• ベストアンサー
  • 困ってます

DNAとRNA

DNAとRNA似たような塩基配列をしているにも関わらず、「なぜDNAが生物の情報を残す物質になりえたのか」と疑問に思います。 この二つの違いとして考えられるのは、それぞれを構成している糖とらせん構造しか思い浮かびません。 糖の観点から考えて、「デオキシリボースはリボースの還元型であって、それ以上還元されないから安定といえる?」と思いましたが、それからどう発展させればいいのかわかりません。 また、らせん構造では、「らせん状態は力学的エネルギーを蓄積でき、それを利用して様々な反応を起こすことが考えられ、したがって2重らせん構造のDNAは化学的反応を起こす点で有利といえるから」と考えました。個人的にはこちらの考え方の方が正当な気がします。 しかし、文献を探してみたところ、全く探せず。 探し方が悪いのかもしれませんが、手詰まり状態で困っています。 どうかこの問について少しでも意見やアドバイスなどがあったらご回答ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

端的に言って2’のOHが存在することにより、RNAはDNAより遥かに化学的に不安定になっているからです。 例えばアルカリにするだけでRNAは分解してしまいます。 2’のOHと3’のリン酸が反応して環状のジエステルを形成してしまい、そこで切断されてしまうのです。 化学的に不安定ということは言い換えれば、化学的に反応性に富んでいるということもできます。 ですからセルフスプライシングに代表されるようにRNAはDNAと異なり酵素として働くこともできるのです。 RNAは自己複製と酵素反応という生命の二大特徴を持つ分子ですので、 生命の誕生はRNAであり、自己複製機能はより安定なDNAへ、酵素機能はより化学的多様性を持つタンパク質へ と受け継がれていった結果、生命が誕生したと考えられているのです。 なおRNAが不安定であることはRNAがmRNAとして働ける理由でもあります。 mRNAが安定であれば遺伝子のスイッチのオフがなかなか働かなくなってしまいます。 不安定で速やかに分解されることにより遺伝子のスイッチのオンオフが有効になるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

RNAは裏方で遺伝子の発現制御などを 行っているんですね。 参考になりました。ご回答ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

糖とらせん構造以外に構成している塩基の違いによっても説明ができます。RNAはウラシル、DNAはチミンが存在するのですが、ウラシルは修飾と転移反応によりシトシンに変わってしまうみたいです。チミンはウラシルがメチル化されたものでこのような反応が起こらないです。しょっちゅうウラシルがシトシンに変わってしまうとGCしかない配列になってしまいますよね。参考までに考えてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど~、塩基の種類も考える必要があるんですね。 糖の構造の違いだけ考えていました。 しょっちゅうそんな変化が起こっていたら 突然変異は数知れずになってしまうだろうし、それにより、生物存続の危機になってしまうかもしれませんね! 参考になりました。ありがとうございます。

  • 回答No.3

これは予想になるのですが、、、 RNAにはDNAにはない余分な水酸基がありますよね。 DNAの水酸基は全て結合に使われているのに対して、RNAの水酸基は何か別のものと反応できる可能性を残しています。 また、水酸基はエステル結合、グリコシド結合、水素結合など、生体内で起こるさまざまな結合に関わることが出来る反応性に富む構造です。 また、RNAは2重らせん構造をとることもできますが、この構造がDNAのB型と違い、RNAの余分な水酸基のためにA型らせん構造をとりやすいそうです。 これが安定性に関わってるかどうかは分からないのですが、関わってる可能性はあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

らせんには種類があるのですか!? 初めて知りました。 言われてみれば、 余分な水酸基については結合が関与しているという見方がありますね! 文献を見ているようで見ていないということに overさんの投稿で気付きました。 目を覚まさせてくれてありがとうございます。

  • 回答No.2

>力学的エネルギーを蓄積でき、それを利用して様々な反応を らせんということの意義は大きいと思いますが上記の表現はよくわかりません。 どんな遺伝子でも、同じらせん構造をしていて、同じように取り扱えるというのはそれだけで大きな利点だと思います。 二重ということも利点ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指摘通り、エネルギーの蓄積は関係無いと気付きました。そんなに反応していたら、DNAはどうなってしまうんでしょうか(笑) 同じように扱える事が利点…全く思いつきませんでした。 新たな観点が出来ました。ありがとうございます!!

