• ベストアンサー
  • 困ってます

DNAとRNAの構造

こんにちは!看護学生1年生です。 今、生化学の勉強が始まりました。そこで、わからないことが出てきました。 DNAは二重らせん構造ですが、RNAは何構造なのかわかりません。 回答お願いします。

noname#145541
noname#145541

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

DNAの「二重らせん構造」と対になるようなRNAの構造名はありません。 「二重らせん構造」は核内のDNAが安定状態であるときの構造でしかなく、RNAと区別されるDNAの必要条件ではないからです。 事実一本鎖DNAもあります。 一応、RNAは二本鎖になってもらせんを巻かないので、RNAと区別するときの十分条件にはなっていますが…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

助かりました!これで授業大丈夫です! ありがとうございました。

質問者からの補足

わかりやすい回答ありがとうございます!RNAには特に名称はなく、構造の違いを聞かれたときは、「DNAは二重らせん構造である。」と、答えれば良いのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

 DNAの二重らせんには厳密にはB型、Z型、A型の三つの型が知られています。この中で、生理的環境ではB型が最も近く、右巻きの二重らせん構造を取ります。 一方RNAは、二重らせんを作ることは不可能ではないのですが、実際には多くの場合で一本鎖です。ただし、一本鎖の局所同士でお互いに相補的になり、DNAの二重らせん構造に似たヘアピン、こぶなどの構造(一応、ステム・ループ構造という)を取ります。また、リボゾームRNAのようにさらにそれらが折りたたまれた三次元的な構造を取る場合も多く、そのため酵素として働く(リボザイム)場合もあります。  ただし簡単には、DNAが二重らせんを取るのにたいして、RNAは二重らせんを取らない、という認識でよいとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

区別の仕方がわかってよかったです。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • DNAとRNA

    DNAとRNA似たような塩基配列をしているにも関わらず、「なぜDNAが生物の情報を残す物質になりえたのか」と疑問に思います。 この二つの違いとして考えられるのは、それぞれを構成している糖とらせん構造しか思い浮かびません。 糖の観点から考えて、「デオキシリボースはリボースの還元型であって、それ以上還元されないから安定といえる?」と思いましたが、それからどう発展させればいいのかわかりません。 また、らせん構造では、「らせん状態は力学的エネルギーを蓄積でき、それを利用して様々な反応を起こすことが考えられ、したがって2重らせん構造のDNAは化学的反応を起こす点で有利といえるから」と考えました。個人的にはこちらの考え方の方が正当な気がします。 しかし、文献を探してみたところ、全く探せず。 探し方が悪いのかもしれませんが、手詰まり状態で困っています。 どうかこの問について少しでも意見やアドバイスなどがあったらご回答ください。

  • DNAの構造:シャルガフの結果から分かる事

    シャルガフの法則からどうしてDNAの二重らせん構造を推測することができなかったのでしょうか?シャルガフの法則以前にポリヌクレオチド鎖の構造が既に知られていたのに、化学構造的に考えて二重らせんを推測することはできなかったのですか??

  • DNAの構造の価値が認められたのは何年たってからか

    ワトソンとクリックがDNAの二重らせん構造が提唱されたのが1953年ですが、 その後、ワトソンとクリックがノーベル賞を受賞したのは1962年です。 DNAの二重らせん構造の発見は、科学的に重要だと思うのですが、 すぐノーベル賞が与えられずに、授賞まで9年もかかっているのは、 発見の重要性が認められるのに時間がかかったということでしょうか。 1953年にワトソンとクリックのDNAの二重らせん構造が発表されてから、 それが非常に重要な発見であると認識されたのは、だいたい何年後くらいなのでしょうか?

  • DNA

    DNAの構造(二重らせん構造)や、誰が二重らせん構造をどのように発見したか、どのように研究したかがあまりわかりません。。。 誰か詳しく教えてくれませんか?

  • DNAのコンフォメーションについて

    DNAが三次元構造(二重らせん)をとる事が、生物学的に どう有利なのかを教えてください。 (1)核内にDNAを省スペースで凝縮できるという事と asと相補的に対合することにより配列を保護できる そして全体的に-を帯びている事によりヒストンと 結合しやすくなっているという事以外に、 何かありますか? (2)また、らせん構造をとることによって化学的に どのような安定性が生まれるのかも回答頂くと嬉しいです。

  • DNAとRNAについて

    DNAとRNAについて 類似点と相違点を教えてください! 生化学の授業で問われました 馬鹿な大学生なので、わかりやすくかつ詳しく教えてくださるとありがたいですっ

  • DNAの二重らせん構造を見るには

    生物についての知識はまだ未熟なのですがDNAについて勉強しています。 DNAについて詳しく書かれた書籍もしくはHPをご存知の方教えていただければ幸いです。 それと、DNAの構造(二重らせん構造)を見てみたいのですが、どのようにしたら見ることができるのでしょうか? 媒体としては植物を考えていますが見やすいものとしてはどのようなものが上げられるでしょうか? DNAの簡単な抽出するサイトならあるのですが、見るとなるとなかなか見つからなくて。 顕微鏡としては、AFMやSNOM、SEMを使用したいと考えています。 多数の質問ですが宜しくお願いいたします。

  • DNAとRNA

    今、細胞について勉強しているのですが、 DNAとRNAの類似点と相違点を知りたいのですが、 どなたか知っていらっしゃる方はいませんか? もしよろしければ教えていただきたいです。

  • DNAとRNAの違い

    大学で生物の勉強をしています そこでDNAとRNAの違いが分からないのです 私にはどっちも同じように思えますが、どう違うのでしょうか? またDNAウイルスとRNAウイルスの違いもよく分かりません 教えていただけませんか?

  • RNAワールド

    高2の男ですが、生物の資料集を読んでいたらRNAワールドという文字を発見しました。 らせん状のDNAが作られる前には、(たしか)構造がらせん状ではないRNAが世界を作っていたRNAワールドが存在していたという説がある。なんて内容でした。 このRNAワールドについてはいったいどこまで分っているのでしょうか? もしくわ本当にまだ理論上だけの世界で未知数の話なのでしょうか? 分っている、または仮説が立っているとしたら、何年前くらいに存在したのか、RNAワールドは具体的にはどのような環境でどのような生き物が生存していたのでしょうか? ご返答お願いします。