性質』は要するにキノン(のC=C二重結合)がUVを吸収するからそう見えるのであって、暗紫色に発光しているわけではないですよね?  多分合っていると思うのですが一抹の不安がよぎりますのでご教示ください。

  • TLCでのRf値

    シリカゲルTLCにおいて、シリカゲル表面に対する官能基の吸着の強さは、COOH>OH>OCORの順であるとかいてあったので、これから予想するとサリチル酸のRf値はアスピリンのRf値よりも小さいはずであるけれども、実験結果では逆になりました。 どうしてでしょう・・・? そして他の参考書では吸着の強さは全然逆の結果となっていました。教科書自体がちがうのでしょうか。もしかしたら、酸素元素がベンゼン環から電子をひきつけて、電子密度を偏らせることからその誤差が生まれるのかと考えてみましたが、不安です。

  • TLC上のRf値の変化

    実験の反応で水酸基をリン酸エステルで保護したいのですが、 TLC上でのRf値の変化が分かりません。 水酸基を保護するので低極性側へ変化すると思うのですが、 実際はどのように変化するのか教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • TLC呈色指示薬としての過マンガン酸カリウム

    実験で、サリチル酸とアセチルサリチル酸、サリチル酸メチルをTLCを用いて同定するときに、TLC指示薬として過マンガン酸カリウムを使用しました。すると、プレート全体は赤紫色になりましたが、部分的に黄茶色になっているところがありました。これは、過マンガン酸カリウムが還元されたためと考えていますが、過マンガン酸カリウムは還元されてMn(2+)とMnO2のどちらになったのでしょうか。 どなたか教えてください。