• ベストアンサー
  • 困ってます

トンネル効果はなぜ起こる?(量子力学学習中です)

トンネル効果はなぜ起こるのでしょう?量子力学的ゆらぎで起こるなんていう話は聞きますがよく理解できません。位置と運動量の不確定性原理の話でしょうか?  それと、ポテンシャル障壁に波束があたった時、なぜ反射波ができるんですか?粒子のエネルギーがポテンシャルより高い場合にも反射が起こるのはなぜでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • shiara
  • ベストアンサー率33% (85/251)

 No5さんが最後に書かれていることは、量子力学を学ぶ人は常に肝に銘じておかなければなりません。不確定性原理だけを使って現象を理解しようとすると、見当違いの方向に行ってしまう危険性があります。まずはしっかりと基礎を勉強しましょう。実際にシュレーディンガー方程式を解いて、量子力学の使い方を学んでください。その上で、トンネル効果はなぜ起こるのか、を考えてみて下さい。そうすると、多分、量子力学は、トンネル効果そのものの原因については言及していないことが分かるはずです。そして、原因など分からなくても、そういう効果があるという前提に立てば、いろんな現象を説明できることが分かります。つまり、トンネル効果の原因が解明されなくても、実用上の問題はない、ということです。そうなるとあとは趣味の問題です。自分が思うように解釈してみてください。ただし、その解釈を実用に持ち込もうとすると間違った解釈に陥る危険性があります。ですから、初めに基礎をしっかり学ぶ必要があるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何日にも渡ってのご教授、大変ありがとうございました。いろんな事を学びました。これから基礎をしっかり学びます!

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

No.1のお礼に対して 多忙のため反応が遅れています。m(__)m さて、トンネル効果がなぜ起こるかというのは、結局のところ、「なぜポテンシャルエネルギーが全エネルギーよりも大きいにもかかわらず波動関数がゼロでないのか」ということだと思います。これは古典論ではありえないですよね。 これを私なりに説明しますと、シュレーディンガー方程式は 全エネルギー=運動エネルギー+ポテンシャルエネルギー という形をしていますね。これは古典論では問題ないですね。ところがポテンシャルエネルギーが全エネルギーよりも大きい場合には、運動エネルギーが負になります。これは古典論ではありえないですが、シュレーディンガー方程式ではありえます。例えば、波動関数がexp(-x)に比例している場合です。つまり、量子力学では古典論ではありえないことが起こっているわけです。この原因は結局のところ波動関数で考えている、あるいはシュレーディンガー方程式がこうだから、というわけです。 私がもう一つ言いたいのは、不確定性原理とかを使って、どちらかというと無理やり理解しようとするのは、量子力学を学んでいない人のやり方のように思いますがいい過ぎでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!とても勉強になりました。確かに少し直感的に理解することにこだわりすぎだったような気がします。

  • 回答No.4
  • shiara
  • ベストアンサー率33% (85/251)

 「人間の測定がない自然な場合は共役な量はそれぞれある程度の幅をとって落ち着いている、という事でいいんでしょうか?」について、そういうことではありません。全ての情報は波動関数の中にあります。ある特定の運動量の固有状態にある系では、粒子の位置はまったく特定できません(どこにでも存在し得るということです)。波動関数が狭い範囲に局在するような形ならば、多くの運動量状態の重ね合わせになっています。どういう波動関数になるかは、その体系がどのような条件になっているかで決まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。確かにそうですね、考えが浅はかでした。なかなか測定と実在の間に区別の線を引けないですね。そこの境界線のところの理解がまだあやふやです。

  • 回答No.3
  • shiara
  • ベストアンサー率33% (85/251)