  • 回答No.1
  • kexe
  • ベストアンサー率30% (58/189)

なぜDNAが生物の情報を残す物質になったのか DNAは2重らせん構造 RNAは・・・ この点をUVなどによる塩基の置換・変化、また欠失について 考えてみてください 変異や欠失してしまった塩基がもし大事な塩基だったとしたら? DNAの場合は2重になっているために修復が 可能ですよね RNAはどうでしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の投稿、ありがとうございます。 専門家の意見、ありがたく頂戴します。 おっしゃるとおり、RNAは1本で存在するゆえに 修復機構がないと考えられます。 そうすると、2重のDNAが生き残りというか 生物情報を蓄える物質として、選択されたということに なるかもしれません。 これをヒントにまた調べ直してみます。

関連するQ&A

  • DNAとRNAの構造

    こんにちは!看護学生1年生です。 今、生化学の勉強が始まりました。そこで、わからないことが出てきました。 DNAは二重らせん構造ですが、RNAは何構造なのかわかりません。 回答お願いします。

  • DNAとRNAについての宿題

    DNAとRNAは四種類のヌクレオチド(糖と塩基とリン酸)から構築されている。DNAに保存されている遺伝情報はアミノ酸の配列である。アミノ酸が二十種類のとき1つのアミノ酸は三個の塩基で決定される。この理由を説明してください。お願いします。

  • DNA・RNAの異なる点

    こんにちは。私は今大学で生物学を専攻しているのですが、DNAとRNAの違いを挙げよといわれると、はずかしながら、塩基の種類が違うとか、DNAは二重鎖だが、RNAは一本であるとか、糖が異なるといった、高校生レベルのことしかでてきません。 他に分子レベルで異なる点がありますでしょうか?もしよろしければ教えて下さい。 分子生物学を学ぶにあたって、参考にしたらためになるサイトがあれば、あわせて紹介していただければ光栄です。お願いします。

  • PCRの原理とDNA/RNAの生合成の関連性

    今回、「DNAとRNAの生合成の違い」をふまえてPCR法を説明しなくてはならなくなったのですが、いまいちわかりません。 DNAとRNAの違いはリボースに付加しているモノがOHかHかということですよね? またRNAはリボヌクレオPCRはDNA断片を増幅する反応のことですよね。 RNAをPCRしたい場合は、cDNAに逆転酵素で変えてからPCRを行うと聞きました。チドの酵素による還元によってつくられますが、それとPCR法の原理とどのような関係があるのでしょうか???

  • 核酸ってなに?

    栄養の勉強していると、最近消化の話になって、核酸とか核タンパク質とか、核~が普通に出てくるようになったんですが、これって何でしょうか?調べたら、「核酸(かくさん)は、塩基と糖、リン酸からなるヌクレオチドがリン酸エステル結合で連なった生体高分子。糖の違いによって、2-デオキシリボースを持つデオキシリボ核酸 (DNA) と 、リボースを持つ リボ核酸 (RNA) とがある。」と書かれていたのですが、難しすぎてわかりません。だれか、小学生でもわかるように簡単に約して説明してくれませんか??

  • DNAはなぜ2重らせん?

    DNAの二重らせん構造を発見した人が死去した、というニュースを見ました。 ここで不思議に思ったのですが、なぜDNAは二重らせん構造なのでしょうか?塩基と塩基が結びつくだけなら、はしご状でも不思議ではないですよね。 それに、なぜ2重らせん構造だというのがわかったのでしょう? 素人の疑問なのでおかしな質問かも知れませんがよろしくお願いします

  • ☆★☆DNAとRNAの構造上の相違点(糖成分2’炭素の水酸基の有無)☆★☆

    DNAとRNAの構造上の違いにおいて、糖成分の2’位の炭素に水酸基があるか無いかで、アルカリとの反応性で違いが出てくるのはなぜですか? 分かりやすく簡潔な回答よろしくお願いします。

  • DNAトポロジーに関する問題

    DNAトポロジーに関する記述のうち誤っているものを二つ選んでください。 1、最も安定なDNA鎖のらせん構造は、10塩基対で1回転する。 2、らせん構造のひずみから、DNA鎖の高次構造に変化を生じる。 3、通常、生物のDNA鎖は、正の超らせん構造を呈する。 4、DNAの超らせん構造は、主に遺伝子の発現や複製過程で生じる。 5、DNAの超らせん構造は、DNAトポイソメラーゼ群により生成・解消される。 6、原核生物のDNA複製時に生じるカテナン構造は、トポイソメラーゼIIにより解消される。 間違っている記述はどこが間違っているか解説もお願いします。 よろしくお願いします。

  • RNAワールド

    高2の男ですが、生物の資料集を読んでいたらRNAワールドという文字を発見しました。 らせん状のDNAが作られる前には、(たしか)構造がらせん状ではないRNAが世界を作っていたRNAワールドが存在していたという説がある。なんて内容でした。 このRNAワールドについてはいったいどこまで分っているのでしょうか? もしくわ本当にまだ理論上だけの世界で未知数の話なのでしょうか? 分っている、または仮説が立っているとしたら、何年前くらいに存在したのか、RNAワールドは具体的にはどのような環境でどのような生き物が生存していたのでしょうか? ご返答お願いします。

  • なぜDNAは2重らせん構造なのでしょうか。

     こんにちは。質問はタイトル通りです。以下、補足です。  DNAが2重らせん構造をしていることは皆様ご存知のことと思います。しかしDNAの塩基対の組は決まっています。例えば「アデニン」に対しては「チミン」などです。片方の塩基の種類が決まればもう片方の塩基の種類も自ずと決まってしまいます。では、片方の塩基による「1重らせん構造」でも良いと思うのですが……。私には理由が分かりません。  皆様の力をお貸しください。よろしくお願いします。