 そういう瞬間もあるかもしれない、ということです。しかし、この解釈も正しいかどうかは分かりません。実際のところ、不確定性原理の解釈もよく分かっていないのです。時間とエネルギーの不確定性原理よりは、位置と運動量の不確定性原理の方が比較的理解しやすいようですが、それでもその解釈には釈然としないものがあります。  位置と運動量の不確定性原理で、Δxは位置を測定した場合の誤差、Δpは運動量を測定した場合の誤差とも解釈されますが、別の解釈では、Δxは粒子自身の存在の広がり、Δpは重ね合わされた運動量の広がりとも解釈されます。ただし、どちらの解釈も正解とは言えません。通常、Δxよりも広い範囲で波動関数は値を持ちます。したがって、Δxの範囲に100%粒子が存在することはありませんから、Δx内に全ての粒子が存在するという解釈は正しくない訳です。ちなみに、ΔxとΔpの積の最小値を求める計算では、Δx、Δpは、標準偏差として定義されます。  時間とエネルギーの不確定性原理については、私が先に示した解釈のように、短い時間では大きなエネルギーを持ち得る、という解釈もありますが、別の解釈として(こちらの方が正統かもしれません)、エネルギーを測定する時の測定時間と測定したエネルギーの精度との間の関係と見ることもできます。すなわち、測定時間が短くなると、エネルギーの測定精度が悪くなる、というものです。ただし、この解釈は測定という行為に限定した解釈となります。  自分で述べた解釈に反するのですが、量子力学の解釈では、エネルギーの固有状態にある系でエネルギーを測定すると、必ず同じ値が得られますから、瞬間的にでも大きいエネルギーを持つというのはおかしな話です。はてさて、そうすると、トンネル効果とは何なのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!理解が深まりました。エネルギーや運動量を人間が測定するときに正準共役な量の幅を小さく取ったら、その量は必要以上に大きな幅をとってしまうが、人間の測定がない自然な場合は共役な量はそれぞれある程度の幅をとって落ち着いている、という事でいいんでしょうか?

  • 回答No.2
  • shiara
  • ベストアンサー率33% (85/251)

 量子力学は、ミクロの世界を記述する有効な手段ですが、全ての現象の理由を説明できるものではありません。実際にシュレーディンガー方程式を解くと、ポテンシャル障壁を透過して壁の反対側にも波動関数が存在することは分かりますが、なぜ自然界がそのようにできているのかは分かりません。  といっても回答になっていないので、こんな解釈はいかがでしょうか(証明はできませんが)。不確定性原理によりますと、非常に短い時間の間では、大きいエネルギーを持つことも可能です。瞬間的にポテンシャル障壁よりも高いエネルギーを持ち、かつ、障壁を越えられる時間があれば、壁を乗り越えることは可能ではないでしょうか。この解釈では、透過するのではなく乗り越えるのですが、結果としては、壁の反対側に行けることになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。とても理解しやすかったです!不確定性原理について質問なんですが、「非常に短い時間の間」というのは任意に自分が選べるんでしょうか?それともいつになるかはわからないがそういう瞬間がありえるというだけなんでしょうか?

  • 回答No.1

「量子力学的ゆらぎで起こるなんていう話」に頼る前にシュレーディンガー方程式を解いてみましょう。そしてその式をよく見て古典論と比較しましょう。 やや不親切なアドバイスですが、それが一番と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。  任意の運動量をもつ波動関数を入射させたときについての波動関数の連続条件を満たすためには反射波が必要だという話のことでしょうか?確かに式では反射波の存在を仮定しないと波数kがとびとびの値をとるようになってしまいますが、「シュレーディンガー方程式がこうだから」という理由では納得できないような気がします(汗)

関連するQ&A

  • 量子トンネル効果について

    矩形ポテンシャル障壁における量子トンネル効果についての質問です。 入射エネルギーがポテンシャル障壁の高さより低い(0 < E < V0)場合 に、各領域における波動関数は以下のようになります。 Ψ I(x) = Ae^ikx + Be^-ikx(入射波と反射波) Ψ II(x) = Ce^γx + De^-γx(矩形ポテンシャル障壁内) ΨIII(x) = Fe^ikx(透過波) なお、境界条件は4つあります。 この時、 |B/A|^2 + |F/A|^2 = 1  となり、「ポテンシャル障壁の境界において確率が保存されていることがわかる」と言われていますが、なぜ係数CとDが関係しないのかが分かりません。よろしくお願い致します。

  • トンネル効果について

    独学で量子論を勉強している大学一年生です。教科書はアトキンス物理化学要論第5版をつかっています。 早速質問です。 教科書に、 「粒子が容器の壁の中に入り込んでいるとき、そのポテンシャルエネルギーが無限大ではないが、E<Vであれば(全エネルギーがポテンシャルエネルギーよりも小さく、古典的には粒子が容器から脱出できない)、波動関数は急に0になる訳ではない。」 とかいてあるのですが、全エネルギーはポテンシャルエネルギーと運動エネルギーの和のことなので、E<Vのとき、運動エネルギーが負になると思います。これはあり得るのですか? また、シュレディンガー方程式を使えば、障壁にぶつかる粒子がトンネルする確率を求められるらしいのですが、どのようにもとめられますか? 一次元のシュレディンガー方程式 -(h^2)/2m(d^2ψ/dx^2)+V(x)ψ=Eψ で、V(x)を障壁におけるポテンシャルエネルギーV(>E)として、ψ=Ae^(λx)とおくと、λ=±√{2m(V-E)}/ h となったのですが、ここからどうすればよいのかわかりません。

  • トンネル効果について

    トンネル効果について 友達からトンネル効果についてちょっと話をされました。 原子や電子の持つエネルギーが不確定であるため、ポテンシャル障壁よりもエネルギーが大きくなり 結果として障壁を透過してしまうことがある。と調べたら出てきたのですが、透過って例えではなくて本当に透過するんですか?教えてください。

  • 量子力学の問題

    次の問題の解答がわからなく困っています。 問)原点で段差がある1次元ポテンシャル V(x)=0 (x<0) 領域1 V(x)=V0 (0<x) 領域2 を考える。V0>0とする。左側の無限遠(x=-∞)から粒子が入射してくる場合を考える。 この自由粒子はエネルギーEをもつ。粒子のエネルギーがポテンシャルのエネルギーの大きさV0と比較して (1)V0<Eの場合と(2)V0>Eの場合について粒子が古典力学に従って運動する場合と量子力学に従って運動する場合について議論せよ。 という問題です、どうかよろしくお願いします。

  • 化学反応とトンネル効果について

    化学反応の多くはポテンシャル障壁を越えることで引き起こされますが、 これはトンネル効果と関係した反応ってないのでしょうか? 例えば、相対論的な粒子はクラインパラドックスによって、 100%透過したりするそうですが、こういった量子力学・相対論的な効果によって 反応速度が以上に速くなるといった現象があれば教えて下さい。

  • トンネル効果について

    トンネル効果について トンネル確率は、 T=exp[-4dπ/h√(2m(V-E))] です。 √(2m(V-E))は分子です。間違えないでください。 dは幅です。 hはプランク定数で、6.6216*10^-34[J・s]です。 Vはポテンシャル障壁です。 Eは運動エネルギーです。 mは、電子の場合、9.109*10^-31[kg]です。 ちなみに、1eVは、1.602*10^-19[J]です。 ここで問題です。 5eVの運動エネルギーをもつ粒子が5オングストロームの幅をもつ10eVの障壁に突入するときのトンネル確率を計算せよ。一方、0.1kgのボールが高さがh=1mで、幅が0.1mの壁にそのポテンシャルエネルギー(mgh,gは重力加速度)の半分の運動エネルギーで当たったときはどうか。 という問題です。 最初のトンネル確率は、T≒exp[-11.5]になり、答えとあったんですが、 ボールの時の計算が全然合いません。 mghは、0.98[J]ですよね? その半分だから、運動エネルギーは、0.49[J]ですよね? 答えは、だいたい、exp[-33]くらいらしいです。 なんか、僕の考え方が間違っているんでしょうか? もし、考え方が間違っていたら指摘をお願いします。 できれば、exp[-33]の導出過程をお願いします。

  • ビッグバンと量子力学

    量子力学の考え方でいうと無というのは 「無であって有である」 という様に何もない状態。 を許しませんが電子や素粒子の元になった物質と言うのは あるのでしょうか? 時間も空間もない世界で「ゆらぎ」が発生する理由が やはり分かりません。 量子力学では人間が観察するからこそ有が生まれるのであって 観察しなければ結局は無なのだといいますが何かしらのエネルギー(波)がある事には違いないと思います。 確かにビッグバンが起こり宇宙が生まれた現象は説明できる かもしれませんが結局は第一原因を探る問題は解決できないように 思います。 おねがいします

  • 量子力学について教えてください

    振動、回転、並進の分配関数の導き方を教えてください。また良い解説書があったら教えていただけませんか? 初心者ですが,量子力学って理論物理ですか、実験物理ですか? 難しい式がいっぱい出てくるので最初、理論物理だとばかり思っていましたが,ホントは実験物理ではないのですか? 光が波動性と粒子性を持っているって、実験でわかったことですよね。それで、この事実に合わせるために、波動方程式をいじり、エネルギーは運動のエネルギーとポテンシャルエネルギーの和に等しいというニュートンの方程式に重ね合わせただけではないのですか? 結果,その方程式がいまのところ成功しているので、みんないつの間にかこれは純粋な理論物理だと思い込んでいるということはないですかね? もしそうならこの理論?の将来って心細いですよね。将来この理論?に反する事実が見つかったらあっというまにお話がひっくりかえるということはありませんか?

  • 量子力学

    つまらない質問かもしれませんが、あまり聞いたことがないので、思いついた疑問があります。 まず、マクロの運動は、特殊相対性理論によって説明されます。日常生活では光速に近いという状況はないので(電波などは除く。)、近似的にニュートンの運動方程式で充分ですが、相対性理論で低速から光速(高速)まで説明できます。 今度は逆にミクロの世界では、量子力学が支配しています。でも、量子力学が必要になるのは、素粒子などを扱うときだけです。マクロの世界までは拡張できないというところまではよく聞きますが、その途中というのはなでないのでしょうか? 例えば、不確定性理論では、電子一個の位置と速度は同時に知ることができないといいます。しかし、野球のボールなら測定できます。この途中のどこかに閾値があると思うのですが、違いますか? マクロの物質をどんどん細かくしていくと、どこかで相対性理論が成り立たなくなり、ここから先は量子力学。この境目はどうなっているのでしょうか? 頓珍漢な質問かもしれませんが、宜しくお願いします。

  • 量子力学と重力について

    等価原理によれば、重力場中の質点の配位空間の軌道は質点の質量には依らないとされています。しかし量子力学では軌道が質量に依存してしまうように思われます。質量Mの質点が作る重力場の中を質量mの質点が運動するとします。(M≫m)。このときボーア半径に相当するものを求めると、  a = h^2/me^2 (ただしhはhバーを表す) の中でe^2をGMmで置き換えれば良いはずだから  a = h^2/GMm^2 となって半径がmに依存してしまいます。そこで教えていただきたいのですが、 (1)現在、重力相互作用も取り入れた統一理論として超弦理論が作られています。超弦理論では上のような等価原理と量子力学の矛盾はどのように説明されるのでしょうか。 (2)素粒子に作用する地球の重力は非常に微弱で測定するのは困難です。しかし中性子干渉計を用いてそのような測定がなされています。その場合、量子力学の計算はハミルトニアンのポテンシャルを重力ポテンシャルとして計算すれば良いのでしょうか。もしそうだとすると上のように等価原理が破れていることになってしまわないのでしょうか。